000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2024年07月
2024年06月
2024年05月
2024年04月
2024年03月

サイド自由欄

楽天カード

2007年06月13日
XML
カテゴリ:漫画アニメ語り

イモットです

私がネットをしていると昼寝をしていたはずの相方が突然

「こんなんでました」

と言い放ちました

え、何が出たの!?とわくわくしながら見てみたら何も出てないのです

寝言かよ、ガッカリしたよ、何か出せよぉおおお!!私の好奇心を返せ

 

という話はさておき大島弓子氏の猫漫画「グーグーだって猫である」3巻を買いました

表紙はいつもながらのグーグーなのね、可愛いよグーグー

というかですね、また猫が増えた・・・!

大島さんは猫を拾い過ぎかと・・・よくマンションの前に猫が捨てられるのは

「大島って漫画家が猫拾うからそこに捨てようぜ!」なんてことになってんじゃないのか

 

猫を拾うことに義務感とかあるのかな・・・猫にちょっと執着しすぎのような

別に悪いことではないけれど、既に大島さん宅に住んでいる猫たちが可哀想かも

特にビーなんかかなり神経質だしクロは怖がり、グーグーだけが「また猫増えるの?どうでもいいよ」って感じか

2巻からの新参者のタマもは拾った仔猫たち(かなり多い)にご執心になってしまい

仔猫たちが引き取られていく時のタマがすごい可哀想なんだが、我が子を引き離される感じ。3巻はなんだか切なかった(個人的にはね)

この方の猫拾い病は治らないだろうな・・・ 

 

あとがき漫画で衝撃の次回予告が・・・あんたって人はぁああーーーーーー!






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年06月13日 22時01分40秒
[漫画アニメ語り] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X