388677 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フォト&クリエイティブ日和

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PENTAX Optio H90

2016年08月05日
XML
カテゴリ:PENTAX Optio H90
TOPPENTAX Optio H90 > 【PENTAX Optio H90】2011年の埼玉県蕨市主催の夏祭り「機まつり」

私の住む地元の最大の夏祭りの蕨市が主催する「機まつり」が8月4日から始まりました。機まつりは、埼玉県蕨市のお祭りです。この機まつり、「機まつり案内パンフレット」によると、こういう感じで始まったそうです。

「蕨(わらび)は江戸時代の終わりころから綿織物業が盛んになり、昭和30年代まで生産されてきました。
蕨の機(はた)織りの先覚者である「高橋新五郎翁」は、現在の塚越稲荷神社に「機神様」として祀られています。
新五郎翁は、文政9年(1826)7月7日の霊夢のお告げにより、それまでの高機(たかはた)に改良を加え「青縞(あおじま)」を織り始めたところ、江戸の市場を圧倒する人気を得、その後、普段着などにする「双子織(ふたごおり)」を世に出し、綿織物生産地・蕨は、全国的に知られるようになりました。
いつのころからか、この7月7日を機業創始の日として、同業者が集まってお祭りをするようになりましたが、時の町長・故高橋庄次郎氏はこれを町全体の祭りとしてとり上げ、織物業はもちろん町全体の産業の発展を願い、昭和26年7月7日「第一回機まつり」が盛大におこなわれました。
その後、昭和28年には七夕装飾コンク-ルを実施し、昭和30年から8月7日を中心に開催するようになり、現在まで「機織りの町わらび」の伝統を大切にして「わらび機まつり」は今年で58回を数え、蕨の誇る観光事業に発展しました。」

宿場町として有名な蕨市は、機織りでも全国で有名で、この発展を願って開催されたのが「機まつり」で、当初は七夕の行われていたのが昭和30年代に1ヶ月遅れで行われる七夕のお祭りになったわけです。確かに子供の頃は、機織りをする所がありました(僕の知っている機織りをする工場はなくなりました)。こんな感じで始まったこのお祭り、今後も蕨の代表的お祭りとして多くの人を集めるでしょう。


さて今年の機ですが、最終日は7日なので4日間行われます。この祭りが来ると、夏が来たんだなってつくづく感じるのですが…私の仕事の都合などで、今年の機まつりの模様を伝える写真が撮れるかどうか分かりません。去年は残念ながら機まつりの写真を撮ることが出来ませんでした。私の住む地元のお祭りをこのブログを通して載せたい、と思っている私にとって非常に悲しいことです。

今年も同様なことが起こるかも知れません。だけど私は…機まつりの雰囲気を写真を通して、皆様に伝えたいと思っています。それでどうしようか、と考えました。その時に…私の元に過去の機祭りの写真があることに気が付きました。今年ではないけれど、これらの写真をブログに載せれば、機まつりの雰囲気は伝えることが出来ます。それで今回から数回に渡り、過去のものですが機まつりの写真を載せます。

第1回目は、2011年の機まつりの光景を載せます。使用カメラは、PENTAXのOptio H90です。このカメラですが、一流メーカーであるPENTAXが出したデジタルコンパクトカメラですが、撮れる写真などはトイデジのような写りがするカメラです。

001.jpeg
▲蕨市の夏の風物詩「機まつり」が始まり、キレイな飾り物が飾られる中で「がんばれ日本」文字があり、まさにその通りだと思いました。
002.jpeg

003.jpeg

004.jpeg
▲機まつりは、お祭りらしく、たくさんのお店が並んでいます。
005.jpeg
▲キティちゃん(?)の看板が置かれたソフトクリームのお店を外国の方が物珍しげに見ていました。
006.jpeg
▲小学生が描かれた蕨市のキャラクターのワラビー君です。
007.jpeg
▲機まつり憩いの場では、カッコイイ、ワラビー君が描かれていました。
008.jpeg
▲やはり夏の祭りには浴衣姿がよく似合います。

【今回の使用カメラ】

マットブラック コンパクトカメラ【3000円以上で送料無料!!】【中古】★PENTAX ペンタックス Optio H90 デジタルカメラ*F36R
スマイルカンパニー楽天市場店

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。そのため芸術的なキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村






最終更新日  2016年08月05日 22時08分24秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年03月30日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
上野公園は正式名称は上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)と言います。武蔵野台地末端の舌状台地「上野台」にあることから上野の山とも呼ばれます。東京都建設局の管轄の公園で、総面積約53万m²と大きい公園です、園内には博物館、動物園等、多くの文化施設、彫刻家高村光雲作の西郷隆盛像があります。

この場所は、江戸時代、三代将軍・徳川家光が江戸城の丑寅(北東)の方角、すなわち鬼門を封じるためにこの地に東叡山寛永寺を建てた所で、芝の増上寺と並ぶ将軍家の墓所として権勢を誇っていましたが、戊辰戦争で寛永寺に立て篭った旧幕府軍の彰義隊と新政府軍が衝突し(上野戦争です)、一体は焼け野原になりました。その後、1870年、医学校と病院予定地として上野の山を視察した蘭医ボードウィンが、この場所を公園として残すよう日本政府に働きかけ、政府が応じて1873年に日本初の公園に指定したのが上野公園の始まりです(ボードウィンが上野公園の生みの親と呼ばれているのはそのためです)。

上野恩賜公園は桜の名所としても有名です。昨日(3月29日)は桜が満開となり、多くの人が上野恩賜公園に桜を見に来ていました。私は秋葉原に用事があってこの周辺に行ったのですが、時間があったので、上野恩賜公園の桜を楽しみながら写真を撮りました。今日のブログは、その上野恩賜公園の桜の光景を載せます。使用カメラはPENTAX Optio H90です。なお人の顔がしっかり写っている写真がありましたので、プライバシーの観点からフォトレタッチソフトのGIMPにてその人らの写真をぼかしました。

001
▲上野恩賜公園にある上野こども遊園地です。
002
▲「パンダ焼」を売っている上野動物園の前にある桜木亭では、パンダグッズが売られていました。
003
▲古い食堂の東照宮売店がとてもいい味を出していました。
006
▲東照宮売店のメニューです。
004
▲徳川家康を祀る神社の東照宮は、牡丹で有名なのですが、桜も咲いていて、桜見物が楽しめます。
005
▲東照宮には露店がたくさん出ていて活気がありました。
007
▲歩きながら上野恩賜公園の桜を楽しむ人がたくさんいました。
008
▲手作り風の売店がいい味を出していました。
009
▲上から見下ろした上野恩賜公園の桜です。
010
▲かつて大仏殿があった場所に、1972年(昭和47年)建立された大仏パゴダです。
011
▲お地蔵さんが印象に残ったので撮ってみました。
012
▲上野恩賜公園内にある老舗西洋料理店、精養軒です。
013
▲上野恩賜公園内の案内地図です。
014
▲上から見下ろした桜咲く不忍池弁天堂です。
015
▲上野恩賜公園で桜を背景に記念撮影をする人がたくさん見られました。

上野恩賜公園の咲き誇る桜を見て、春がついにやってきたなという気分になりました。春を感じさせる桜はとても美しく、見ているだけでも心が豊かになる気がしました。この日、休日ということもあり多くの人が来ていましたが、その中にはたくさんの外国人観光客の方々もいらっしゃしました。桜の美しさをとても楽しんでいる感じがしました。きっと桜を見て日本に観光に来たんだなということを実感されているのだろうなと思いました。

【今回の使用カメラ】

カメラのミツバ
PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。そのため芸術的なキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村






最終更新日  2016年04月28日 07時46分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年11月07日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今回のブログでは、花やしき通り商店街の光景の写真を載せます。使用したカメラは、PENTAX Optio H90です。撮影時期は2011年4月頃です。

001.JPG
▲花やしき通り商店街に着きました。
002.JPG
▲ここが遊園地の浅草花やしきです。
003.JPG

004.JPG
▲花やしき通り商店街の光景です。
005.JPG
▲食堂に飾られたドラえもんのぬいぐるみ等です。
006.JPG
▲鬼太郎のお店がありました。
007.JPG
▲何とも懐かしい、というかレトロというか、古くさいというか、そんなお店がたくさん並んでいる商店街でした。※全写真デジタルフィルターのレトロで撮りました。

花やしき通りは、浅草寺境内と六区興行街を結んでいる通りで、最盛期の大正末期から昭和初期には花やしきを軸に、西に凌雲閣、南にはひょうたん池があることから、終日多くの人が訪れました。大正7年には沿道に露店が許可され、現在のように衣裳屋や用品店、飲食店が浅草寺境内まで並ぶ商店街、「花やしき通り商店街」へと発展しました。

花やしき通り商店街の軸である浅草花やしきは、1853年(嘉永6年)開園の遊園地です。一度取り壊しになっていますが、1947年(昭和22年)に復活し現在に至っています。日本最古の遊園地と言われていますが、断絶された期間があるため、1912年(大正元年)開業とされるひらかたパークの方が前身を含め継続してきたため遊園地としての歴史は長く、そのため最古とは言いにくい遊園地です。
元々は千駄木の植木商、森田六三郎により牡丹と菊細工を主とした植物園「花屋敷」として開園されました。1885年(明治18年)に木場の材木商・山本徳治郎とその長男・松之助が経営を引き継ぎ、浅草が流行の地となるにつれて動物や見せ物、遊技機器が置かれるようになり、遊園地化していきました。大正から昭和初期にかけて全国有数の動物園としても知られていましたが、1935年(昭和10年)に仙台市立動物園に動物を売却し、事実上閉園され、1941年(昭和16年)には松竹が経営に当たることとなり、劇場や映画館とともに遊園地も存続しましたが、1942年(昭和17年)には強制疎開により取り壊されました。戦後になり、1947年(昭和22年)、当時、あらかわ遊園や豊島園も受託していた実績があった東洋娯楽機に業務を委託する形で再出発し、2年後には東洋娯楽機に経営自体が委ねられ「浅草花やしき」になりました。2004年(平成16年)にトーゴとなった東洋娯楽機が会社更生手続きの開始を申し立てたことにより、バンプレストの子会社が経営を承継し、2008年(平成20年)4月1日に、バンプレストの事業再編に伴い、直接の親会社であるナムコの子会社である株式会社花やしきが運営していています。

 

浅草を代表する遊園地で、僕は勝手に浅草のディズニーランドなどと呼んでますが、今も人気がある所です。現在に至るまで、いろんなことがあり一回は無くなりましたが復活をしました。浅草にはどうしても必要だから復活し、経営会社が変わりながらも続いてきたと思います。それだけに今後も存続の危機が来ても残る、そんな遊園地として、浅草の顔をして残ると個人的には思っています。

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。今回はレトロというデジタルフィルターを使いましたが、面白い写真に仕上げてくれたって思います。こういうスタイルだけに、普通にキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村







最終更新日  2016年12月09日 08時10分33秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年10月27日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今日の写真は埼玉県蕨市で毎年10月に開催されているイベント「ハロウィンワールド in WARABI」の光景です。今年は昨日(2014年10月26日)に開催されたのですが、風邪に寝込んで行けなかったため、2011年10月26日に撮影した写真を載せます。使用カメラはPENTAX Optio H90です。

001.JPG

002.JPG
▲ハロウィンのお知らせをする人です。ハロウィンらしい格好をしていました。これを見て、ハロウィンだなって感じました。
003.JPG

004.JPG

005.JPG
▲みんながハロウィンの格好をして歩いていました。いつもは元気がない商店会が、この日は元気いっぱいな雰囲気に溢れていました。これを機に、元気な商店会になってほしいなって思いました。
006.JPG
▲蕨市の市民会館の写真です。ここではお店が出ていたりしていて賑やかでした。この会館ではどうやらハロウィンのイベントが行われていたようです。

ハロウィンワールド in WARABIは、 2009年に蕨市市政施行50周年記念事業の一環として始められたイベントです。ハロウィンにちなんだ仮装パレードや、コンテストのほか、世界の料理が楽しめるイベントが開催されます。開催エリアはは蕨駅の西口正面から旧中山道までで、具体的なイベント会場は、蕨市市民会館、児童センター、公民館や駅前商店街です。今年が2014年ですから、今年で6回目の開催となります。今年は昨日(2014年10月26日)に開催されましたが、風邪で家でダウンしていたため行けなくて残念でした。来年は仕事の都合で行けるかどうかは微妙ですが、行ける限りは行きたいと思っております。

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。今回はレトロというデジタルフィルターを使いましたが、面白い写真に仕上げてくれたって思います。こういうスタイルだけに、普通にキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年01月12日 21時23分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年10月24日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今日の写真は東京都台東区にある不忍池弁天堂付近の光景です。使用カメラはPENTAX Optio H90です。撮影時期は2014年1月3日です。

001

002

003

004
▲ややピンボケというか、フィルムのトイカメラ風の俗悪な写真になりましたが、これはPENTAX Optio H90のマニュアルモードで撮ったら、こんな写真になってしまいました。

上野動物園は愛称で、正式名称は東京都恩賜上野動物園(とうきょうとおんしうえのどうぶつえん)と言います。通称、上野公園または上野の森と呼ばれる上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)の中になる東京都立の動物園です。日本で最も古い動物園で、開園は1882年(明治15年)3月20日です。

当初は1882年(明治15年)3月20日に、上野公園に博物館が開かれた際に付属として作られた動物園だったそうです。この博物館が、ウィーンの万国博覧会へ出品するために日本全国から集められた物産を、一般の人々に公開するのが目的で作られたものだったため、動物園も日本産の動物が主体だったそうです。その後所管が農商務省になると、「勧業奨励」に力が入れられ家畜が展示され、1886(明治19)年に宮内省所管となるとイタリアのチャリネ曲馬団より、神田・秋葉原で興行中に生まれたトラを、ヒグマと交換で来園、その後いろんな動物が来園するようになり、数多くの動物がいる動物園になりました。

大正12年9月1日に発生した関東大震災が起きた時には奇跡的に、正門の門柱が1本倒れたほかは大きな被害がなく動物も被害がなく済み(ただ翌日から12月9日まで閉園することになり、その後、12月10日~25日までの間、無料開園したそうです)。翌年の大正13年の昭和天皇のご成婚を記念して、上野恩賜公園動物園と呼ばれるようになり、その頃より施設の大幅な改造が行われ、ホッキョクグマ舎や以前このブログでご紹介したサル山などが作られました。その頃になると、季節ごとに催し物が行われるようになり、市民にとって最大のレクリエーションの施設として親しまれ、利用者も大幅に増えてきました。

第二次世界大戦中は、東京都長官の命令によって、猛獣処分が実施され、クマ、ライオン、トラなどの猛獣に加えて、動物園の人気者であるゾウ、1945(昭和20)年3月の東京大空襲の後には資料がなくなったこともありカバも殺されるという不幸な時代を過ごしますが、その反省から、終戦後は「動物園は平和そのものである “Zoo is the Peace”」を合言葉に、戦後の混乱で疲れた人々を癒すため、上野動物園はめざましい復興を遂げ、平和のシンボルとして人々に愛されていきます。

その後、1949(昭和24)年からはじまった園域の拡張により、戦前の4倍もの大きさになり、海水水族館も開館、モノレール開通など大きな事業が重なり、大水族館もオープンし、飼育される動物が過去最高になっていきます。そして1972(昭和47)年、日中国交回復を記念して、ジャイアントパンダの“カンカン”と“ランラン”が来園、入園数が増加し、人気を不動なものにしていきます。その後は、動物園は希少動物の種の保存が重要な役割と認識されるようになり、飼育繁殖に取り組む「ズーストック計画」を開始され、そのに伴い動物たちの福祉に配慮した広い飼育繁殖施設として、「ゴリラ・トラのすむ森」、両生爬虫類館(ビバリウム)、「ゾウのすむ森」、「クマたちの丘」などが作られました。

新しい話では2011(平成23)年4月には、ジャイアントパンダ(2頭)を約3年ぶりに公開され、上野動物園付近ではパンダフィーバーが起きました。同年10月には、広い放飼場を備えた「ホッキョクグマとアザラシの海」もオープンし、ますます見どころのある動物園として進化しました。

上野動物園は、日本一の歴史を誇る動物園と共に、日本一の入園者数を誇る動物園です。旭川市旭山動物園が月間入園者数で上回る月もあるものの、年間入園者でみると上野動物園が1位をキープしています。そのデータを見ると、まさに日本一の動物園といっていい動物園です。

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。今回はレトロというデジタルフィルターを使いましたが、面白い写真に仕上げてくれたって思います。こういうスタイルだけに、普通にキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年01月12日 21時23分40秒
コメント(6) | コメントを書く
2014年10月23日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今日の写真は東京都台東区にある不忍池弁天堂付近の光景です。使用カメラはPENTAX Optio H90です。撮影時期は2014年1月2日です。

001

002

003

004

005

006

上野動物園を駅の反対側から出ると、不忍池に出ます。上野公園の中に位置する天然の池です。上野動物園の1つのスポットそして有名です。

不忍池の由来ですが、かつて上野台地と本郷台地の間の地名が忍ヶ丘(しのぶがおか)と呼ばれていたという説や、周囲に笹が多く茂っていたことから篠輪津(しのわづ)が転じて不忍になったという説、ここで男女が忍んで逢っていたからという説があります。実際は最初に書いた説が最有力とされているようですが実際には分かりません。15世紀頃には既に「不忍池」と呼ばれていたそうです。

その不忍池の中央部には、不忍池弁天堂があります。行くには橋を渡って(確か観月橋だったかな)行かなければなりません。この不忍池弁天堂の正式名称は「東叡山寛永寺辯天堂」だそうです。

歴史を調べてみると、寛永二年(1625年)に江戸の鬼門を護るために、京の比叡山延暦寺に倣い、上野の岡に東叡山寛永寺を創建した慈眼大師・天海が、常陸国下館城主・水谷勝隆という人に不忍池を琵琶湖に見立てて池の中に竹生島を模した小島を築かせ、竹生島宝厳寺の弁財天を勧請して弁天堂を建てた、とされています。祀られているのは弁天様(弁財天)です。

弁天様は、ヒンドゥー教の女神『サラスヴァティー』がルーツだそうです。それが仏教や神道に取り込まれる形で、弁財天となったと言われています。元々は川の神でありましたが、河の流れる音や河畔の祭祀での賛歌から、言葉を司る女神ヴァーチェと同一視され、音楽神、福徳神、学芸神、戦勝神など幅広い性格をもつに至ったとされています。それが日本では、日本神話に登場する宗像三女神の一柱である、市杵嶋姫命(いちきしまひめ)と同一視されることで、江戸時代には勝運守護の神様として武家から庶民にいたるまで広く信仰を集め、今も開運厄除はもちろん、長寿や福徳・芸能と幅広い功徳の神様として人気を集めています。「七福神」の一員として宝船に乗っている姿を思い出す方も多いでしょう。なお七福神の中の唯一の女性であり、そのため紅一点としても人気があります。

不忍池に行って、不忍池の中央部に行くと必ず見えるので、不忍池のシンボルと言ってもいい存在だと思います。不忍池弁天堂に行くのに渡る橋付近には、沢山の露店が出ており、そこで食べ物を買って食べるのも楽しみの1つです。

さて不忍池には、駅伝発祥の碑が建てられています。これは、初めての駅伝大会である奠都50周年記念大博覧会「東海道駅伝徒歩競走」が、大正6(1917)年4月27日, 28日, 29日の3日間にわたり開催された際のゴール地が、不忍池だったため、これを記念して作られたものです。お正月といえば駅伝ですが、その時期にこの写真を撮れたのは、偶然とは言え、面白いなと思いました。

007

さて最後に、不忍池を出るとある映画館を紹介します。オークラ劇場です。見ても分かる通りポルノ映画館です。今ではビデオ全盛の時代に入ったので、その存在自体が非常に珍しくなりました。私の住む埼玉県にも、昔に大宮市(現在のさいたま市大宮区)にありましたが、今は無くなってしまいました。ただ興奮させるだけのビデオを違い、ポルノ映画は内容的にはしっかりした映画なのだけども、そこに世の男性を興奮させる要素を入れることで、映画内容も楽しめるものでした。この映画館も、今がビデオ全盛期なので、いつかはなくなるかも知れない…そう思って写真に撮りました。いつか、とても貴重な写真になるかもしれません。
008

009

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。今回はレトロというデジタルフィルターを使いましたが、面白い写真に仕上げてくれたって思います。こういうスタイルだけに、普通にキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年01月12日 21時24分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年10月22日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今日の写真は埼玉県蕨市にある蕨市民会館付近の光景です。使用カメラはPENTAX Optio H90で、そのカメラの付いている機能のデジタルフィルターを使って写真を仕上げました。撮影時期は2013年12月頃です。

007
▲マクロ+トイカメラで仕上げました。
008
▲ソフトで仕上げました。
009
▲トイカメラで仕上げました。
010
▲マニュアルフォーカスで撮ったものをレトロで仕上げました。
012
▲トイカメラで仕上げました。
013
▲カラーで赤を強めにして、レッドスケール風に仕上げました。
014
▲ソフトで仕上げました。
015
▲色抽出で仕上げました。

PENTAX Optio H90ですが、こうやって様々なデジタルフィルターで仕上げていると、非常に楽しく、これはしているとまるでトイデジで遊んでいる感じがしました。写りが他のコンデジに比べて悪いのですが、その分をトイデジみたいに使うことで補うこと、これがこのカメラの楽しみ方なのだと思います。まさにPENTAXという一流光学メーカーが作ったトイデジ、これがPENTAX Optio H90なのだと思いました。

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。今回はレトロというデジタルフィルターを使いましたが、面白い写真に仕上げてくれたって思います。こういうスタイルだけに、普通にキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年01月12日 21時25分01秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年10月21日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今日の写真は埼玉県蕨市にある蕨中央商店街の光景です。使用カメラはPENTAX Optio H90です。撮影時期は2013年12月頃です。

001

002

003

004

005

006
▲蕨中央商店街をデジタルフィルターのレトロで加工しました。

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ

PENTAX Optio H90ですが、PENTAX(現在はRICOH)が作ったコンデジというよりはトイデジって感じのカメラです。写りは決して良くはありません(ただトイデジメーカーのカメラよりレンズが良いので、トイデジよりはキレイには写ります)。その代わりに、いろんな写真が作れるデジタルフィルターというトイデジで言うモードみたいのがあって、それで自分好みの写真に仕上げるという感じのカメラです。その仕上げ方は、エグゼモード社のトイデジのYASHICA EZ-F521のカラー効果のように、撮った写真を写真プレビュー画面にした後、それにデジタルフィルターをかけるというものです。私のようなトイデジ好きのためにPENTAXという光学メーカーが作ったようなカメラになっています。今回はレトロというデジタルフィルターを使いましたが、面白い写真に仕上げてくれたって思います。こういうスタイルだけに、普通にキレイな写真を撮りたい人には不向きのカメラだと思います。トイデジが大好きな人が買う、一流光学メーカー製のトイデジ(価格もトイデジ並みです)がPENTAX Optio H90だと思います。

▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年01月12日 21時25分38秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年10月20日
カテゴリ:PENTAX Optio H90
今日の写真は東京都台東区にある下町風俗資料館の写真です。使用カメラはPENTAX Optio H90です。撮影時期は2014年1月3日です。

IMGP0105
▲ここが下町風俗資料館の入口です。
IMGP0106
▲台東区のコミュニティバスのめぐりんの看板がありました。
IMGP0107
▲入口付近にある人力車です。
IMGP0108
▲1階に展示されている当時の電話ボックスです。IMGP0109

IMGP0110
▲2階にある大正時代から昭和初期に大流行したカフェを再現したフロアです。
IMGP0115
▲撮影日はお正月ということで1階では、獅子舞と弁天さんのイベントが開催されていて、特に外国人の方にウケてました。

下町風俗資料館は、東京都台東区にある不忍池にある博物館です。主に、江戸時代から昭和時代中期くらい時代の東京の下町の文化資料を扱っている施設です。開館は1980年(昭和55年)10月1日で、管理・運営は、公益財団法人台東区芸術文化財団が行っています。開館時間は午前9時30分~午後4時30分(入館は4時まで)です。

開館された理由は、明治・大正の頃まであった江戸の名残があった東京の下町が、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災、1945年(昭和20年)の戦災により、その面影はなくなり、昭和30年代後半に入ると東京オリンピックを契機とする積極的な再開発により町の姿がすっかり変わってしまったことから、「古き良き下町の文化を永く後世に伝えるために…」「庶民の歴史である下町の大切な記憶を次の世代へ伝える」ために作られました。

この博物館ですが、1階は、古き良き江戸の風情をとどめていた大正時代の下町の路地を再現しています。花緒の製造卸問屋、駄菓子屋さん、そして当時の長屋が小さなフロア内に見事に再現されています。ここから、大正時代の下町に住む人々の生活を伺うことが出来ます。なおこの1階、当時の電話ボックスや人力車が展示されており、これらはなかなか見ることが出来ないので、大変貴重なものです。またこの階では、時折紙芝居のイベントなども行われます(この日は、氏お正月ということもあり、粋な感じの男性女性が、獅子舞や弁天の格好をして、来た人を楽しませてくれました)。

2階部分は、主に台東区を就寝とした下町地域のゆかりの資料、生活道具や、ベーゴマ、けん玉、パチンコ屋スマートボールの原型であるコリントゲームなど玩具が展示されています(そのうち玩具に関しては、実際に体験することが出来ます)。この階の半分ぐらいのスペースは、企画展示室になっていて、テーマを設けて当時の下町を知る上で重要な資料が展示されます(この日に行われていたのは「平成25年度特別展 女性たちの装いと暮らし― 明治から昭和へ ―」でした)。この階で面白いのは、写真にも撮りましたが、大正時代から昭和初期に大流行したカフェが再現されているところです。これは復元というよりは、こういう感じのカフェがありましたという感じに作られたものなのですが、その雰囲気を十分に醸しだしており、非常に楽しめるものです。

入館料は一般で300円、小・中・高校生で100円と安く。気軽く入れるので、東京の下町に関心のある方なら是非一度行って欲しい施設です。

【今回の使用カメラ】

【中古】【AB+】中古 ペンタックス ペンタックス Optio H90 (WH) ランク:AB+ 「カメラのナニワ 梅田買取センター在庫」 PLU:2221090185387【中古カメラ】
カメラのナニワ
▼良かったらクリックして下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年01月12日 21時26分03秒
コメント(4) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.