000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フォト&クリエイティブ日和

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

xiao

2020年05月23日
XML
カテゴリ:xiao

デジタル・インスタントカメラ xiaoで撮った甘酒横丁



本棚の整理をしていたら、あるカメラで撮った写真が貼られたアルバムが出てきました。それを眺めていたら、これいいなぁ〜と思った写真が結構ありました。そのカメラは、xiaoというカメラです。

xiaoは、タカラトミーから発売されていた、撮った写真をその場でプリントできるデジカメ…デジタル・インスタントカメラです。

そんなxiaoで撮った写真ですが、今見てみると、色合いなどが味があって、これいいなぁ〜なんて思わせてくれるものでした。これら写真は、まだこのブログで公開していないものが多くあります(以前書いていた、このブログの前身では載せました)。それを見ていただきたいと思い、今回のブログ記事で載せることにします。

今回載せる写真ですが、人形町にある甘酒横丁という場所を撮って、それをプリントしたものです。

撮影時期は2010年8月頃です。

※このブログ記事に載せた写真は、MicrosoftのスマホのスキャンアプリであるOffice LENSでスキャニングしたものです。



















甘酒横丁(あまざけよこちょう)は、東京都中央区日本橋人形町にある「甘酒横丁」交差点から浜町緑道との交点、または中央区日本橋浜町の清洲橋通りに所在する明治座に至る商店街・通りです。名称の由来は、明治初期に、通りの入り口近くに「尾張屋」という甘酒屋があったことから名づけられたと言われています。明治座を訪れる観劇客が通る商店街・通りなので、これらをターゲットにした商店や飲食店が建ち並んでいます。

この写真で見られるように、ここにある商店や飲食店はレトロな感じがしていい雰囲気が漂っています。

今回のブログ記事で載せたxiaoで撮ってプリントしたZINKフォトペーパーの色合いは、昔のポラロイドカメラのような感じで、どことなくレトロな感じがするので、この甘酒横丁の雰囲気をいい感じで伝えている感じが、個人的にしました。

デジタル・インスタントカメラ xiao



xiaoというカメラは、撮った写真を、その場でプリントできる500万画素のデジカメ…デジタル・インスタントカメラです。


エスネットショップ楽天市場店
▲これがタカラトミーが販売していたxiaoです。

1/2.5型有効500万画素CMOSセンサー、39mm相当F3の固定焦点レンズ、2.48型液晶モニターなどを備えたデジタルカメラです。本体にSDHC/SDメモリーカードスロットを装備され、16MBの内蔵メモリーも備えています。カメラ性能はトイデジ程度のものです。

プリントにはZINKフォトペーパーを使用します。このペーパーは、印画紙上に8色の染料が結晶したもので、それをカメラが加熱すると、結晶が解けて色がつく仕組みになっています。このZINKフォトペーパーの色合いですが、どことなくポラロイドカメラを思い出させるレトロな感じするものです。

ZINKフォトペーパーの裏面はシールになっているので、アルバムなどに簡単に貼れるようになっています。

カメラ自体で撮れる写真はトイデジ並なので大した写真は撮れません。ただプリントするとポラロイドカメラのような色合いの写真になります。プリントして初めて面白い写真になる、そんなカメラだと思います。



にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
▲良かったらクリックして下さい






最終更新日  2020年05月24日 09時08分02秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年05月21日
カテゴリ:xiao

タカラトミーが発売していたデジタル・インスタントカメラ xiaoの写真



部屋の本棚の整理をしていたら、こんなアルバムが出てきました。



何のアルバムだろうと思って見てみたら、2008年11月にタカラトミーから発売されたxiaoで撮った写真が貼られていました。


エスネットショップ楽天市場店
▲これがタカラトミーが販売していたxiaoです。

xiaoというカメラは、撮った写真を、その場でプリントできる500万画素のデジカメで、プリントにはZINKフォトペーパーを使用します。ZINKフォトペーパーは裏面がシールになっています。それをアルバムに貼ってあったのです。

xiaoの写真ですが、どんな写りをするのか、それをお見せします。以前、韓国人の友人と行った江ノ島周辺の写真です。撮影時期は2010年5月です。

※このブログ記事に載せた写真は、MicrosoftのスマホのスキャンアプリであるOffice LENSでスキャニングしたものです。



















写りですが、どことなくレトロで、昔のポラロイドカメラで撮ったような感じです。

このアルバムには、いろんな写真が貼ってあって、それを見ていると、今はパソコンやスマホで写真を見るのが普通になり、写真をプリントする人が少なくなりましたが(私も、好きな写真以外はプリントしないので、その一人だったりします)、実際にプリントしたものを見るのはいいものだと思いました。




さてタカラトミーが販売していたxiaoは、デジタルインスタントカメラと呼べるカメラです(このカメラ、金欠だった時期に売ってしまい、今は手元にはありません)。

このカメラがデジタルインスタントカメラの第一号なのかなと調べてみたら、そうではありませんでした。チェキのフィルムのinstax miniを使用する「FinePix PR21 Princam」(プリンカム)という富士フイルムが1999年に発売したカメラが第一号です。ただその後、後継機は出ることはありませんでした。

なのでxiaoは、おそらくデジタル・インスタントカメラの第二号になると思われます。

ただこのxiaoもそんなに長く発売されませんでした。

その後、ポラロイドとかがデジタル・インスタントカメラを販売するものの長くは販売されることはありませんでした。販売されても、長くは販売されることがないということの繰り返しでした。当時は珍しいけど、それほど需要がなかったので、そうなったのでしょう。

そして今ですが、かなり状況が変わりました。一時期は売上が低迷していた富士フイルムのチェキが再び人気となったことでインスタントカメラに注目が集まるようになり、また、スマホで撮った写真をその場でプリントできるモバイルプリンターを多くの会社から発売される状況になったことで、デジカメだけどその場でプリントできるデジタル・インスタントカメラが発売されるようになりました。

その代表は以下です。


コジマ楽天市場店


カメラのキタムラ


楽天ビック(ビックカメラ×楽天)


楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

チェキのフィルムのinstax miniを使用するもの、ZINKフォトペーパーを使用するもの、その他ペーパーを使用するものなど、いろいろ出ています。

これらデジタル・インスタントカメラが、パソコンやスマホで写真を眺めるというのが普通になってしまったことによって忘れられた、プリントした写真を眺めるという、昔は当然だったことを復活させてくれるカメラになったら嬉しいな、と思います。



にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
▲良かったらクリックして下さい






最終更新日  2020年05月22日 16時50分59秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.