000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こんなブログ     警察と自衛隊から犯罪行為を受けています。拉致報道が減った原因もわかるはずです

PR

Category

〇その他の色々なこと

(95)

●初めて来られた方はこちらを

(2)

●お知らせ

(7)

●日弁連へのお願い

(1)

▲僕が無実である決定的な証拠

(8)

▲前科もありません

(1)

▲僕が訴えを起こさない理由

(1)

▲家族は事実を知りません

(2)

◇警察が僕を逮捕できない理由などない

(9)

◇警察がでっち上げを行う意図

(3)

◇外事警察

(6)

◇盗聴と通信妨害?

(11)

◇自衛隊による脅迫行為

(44)

☆マスコミは僕らを知っている

(2)

■スパイ・北朝鮮関連記事

(40)

■北朝鮮スパイでっち上げ時系列表

(1)

■三菱サイバーテロと大分3事件

(7)

■「日本はスパイ天国」は大嘘

(1)

■時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠

(2)

■消えた拉致事件(渡辺秀子さん)

(8)

■不自然な拉致情報

(3)

■僕の家族も工作員?

(5)

■北の女スパイ(元正花)事件の真実

(3)

■田口八重子さんの情報の嘘

(6)

■藤田進さんの拉致も嘘

(3)

■川口市の拉致事件の真相

(1)

■パチンコ業界と北朝鮮に関する嘘

(3)

■目黒・世田谷殺人事件もでっち上げ

(6)

■在日と政治家の癒着もデマ

(1)

■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ

(15)

■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件

(6)

■★Jリーグスパイ・テロリスト

(12)

■★ウィキリークスの真実

(4)

★テロリスト関連記事

(17)

★テロリストでっち上げ時系列表

(1)

★焼肉えびす食中毒と僕の家族

(3)

★公安警察とCIAがテロ謀略

(4)

★テロが捏造されている証拠

(7)

★テロ情報流出事件とJリーグ

(10)

★ブログでテロ・スパイ指令?

(7)

◎オウム信者でっち上げ時系列表

(1)

◆地元の様子

(45)

◆子供を狙った犯罪のでっち上げ

(10)

◆振り込め詐欺のでっち上げ

(6)

◆上尾警察のお手柄は自作自演 石津淳編

(5)

◆上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編

(5)

◆黒いスポーツカーに関して

(4)

〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ

(22)

〇「芸能界と暴力団の黒い関係」は捏造

(7)

〇上智女子大生殺害事件

(2)

内容に誤りが見つかった記事

(15)

Calendar

Archives

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2010年05月11日
XML
前回紹介したイエメンの日本人人質事件のわずか1ヶ月後、12月24日に起きたのが、あのデトロイト空港で起きたノースウェスト航空機テロ未遂事件です。
そしてこのテロ事件の犯人ウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブがテロの訓練を受けたりテロに使用した爆弾を受け取ったりしたのがイエメンです。

このテロ未遂事件では以前紹介したように、犯人はネットに300記事くらいの書き込みをしていて、そしてこれも以前紹介したように、このテロ未遂事件は僕のブログの「あれ」と重なることが複数あります。(関連記事 10年2月14日「アメリカ航空機テロ未遂事件犯もブログをやっていた」 10年4月9日「もしかしてあれが理由? その2」)

このイエメンがらみのテロ事件で新たに僕にテロリストの疑いをかけることができる情報が出てきたわけです。と言ってもやはりこのブログでの無実の証明を崩すことはできませんが。(関連記事 サイドバー・カテゴリ「僕が無実である決定的な証拠」「警察が僕を逮捕できない理由など無い」)
要するにこのテロ未遂事件によって、僕を証拠もなしにテロリストに仕立て上げている公安警察にとって都合がいい事件になっているわけです。

ここで気づきませんか?


09年11月17日に日本人が人質になった事件でアメリカの人権侵害が正当化されて、そのわずか1ヵ月後09年12月24日に起きたテロ未遂事件では今度は日本の公安警察が助かるような僕に疑いがかかるような情報が出てきた。

日本人が被害者になった事件でCIAが助かり、その1ヵ月後に今度はアメリカ人が被害者になった事件で日本の公安警察が助かったわけです。
日本の公安警察は「僕」という問題を、アメリカのCIAはテロ捜査に対する批判という問題を抱えている。そこへきて短期間にお互いが助かるような事件が立て続けに起きた。
そしてどちらも被害者は無傷で無事助かっている。


話が出来過ぎであることがわかっていただけたのではないでしょうか。


こういうことではないでしょうか。
公安警察とCIAがテロリストに関する情報のやり取りを普段から行っているという話はよく聞きます。両者は普段から付き合いがあるということです。
そしてその付き合いがある両者はお互いにテロリスト捜査で問題を抱えている。そこでお互いに問題を正当化するために「こっちはそちらの都合がよくなるこういう事件をでっち上げるから、そちらはこっちが都合がよくなるこういう事件を起こしてくれ」という感じの打ち合わせをした。そしてできたのがイエメンでの日本人人質事件とイエメンがらみのデトロイト空港テロ未遂事件だった、ということではないでしょうか。

そしてこの事件にはこういう利点もあります。
国外において国外の人が被害者になった事件ならば、いくら自国の警察にとって都合がいい事件であっても「さすがに外国の警察が自国の警察に協力することなどないだろう」となって疑われずに済みます。現にこのブログの読者のかたたちもそう思われたのではないでしょうか。


ここまで読んでいただければ、このイエメンがらみのテロ事件が恐ろしく公安とCIAにとって都合がいい事件であり、そして事件が起きた時期を考えれば2つの事件が単なる偶然に起きた事件でないこともわかっていただけたと思います。
そして外国の事件の情報の中に僕に疑いがかかる情報が出てきたことがあり得ない話ではないことがお分かりいただけたと思います。


しかしまだ話は終わりません。
次回はタイムズスクエアーテロ未遂事件に関して書きます。ここでも僕に疑いがかかるような情報がありました。










Last updated  2010年05月11日 20時41分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[★公安警察とCIAがテロ謀略] カテゴリの最新記事

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Profile


furisk

Comments

marcus@ DPNALtkyCfrOpiBGar iFTiCu http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
gordon@ gkyrxyOYBY TCeCIO http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
furisk@ Re:公安のブログ対策(07/19) お前のコメントは全部俺を無職呼ばわりし…
furisk@ Re:僕が訴えを起こさない理由(02/28) ちょっと待てよ よくよくお前のコメント読…
furisk@ Re:僕が訴えを起こさない理由(02/28) だからニートじゃねーってwww 妄想馬鹿…

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.