000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こんなブログ     警察と自衛隊から犯罪行為を受けています。拉致報道が減った原因もわかるはずです

PR

Category

〇その他の色々なこと

(95)

●初めて来られた方はこちらを

(2)

●お知らせ

(7)

●日弁連へのお願い

(1)

▲僕が無実である決定的な証拠

(8)

▲前科もありません

(1)

▲僕が訴えを起こさない理由

(1)

▲家族は事実を知りません

(2)

◇警察が僕を逮捕できない理由などない

(9)

◇警察がでっち上げを行う意図

(3)

◇外事警察

(6)

◇盗聴と通信妨害?

(11)

◇自衛隊による脅迫行為

(44)

☆マスコミは僕らを知っている

(2)

■スパイ・北朝鮮関連記事

(40)

■北朝鮮スパイでっち上げ時系列表

(1)

■三菱サイバーテロと大分3事件

(7)

■「日本はスパイ天国」は大嘘

(1)

■時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠

(2)

■消えた拉致事件(渡辺秀子さん)

(8)

■不自然な拉致情報

(3)

■僕の家族も工作員?

(5)

■北の女スパイ(元正花)事件の真実

(3)

■田口八重子さんの情報の嘘

(6)

■藤田進さんの拉致も嘘

(3)

■川口市の拉致事件の真相

(1)

■パチンコ業界と北朝鮮に関する嘘

(3)

■目黒・世田谷殺人事件もでっち上げ

(6)

■在日と政治家の癒着もデマ

(1)

■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ

(15)

■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件

(6)

■★Jリーグスパイ・テロリスト

(12)

■★ウィキリークスの真実

(4)

★テロリスト関連記事

(17)

★テロリストでっち上げ時系列表

(1)

★焼肉えびす食中毒と僕の家族

(3)

★公安警察とCIAがテロ謀略

(4)

★テロが捏造されている証拠

(7)

★テロ情報流出事件とJリーグ

(10)

★ブログでテロ・スパイ指令?

(7)

◎オウム信者でっち上げ時系列表

(1)

◆地元の様子

(45)

◆子供を狙った犯罪のでっち上げ

(10)

◆振り込め詐欺のでっち上げ

(6)

◆上尾警察のお手柄は自作自演 石津淳編

(5)

◆上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編

(5)

◆黒いスポーツカーに関して

(4)

〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ

(22)

〇「芸能界と暴力団の黒い関係」は捏造

(7)

〇上智女子大生殺害事件

(2)

内容に誤りが見つかった記事

(15)

Calendar

Archives

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2011年06月07日
XML
     事件名                主犯と共犯者
09年                  
 10月 仙台飲食店経営者殺人    笹本智之() 菅田伸也(32) 共犯者 数名 
 10月 埼玉婚活女保険金殺人    木嶋佳苗(34)
 11月 鳥取連続不審死殺人     上田美由紀(35)  共犯者 1名



10年 
  3月 仙台自衛官保険金殺人     高橋まゆみ(49 被害者の妻)  共犯者 5名
  5月 大阪高槻養女保険金殺人    宇野ひとみ(36 被害者の娘)  共犯者 複数
  8月 奥多摩保険金殺人      阿久津良男(68 被害者の養父) 共犯者 タツ子(58 良男の妻)  他1名
 11月 神奈川浴槽殺人       新井竜太(41) 高橋隆宏(37)
 12月 香川不倫殺人        城可奈子(27 被害者の妻)   共犯者 高橋淳希(27可奈子の不倫相手)



11年
  3月 さいたま遺体なき殺人     小久保克己(47) 釼持雅司容疑者(31)など10人
  5月 松戸保険金殺人        西村豊(56) 共犯者 工藤隆(49)
  6月 佐世保病院理事長殺人     友広慎吾(49) 共犯者 枇杷木紀明(35)



実はこれら一連の事件で不自然なのは警察だけではありません。
それはこれらの事件を報じてきたマスコミの対応も不自然なことだらけなのです。
もしかしたらその不自然な対応は僕に原因があったのかもしれません。
例えば “僕が警察を訴えないから結果的に仕方なくそうするしかない” という理由です。
※このことに関しては後日説明するかもしれません。


しかしもう面倒なのでそういうことも込みで事実は事実として説明しておきます。


ほとんどの方がこのブログを読むまではこの異常な数の遺体なき殺人もしくは自殺・不審死殺人が起きていることに全く気付いていなかったでしょう。

その理由はマスコミがこの手の事件が連発しているという異常事態に一切触れていないからです。
普通ならもうとっくに異常なことが起きていると、どのメディアでも特集を組んでいるはずなのです。
そしてこの異常な事実に疑問を投げかけたり、あるいは殺人を見過ごしてきた警察を大批判しているはずなのです。
そしてその時点で国民もその事実を知っているはずなのです。

ところがいつまで経ってもマスコミは全く異常事態が起きていることに触れない。

それでいてマスコミは個別の事件に関しては複数の関係者のインタビューや関係図などを使って時間をかけて報道するのです。


このような報道をしているため国民は異常事態に全く気付かないのです。
気付いた人でも、 “確かこの前も似たような事件があったんじゃないか?” という程度でしょう。


このマスコミのこれらの事件報道に関してさらに詳しく見てみるとより不自然なことがわかります。


【鳥取連続不審死事件】

あの鳥取の事件では警察が自殺場所を署内から山中に変更するというとんでもないことをしました。
http://www.asahi.com/kansai/kouiki/OSK200911090036.html
これは警察が上田美由紀に無理やり殺人事件を造って罪を着せようとした証拠なのです。
しかしこのことにマスコミは触れませんでした。
さらにこの事件では警察が監視中に殺人を2件も犯されたのに、そのこと対してマスコミが批判している場面もほとんど見かけませんでした。

他にもあります。



【仙台自衛官保険金殺人】

仙台自衛官殺人に関してですが、この事件の犯人の判決に関する報道を僕はほとんど見ていません。
テレビでも見かけませんでしたし、うちでは当時朝日新聞をとっていましたが紙面でも見かけませんでした。

見たのはマスコミのネット上での報道だけでした。
あれほどの事件の判決がネットでしか報道されなかったのです。
さらに “高橋まゆみは判決に対して控訴するかも” という情報がありましたが、その後どうなったのかの情報もありません。



【香川不倫殺人】

そしてもう1つ見かけなかった事件は香川の不倫殺人です。
この事件に関してはテレビではかなり見かけました。
しかしこれも朝日新聞でしたが、そこではこの事件に関しては発生当時から情報を一切見かけませんでした。

そしてこの事件の主犯である城可奈子は5月になって拘置所で自殺していたそうです。現在は読売新聞を取っているのですが、そこでもこれに関する情報は見かけませんでした。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110504/trl11050414440000-n1.htm
※産経では城可奈子と断定していませんが、毎日では断定していました。しかし毎日は既に削除されています。



【佐世保病院理事長殺人】

この佐世保の事件のわずか2週間前にも松戸の保険金殺人で遺体なき殺人が起きているのに、佐世保の事件の時にこのとこに触れているニュースを見かけませんでした。



この一連事件の報道はこういうことになっているのです。
普通ではない報道になっていることはご理解いただけたと思います。


マスコミがまともにこれらの事件を報道が出来ないのは僕に原因があったのかもしれませんが、そういうことも含めて、この一連の事件ではあり得ないことだらけだということを知ってください。




 






Last updated  2011年06月07日 11時45分17秒
コメント(0) | コメントを書く
[〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ] カテゴリの最新記事

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Profile


furisk

Comments

通りすがり@ Re:川口警察署員による脅しを受けました(06/25) New!  相手が誰だか解かっておられないようで…
marcus@ DPNALtkyCfrOpiBGar iFTiCu http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
gordon@ gkyrxyOYBY TCeCIO http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
furisk@ Re:公安のブログ対策(07/19) お前のコメントは全部俺を無職呼ばわりし…
furisk@ Re:僕が訴えを起こさない理由(02/28) ちょっと待てよ よくよくお前のコメント読…

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.