388760 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フォト&クリエイティブ日和

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

Anny HALF

2020年05月07日
XML
カテゴリ:Anny HALF

【Anny HALF】旧古河庭園 春のバラフェスティバル2019【フィルムカメラ】




コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が5月31日まで延長になりました。

そのため、東京都北区西ケ原にある都立庭園である旧古河庭園で開催される、春のバラフェスティバルは、旧古河庭園は当面の間休園ということになり、少なくとも5月31日までは中止となりました。

仕方ないですネ。

旧古河庭園のバラ園には、約100種199株のバラがあり、それが咲き誇る時期に開催されるのが春のバラフェスティバルなんですが、このイベントには多くの人が集まるため、感染の恐れがある、だから少なくとも、緊急事態宣言の延長期間である5月31日までは、とても開催できない、ということです。

ただ、この緊急事態宣言、5月31日をもって解除されるのかが分からないため、下手したら旧古河庭園の春のバラフェスティバル自体が中止なんてこともある、そんな状況です。

非常に残念に思っている方は多いでしょう。

そこで今回のブログ記事は、そんな人のために、2019年に開催された、旧古河庭園で開催される、春のバラフェスティバルの写真を載せます。

使用したカメラは、1967年頃に発売された子供向けハーフサイズカメラのAnny HALFです。使用フィルムは、富士フイルムの業務用フィルム ISO100です。撮影時期は2019年4月頃です。









































撮影した日は、晴天でISO100で十分に綺麗に写真が撮れました。

こんなキレイなバラが、普通に見に行けるようになる日が来ることを祈ります。



【今回の使用カメラ Anny HALF】





今回の使用カメラは、Anny HALFというカメラは、豊栄産業有限会社が作った電池がいらない機械式の完全なフルマニュアルのハーフサイズカメラです。そのAnny HALFですが、情報が少ないカメラです。調べて分かったのは、ベースとなったカメラは同社が発売していたボルタ判カメラのAnny 10らしいこと、1967年頃に発売されたこと、カメラ屋さんではなく、文具店や玩具店ルートで売られていたとのこと、その程度です。

販売ルートを見て、このカメラは、当時高額でカメラを購入できない子供ら向けに作られたカメラ入門機として発売されたカメラと思われます(販売当時の価格は2,600円で、子供らにとっては高額で、子気軽く買うことが出来るカメラではなかったようです)。昔は、この手のカメラは多く作られていたのようで、オモチャカメラと呼ばれていたとのことです。今の分類でいうならトイカメラになるんでしょう。

しかし、オモチャとは言えども、構造を見ると、子供に向けてしっかり作り込まれたカメラなのが分かります。レンズはホーエイ40mm、F8というものが使われていますが、ガラスで作られています。シャッタースピードはバルブ(B)とインスタント(I)の2速(後者はどうやら1/50と思われます)選択できます。F8、F11、F16の3種類絞りの調整が出来、しかもオモチャのカメラとは思えない6枚羽根の絞りになっています。最低限のフルマニュアルカメラの機能を持っています。今の安っぽい作りのトイカメラより優れたカメラです。

私は、このカメラを作った豊栄産業有限会社という会社について分かりません。というのも、いくら調べても情報が出てこないのです。ただこのAnny HALFの構造を見ると、写真を撮りたい子供らのために会社が真剣に作った、そのことだけは分かります。

【今回の使用フィルム FUJIFILM フジフイルム 業務用フィルム ISO100】




思い出写真工房

この写真を撮った時の富士フイルムの業務用フイルム は、400円程度でした。それが今はなんと850円です。フィルムの価格の高騰が進んでいることを思い知らされます。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
▲良かったらクリックして下さい。






最終更新日  2020年05月09日 18時06分01秒
コメント(3) | コメントを書く


2019年05月07日
カテゴリ:Anny HALF
Anny HALFの試し撮りの光景を載せます。撮影場所は秋葉原、撮影時期は2019年4月頃です。使用フィルムは富士フイルムの業務用フィルム ISO100です。この撮影日ですが、微妙な曇り空で、適正露出を調べるのが大変で、曇だから絞りを開放すればいいだろうということで、F8で撮りましたが、それでも光が入りすぎたようで白飛びしてしまいました。この辺だけ、ご了承下さい。





















撮影した日の天候は不安定な曇で、天候が明るい曇になったり、暗い曇になったりなどしたため、適正露出を計測するのが困難で、しかも使用したフィルムがISO 100でしたので、しっかり撮れているか心配でしたが、シャッタースピードが1/50程度のため光を十分に読み込めた、写真はしっかり写っていました。ただ感覚的に曇りだから絞り開放でいいだろうと撮っていたため、光を読み込みすぎて白飛びした写真もありました。この辺が自分で露出設定をしないといけないフルマニュアルカメラならではのことです。

写真全体を見ると、昭和のカメラだけに写りも昭和ぽい感じがしました。これは私好みであるし、何よりこのカメラはハーフサイズカメラなので、フィルムの倍の枚数が撮れるので、気軽く撮れます。なので、今後、使用頻度が高くなりそうな感じです。

最後に秋葉原の説明を書きます。秋葉原は世界有数の電気街です。第二次世界大戦後、高度経済成長とともに多様な電子機器や部品(ハードウェア)およびソフトウェアを取り扱う店舗が多くなり、現在の姿になります。日本全国からは当然ながら、海外からも多くの人がやって来るという、日本を代表する観光地の一つでもあります。最近では都市再開発により秋葉原駅を中心に多くの複合ビルが建設され、訪れる年齢・客層も様々になってきています。

電気街としての秋葉原は、最初は終戦直後の闇市における駐留軍などが放出したジャンク品(がらくた)と呼ばれる無線機や部品類を販売する販売の商店とそこから発展した家電量販店が中心となっていたそうです。一般向けの量販店が通常取り扱わない電子部品を扱う販売店も多く出来ました。それが、高度経済成長を経て音楽ブームを背景としてレコードやCDを取り扱う専門店が多くなりました。アマチュア無線は販売するお店がパソコンを販売するようになります。電子ゲームの流行以降はゲームショップも多くなり、それに並行してホビーショップやアニメショップも多くなって、現在の姿になっていきます。

「家電品が安く買える」という意味での電気街は、バブル崩壊の節約ムードや郊外に店を構える大型量販店が台頭により衰退していきます(一般向けの量販店が通常取り扱わない電子部品を扱う販売店は、秋葉原駅近くの総武線ガード下を中心として根強く生き残っていて、電気街としての秋葉原の初期の時代のイメージを守っています)。しかし、オタク文化が大衆化したことにより、マンガやアニメやゲームなどのコンテンツ産業の商品を幅広く扱うお店が注目されるとサブカルチャーの街として注目をされていくようになっていきます。そして今では「サブカルチャーの聖地・アキバ」として国内外で有名になりました。

なお秋葉原の区域ですが、明確なものはないのですが、都心等拠点地区における秋葉原地区の範囲は、東は昭和通り、西は昌平橋通り、南は神田川、北は蔵前橋通りに囲まれた区域、すなわち東京都千代田区外神田一丁目・外神田三丁目・外神田四丁目・神田佐久間町一丁目・神田花岡町・神田相生町・神田練塀町・神田松永町・台東区秋葉原を指します。

【今回の使用フィルム】


FUJIFILM フジフイルム 業務用フィルム ISO100 24枚 (10本セット)
CC-A SHOP

▼良かったクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村






最終更新日  2019年05月10日 19時22分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月30日
カテゴリ:Anny HALF
このブログでHoway Anny 35で撮った写真を載せていますが、最近、そのカメラのハーフサイズカメラ版であるをAnny HALFをネットオークションで買いました。



Anny HALFというカメラは、豊栄産業有限会社が作った電池がいらない機械式の完全なフルマニュアルカメラです。そのAnny HALFですが、Howay Anny 35同様、情報が少ないカメラです。調べて分かったのは、ベースとなったカメラは同社が発売していたボルタ判カメラのAnny 10らしいこと、1967年頃に発売されたこと、カメラ屋さんではなく、文具店や玩具店ルートで売られていたとのこと、その程度です。

販売ルートを見て、このカメラは、当時高額でカメラを購入できない子供ら向けに作られたカメラ入門機として発売されたカメラと思われます(販売当時の価格は2,600円で、子供らにとっては高額で、子気軽く買うことが出来るカメラではなかったようです)。昔は、この手のカメラは多く作られていたのようで、オモチャカメラと呼ばれていたとのことです。今の分類でいうならトイカメラになるんでしょう。

しかし、オモチャとは言えども、構造を見ると、子供に向けてしっかり作り込まれたカメラなのが分かります。レンズはホーエイ40mm、F8というものが使われていますが、ガラスで作られています。シャッタースピードはバルブ(B)とインスタント(I)の2速(後者はどうやら1/50と思われます)選択できます。F8、F11、F16の3種類絞りの調整が出来、しかもオモチャのカメラとは思えない6枚羽根の絞りになっています。最低限のフルマニュアルカメラの機能を持っています。今の安っぽい作りのトイカメラより優れたカメラです。

私は、このカメラを作った豊栄産業有限会社という会社について分かりません。というのも、いくら調べても情報が出てこないのです。ただこのAnny HALFの構造を見ると、写真を撮りたい子供らのために会社が真剣に作った、そのことだけは分かります。

そんなAnny HALFで撮った試し撮りの写真を中でお気に入りのものを2回分けて載せます。撮影場所は秋葉原、撮影時期は2019年4月頃です。使用フィルムは富士フイルムの業務用フィルム ISO100です。この撮影日ですが、微妙な曇り空で、適正露出を調べるのが大変で、曇だから絞りを開放すればいいだろうということで、F8で撮りましたが、それでも光が入りすぎたようで白飛びしてしまいました。この辺だけ、ご了承下さい。


▲サブカルチャー関連の店舗がたくさんあるビルです。

▲ガチャピン会館、ここには多くのガシャポン(ガチャガチャ)があります。

▲AKB48劇場があるドンキホーテの側で、歩いている多くの人にビラを配っているメイドさんの光景を見た時、今の秋葉原を感じました。

▲タイトーステーション 秋葉原店というゲームセンター、タイトーと行ったらスペースインベーダーであるということで、インベーダーが看板になっています。

▲秋葉原は電気街なので、こういうビルを見るとほんとうの意味で秋葉原に来たという気分になります。

▲つい最近までソフマップだったんですが、いつも間にはビックカメラになっていました。

▲電気関連からサブカルチャーのお店が多くなり、町並みは変化してしまいましたが、この総武線が走るガードは変化がありません。

▲この看板を見る度に、写真に撮ってしまいます。

撮影した日の天候は不安定な曇で、しかも使用したフィルムがISO 100でしたので、しっかり撮れているか心配でしたが、初めてのカメラだったので慣れなくて、その結果、手ブレした感もありましたが、シャッタースピードが1/50程度のため光を十分に読み込めた、写真はしっかり写っていました。ただ天候が明るい曇になったり、暗い曇になったりなどしたため、適正露出を計測するのが困難で、白飛びした写真もありました。これが安定した晴れ日だったら、もっといい写真が撮れた気がします。

撮った写真をプリントしてみましたが、それを手にすると昭和のカメラだからなのか、昭和っぽい写りをしていて、これがなんともいいなって思いました。


▲昭和な写りをしていると思いました。

あと、ハーフサイズカメラっていいと思いました。24枚撮りでも倍の枚数が撮れるので、フィルムの枚数を気にしないで撮れるからです。不安定な曇り空でも、これだけ写せるので、これなら実用的なカメラとして、今後、使っていきたいと思います。

最後に秋葉原の説明を書きます。秋葉原は世界有数の電気街です。第二次世界大戦後、高度経済成長とともに多様な電子機器や部品(ハードウェア)およびソフトウェアを取り扱う店舗が多くなり、現在の姿になります。日本全国からは当然ながら、海外からも多くの人がやって来るという、日本を代表する観光地の一つでもあります。最近では都市再開発により秋葉原駅を中心に多くの複合ビルが建設され、訪れる年齢・客層も様々になってきています。

電気街としての秋葉原は、最初は終戦直後の闇市における駐留軍などが放出したジャンク品(がらくた)と呼ばれる無線機や部品類を販売する販売の商店とそこから発展した家電量販店が中心となっていたそうです。一般向けの量販店が通常取り扱わない電子部品を扱う販売店も多く出来ました。それが、高度経済成長を経て音楽ブームを背景としてレコードやCDを取り扱う専門店が多くなりました。アマチュア無線は販売するお店がパソコンを販売するようになります。電子ゲームの流行以降はゲームショップも多くなり、それに並行してホビーショップやアニメショップも多くなって、現在の姿になっていきます。

「家電品が安く買える」という意味での電気街は、バブル崩壊の節約ムードや郊外に店を構える大型量販店が台頭により衰退していきます(一般向けの量販店が通常取り扱わない電子部品を扱う販売店は、秋葉原駅近くの総武線ガード下を中心として根強く生き残っていて、電気街としての秋葉原の初期の時代のイメージを守っています)。しかし、オタク文化が大衆化したことにより、マンガやアニメやゲームなどのコンテンツ産業の商品を幅広く扱うお店が注目されるとサブカルチャーの街として注目をされていくようになっていきます。そして今では「サブカルチャーの聖地・アキバ」として国内外で有名になりました。

なお秋葉原の区域ですが、明確なものはないのですが、都心等拠点地区における秋葉原地区の範囲は、東は昭和通り、西は昌平橋通り、南は神田川、北は蔵前橋通りに囲まれた区域、すなわち東京都千代田区外神田一丁目・外神田三丁目・外神田四丁目・神田佐久間町一丁目・神田花岡町・神田相生町・神田練塀町・神田松永町・台東区秋葉原を指します。

【今回の使用フィルム】


FUJIFILM フジフイルム 業務用フィルム ISO100 24枚 (10本セット)
CC-A SHOP

▼良かったクリックして下さい。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村






最終更新日  2019年05月10日 22時23分25秒
コメント(2) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.