326339 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ム~の気まぐれな毎日♪

長女マメ★おしるし~陣痛~分娩までの話☆

長女マメの出産の話です♪

人生2度目、そして最後になる、
わたしの体験した出産の話の始まり×2♪

今回、なぜか『おしるし』が3回ありました(°▽°;)
正しくは『おしるしらしきモノ』があった、というべき???

8月15日。おりものにピンク色が混ざった『おしるし』アリ!
きっと子宮口が開き始めた時期だったんじゃないかなぁ。
陣痛を意識してドキドキしながら花火大会に参加しました( ̄∀ ̄;)

8月22日。おりものに赤色が混ざった『おしるし』アリ!!
25日が満月ということもあり、今度こそ? と意気込みました。
が。肩透かしにあった感じ(u_u;)
ちょこちょこと、お腹の張りはあるんだけど~。

9月7日。おりものに薄いピンク色が混ざった『おしるし』アリ。
朝3時40分。生理痛より軽い、でも鈍い痛みを感じるよぉな?

また『おしるしらしきモノ』だと疑ってました

だって。すでに何日も前から何度も前駆陣痛を味わってますからf( ̄▽ ̄*)
3回ほど10分間隔になって、消滅したこと数知れず。。。

でも。一応、時計だけは意識して見てます。
トイレから出て、50分に張りを感じ、その次の張りは4時。
陣痛かも? と思いつつ、布団に戻らず時計とにらめっこ☆
4時5分、10分、15分と張る感じが継続し……
よぉやく『陣痛かも!?』と、熟睡中の旦那ちゃんを起こしました。

で。旦那ちゃんに『どうしよう?』と相談。
だって。前駆陣痛だったら無駄足なんだも~ん( ̄▽ ̄;)
眠っているルルを起こして、病院へ行って戻ってくるのはヤダ☆
そんな思いもあるので、電話すら躊躇してしまうのです。

旦那ちゃんに『無駄になってもいいから』とうながされ病院へ電話。
入院準備を持って、寝ているパジャマのルルを旦那ちゃんが運び……
家族そろって、病院へ向かいました。

猫の爪のよぉな薄い月を見て、ルルは『月が見える』と一言。
以前から『月が丸くなったら生まれるからね(希望)』と、
話していたけれど、翌日8日(予定日)は新月。
消えそうな月を見ながら、病院に向かうことになるとは(′▽`;)

4時半に病院へ到着。
旦那ちゃんはルルを抱っこ、ということで荷物は当然わたし持ち☆
臨月妊婦ちゃん(陣痛付き)でも、荷物2つを両手に持って時間外受付へ。
向こうに見知った人影あり!! 昨日、妊婦検診で会ったコと合流。
病院の電話で、他にも陣痛ついてる妊婦ちゃんの話があったけど……
まさか彼女だったとは(旦那ちゃんと『もしかしたら』と話してたの)
お互い、笑いながら元気(!?)に分娩室のある病棟へ移動。

分娩室の横にあるベッドで、お腹の張りをチェックすること30分?
その後。入院手続きをしてから、分娩用の着衣に着替えました。
子宮口の確認をしてもらい、頭が下がっていることは確かな様子。
今回、保菌者だったので赤ちゃんに感染しないよぉに点滴も開始。

ルルと旦那ちゃんには、5時半に帰宅してもらいました☆
いつ生まれるかわからないので、園にいってもらわないと!
立会い希望じゃないので、別に旦那ちゃんいても意味ないし(笑)

助産師さんから『子宮口が押される感覚があったら教えてね』と。
じわじわとそんな感覚を覚え始めた頃。点滴終了!!
マメちゃんの胎動は、ずぅ~と合ったんだけど……
最後。そろそろ分娩室に移動するといった直前に、

思いっきり☆

足蹴りされました(°ー°;) 水泳選手のターンのよぉな。
今までで一番、痛い一発を残して、マメちゃん産道へ出陣!?

ルルのときと違って、陣痛のMaxまで待機ということなく。
7時。分娩台へ移動。子宮口が全開しているのかも、ちょっと曖昧。

それでも。痛いことは変わりなく……
喘ぐよぉに息み逃しては、助産師さんの声に身を任せる感じ?
4年前の経験なんて、記憶から薄らいでいましたよぉ。

でも。「陣痛は赤ちゃんを強く抱きしめて分娩を促してる…」
4年前の言葉は、心に残っていたので頑張れましたけど☆

この助産師さんと1対1。
『もっとお尻を台につけて!』『目は閉じない』『自分のお腹を見て』
叱咤激励されつつ、わたしも懸命になるけれど……
どぉしても、無意識に痛みから逃げてるのか腰が浮いちゃうしぃ。

あぁ。ごめん、上手に息めない。マメちゃんに心で謝りつつ、
台にお尻をしっかりつけようと姿勢を変えた瞬間、破水!!!
生暖かな水が流れる感覚は、二度目とはいえ不思議な感じ。

助産師さんから、言われるがままに呼吸法を真似をして、
ひたすら産道を下りてくるマメちゃんをイメージ。
『もうすぐ頭が出てくるよ、ほら息んで!!』
ここまでくると、心の中で『早く出てきて~!』とマメちゃん頼み。

息んで、息んで、はっきり出てくるのがわかり、
マメちゃんの頭が出たら、もう一踏ん張り。
ゴールが見えている分、ここからの息みは気が楽です。
そんな時間もかからず、体もスルッと出てきました。

助産師さんが取り上げてくれると…
分娩室に、元気な産声が響きました++(*′▽`*)++

よかった! 元気に生まれたんだぁ~~~♪

感動に浸ろうと思っていたら、助産師さんからお決まりの台詞、
『おめでとう! 7時33分、元気な女のコですよ』

え(°▽°y)y 

女のコぉ~~~~~?????

9月7日(月曜日)晴れ 7:33
わが家に、長女マメちゃんが誕生した瞬間です☆

先生から『男のコっぽいかも?』といわれていたので……
助産師さんに『え? 女のコですか?? 女のコ???』と。
驚いて何度もつぶやくわたしに、性別を再確認してくれました(笑)

胎盤を出してもらい、裂けまくった部分をチクチク裁縫。
カンガルー抱っこしたマメちゃんは、まだ産湯にも入っておらず、
ひんやり冷たくて、羊水の匂いがしました。

それでも。本能なのか、食いしん坊なのか、すでに指しゃぶり☆
わたしの乳首を含ませてあげると、上手に初乳を吸いましたよ。

この後。旦那ちゃんに電話。
出産したこと(思った以上に早かった)にまず驚き、性別に驚き(笑)
ルルが園に行く前に、もう一度病院へ来てもらいました。

お兄ちゃんになったルル。
旦那ちゃんに抱かれて、何度もマメちゃんを見ていましたよ。

マメちゃん。元気に生まれてきてくれてありがとう!!

花ライン.gif

Designed by チワワン子


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.