389608 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フォト&クリエイティブ日和

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ファミコン音源

2020年07月08日
XML
カテゴリ:ファミコン音源


今回聴いて頂いたのは、私がファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した欅坂46の「サイレントマジョリティー」です。

ファミコンなどに代表される1980年代に発売された家庭用ゲーム機、MSXなどのパーソナルコンピューターなどに搭載されていた内蔵音源チップで作られる音楽をチップチューン(Chiptune)と呼びます。

なので、今回聴いて頂いた、ファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した「サイレントマジョリティー」もチップチューンと呼ばれる音楽になると思います。


ドリエムコーポレーション



ファミリーベーシックは、ファミコン本体にBASIC言語を組み込んだロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタに接続するキーボードを接続することで、BASICの文法に基づいた簡単なゲームプログラムを自作することができるようにするものです。

ファミリーベーシックで採用されているBASIC(ハドソン開発のHu-BASICを元に、任天堂、シャープとの3社共同開発「NS-Hu BASIC」が正式名称です)には音楽演奏を表現するMMLという言語も打ち込めるので、ファミコンの音源で音楽を制作することも可能でした。

MMLとは、Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)の略で、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われました。このMMLの特徴は、通常楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現しようとすると膨大なデータ量になるのに対して、文字列で簡単にシーケンスデータ(簡単に説明すれば自動演奏させるデータのことです)を入力することで音楽を奏でるためデータが軽くなるということです。なおMMLはデータが軽いという利点があるためか、現在でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われています)。

ファミリーベーシックに使用されるMMLですが、当時主流だったMSXなどに代表されるMicrosoftのBASIC系のMMLとは入力方法が異なるため、MSXのMMLに慣れている私は、その異なる点に大変苦戦をしながら制作しました。



にほんブログ村 音楽ブログ シンセサイザーへ
にほんブログ村
▲よかったらクリックして下さい






最終更新日  2020年07月08日 18時53分35秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年06月12日
カテゴリ:ファミコン音源


今回聴いて頂いたのは、私がファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作したJ・S・バッハの「メヌエットト長調」 (BWV Anh.114)です。

ファミコンなどに代表される1980年代に発売された家庭用ゲーム機、MSXなどのパーソナルコンピューターなどに搭載されていた内蔵音源チップで作られる音楽をチップチューン(Chiptune)と呼びます。

なので、今回聴いて頂いた、ファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した「メヌエットト長調」(BWV Anh.114)もチップチューンと呼ばれる音楽になると思います。


ドリエムコーポレーション



ファミリーベーシックは、ファミコン本体にBASIC言語を組み込んだロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタに接続するキーボードを接続することで、BASICの文法に基づいた簡単なゲームプログラムを自作することができるようにするものです。

ファミリーベーシックで採用されているBASIC(ハドソン開発のHu-BASICを元に、任天堂、シャープとの3社共同開発「NS-Hu BASIC」が正式名称です)には音楽演奏を表現するMMLという言語も打ち込めるので、ファミコンの音源で音楽を制作することも可能でした。

MMLとは、Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)の略で、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われました。このMMLの特徴は、通常楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現しようとすると膨大なデータ量になるのに対して、文字列で簡単にシーケンスデータ(簡単に説明すれば自動演奏させるデータのことです)を入力することで音楽を奏でるためデータが軽くなるということです。なおMMLはデータが軽いという利点があるためか、現在でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われています)。

ファミリーベーシックに使用されるMMLですが、当時主流だったMSXなどに代表されるMicrosoftのBASIC系のMMLとは入力方法が異なるため、MSXのMMLに慣れている私は、その異なる点に大変苦戦をしながら制作しました。



にほんブログ村 音楽ブログ シンセサイザーへ
にほんブログ村
▲よかったらクリックして下さい






最終更新日  2020年07月08日 18時54分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年06月08日
カテゴリ:ファミコン音源


今回聴いて頂いたのは、私がファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した「ごちそうさん」挿入歌の高畑充希「焼氷有り〼の唄」です。

ファミコンなどに代表される1980年代に発売された家庭用ゲーム機、MSXなどのパーソナルコンピューターなどに搭載されていた内蔵音源チップで作られる音楽をチップチューン(Chiptune)と呼びます。

なので、今回聴いて頂いた、ファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した「焼氷有り〼の唄」もチップチューンと呼ばれる音楽になると思います。


ドリエムコーポレーション



ファミリーベーシックは、ファミコン本体にBASIC言語を組み込んだロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタに接続するキーボードを接続することで、BASICの文法に基づいた簡単なゲームプログラムを自作することができるようにするものです。

ファミリーベーシックで採用されているBASIC(ハドソン開発のHu-BASICを元に、任天堂、シャープとの3社共同開発「NS-Hu BASIC」が正式名称です)には音楽演奏を表現するMMLという言語も打ち込めるので、ファミコンの音源で音楽を制作することも可能でした。

MMLとは、Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)の略で、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われました。このMMLの特徴は、通常楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現しようとすると膨大なデータ量になるのに対して、文字列で簡単にシーケンスデータ(簡単に説明すれば自動演奏させるデータのことです)を入力することで音楽を奏でるためデータが軽くなるということです。なおMMLはデータが軽いという利点があるためか、現在でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われています)。

ファミリーベーシックに使用されるMMLですが、当時主流だったMSXなどに代表されるMicrosoftのBASIC系のMMLとは入力方法が異なるため、MSXのMMLに慣れている私は、その異なる点に大変苦戦をしながら制作しました。



にほんブログ村 音楽ブログ シンセサイザーへ
にほんブログ村
▲よかったらクリックして下さい






最終更新日  2020年06月08日 18時47分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年06月04日
カテゴリ:ファミコン音源


今回聴いて頂いたのは、私がファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した「ムーン・リバー」 です。

ファミコンなどに代表される1980年代に発売された家庭用ゲーム機、MSXなどのパーソナルコンピューターなどに搭載されていた内蔵音源チップで作られる音楽をチップチューン(Chiptune)と呼びます。

なので、今回聴いて頂いた、ファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作した「ムーン・リバー」もチップチューンと呼ばれる音楽になると思います。


ドリエムコーポレーション



ファミリーベーシックは、ファミコン本体にBASIC言語を組み込んだロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタに接続するキーボードを接続することで、BASICの文法に基づいた簡単なゲームプログラムを自作することができるようにするものです。

ファミリーベーシックで採用されているBASIC(ハドソン開発のHu-BASICを元に、任天堂、シャープとの3社共同開発「NS-Hu BASIC」が正式名称です)には音楽演奏を表現するMMLという言語も打ち込めるので、ファミコンの音源で音楽を制作することも可能でした。

MMLとは、Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)の略で、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われました。このMMLの特徴は、通常楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現しようとすると膨大なデータ量になるのに対して、文字列で簡単にシーケンスデータ(簡単に説明すれば自動演奏させるデータのことです)を入力することで音楽を奏でるためデータが軽くなるということです。なおMMLはデータが軽いという利点があるためか、現在でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われています)。

ファミリーベーシックに使用されるMMLですが、当時主流だったMSXなどに代表されるMicrosoftのBASIC系のMMLとは入力方法が異なるため、MSXのMMLに慣れている私は、その異なる点に大変苦戦をしながら制作しました。



にほんブログ村 音楽ブログ シンセサイザーへ
にほんブログ村
▲よかったらクリックして下さい






最終更新日  2020年06月04日 00時00分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年06月02日
カテゴリ:ファミコン音源


今回聴いて頂いたのは、私がファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作したJ・S・バッハの「G線上のアリア」 (Air on the G String / BWV1068)です。

ファミコンなどに代表される1980年代に発売された家庭用ゲーム機、MSXなどのパーソナルコンピューターなどに搭載されていた内蔵音源チップで作られる音楽をチップチューン(Chiptune)と呼びます。

なので、今回聴いて頂いた、ファミリーベーシックというファミコンの周辺機器で制作したJ・S・バッハの「G線上のアリア」 (Air on the G String / BWV1068)もチップチューンと呼ばれる音楽になると思います。


ドリエムコーポレーション



ファミリーベーシックは、ファミコン本体にBASIC言語を組み込んだロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタに接続するキーボードを接続することで、BASICの文法に基づいた簡単なゲームプログラムを自作することができるようにするものです。

ファミリーベーシックで採用されているBASIC(ハドソン開発のHu-BASICを元に、任天堂、シャープとの3社共同開発「NS-Hu BASIC」が正式名称です)には音楽演奏を表現するMMLという言語も打ち込めるので、ファミコンの音源で音楽を制作することも可能でした。

MMLとは、Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)の略で、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われました。このMMLの特徴は、通常楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現しようとすると膨大なデータ量になるのに対して、文字列で簡単にシーケンスデータ(簡単に説明すれば自動演奏させるデータのことです)を入力することで音楽を奏でるためデータが軽くなるということです。なおMMLはデータが軽いという利点があるためか、現在でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われています)。

ファミリーベーシックに使用されるMMLですが、当時主流だったMSXなどに代表されるMicrosoftのBASIC系のMMLとは入力方法が異なるため、MSXのMMLに慣れている私は、その異なる点に大変苦戦をしながら制作しました。



にほんブログ村 音楽ブログ シンセサイザーへ
にほんブログ村
▲よかったらクリックして下さい






最終更新日  2020年06月02日 00時00分13秒
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.