5226988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

花と蕎麦とリハビリと

2007年03月03日
XML
カテゴリ:四方山探索
  今治市玉川町の玉川近代美術館へは足繁く通っている。現在は開館20周年記念特別企画として書道家の村上三島・55の寿 展を開いている。

 数年前に姉妹館である大川美術館の協力を得て、大川美術館所蔵の松本望・千代コレクション特選展が開催された。松本望氏はパイオニア(株)の創設者で美術収集家でもあり、その収集品のほとんどを大川美術館に寄贈したという。

 特筆として上村松園初雪が展示され、その美しさに釘付けとなり開催期間中に数回足を運んだことを覚えている。下の写真はその時のパンフレットの一部である。現物は写真には表せない美しさがある。

 玉川近代美術館は玉川町出身の徳生忠常氏、大川美術館は桐生市出身の大川栄二氏と郷土の篤志家により開設された。大川栄二大川美術館館長が玉川近代美術館の名誉館長も兼ねているので実現したのだろう。

画像.jpg






最終更新日  2007年03月03日 18時17分22秒
[四方山探索] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.