000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フォト&クリエイティブ日和

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

CASIO EXILIM EX-ZR1100

2020年06月30日
XML
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100

【CASIO EXILIM EX-ZR1100】三ノ輪橋停留所周辺【デジタルカメラ】



2020年06月27日のブログ記事「【E-PL1】M42マウントレンズ Pentacon auto 1.8/50 で撮った大宮公園の梅林」で、OLYMPUSのカメラ事業撤退について書きました。この撤退は、スマホのカメラ機能の向上が大きいと個人的に思いました。カメラマニアではない人にとっては、カメラは必要ではなくなったことが大きな原因になっていると思ったのです。

OLYMPUSのカメラ事業撤退を知って、私はある企業を思い出しました。CASIOです。液晶ディスプレイ付きデジタルカメラを世界で初めて作った企業です。コンデジ一筋で、この分野ではトップを走ってきましたが、やはりスマホのカメラ機能の向上により、売上は赤字を辿り、そして撤退してしまいました。

CASIOのカメラの特色は、デジタル機能をフルに使って、誰でもキレイな写真を撮れる点にありました。それが一時期、中国などで受け、人気を集めました。しかしそれが、次第にスマホのカメラ機能の向上により、売れなくなってきました。デジタルの機能でキレイな写真を撮る、それはスマホも同じであり、いくらカメラにエフェクタなど色んな機能をつけても、次々開発されるスマホのアプリに勝てなくなってきました。

デジタル機能をフルに使ってキレイな写真を撮るというコンセプトが、CASIOのカメラとスマホのカメラ機能は同じであるがために、結果的に敗れ去ってしまったのです。

今後、スマホのカメラ機能が向上し続けていけばいくほど、カメラ市場はかなり厳しい状況に追い込まれるでしょう。

以下の動画では、この辺について触れられていますが、現実味を帯びてきそうです。



さて今回のブログ記事ですが、そんなCASIOのコンデジのCASIO EXILIM EX-ZR1100で撮った写真を載せます。撮影場所は三ノ輪橋停留所周辺です。撮影時期は2020年3月頃です。























このCASIO EXILIM EX-ZR1100ですが、誰でもいい写真が撮れるように作られています。しかし…スマホのカメラ機能の向上が進んでいる今、このような写真はスマホでも撮れたりします。私としては、それは分かっていますが、好きなカメラなので、使っていきたいと思っています。

CASIO EXILIM EX-ZR1100




Come to Store




にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
▲良かったらクリックして下さい。






最終更新日  2020年06月30日 00時00分08秒
コメント(2) | コメントを書く


2019年04月21日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
2019年4月6日(土曜日)から、文京区にある根津神社にて、「第50回文京つつじまつり」が開催されました。第50回文京つつじまつりは、文京花の五大まつりの一つで、毎年4月から5月の1ヶ月間行われます。この期間のみ、根津神社のつつじ苑が一般開放され、この時期に見頃を迎える約100種3,000株のつつじを見ることが出来ます。

その「第50回文京つつじまつり」に行ってきて、3台のカメラでその模様を撮ってきたので、三回に渡り、ブログに載せます。第3回目はCASIO EXILIM EX-ZR1100で撮った写真です。撮影時期は2019年4月上旬です。


▲年に一回のつつじまつりということで、外国人観光客を含め、多くの人が根津神社のつつじ苑に来ていました。

▲ここに来ている人は、カメラを持ってつつじを撮っていました。

▲つつじの美しさに、外人さんも満足していました。

▲美しいつつじをとにかく撮る、それに多くの人が夢中になっていました。

▲親子でつつじを楽しむ、とても素敵な時間になったと思います。

▲とにかく夢中に写真を撮る、おそらく中国人観光客だと思われる女性です。



▲美しいつつじは、人を惹きつけます。







▲お友達と並んで、つつじを写真を撮っている姿を見て、きっと楽しい時間だったんだろうな、と思いました。


▲つつじを見ながら歩く子供の光景を見かけました。



▲多くの人がつつじを見ながら楽しんでいました。

▲外人さん、つつじの美しさに惹かれ写真を撮っていました。

CASIO EXILIM EX-ZR1100ですが、光学12.5倍ズームレンズなので、遠くからでも拡大して写真を撮ることが出来ます。光学だから画像が粗くなることはありません。このズームで写真を撮りましたが、遠い場所からでもいい場面を撮ることが出来ました。

CASIO EXILIM EX-ZR1100はいろんな機能があるのですが、プレミアムオートPRO機能で撮りました。この機能は、撮影環境の条件を一瞬のうちにカメラが解析し、それぞれに最適な画像処理を部分ごとに適用してくれ、最終的にキレイな写真を作ってくれます。そのため、露出などを気にしないで、撮りたい場面だけに集中して写真を撮ることが出来ました。

なお、今年の4月30日で平成が終わります。なので、今回の撮ったつつじまつりは私にとって平成最後のものとなります。そんなことを思ったら、なんだか今回思い出に残る写真になったな、と思いました。

【今回の使用カメラ】

【中古】【EX-ZR1100】CASIO カシオデジタルカメラ【商品ランク】☆☆☆☆/中古優良品/細かなキズやテカリ、汚れがありますが、多少の使用感のみで状態の良い中古品です。【中古保証書付き】【69】
ワンダーレックス 楽天市場店

CASIO EXILIM EX-ZR1100は、今はカメラ事業から撤退してしまったCASIOが発売のデジタルカメラです。このカメラはいろんな機能があるのですが、その中で特筆すべきものはプレミアムオートPRO機能です。プレミアムアートPRO機能とは、撮影環境の条件を一瞬のうちにカメラが解析し、それぞれに最適な画像処理を部分ごとに適用してくれ、最終的にキレイな写真を作ってくれるというものです。

これは、CASIO EXILIM EX-ZR1100に搭載されている画像処理エンジンの「EXILIMエンジンHS Ver.3」の機能を活用したもので、いわゆるデジタル技術を駆使してキレイな写真を作り出します。カメラが勝手にいい写真を作ってくれるわけで、カメラには詳しくない人のための優しい機能です。私のようなカメラ好きでも、ここまでデジタルでキレイな写真を作ってくれるのなら、後は撮りたいものだけを撮るのに集中できて、良かったりします。

▼良かったクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年04月21日 19時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月09日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
​前回。玩具フィルムカメラのにゃーにゃーHOLGAで、川口市立グリーンセンターの梅林をすぐ側にあるお子様が遊べる施設のわんぱく広場の写真を撮りましたが、今回は、CASIO EXILIM EX-ZR1100のプレミアムオートPRO機能を使って撮った写真を載せます。


▲わんぱく広場で最も人気がある、ミニ鉄道のコーナーです。



▲わんぱく広場で最も人気がある、ミニ鉄道の駅舎です。

▲今からミニ鉄道が発車します。

▲ミニ鉄道が発車しました。

▲ミニ鉄道に乗る人は楽しそうです。

▲展望スベリ台です。

▲夢ふうせんという施設で、カラフルな遊具が揃っていて、子供から大人まで楽しんでいました。

▲ミニ鉄道が、次に乗る子供らのために駅に向かっています。

川口市立グリーンセンターは埼玉県川口市新井宿にある植物園です。日本の都市公園100選の一つので、昭和42年11月1日に開園しました。開園当初は、グリーンセンター川口市立花木植物園という名称でした。

約15ヘクタールの大きさの植物園で、大芝生広場・つつじ山・花壇・ロックガーデン・菖蒲園など様々な施設があり、いろんな植物が見れます。植物が見れる施設以外には、園外の近くに位置する埼玉県道34号さいたま草加線(第二産業道路)を挟んだ向かいの場所に、屋外プール場があります。このプール場は、夏季は通常のプール(流水プール)、冬季はプールの水を凍結させることによってスケートリンク(アイススケート場)として営業されています。また施設の場所が、東京外環自動車道が近く、東京都心や練馬区の東映東京撮影所からも約一時間程度でというところにあるため、開園当初からテレビドラマや映画のロケ撮影に利用されています。植物園としても楽しめ、近所の施設ではプールやスケートが楽しめ、行くタイミングによってはテレビや映画の撮影が楽しめるという施設が川口市立グリーンセンターです。

▼良かったクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年03月09日 19時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月06日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
前回、玩具フィルムカメラのにゃーにゃーHOLGAで川口市立グリーンセンターの梅林を撮った写真を載せましたが、同じ日にCASIO EXILIM EX-ZR1100でも撮りました。


【中古】【EX-ZR1100】CASIO カシオデジタルカメラ【商品ランク】☆☆☆☆/中古優良品/細かなキズやテカリ、汚れがありますが、多少の使用感のみで状態の良い中古品です。【中古保証書付き】【69】
ワンダーレックス 楽天市場店

今回のブログでは、CASIO EXILIM EX-ZR1100で撮った川口市立グリーンセンターの梅林の写真を載せます。プレミアムオートPRO機能で撮りました。プレミアムアートPRO機能とは、撮影環境の条件を一瞬のうちにカメラが解析し、それぞれに最適な画像処理を部分ごとに適用してくれ、最終的にキレイな写真を作ってくれるというものです。

これは、CASIO EXILIM EX-ZR1100に搭載されている画像処理エンジンの「EXILIMエンジンHS Ver.3」の機能を活用したもので、いわゆるデジタル技術を駆使してキレイな写真を作り出します。カメラが勝手にいい写真を作ってくれるわけで、カメラには詳しくない人のための優しい機能です。私のようなカメラ好きでも、ここまでデジタルでキレイな写真を作ってくれるのなら、後は撮りたいものだけを撮るのに集中できて、良かったりします。

なお撮影時期は、2019年2月頃です。











最後に川口市立グリーンセンターについて書きます。ここは、埼玉県川口市新井宿にある植物園です。日本の都市公園100選の一つので、昭和42年11月1日に開園しました。開園当初は、グリーンセンター川口市立花木植物園という名称でした。

約15ヘクタールの大きさの植物園で、大芝生広場・つつじ山・花壇・ロックガーデン・菖蒲園など様々な施設があり、いろんな植物が見れます。植物が見れる施設以外には、園外の近くに位置する埼玉県道34号さいたま草加線(第二産業道路)を挟んだ向かいの場所に、屋外プール場があります。このプール場は、夏季は通常のプール(流水プール)、冬季はプールの水を凍結させることによってスケートリンク(アイススケート場)として営業されています。また施設の場所が、東京外環自動車道が近く、東京都心や練馬区の東映東京撮影所からも約一時間程度でというところにあるため、開園当初からテレビドラマや映画のロケ撮影に利用されています。植物園としても楽しめ、近所の施設ではプールやスケートが楽しめ、行くタイミングによってはテレビや映画の撮影が楽しめるという施設が川口市立グリーンセンターです。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年03月06日 19時00分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月28日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
CASIO EXILIM EX-ZR1100には、背景ぼかし機能というものがあります。


【中古】【EX-ZR1100】CASIO カシオデジタルカメラ【商品ランク】☆☆☆☆/中古優良品/細かなキズやテカリ、汚れがありますが、多少の使用感のみで状態の良い中古品です。【中古保証書付き】【69】
ワンダーレックス 楽天市場店

背景ぼかし機能というのは、ぼかし処理で被写体を浮き上がらせることで一眼レフカメラのような背景ボケ写真を作り出すというものです。これを使ってみたかったので、梅ノ木天神社で使ってみました。今回のブログでは、この写真を載せます。撮影時期は2019年2月頃です。











なんとも奇妙な写真が撮れました。レンズが故障でもしたのではないか、そんな感じの変なボケが出てます。おそらく私の使い方が変なのでしょう。

正直、私は基本的にはパンフォーカスで写真を撮るので、昔の一眼レフフィルムカメラで、桜の花とかを撮るとき以外は使わないので、私にはCASIO EXILIM EX-ZR1100の背景ぼかし機能は、必要ないなって思いました。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年02月28日 00時00分29秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年02月27日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
前回、玩具フィルムカメラのにゃーにゃーHOLGAで梅ノ木天神社を撮った写真を載せましたが、同じ日にCASIO EXILIM EX-ZR1100でも撮りました。


【中古】【EX-ZR1100】CASIO カシオデジタルカメラ【商品ランク】☆☆☆☆/中古優良品/細かなキズやテカリ、汚れがありますが、多少の使用感のみで状態の良い中古品です。【中古保証書付き】【69】
ワンダーレックス 楽天市場店

今回のブログでは、CASIO EXILIM EX-ZR1100で撮った梅ノ木天神社の写真を載せます。プレミアムオートPRO機能で撮りました。プレミアムアートPRO機能とは、撮影環境の条件を一瞬のうちにカメラが解析し、それぞれに最適な画像処理を部分ごとに適用してくれ、最終的にキレイな写真を作ってくれるというものです。

これは、CASIO EXILIM EX-ZR1100に搭載されている画像処理エンジンの「EXILIMエンジンHS Ver.3」の機能を活用したもので、いわゆるデジタル技術を駆使してキレイな写真を作り出します。カメラが勝手にいい写真を作ってくれるわけで、カメラには詳しくない人のための優しい機能です。私のようなカメラ好きでも、ここまでデジタルでキレイな写真を作ってくれるのなら、後は撮りたいものだけを撮るのに集中できて、良かったりします。

なお撮影時期は、2019年2月頃です。











最後に、梅ノ木天神社について書きます。

梅ノ木天神社は、境内掲示に書かれた文章を読むと

「往古川口町字新屋敷に天神社が鎮座してゐたが、明治二十七年に町の鎮守氷川神社に合祀され、現在の川口神社本殿に奉斎されてゐる。昭和十一年川口第一尋常高等小学校(現・本町小学校)廿楽雪之丞校長より、児童の勧学の神として天神さまをまつりたい旨の要請を受け、道真公の御分霊を校庭の神殿に遷座して「梅ノ木天神社」と称した。然るに昭和二十年大東亜戦争敗戦に伴ふ敵占領軍の指令により、神殿ごと当神社に返還されたので、これを境内神社として奉安した。本町三丁目の永井政一氏は、同校就学当時の神恩に奉謝すべく、天神社造替資金として蓄へた軍人恩給の提供を申し出られたため、これを原資に平成御大典奉祝記念事業の一環として新社殿を建設、平成四年五月二十七日夜遷座祭を斎行した。」

という神社だそうです。道真公とは、学問の神と言われる菅原道真で、彼が梅をこよなく愛した人(道真が京の都を去る時に詠んだ「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」、その梅が、京の都から一晩にして道真の住む屋敷の庭へ飛んできたという「飛梅伝説」が有名です)なので、ここの辺に梅の木があるのでしょう。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年02月27日 05時33分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月24日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
世界初の液晶モニター付きデジカメを発売し、その後も元々が光学メーカーではないということから、他のメーカーにはないユニークさでコンパクトデジカメを出してきたのがCASIOです。しかしスマホなどが高性能のカメラ機能を搭載することにより、売上が上がらなくなり、ピークの08年3月期より9割以上減り、営業損益は49億円の赤字で、前年(5億円の赤字)より悪化し、「続けていても増収が見込めない」(樫尾和宏社長)ということで、コンパクトデジカメから撤退しました。今後は山形県の工場は閉鎖せず、医療やスポーツ記録向けのカメラなどをつくって技術力を保つ方針で、再参入も検討しているとのことですが、状況的にはその道は困難と言っていいと思います。

そんなニュースを聞いた私は、今こそCASIOのコンパクトデジカメを買うべきだ、という強く思い、このカメラを買いました。


【中古】【EX-ZR1100】CASIO カシオデジタルカメラ【商品ランク】☆☆☆☆/中古優良品/細かなキズやテカリ、汚れがありますが、多少の使用感のみで状態の良い中古品です。【中古保証書付き】【69】
ワンダーレックス 楽天市場店

CASIO EXILIM EX-ZR1100です。画像エンジン「EXILIMエンジンHS Ver.3」を搭載し、その画像エンジンが、シャッターを押すだけでキレイな写真を簡単に撮ることを可能にしています。非常に賢い画像エンジンで、何の設定もしないでキレイに写真を撮ることが出来ます。カメラ好きからしたら、全てデジタル任せというのは抵抗感があると思います。しかし、写真を撮る人がそんな人ばかりではありません。簡単にキレイな写真を撮りたい、そんな人も実は非常に多いのです。そんな人にとっては素晴らしいカメラだと私は思います。

さて今回の写真ですが、前回、本を買いに行ったJR川口駅東口の付近の夜景写真を載せましたが、その時に夜景を、通常の写真と異なる雰囲気に写真を仕上げてくる「アートショット」のモノクロで撮ったらどんな写真に仕上がるのか、を試したくて、それで撮った写真を載せます。撮影場所はR川口駅東口の付近です。撮影時期は2019年2月頃です。













独特の面白いモノクロ写真が撮れたと思います。夜=暗い→モノクロには合わないと思っていたんですが、そうではなく、非常に面白い写真に仕上がったと思います。モノクロ夜景写真も、面白いものになると私は、今回知って、これからも撮っていきたいと思いました。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年02月24日 00時00分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月23日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
夜に、必要な本があったので買いに行こうと思った時に、せっかくだからついでに夜景を撮ろうと思いました。それはこのカメラを買ったからです。


【中古】【EX-ZR1100】CASIO カシオデジタルカメラ【商品ランク】☆☆☆☆/中古優良品/細かなキズやテカリ、汚れがありますが、多少の使用感のみで状態の良い中古品です。【中古保証書付き】【69】
ワンダーレックス 楽天市場店

CASIO EXILIM EX-ZR1100です。このカメラ、「HSナイトショット」という機能があります。この機能は、高感度で高速連写した画像を合成するというものです。簡単に言うと、高速連写した中から、キレイに写せた夜景の写真のいい部分を合成して、一枚の夜景写真に仕上げるというものです。ノイズも削減してくれます。

これは、CASIO EXILIM EX-ZR1100に搭載されている画像処理エンジンの「EXILIMエンジンHS Ver.3」の機能を活用したものです。デジタル技術がキレイな夜景写真を瞬間的に作り出すのです。こういう意味で他のメーカーよりデジタル色が非常に強いカメラ…いかにも本当の意味でのデジタルカメラと呼べると思います。

今回は、このCASIO EXILIM EX-ZR1100で撮った夜景写真を載せます。場所は本を買いに行ったJR川口駅付近です。撮影時期は2019年2月頃です。























「EXILIMエンジンHS Ver.3」の生み出す夜景写真は非常にキレイです。何の設定もしないでシャッターを押すだけです。それだけでこれだけの夜景写真を撮ることだ出来るとは、非常に賢い画像エンジンだと思います。これだと設定などを気にしないで、撮りたいものだけに集中するだけですみます。非常に素晴らしいと思います。

夜景以外にも「EXILIMエンジンHS Ver.3」には、いろんな写真を生み出す機能を持っています。それらをドンドン使って写真と撮っていきたいと思います。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年02月23日 00時00分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月21日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
CASIOのコンパクトデジカメからの撤退のニュースを知って、ビックリした私は、今のうちにCASIOのコンパクトデジカメを買わなければならないと強い思い、それで買ったのがCASIO EXILIM EX-ZR1100​​です。


中古 デジタルカメラCASIO/カシオ EX-ZR1100コンディションランク【B】(商品 No.69-2)
DIGIREX

今回は、CASIO EXILIM EX-ZR1100​​の写真にアート効果(エフェクト)をかける機能、アートショット機能を使った写真を載せます。撮影場所は埼玉県さいたま市にある別所沼公園です。撮影時期は2019年2月中旬です。


▲HDRアートです。

▲トイカメラです。

▲ソフトフォーカスです。

▲ライトトーンです。

▲ポップです。

▲セピアです。

▲モノクロです。

▲フィッシュアイです。

▲トゥインクルショットです。

▲ミニチュアです。

今ではどのデジカメにも付いている機能ですが、通常の写真と異なる雰囲気に写真を仕上げてくるので、やはり遊べる機能です。ただ本音としては、このCASIO EXILIM EX-ZR1100​​は、その機能よりプレミアムオートPRO機能で撮るのがいい写真が撮れるかなって思いました。これはこれで撮っていこうとは思っています。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年02月21日 00時00分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年02月20日
カテゴリ:CASIO EXILIM EX-ZR1100
前回載せたCASIO EXILIM EX-ZR1100のプレミアムオートPRO機能で撮った写真の続きを載せます。


中古 デジタルカメラCASIO/カシオ EX-ZR1100コンディションランク【B】(商品 No.69-2)
DIGIREX

その前にプレミアムアートPRO機能について説明しましょう。

これは、撮影環境の条件を一瞬のうちにカメラが解析し、それぞれに最適な画像処理を部分ごとに適用してくれ、最終的にキレイな写真を作ってくれるというもので、これはフィルムカメラにはない、デジタルならではの機能だと言ってよいと思います。

CASIOのデジカメ事業に初期から携わってきた中山仁さんは、「全部カメラが自動的にやってくれるのが理想」、「カメラに詳しくない人でもシャッターを押すだけで、思った以上の写真が撮れる……その体験が続くと写真を撮るのが楽しくなる。これが本来のデジタル製品」、「銀塩時代からのカメラマニアがメカ感を楽しむ世界とは違う世界かもしれませんが、そこを求めないと、銀塩がデジタルになっただけで終わる気がします」とコメントしていますが、CASIOにとってコンパクトデジカメはカメラではなく、写真を作るデジタル製品なのでしょう。その辺が徹底されていているのが、私は素晴らしいと思うし、そのデジタル製品としてのデジカメの真骨頂が、デジタルならではの機能のプレミアムオートPRO機能だと私は思います。

写真の撮影場所ですが、埼玉県さいたま市にある別所沼公園、撮影場所は2019年2月中旬です。


▲別所沼会館です。

▲親子が公園を散歩していました。



別所沼弁財天です。

▲光学12.5倍ズームレンズで撮った鳩です。

▲光学12.5倍ズームレンズで撮った野鳥です。

▲夫婦(?)が別所沼を眺めていました。

プレミアムオートPRO機能で撮った写真ですが、キレイに撮れています。撮っている私は、なんの設定もすることなく、ただシャッターボタンを押しているだけで、これだけの写真が撮れました。こんなに楽にキレイな写真を撮ることが出来る点が素晴らしいと思いました。

また光学12.5倍ズームレンズが素晴らしいの一言です。今回の写真、かなりズームを使っているんですが、キレイに撮れています。相当遠い距離にいた野鳥も簡単に撮れました。

これだけのカメラを作れるCASIOがコンパクトデジカメから撤退しました。高性能カメラつきのスマートフォンに押され、年間の出荷台数はピークの1割以下の55万台に落ち込み、「続けていても増収が見込めない」(樫尾和宏社長)とのことで、今後は医療やスポーツ記録向けのカメラなどをつくって技術力を保つ方針で、再参入も検討しているとのことです。現状は厳しいでしょうが、こういう他の光学メーカーでは作れないようなデジタル技術を全面に打ち出したコンパクトデジカメを作れるCASIOだけに、いつか復活することを私は願っております。

▼よかったらクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年02月20日 00時00分20秒
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.