000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フォト&クリエイティブ日和

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

FinePix a210

2015年07月09日
XML
カテゴリ:FinePix a210
今日は前回同様、東京都杉並区にある西荻窪の光景の写真を載せます。使用したカメラは富士フイルムの昔のデジカメのFinePix a210です。撮影時期は2015年6月下旬です。


001

002

003

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

西荻窪は東京都杉並区にある西荻北一丁目から五丁目と、西荻南一丁目から四丁目の区域の名称です。昔は西荻窪という町名が存在したのですが(1-3丁目が存在しました)、1970年に廃止されため、西荻窪という町名は現在は残っていません。しかし、この周辺を訪れる人は、この場所を西荻窪又は西荻と呼びます。

西荻窪は、アンティークの雑貨店や古書店、カフェが多い街です。特に古書店はマニアックな本を置くお店があります。個人的には今回写真を撮りながら行った音羽館は、私の好きなマンガ家の吾妻ひでおやあすなひろしの同人誌が置かれてあって、自分好みのお店でした(余談ですが、西荻窪には「できんボーイ」などで知られるギャグマンガ家の田村信が住んでいるそうです)。カウンターカルチャーのお店がいくつか入っているほびっと村もあります(時間がなくてこの日は行けませんでした)。なお住所表記上は善福寺二丁目にある東京女子大学を代表とした文教地区としても西荻窪は有名です。

私の西荻窪というとアケタの店というライブハウスが最も想い出深い場所になっています。フリージャズなどのライブが行われるライブハウスで、私が東中野に住んでいた時代(20代の頃です)、大晦日に音楽好きの仲間と年越しライブを見に行ったという良い想い出があります。大好きなジャズピアニストの橋本一子さんが殆ど飛び入りという形式で演奏されていて、それに感動してしまい、演奏後に握手をしてもらった記憶があります。一緒に行った仲間とはもう付き合いはなくなりました。それだけにこの日、西荻窪に行って思い出したのは、その仲間だったりしました。

【今回の使用カメラ】

【中古】富士フィルム ファインピクス A201/ FUJIFILM Finepix A201【中古】富士フィルム ...
コーベカメラ

今回使用したFUJIFILM FinePix A201は、2001年9月25日に発売されたデジタルカメラです。有効200万画素CCDと液晶モニタ、単焦点パンフォーカスというシンプルなレンズを搭載したFinePixシリーズでは入門機にあたる低価格デジタルカメラです。本体上面の電源レバーをスライドさせれば連動したレンズカバーが開くと電源が入り2秒程度で記録可能となり、シャッターボタンの周囲にあるダイヤルで撮影/再生/動画撮影を切り換えるようになっています。本体前面のスライド式レバーを操作することにより、簡単に通常撮影とマクロ撮影モードを切り換えることが出来ます。入門機という位置づけなので操作は非常に簡単になっています。タバコの箱よりも一回り大きい程度とお気軽に持っていけるコンパクトなサイズなので、持っていくのが非常に楽で、それでいて簡単に写真が撮れるように設計されているため、スナップ写真などを撮るのに非常に適しています。

肝心の写りですが、FinePixシリーズの“記憶色を強調しつつ鮮やかに表現する”という色合いで、シャープな写りをしています。特に原色に色の鮮やかがキレイな印象を受けました。気軽く持ち歩けて簡単な操作でキレイな写真が撮れるカメラだと思いました。

私はフィルムでも写真を撮るのですが、その時に最も使用するフィルムカメラは富士フイルムのFUJIFILM CLEAR SHOT S AFと写ルンですです。使用するフィルムも富士フイルムの物が圧倒的に多いです。そんな私ですが何故か富士フイルムのデジタルカメラは使うことはありませんでした。今回初めて購入した富士フイルム製のデジタルカメラがFUJIFILM FinePix A201です。

私はこのカメラをリサイクルショップでたったの300円程度で買いました。誰もが最新式のデジカメを欲しがると思いますが、昔のデジカメでも正直キレイに写せます。しかも最新式と異なり、古いデジカメはリサイクルショップではジャンクコーナーで安く売られています。携帯電話のカメラ機能では物足りないけどデジカメを買う費用もない、そんな人には非常に魅力的なカメラだと思います。今後、このブログではそんなリサイクルショップのジャンクコーナーで安く売られている写りのいいカメラの写真も載せていきたいと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 06時52分52秒
コメント(4) | コメントを書く


2015年05月24日
カテゴリ:FinePix a210
今日のブログは前回と同じく、与野公園の「ばらまつり」の光景を載せます。今回の使用カメラはFUJIFILM FinePix A201です。撮影時期は2015年5月です。

010

011

012

013

014

015

016

017

今回使用したFUJIFILM FinePix A201ですが、非常に色合いが美しいカメラだと写真を撮っていて思いました。まるでポジフィルムを使っているかのような美しさです。これはこのカメラの販売元が富士フイルムであるということが強く関係していると思います。フィルムメーカーだから撮れる写真のクオリティに強くこだわっている、そんな感じがします。このカメラはリサイクルショップでたったの300前後で購入したものですが、これだけの写りをするだけに現役をして十分に使えます。いいカメラを安く変えて良かったなって思います。今後もずっと使っていきたいカメラです。


【今回の使用カメラ】

【中古】富士フィルム ファインピクス A201/ FUJIFILM Finepix A201【中古】富士フィルム ...
コーベカメラ

今回使用したFUJIFILM FinePix A201は、2001年9月25日に発売されたデジタルカメラです。有効200万画素CCDと液晶モニタ、単焦点パンフォーカスというシンプルなレンズを搭載したFinePixシリーズでは入門機にあたる低価格デジタルカメラです。本体上面の電源レバーをスライドさせれば連動したレンズカバーが開くと電源が入り2秒程度で記録可能となり、シャッターボタンの周囲にあるダイヤルで撮影/再生/動画撮影を切り換えるようになっています。本体前面のスライド式レバーを操作することにより、簡単に通常撮影とマクロ撮影モードを切り換えることが出来ます。入門機という位置づけなので操作は非常に簡単になっています。タバコの箱よりも一回り大きい程度とお気軽に持っていけるコンパクトなサイズなので、持っていくのが非常に楽で、それでいて簡単に写真が撮れるように設計されているため、スナップ写真などを撮るのに非常に適しています。

肝心の写りですが、FinePixシリーズの“記憶色を強調しつつ鮮やかに表現する”という色合いで、シャープな写りをしています。特に原色に色の鮮やかがキレイな印象を受けました。気軽く持ち歩けて簡単な操作でキレイな写真が撮れるカメラだと思いました。

私はフィルムでも写真を撮るのですが、その時に最も使用するフィルムカメラは富士フイルムのFUJIFILM CLEAR SHOT S AFと写ルンですです。使用するフィルムも富士フイルムの物が圧倒的に多いです。そんな私ですが何故か富士フイルムのデジタルカメラは使うことはありませんでした。今回初めて購入した富士フイルム製のデジタルカメラがFUJIFILM FinePix A201です。

私はこのカメラをリサイクルショップでたったの300円程度で買いました。誰もが最新式のデジカメを欲しがると思いますが、昔のデジカメでも正直キレイに写せます。しかも最新式と異なり、古いデジカメはリサイクルショップではジャンクコーナーで安く売られています。携帯電話のカメラ機能では物足りないけどデジカメを買う費用もない、そんな人には非常に魅力的なカメラだと思います。今後、このブログではそんなリサイクルショップのジャンクコーナーで安く売られている写りのいいカメラの写真も載せていきたいと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 07時11分23秒
コメント(6) | コメントを書く
2015年05月21日
カテゴリ:FinePix a210
春になると与野公園では「ばらまつり」が開催されます。1980(昭和55)年から開催されていて、このイベントが行われると、多くの人がバラを見に訪れます。公園の中にあるバラ園は、24のブロックに仕切られていて、約170品種・3000株が植栽されていて、バラの咲く季節になると、それらが一気に咲き誇り、バラ園はバラ一色になります。

さて今日のブログから数回に分けて、この与野公園の「ばらまつり」の光景を載せます。今回の使用カメラはFUJIFILM FinePix A201です。撮影時期は2015年5月です。

001

002

003

004

005

006

007

008

009

見て頂けた通り公園はバラ一色です。その光景にいると、まるでファンタジーの中にいるかのような気分になります。公園内を写真を撮りながらバラを見ていて、本当に美しいな、と思いました。

さて、今回ですが与野公園に行くのに自転車に乗って行きました。時間的には30〜40分かけて行ったのですが、そこでたくさんのコンビニを見かけました。あれ?こんな所に…という場所にコンビニがたくさん生まれていました。全国的な現象なのかも知れませんが、私の住む所はコンビニがたくさん出来てはなくなって、そしてまた生まれる、そんな感じになってなっています。今は実店舗ではコンビニかディスカウントショップの時代なのだな、と強く感じました。

コンビニが多くなったなって思いながら、帰りに欲しい本があったので古本屋さんに向かっていたら…そこも何とコンビニになっていました。この古本屋に行ったのは数年前だったんで、なくなってしまっていても仕方がないかな、なんて思ったりもしましたが、個人商店の古本屋さんがドンドンなくなっていくな、と思い残念が気分になりました。

ただこうしてなくなる個人商店の古本屋さんですが、生き残っているお店もあります。あるお店は今も健在です。そのお店に数カ月前に行ったのですが、そこで郵便局の人がお店が梱包した本をまとめていました。このお店は実店舗だけの売上だと経営が成り立たないので、ネットオークションなどで古本を販売している、そんな感じでした。ネットという時代の流れに乗って生き残った、そんなお店です。時代を生き残るのは時代を読む目だと強く感じました。

今の時代は大型の総合スーパーが業績不振になっています。その代わりに実店舗ではコンビニとディスカウントショップ、食料品に特化したスーパーが、それ以外ではネット販売店が主流になりつつあるんだなって強く思いました。これらのお店の特徴は規模が小さいことです。大きいお店はどうしても物が探しにくいという面があるので、簡単に買い物が出来ないという問題があります。小さな店舗にはそういうことがありません。その辺が明暗を分けたんだなって思いました。大きな店舗から小さな店舗に…と時代は常に変わっていくんだな、と強く感じました。


【今回の使用カメラ】

【中古】富士フィルム ファインピクス A201/ FUJIFILM Finepix A201【中古】富士フィルム ...
コーベカメラ

今回使用したFUJIFILM FinePix A201は、2001年9月25日に発売されたデジタルカメラです。有効200万画素CCDと液晶モニタ、単焦点パンフォーカスというシンプルなレンズを搭載したFinePixシリーズでは入門機にあたる低価格デジタルカメラです。本体上面の電源レバーをスライドさせれば連動したレンズカバーが開くと電源が入り2秒程度で記録可能となり、シャッターボタンの周囲にあるダイヤルで撮影/再生/動画撮影を切り換えるようになっています。本体前面のスライド式レバーを操作することにより、簡単に通常撮影とマクロ撮影モードを切り換えることが出来ます。入門機という位置づけなので操作は非常に簡単になっています。タバコの箱よりも一回り大きい程度とお気軽に持っていけるコンパクトなサイズなので、持っていくのが非常に楽で、それでいて簡単に写真が撮れるように設計されているため、スナップ写真などを撮るのに非常に適しています。

肝心の写りですが、FinePixシリーズの“記憶色を強調しつつ鮮やかに表現する”という色合いで、シャープな写りをしています。特に原色に色の鮮やかがキレイな印象を受けました。気軽く持ち歩けて簡単な操作でキレイな写真が撮れるカメラだと思いました。

私はフィルムでも写真を撮るのですが、その時に最も使用するフィルムカメラは富士フイルムのFUJIFILM CLEAR SHOT S AFと写ルンですです。使用するフィルムも富士フイルムの物が圧倒的に多いです。そんな私ですが何故か富士フイルムのデジタルカメラは使うことはありませんでした。今回初めて購入した富士フイルム製のデジタルカメラがFUJIFILM FinePix A201です。

私はこのカメラをリサイクルショップでたったの300円程度で買いました。誰もが最新式のデジカメを欲しがると思いますが、昔のデジカメでも正直キレイに写せます。しかも最新式と異なり、古いデジカメはリサイクルショップではジャンクコーナーで安く売られています。携帯電話のカメラ機能では物足りないけどデジカメを買う費用もない、そんな人には非常に魅力的なカメラだと思います。今後、このブログではそんなリサイクルショップのジャンクコーナーで安く売られている写りのいいカメラの写真も載せていきたいと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 07時12分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年05月06日
カテゴリ:FinePix a210
南越谷駅という駅があります。そこに面白い飲み屋街があったので、写真を撮りました。その飲み屋街の名前は「南越谷ゴールデン街」です。新宿ゴールデン街の名称を真似しただけで、お店は少ないのですが、そこで一杯をやる人が多く見られて、街全体を活気づけようという感じがして好感が持てたので、つい写真に撮ってしましました。小さな飲み屋がアイデアを出し合って飲み屋街を作る、そんなところが素敵だなと思いました。使用カメラはFUJIFILM FinePix A201です。撮影時期は2015年5月5日です。

001

002

003

004

005

006

007

FUJIFILM FinePix A201で初めて夜景を撮ったのですが、結構キレイに撮れるのにビックリしました。このカメラは2001年9月25日に発売されたデジタルカメラなんですが、天下の富士フイルムが作ったカメラだけあります。夜景もキレイに撮れることが今回わかったので、今後はドンドン使っていきたいと思いました。

【今回の使用カメラ】

【中古】富士フィルム ファインピクス A201/ FUJIFILM Finepix A201【中古】富士フィルム ...
コーベカメラ

今回使用したFUJIFILM FinePix A201は、2001年9月25日に発売されたデジタルカメラです。有効200万画素CCDと液晶モニタ、単焦点パンフォーカスというシンプルなレンズを搭載したFinePixシリーズでは入門機にあたる低価格デジタルカメラです。本体上面の電源レバーをスライドさせれば連動したレンズカバーが開くと電源が入り2秒程度で記録可能となり、シャッターボタンの周囲にあるダイヤルで撮影/再生/動画撮影を切り換えるようになっています。本体前面のスライド式レバーを操作することにより、簡単に通常撮影とマクロ撮影モードを切り換えることが出来ます。入門機という位置づけなので操作は非常に簡単になっています。タバコの箱よりも一回り大きい程度とお気軽に持っていけるコンパクトなサイズなので、持っていくのが非常に楽で、それでいて簡単に写真が撮れるように設計されているため、スナップ写真などを撮るのに非常に適しています。

肝心の写りですが、FinePixシリーズの“記憶色を強調しつつ鮮やかに表現する”という色合いで、シャープな写りをしています。特に原色に色の鮮やかがキレイな印象を受けました。気軽く持ち歩けて簡単な操作でキレイな写真が撮れるカメラだと思いました。

私はフィルムでも写真を撮るのですが、その時に最も使用するフィルムカメラは富士フイルムのFUJIFILM CLEAR SHOT S AFと写ルンですです。使用するフィルムも富士フイルムの物が圧倒的に多いです。そんな私ですが何故か富士フイルムのデジタルカメラは使うことはありませんでした。今回初めて購入した富士フイルム製のデジタルカメラがFUJIFILM FinePix A201です。

私はこのカメラをリサイクルショップでたったの300円程度で買いました。誰もが最新式のデジカメを欲しがると思いますが、昔のデジカメでも正直キレイに写せます。しかも最新式と異なり、古いデジカメはリサイクルショップではジャンクコーナーで安く売られています。携帯電話のカメラ機能では物足りないけどデジカメを買う費用もない、そんな人には非常に魅力的なカメラだと思います。今後、このブログではそんなリサイクルショップのジャンクコーナーで安く売られている写りのいいカメラの写真も載せていきたいと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 07時23分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月30日
カテゴリ:FinePix a210
昨日ですが、埼玉県蕨市で毎年4月29日に開催される「わらび藤まつり」に行ってきました。この祭りは、子どもから年配の方まで楽しめる市民参加の祭となっていて、花や、新緑の美しい樹木に満ちた癒しの市、フリーマーケット、稚児行列、春の収穫祭などのイベントが行われます。いつもは淋しい蕨市が一気に賑やかになるお祭りです。

今日はこの藤まつりの光景の写真を載せます。使用カメラはFUJIFILM FinePix A201です。撮影時期は2015年4月29日です。

001

002
▲蕨市のゆるキャラのわらじろうが、子供らと歩いていました。
003

004
▲地元のお寺の三学院ではキレイな花が咲いていました。
005

006

007

008

009

010
▲地元のお寺の三学院の光景です。
011
▲三学院でお寺やお花やイベントを見終えた人がフリーマーケットなどが開催される蕨宿に向かって歩いていきます。

藤まつり、とはいうものの、藤を発見することが出来ませんでした。多分、僕が見るけることが出来なかったのでしょう。しかし、その他の花はらくさん見ることが出来ました。とてもキレイに咲いていて、これを見れただけでも良かったなって思います。

【今回の使用カメラ】

【中古】富士フィルム ファインピクス A201/ FUJIFILM Finepix A201【中古】富士フィルム ...
コーベカメラ

今回使用したFUJIFILM FinePix A201は、2001年9月25日に発売されたデジタルカメラです。有効200万画素CCDと液晶モニタ、単焦点パンフォーカスというシンプルなレンズを搭載したFinePixシリーズでは入門機にあたる低価格デジタルカメラです。本体上面の電源レバーをスライドさせれば連動したレンズカバーが開くと電源が入り2秒程度で記録可能となり、シャッターボタンの周囲にあるダイヤルで撮影/再生/動画撮影を切り換えるようになっています。本体前面のスライド式レバーを操作することにより、簡単に通常撮影とマクロ撮影モードを切り換えることが出来ます。入門機という位置づけなので操作は非常に簡単になっています。タバコの箱よりも一回り大きい程度とお気軽に持っていけるコンパクトなサイズなので、持っていくのが非常に楽で、それでいて簡単に写真が撮れるように設計されているため、スナップ写真などを撮るのに非常に適しています。

肝心の写りですが、FinePixシリーズの“記憶色を強調しつつ鮮やかに表現する”という色合いで、シャープな写りをしています。特に原色に色の鮮やかがキレイな印象を受けました。気軽く持ち歩けて簡単な操作でキレイな写真が撮れるカメラだと思いました。

私はフィルムでも写真を撮るのですが、その時に最も使用するフィルムカメラは富士フイルムのFUJIFILM CLEAR SHOT S AFと写ルンですです。使用するフィルムも富士フイルムの物が圧倒的に多いです。そんな私ですが何故か富士フイルムのデジタルカメラは使うことはありませんでした。今回初めて購入した富士フイルム製のデジタルカメラがFUJIFILM FinePix A201です。

私はこのカメラをリサイクルショップでたったの300円程度で買いました。誰もが最新式のデジカメを欲しがると思いますが、昔のデジカメでも正直キレイに写せます。しかも最新式と異なり、古いデジカメはリサイクルショップではジャンクコーナーで安く売られています。携帯電話のカメラ機能では物足りないけどデジカメを買う費用もない、そんな人には非常に魅力的なカメラだと思います。今後、このブログではそんなリサイクルショップのジャンクコーナーで安く売られている写りのいいカメラの写真も載せていきたいと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 07時28分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年04月01日
カテゴリ:FinePix a210
与野公園(よのこうえん)は、埼玉県さいたま市中央区(旧・与野市)本町西1丁目にある公園です。JR埼京線与野本町駅西口より徒歩15分の場所にあります。1877年(明治10)年に開園された公園で埼玉の自然100選にも選ばれている公園です。

児童遊園施設、噴水がある池、天祖神社(与野七福神・寿老人)、銭洗弁天がある公園ですが、最大の目玉は、公園の西側にあるバラ園です。このバラ園は、1977年(昭和52年)に、市民のための「心の投資」として開設された施設で、5500平方メートルの園内の中には、現在約170種類、約3,000株のバラが植えられています(なおバラは、さいたま市に合併以前の旧・与野市の「市民の花」として親しまれてきた花です)。1980年以来、毎年5月に『ばらまつり』が開催されるようになり、この時期になると多くの人々がここに来てバラを楽しむ、そんな光景が見られます。


しかし与野公園はバラだけが見どころではなりません。春になるとサクラがキレイな公園としても知られています。多くの人が与野公園に来てお花見を楽しみます。

本日のブログですが、そんな桜の咲く与野公園の光景の写真を載せます。使用カメラはFUJIFILM FinePix A201です。撮影時期は2015年3月です。


001
▲この辺はバラ園なのですが、春のシーズンになるとキレイな桜が咲き誇ります。
002
▲何度見ても桜はキレイだなと思います。
003
▲マクロ機能を使って桜を撮ってみましたが、なかなかの写りです。
004
▲公園内の神社と桜の光景も日本的なものを感じて良いと思いました。
005
▲昨日まで暖かい日が続きましたが、そういう天候の時に噴水を見ると心地よい涼しさを感じます。
006
▲開運橋を通ると、運が開けるのかなって思ったりしました。
007
▲お花見を楽しむ人々の光景です。
008
▲神橋という橋ですが、FUJIFILM FinePix A201で撮ると赤の部分が強調され、その辺がFUJIFILM FinePix A201の良い点だなって思いました。
009
▲与野公園の桜を楽しむおばあさんたちです。
010
▲子供らが山へ昇り、上から桜を見ようとしていました。
011

013
▲山の上から見下ろした桜咲く光景は、とても美しかったです。
014

015

016
▲桜以外にもチューリップが咲いていたので、マクロ機能で撮りましたが、いい色合いに写っていました。

【今回の使用カメラ】

【中古】富士フィルム ファインピクス A201/ FUJIFILM Finepix A201【中古】富士フィルム ...
コーベカメラ

今回使用したFUJIFILM FinePix A201は、2001年9月25日に発売されたデジタルカメラです。有効200万画素CCDと液晶モニタ、単焦点パンフォーカスというシンプルなレンズを搭載したFinePixシリーズでは入門機にあたる低価格デジタルカメラです。本体上面の電源レバーをスライドさせれば連動したレンズカバーが開くと電源が入り2秒程度で記録可能となり、シャッターボタンの周囲にあるダイヤルで撮影/再生/動画撮影を切り換えるようになっています。本体前面のスライド式レバーを操作することにより、簡単に通常撮影とマクロ撮影モードを切り換えることが出来ます。入門機という位置づけなので操作は非常に簡単になっています。タバコの箱よりも一回り大きい程度とお気軽に持っていけるコンパクトなサイズなので、持っていくのが非常に楽で、それでいて簡単に写真が撮れるように設計されているため、スナップ写真などを撮るのに非常に適しています。

肝心の写りですが、FinePixシリーズの“記憶色を強調しつつ鮮やかに表現する”という色合いで、シャープな写りをしています。特に原色に色の鮮やかがキレイな印象を受けました。気軽く持ち歩けて簡単な操作でキレイな写真が撮れるカメラだと思いました。

私はフィルムでも写真を撮るのですが、その時に最も使用するフィルムカメラは富士フイルムのFUJIFILM CLEAR SHOT S AFと写ルンですです。使用するフィルムも富士フイルムの物が圧倒的に多いです。そんな私ですが何故か富士フイルムのデジタルカメラは使うことはありませんでした。今回初めて購入した富士フイルム製のデジタルカメラがFUJIFILM FinePix A201です。

私はこのカメラをリサイクルショップでたったの300円程度で買いました。誰もが最新式のデジカメを欲しがると思いますが、昔のデジカメでも正直キレイに写せます。しかも最新式と異なり、古いデジカメはリサイクルショップではジャンクコーナーで安く売られています。携帯電話のカメラ機能では物足りないけどデジカメを買う費用もない、そんな人には非常に魅力的なカメラだと思います。今後、このブログではそんなリサイクルショップのジャンクコーナーで安く売られている写りのいいカメラの写真も載せていきたいと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 07時43分44秒
コメント(4) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.