耕す生活

フリーページ

2005/04/23
XML
カテゴリ:日々是好日
香川県の都村長生という方が、WEBサイト「長生塾」を開設している。「問題解決
型の新しい政経塾」で、その一部に投稿に対するQ&Aのコーナーがある。

そこで、
【Q59】香川の農業が生き残るには(2003年10月)香川の農業はどのような方
向に進めばいいのでしょうか。
(ここを参照)

...という質問に対して、「日本では農業ビジネスは成り立たない」と明解に応え
ている。
このQ&Aをめぐって、最近、僕の参加している百姓メーリングリストで「こうはっ
きり言われてしまうとなかなか反論しにくい」という投稿をキッカケにちょっとした
話題になった。
当然、自ら選んで百姓をやってる人間が主なメンバーだから、はい、そうですかとス
ゴスゴ引き下がるはずがない。

直ちに予想される反論は、
○農業は、単なるビジネスではない
○様々な社会的機能を果たしている(環境、食の安全、食糧の安全保障...etc)
というものだ。

それでも、ビジネスとして成り立たず、農業就業者は高齢化する一方で、後継者もい
ないとなれば、如何に高邁な「社会的機能」を論じようと、要するにジリ貧だ。

都村氏は、その急所をズバリと突いているわけで、「生き残るにはどうしたらよいか」
という質問に「既に死に体です。サッさと死んだほうが、世のため人のためですよ」と
は云わぬまでも、実質、そう答えている。まことに容赦ない。

この容赦のない明解さが、様々な農業「保護政策」に(その癖、ジリ貧に陥る一方だ!!)
不公平感を抱いている都市サラリーマンに囃される理由だろうか。

***************************************************

★有機農業のことを書き半端にしたり、あれこれ「宿題」を放り出したまま、突然ダン
マリに陥ったりと申し訳ないですが、なにせ百姓が本業ですから、そこは大目に見てくだ
さい。

★「耕す生活」と題している以上、その生活の土台を根底からひっくり返すようなこと
を云われて黙っているわけには行かぬので、暫くこの問題をいろいろな角度から考えて
みようか、と思い立ったわけです。

★「日本に農業はいらないか」と題してみましたが、主題に関連して、折に触れ読者の
皆さんの感想・意見・経験などコメントして頂ければ幸いです。






最終更新日  2005/04/23 10:17:35 PM

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

コメント新着

 ミロロ@ 白 濁 液 通っているんだなwwwwwww アレはもう飽きたし疲れるから結局こっち…
 でる@ どうもセレブですwwww > Re: なぁ、なんでみんなマジなって…
 ゆいな@ こめしわふぁだふぁああん ぴゃーーー!!!!!!!!! たまたま…
 さくら@ ここ一番!!!!!! 最近ヤってたのやめて今ココ使ってんだけ…

楽天プロフィール

設定されていません


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.