000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こんなブログ     警察と自衛隊から犯罪行為を受けています。拉致報道が減った原因もわかるはずです

PR

Category

〇その他の色々なこと

(95)

●初めて来られた方はこちらを

(2)

●お知らせ

(7)

●日弁連へのお願い

(1)

▲僕が無実である決定的な証拠

(8)

▲前科もありません

(1)

▲僕が訴えを起こさない理由

(1)

▲家族は事実を知りません

(2)

◇警察が僕を逮捕できない理由などない

(9)

◇警察がでっち上げを行う意図

(3)

◇外事警察

(6)

◇盗聴と通信妨害?

(11)

◇自衛隊による脅迫行為

(44)

☆マスコミは僕らを知っている

(2)

■スパイ・北朝鮮関連記事

(40)

■北朝鮮スパイでっち上げ時系列表

(1)

■三菱サイバーテロと大分3事件

(7)

■「日本はスパイ天国」は大嘘

(1)

■時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠

(2)

■消えた拉致事件(渡辺秀子さん)

(8)

■不自然な拉致情報

(3)

■僕の家族も工作員?

(5)

■北の女スパイ(元正花)事件の真実

(3)

■田口八重子さんの情報の嘘

(6)

■藤田進さんの拉致も嘘

(3)

■川口市の拉致事件の真相

(1)

■パチンコ業界と北朝鮮に関する嘘

(3)

■目黒・世田谷殺人事件もでっち上げ

(6)

■在日と政治家の癒着もデマ

(1)

■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ

(15)

■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件

(6)

■★Jリーグスパイ・テロリスト

(12)

■★ウィキリークスの真実

(4)

★テロリスト関連記事

(17)

★テロリストでっち上げ時系列表

(1)

★焼肉えびす食中毒と僕の家族

(3)

★公安警察とCIAがテロ謀略

(4)

★テロが捏造されている証拠

(7)

★テロ情報流出事件とJリーグ

(10)

★ブログでテロ・スパイ指令?

(7)

◎オウム信者でっち上げ時系列表

(1)

◆地元の様子

(45)

◆子供を狙った犯罪のでっち上げ

(10)

◆振り込め詐欺のでっち上げ

(6)

◆上尾警察のお手柄は自作自演 石津淳編

(5)

◆上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編

(5)

◆黒いスポーツカーに関して

(4)

〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ

(22)

〇「芸能界と暴力団の黒い関係」は捏造

(7)

〇上智女子大生殺害事件

(2)

内容に誤りが見つかった記事

(15)

Calendar

Archives

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

★テロリスト関連記事

2015年02月02日
XML
マスコミは後藤さんの人質事件でISISのネットを使った犯行声明を散々扱っているけど肝心なことに全く触れていない。

三菱サイバー攻撃事件の記事でも触れましたが、ネットにつながればIPアドレスとプロバイダで居場所が特定できるはず。
携帯端末を使っていてもそれがわかる可能性もあるし、契約者から犯人につながる可能性もあるはず。

なのにマスコミはこれらの重要な事件解決になるような情報には全く触れていない。

前回説明した政府や警察がわずか1時間で後藤さん殺害を断定したことも含め、この事件は完全におかしい。
明らかにISISの卑劣さとか後藤さん個人的な情報とか、正直どうでもいいようなことで大騒ぎして、肝心な部分をごまかしている。






Last updated  2015年02月02日 18時54分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月26日




【中島さん騒動でもオウム情報】

「その1」の【マインドコントロール事件リレー】で説明しましたが、除霊歯科事件では「歯科医は麻原以上の霊能力者」というオウムにまつわる情報がありました。
実は中島さん騒動でもオウムにまつわる情報があったのです。
それは「占い師の岩崎理絵はオウム信者で現在逃亡中の菊池直子に似ている」という情報です。

占い師 岩崎理絵
占い師 岩崎理絵

菊池直子
オウム逃亡犯 菊池直子


マインドコントロールの代名詞でもあったオウム真理教の信者の平田信の出頭の直前直後に同じくマインドコントロール事件や騒動が起きて、さらにそれらにもオウムにまつわる情報が含まれている。

11年11月
 除霊歯科医事件 「麻原以上の霊能力者」



   12月31日
 オウム信者 平田信出頭



12年 2月
 中島知子さん騒動 「占い師は菊池直子似」



もう色々な共通点だらけで逆に何を目的に造られた事件なのかがわからなくなってきてしまいましたが、とにかくこれの状況からして偶然に起きた事件のわけがありません。
これらの事件が捏造、またはヤラセ騒動であることは間違いありません。

ちなみにこの「菊池直子に似ている」ということをテレビに出て話していたのはジャーナリストの有田芳生さんなのですが、「その1」では有田さんのことを「弁護士」などと説明してしまいました。
正しくは「ジャーナリスト」でした。訂正いたします。






【さらに増えた僕とマインドコントロール事件との共通点】

前回の記事で触れた「僕との共通点を発見」について説明します。

中島知子さんが置かれていた状況と僕が置かれていた状況が同じなのです。
中島さん騒動では大きく取り上げられた3つの要素がありました。

一つは「激太り」、一つは「休職」、そしてもう一つは「家賃滞納」でした。

またこれらの要素は中島さん騒動番組によく出演していた10年以上前に占い師と同居していたという女も「占い師に太らされた」「外出させてもらえなかった」などと証言していたり、ある女優も「昔占い師(中島さんのとは別の)と関わっていて仕事を辞めさせられ、借金が払えなかった」などと証言していました。

この「激太り」、「休職」、「滞納」という3つの状況は僕が警察からの監視を受け始めたころの状況とそっくりなのです。

僕は12年ほど前に警備員の仕事をしていましたが、その仕事に就いている間に自分が警察から監視をされていることに気付いたのです。

そしてその仕事を始めてから1年ほど経ってからうつ病が悪化したことや警察からの監視のストレスから警備員の仕事を休職し、結局そのまま辞めてしまいました。
そしてその頃から体重が急激に増え始め以前よりも10キロ以上増えたということがありました。結局その後2、3年後に体重は自然に元に戻りました。

そしてその仕事を辞める直前にある友人からある買い物をし、その支払いをローンで返済する約束だったのですが、収入がなくなったため支払いが出来なくなってしまいました。

僕の場合これらの事実は10年以上も前の話ですが警察がこれらの事実を知っていたのも確かです。

そしてそれ以来僕は仕事をしていません。
そしてここ数年はめったにそとにでなくなりました。

ということは長年仕事に就かず、そして外出もほとんどせずに生活していた、平田信とも状況が似ているわけです。


ということでさらに3つのマインドコントロール事件と僕とに共通点が増えたことになります。


除霊歯科事件では歯科医院の建物構造や歯科スタッフの構成が僕が通っていたA歯科医院とそっくりだった。

平田信出頭に関しては僕自身がオウム信者という疑いをかけられていて、その平田と同じような生活をしてきた。

中島さん騒動では「激太り」「休職」「滞納」という状況が僕が一時期置かれていた状況とそっくり。
また中島さんが借りていたマンションは僕が住む桶川市出身で僕の家族と接点がある本木雅弘さん。





【公安の狙い】

要するに公安はこのようなことにしたいのです。
歯科医院でマインドコントロールが行われていた除霊歯科事件を造ることによって、僕が通っていたA歯科医院のマインドコントロールによって僕はミサイル部品を扱う会社での事故やスパイ活動をさせられていた、という話を造りやすくすることができる。
そしてその事故と同じ年に起きたオウムサリン事件の逃亡犯平田信が長年働かず、ほとんど家から出ることもない生活を送っていたという話を造ることによって、僕にもオウム信者の疑いをかけやすくした。
そして中島さんのマインドコントロール騒動を造ることによって、僕が「劇太り」「休職」「滞納」していたのがマインドコントロールを受けていた証拠だ、ということにすることができるようになる。

このようなことにしたいがために3つのマインドコントロール事件は造られたということです。

このために中島さんは数年間利用され続け生活をめちゃくちゃにされたのです。そしてあの占い師、さらに占い師と10年以上前に同居していたという女は、公安の「協力者」です。

そして平田信の出頭劇も、本当に「劇」ということであり、除霊歯科事件も全部捏造です。













Last updated  2012年05月26日 23時09分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月10日



「マインドコントロール事件の真実 その2」の中の【中島知子さんが生物兵器の実験台】で中島さんが「2011年に天然痘にかかったことがある」と書きましたが、東京スポーツによると実際に天然痘にかかったのは中島さんが「幼少」の頃の話だそうです。
中島さんが幼少の頃に中島さんの家族が過去に受けた天然痘のワクチン「種痘(しゅとう)」から中島さんに感染したらしいです。
※「東京スポーツ 中島知子 天然痘」で検索

感染時の具体的な年齢はわからなかったのですが、「幼少」というとせいぜい小学生くらいでしょう。
ということは中島さんは現在40歳ですから、いまから30年くらい前の話ということになります。



ということで天然痘感染とあの占い師との同居とは全く関係が無くなったわけで、中島さんがテロの実験台にされたという話も無くなったわけです。

これで「中島さんのマインドコントロール騒動と僕や僕の家族とは関係が無くなったのか?」と思われるかもしれませんが、本木さんに関する話や、それ以前の2つのマインドコントロール事件の内容などを考えれば中島さんの騒動も関係があることは間違いありません。
そしてこれは後日説明しますが、またこの中島さん騒動と僕自身との共通点をさらに発見してしまいました。

なのでこの騒動は僕や家族に疑いをかけるために造られた騒動であることは間違いありません。


そして僕が「感染したのが2011年」と勘違いした理由にもそれを感じさせるものがあります。

僕は「中島知子」のウィキペディアの情報を元に記事を書いたのですが、その原文をそのままのコピーしました。

「2011年時点で、日本で最後に天然痘を罹患した人物である(正確には、予防接種の「種痘」を受けた家族から弱毒ワクチンが感染した「仮性天然痘」)。その際に、既にほとんど症例がなかったため、日本全国から医師の見学や皮膚のサンプルを提供して欲しいとのオファーが多数あった。」

URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E7%9F%A5%E5%AD%90


この文章だと「幼少の頃」という大事な部分が抜けているので、感染したのが11年だと勘違いしてもおかしくはないことはご理解いただけると思います。
現にネット上では僕以外にもウィキペディアの記事をそのまま利用して「幼少の頃」だと思っていない人もいます。

これは田口八重子さんの時の「写真が撮影されたアパートがあたかも川口市にあるかのように誤解せる工作」と似ています。
※カテゴリ「田口八重子さんの情報の嘘」の中の「その2」と「その2-2」


「幼少の頃」を書かないことによって、ウィキぺディアの読者にあたかも占い師と同居中に感染したかのように誤解させ、占い師と天然痘感染に関係があるかのように勘違いさせ、オウム事件のようなマインドコントロールテロの噂を広めようとした。

ということが考えられます。

そしてこの表現だと「中島さんが最後の感染者」ということに関しては間違っていないので堂々と載せることができるわけです。

田口さんの写真のアパートが川口市ではないのに川口市と誤解させるようとしたのと同じなわけです。


要するに公安か誰かが情報操作をしているのではないでしょうか。









Last updated  2012年05月10日 20時16分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月07日

【中島知子さんが生物兵器の実験台】

中島知子さんの前に起きたマインドコントロール関連の騒動がオウム元信者平田信の出頭劇です。
オウムはマインドコントロールによって信者を操り科学兵器である「サリン」を使ってテロを起こしました。

そして中島さんに関して調べてみと、中島さんにも生物兵器にまつわる出来事起きていたのです。
中島さんのウィキペディアによると11年に中島さんは近年既に発症例がほとんど無くなった「天然痘」に感染していたそうです。
と言っても「弱毒性」のものらしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E7%9F%A5%E5%AD%90

また日本で天然痘発症が最後に確認されたのは1955年らしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E7%97%98

しかしこの話はあり得ないことになっているのです。
中島さんの感染源は天然痘予防摂取の「種痘」を受けた親族から、ということになっているのです。
その種痘に関して調べてみたところ、種痘は重い副作用が出ることがあるため最近では一般の人が摂取することはなくなっていて、生物兵器対策として軍隊(自衛隊員も含む)が受けることがある程度らしいです。
と言っても実際に自衛隊が受けたという情報は見当たらないのでまだ行われたことがないと思われます。

ここでおかしなことに気づきます。

近年発症例が無くなっているのになぜその親族は種痘などを打ったのでしょうか。しかも一般人が打たなくなっているワクチンを。
その親族とは自衛隊員なのでしょうか。
しかし自衛隊員だったとしても上に書いたように自衛隊が実際に摂取した形跡は無く、もし摂取したとしても近年発症例がないということは自衛隊から感染した前例もまた無い、ということになるわけです。

そんな中で感染したのです。


炭素菌や天然痘をはじめ日本を含め世界では生物兵器に対して常に警戒、訓練しているはずなのに、そんな中で近年発症例が無かった天然痘感染者が現れ、その上感染源に関する状況も不自然なのです。


そのなかで中島さんのような不自然なことが起きたのだから当然警察がテロ捜査をしていなければいけないはずです。
しかし捜査をしたという話は全くありません。

こんなことはあり得ないことです。

この天然痘話は捏造です。

中島さんは11年には既に占い師からマインドコントロールを受けています。
ということは「マインドコントロール」と「生物兵器」となり、中島さんと占い師はオウムの「麻原」と「サリン」と似たような状況になっているわけです。
そしてその直前にオウム信者の出頭騒ぎです。

この中島さんと占い師と天然痘の話は全て公安が仕組んだものであることは間違いありません。
第二のオウム事件と捏造しようとているのです。
そのために中島さんが利用され、占い師は公安の工作員です。

だからテロ捜査が行われていないというあり得ない状況になっているのです。







【部屋を貸したのが本木雅弘さんだった理由】

中島さんの騒動のきっかけとなったのが俳優の本木雅弘さんとの家賃滞納問題です。
そして本木さんに関しては「マスコミは僕らを知っている」で説明したように本木さんは僕が住む桶川市出身で、03年に僕の家族と対面したことがある人物です。
本木さんと僕の家族に接点があり、その人が現在騒ぎになっている中島知子さんとつながりがある。
そして上で説明したようにその中島さんは生物兵器テロ話を造れそうな経験をしている。

紳助さんの焼肉えびす食品テロ話だけなく、ここでも芸能人とテロ、そして僕の家族がつながったことになるわけです。
そしてこの本木さんと対面した家族というのは、えびす家宅捜索のときに関係先の捜索を受けた家族なのです。


そしてこれだけではありません。
この本木さんに関して気になる情報を見つけました。
3月5日の新聞の「週刊現代」の広告で「ついに逮捕状 朝鮮高校教師から山口組金庫番になった男 その名は永本壱柱」というタイトルがあったので気になって検索したところ、この永本は本木さんの義父である内田裕也さんと接点があることがわかりました。

というわけで紳助さんの時と全く同じ状況になりました。
中島さん騒動でもテロ、芸能人、暴力団、在日、そして僕の家族が登場するわけです。



しかしこの永本と裕也さんとの話も天然痘話と同様に謀略であることがばればれなのです。

ネット上の記事によると永本は毎年行われる内田さんの誕生パーティーの主催者ということになっているのですが、内田さんと永本に関する記事は08年のパーティーの時の記事しか見当たらないのです。
それ以外の年のパーティーの情報は全く見当たりません。
しかも08年のパーティーの情報もどのサイトも全く同じ文章ばかりなのです。

この時点で明らかに不自然なのがわかります。

そしてこの08年のパーティーの記事の信憑性についてです。
内田さんをはじめパーティーの出席者には張本勲さんやアントニオ猪木さんなど08年以降もテレビに出続けている人ばかりです。
そもそもこの永本はその世界では有名な人間らしいし、パーティー出席者は内田さんをはじめ有名人ばかりなので、テレビ業界の人間は内田さんのパーティーと永本のことは知っているはずです。
なのでこの話が事実ならテレビ局がこれらの人間をテレビに出すわけがありません。
また紳助さんを糾弾した今のテレビ業界に出演などできているわけがないのです。

なのでこのパーティー話もインチキです。



というわけで中島さんと生物テロと暴力団と在日と本木さんと僕の家族に関する話は全てインチキであることが明白であり、占い師を使った警察の謀略は完全な失敗というわけです。

それとこの永本話を掲載した週刊現代は紳助さんの黒い噂を流して逆に訴えられている雑誌ですよ。そして警察も紳助さん騒動で不当とも呼べるリークをしています。
「島田紳助さんと暴力団騒動の真実 その1」

それが中島さん騒動の真っ最中にその騒動と関わりのある芸能人と暴力団の暴露記事を載せて、そしてその男を警察が逮捕した。
現代、警察共に名誉回復という面においても都合がよ過ぎです。

全ての事件関係図



【B歯科医院の名は「なかしま歯科」】

ちなみにこの中島さん騒動は大分3事件とも接点や共通点があるのです。
中島さんをマインドコントロールした占い師は大分出身です。
そしてあの大分のB歯科医院に関して、テレビキャプチャー画像とグーグル地図を比較して調べてみたところ、B歯科医院の名前は実は「なかしま歯科」だということがわかりました。

なかしま歯科と地図画像

「大分」と「なかしま」です。

前回の記事の【除霊歯科医事件の企み】で説明した「マインドコントロールで暗殺や拉致をした」ということにしようとしている、という話はやはり真実だったようですね。

しかしどの道マインドコントロール謀略は完全な失敗です。









Last updated  2012年04月08日 15時44分09秒
コメント(0) | コメントを書く

現在お笑いタレントの中島知子さんのマインドコントロールで騒ぎになっていますが、それ以前からマインドコントロールが関わる事件や騒ぎが続いていたことにお気づきでしょうか。
一つは昨年末に起きた平田信の出頭劇です。
これは余りにも有名なオウムのマインドコントロール事件なのでわかっていたと思いますが、その前にもう一つ起きているのです。
去年の11月に起きた歯科医事件で除霊と称して人が殺された事件です。
ここでもマインドコントロールが行われていました。
ということでここ4ヶ月の間に3つもマインドコントロールに関わる騒動がおきているのです。


そしてこれらの3つの情報をよく見てみると「島田紳助さん」や「大分3事件」や「テロ」などにつながっていることがわかりました。
そしてこれらは完全な捏造、やらせ事件です。






【マインドコントロール事件リレー】

3つの事件の簡単な説明をします。

まず除霊歯科医事件に関して説明します。
覚えている方は多いと思いますが、昨年の11月16日に東京都府中市の歯科医院で除霊と称して女子中学生に性的虐待を加え死亡させたとして歯科医の石川潔(61)と同じく歯科医で妻の香織(28)が逮捕された。

という事件です。

この事件では石川容疑者が信者をマインドコントロールして自分の言うことを聞かせていたことになっています。
そして、「オウムの麻原以上の霊能力者と言われていた」という情報もあります。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111119/crm11111911010011-n3.htm


そしてその翌月の12月31日に今度はその麻原を教祖とするオウムの元信者平田信の出頭劇が起きました。
オウムと言えばマインドコントロールで信者を操って凶悪な事件を起こしました。
その逃亡犯から17年目の出頭でした。

そして現在騒がれている中島さんのマインドコントロール騒動が平田出頭の2ヶ月後の今年の2月の後半辺りからです。
この騒動ではオウム裁判を担当した有田芳生弁護士が頻繁に登場し、さらに占い師はオウムの菊池直子に似ているという噂も立ちました。

このようなマインドコントロール騒動が3、4ヶ月の間に3つも起きているのです。

11年11月16日 除霊歯科事件
   12月31日 平田信出頭
12年 2月後半  中島知子さん騒動 

事件の内容といい、まるでマインドコントロール事件のリレーでもしているかのようです。

そしてこの時点でなにかおかしいことはお分かりいただけると思います。
これらのマインドコントロール事件は大分3事件につなげたり、新たなテロ話を造るために捏造された事件です。






【除霊歯科医事件の企み】

まずは一番初めの除霊歯科医事件の企みを説明します。
※その前にまだ「大分3事件と三菱サイバー攻撃事件の真実」を読んでいない方は読んでください。

この事件の登場人物や歯科医院の建物構造が過去に僕が通っていて06年に家宅捜索を受けたA歯科医院とそっくりなのです。
A歯科医院の逮捕された歯科技工士は男性で当時62歳でした。さらに詳しい年齢はわかりませんがA医院には若い女性歯科医もいました。

どちらも逮捕時のスタッフ構成が似ています。

そして建物構造ですが、A歯科医院は3階建てのビルに入っており、2階が歯科医院で3階では歯科以外の整体などの治療を行っていました。そして1階には別の店が入っていました。
除霊医院の構造に関して報道記事の写真を見てみると3階建てのビルになっています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111119/crm11111911010011-n1.htm

また記事には「歯科医院のあるビルの3階で説法のようなこことをしていた」とあります。
そして写真を拡大して1階の部分を見てみると店舗の前にテーブルのような物が置かれていたり、看板の色も2階の歯科医院の看板の色とは違うので恐らく別の店が入っているのだと思います。

となるとどちらも3階建てのビルに医院があり、2階が歯科医院で3階が整体や説法の場所ということになり建物の構造や配置が完全に一緒です。
A医院と除霊医院関係図.jpg
凄い共通点です。
A医院にそっくりの除霊歯科事件が、歯科がらみの大分3事件の2ヵ月後に起きた。

この事件をA医院や大分事件に当てはめるとこうなります。

A医院は北朝鮮の活動拠点になっていて、2階では歯科治療をおこなっているが、3階で患者をマインドコントロールし工作員に仕立て上げている。
そしてその工作員に日本の機密情報を盗ませたり、破壊活動を行わせている。
その工作員の一人が僕。

そして大分でも歯科医院が拠点となって、マインドコントロールによって工作員を操り老夫婦暗殺や主婦の拉致を行った。

という話が出来上がるわけです。
僕と大分3事件と除霊歯科事件関係図.jpg
事件の内容や発覚のタイミングから考えて、こういう話を造りやすくするためにこの事件は捏造されたことがわかります。







【平田信出頭劇の企み】

そして次に平田信出頭劇です。
オウムに関してはブログで説明してきたように僕はオウム信者の疑いもかけられています。
それはミサイル部品を扱っていた会社での事故が、オウムの地下鉄サリン事件と同じ年に起きたことなどが原因です。
「オウム信者でっち上げに関する時系列表」

そしてそれだけではありません。
この出頭劇は島田紳助さん騒動とも接点があるのです。

平田が潜伏していた場所は東大阪市です。
東大阪と言えばあの島田紳助さんと交際が噂された山口組系暴力団の在日幹部が住んでいる場所です。
そしてその島田紳助さんに関してこれもブログで説明してきたように、焼肉えびす食中毒事件で僕の家族の関係先が捜索を受けたという接点があります。
「島田紳助さんと暴力団騒動の真実 その7」

これでえびす食品テロ話をさらに大きな話に出来る情報が出てきたわけです。
在日暴力団と紳助さん、焼肉えびすを結びつけ食品テロ話を造り上げ、そこに地下鉄サリン事件と言うテロを行ったオウムも加担していたという話を造ろうとしているわけです。

「オウムと北朝鮮、暴力団、さらに芸能界、そして僕の家族が結びついて活動を行っていて、えびす食中毒はその一環だ」という話を造っているわけです。
オウムやくざ紳助えびす関係図.jpg
そしてそうなれば僕が勤務していた会社での事故も「やはりオウムテロの一部だった」ということにできるようになるわけです。




次回は中島知子さん相同に関してです。
この騒動も僕の家族や生物テロや暴力団と結びつくようになっているのです。












Last updated  2012年04月07日 18時33分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月12日


実は先日友人と会う機会があったのですが、そこで公安警察によるテロリスト仕立て上げの卑劣で陰湿な工作を見つけてしまいました。
今回はそのことに関して書きますが、その前に読者の方はある疑問がわいていると思うのでまずはそのことについて説明します。






【監視を受けている人間が人と会っていること】

読者の中には

「警察からスパイやテロリストに仕立て上げられている人間が、友人と出かけているなんておかしいだろ」

と思ったかたがいらっしゃると思います。
僕自身もそれはわかっています。

しかし僕は今まで警察から直接接触されたことは一度も無いし、誰かから拘束されているわけでもありません。
そしてカテゴリーの「僕が無実である決定的な証拠」で書いているように、僕が何らかの犯罪者と言うのはもうあり得ないことなのです。
それを強引に警察が無視して自分たちの保身のために勝手に仕立て上げ続けているだけの状態なのです。

だからもうこちらもそんなことは関係なしに自由に行動を取っているのです。
それとこの友人たちは僕が警察から監視を受けるようになってから一番多く会っている友人たちです。
ということは当然既にこの友人たちも警察の監視対象になっているはずです。
本人たちは全くそのことに気付いていませんが。
なので今更友人たちに気を使っても意味はないわけです。
だから平然と友人たちと会っているのです。







【友人の代車のナンバー911】

ここからが今回の話です。

先日友人から電話があり、

「この前別の友人の父親が亡くなったけど、式は既に済ませているので、線香だけでも上げに行こう」

という誘いがありました。
その父親が無くなった友人は僕の家族が亡くなった時の式に来てもらっているということもあり、僕は行くことに決めました。
そしてその電話から約1週間後に友人宅に線香を上げに行くことになりました。
僕一人ではなく、電話の主と、他の友人2人、計4人で行くことになりました。


その当日はじめに電話をくれた友人が車で僕を迎えに来てくれました。
友人はその日より前に車が事故に合い、修理に出していたため、迎えに来たのはその代車で来たのです。
そして一旦別の場所にみんなで集まってから友人宅に線香を上げにいったのです。
その一旦集まった場所で、とんでもないことに気付きました。

その僕を迎えに来てくれた友人の代車のナンバーをふと見てみたところ、なんと “911” だったのです。

僕は直ぐに 

“これは完全に僕や友人をテロリストに仕立て上げるための公安による陥れ工作だ”

と感じました。
だってそうですよね。
テロリストに仕立て上げられている人間の友人の代車のナンバーがよりによって911ですよ。
そもそも911ナンバーなんて、不謹慎でさらに人から怪しまれるようなナンバーを付ける人なんかいませんよね。
そして自分のお客が怪しまれてしまうようなナンバーを車の修理会社がつけるなんてあり得ないです。

これは間違いなくこの911ナンバーかあるいは911ナンバーの付いた車自体を公安が修理会社に渡したものです。


でここでさらにぞっとすることは、よりによってその車で僕を迎えに来たという点です。
車の修理は何ヶ月もかかるようなものではありません。
そして僕はその友人と会うのは2~3年に1回程度なのです。
それなのに、友人と僕があう直前に事故に合って、911ナンバーの代車が与えられ、その車で僕を迎えに来たのです。

ということは事故自体が公安による当たり屋だった可能性があるということです。

しかしここで失敗したことがあります。
実はその事故に合った日が具体的にいつだったのか聞いていないのです。
気付いたのが一旦集まった場所だったので、また帰りにその車で送ってもらう時に聞こうと思っていたのですが、線香を上げ終わった後にみんなでコーヒーを飲んだのですが、それが結構楽しくてすっかり事故のことを忘れてしまったのです。
おはずかしい。

友人から電話があったのが、線香を上げに行く日の約1週間前ですから、その間に事故に合ったとしたらもう間違いなく公安の仕業、
と言いたいのですがその事故日がわからないのです。

しかし、もうテロリストに仕立て上げられている人間の友人に911ナンバーの代車が渡された時点で既に公安による謀略であることは間違いありません。
ナンバーなんか直ぐに手に入るものではないので、前々から計画されていた公安による謀略であることは間違いありません。






【しかしこんなのあり得ない】

公安は、僕らが911ナンバーの付いた車に乗っているところを周囲に見せて、そしてその目撃者を造って、後に裁判沙汰になった時に、

「以前にお前らが911なんていうナンバーが付いた車に乗っていたという目撃証言があった」
「これがテロリストの証拠の1つだ」

という具合にするための工作でしょう。
それ以外考えられないですから。

しかし実際にはこんなことあり得ないです。

なんでテロリストがわざわざ自分たちがテロリストであることをそこらじゅうに言いふらすようなまねをするのですか。

これでなんの得があるのですか。
警察に「私を早く捕まえてください」と言っているようなものじゃないですか。
しかもこの友人宅の車庫は交通量の多い通りに面していて、さらにその車庫は屋根も門もなく、またさらに車は通りに面して前か後ろを向けるように停めるようになっているのです。
要するにどこから見てもナンバーが丸見えの状態なのです。
これだと行きかう車や通行人に、私は怪しい人間です、テロリストですと宣伝しているようなものじゃないですか。
そしてその車で職場に行ったり街中を走ってテロリストであることを宣伝しまくっていることになるわけです。

また線香を上げにいくのに一旦集まった場所と言うのは、交番の直ぐ近くで、行きと帰りにその前を通過しているのです。


そんなわけのわからないことをして何の得があるというのでしょうか。
一見手の込んだ謀略ですが、全く持って馬鹿げた意味の無い謀略と言うわけです。

しかしこのことは公安警察が公権力と自分たちの社会的な立場、そして人脈を使えば簡単に人を陥れることができるという証明でもあります。
公安警察はこういうことが簡単にできてしまう組織なのです。











Last updated  2011年09月12日 12時32分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月14日
イギリスの新聞によると去年の12月にアメリカ航空機テロ未遂事件の犯人として逮捕されたウマル・ファルーク・アブドルムタラブ容疑者(23)は05年から07年にかけてファルーク1986というペンネームでブログを書いていたそうですよ。
内容は詳しくはわかりませんが相談相手もいない孤独な状況と英国の堕落を嘆いていたそうです。
その記事の投稿数は300回以上だったそうです。

日本の公安警察にテロリストに仕立て上げられている僕もこうしてブログを書いていて、内容は警察の堕落とその被害を1人で嘆いているというものです。
そしてその記事数は前回の記事で300回を越えました。

この時期にこんな情報です。


ちなみにこのテロ事件の2日前には、これもイギリスで逃亡犯がSNSを更新していた、という情報もありました。(関連記事 09年12月24日「イギリスで脱獄版がSNS更新中」)



みなさんどう思われます?このテロ未遂事件やこれらの情報。











Last updated  2010年02月14日 20時39分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月26日
どうも変ですね。
先日の脱獄犯がSNSを更新しているというニュース。次に国松元警察庁長官狙撃事件の犯人の疑いをかけられた元警官が取調べを受けているというニュース。そして今度はアルカイダのテロリストがオランダ発の旅客機でテロを起こそうとして逮捕されたというニュース。

なぜか僕が自分の無実を証明したとたんに逆にまた僕につながりそうな事件や情報や警察の動きが続けて出てきました。
この僕が無実であると証明したことを否定するかのような情報、オウム関連の警察の動き、アルカイダのテロリストがここにきて旅客機テロを決行しようとした。

無実否定とオウム事件とアルカイダテロがほぼ同時に出てきた。
僕を犯罪者に仕立て上げるのに恐ろしく都合がいいですね。

しかし何度でも書きますが、どんな事件がおきようが、どんな情報が出ようが、どんな警察の動きを起こそうが、このブログを書いていること自体、さらに僕が警察に逮捕も何もされないこと自体、そしてなんといっても、このブログで書いている内容を読んでいただければ、本当は犯罪を犯しているのは僕ではなく警察のほうであること、そしてその犯罪を犯した警察は僕が犯罪者じゃないと困る立場だということもわかります。








Last updated  2009年12月26日 13時08分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年07月29日
警察と自衛隊に聞くけど
洞爺湖サミットが終わって3週間経ちました。
で、いつになったらテロって起きるんだよ。



昨日はワイドショーで中国のバス爆破事件のテロリストの犯行声明とされているビデオに関してやっていました。
その番組ではこのテロリストたちはアルカイダとつながりがあるだとか、パキスタンでテロの訓練を受けたとか、さらにあの犯行声明は世界中のテロリストへの呼びかけで日本も危ないとも言っていました。

またこのパターンです。(関連記事 08年6月28日から7月6日までの記事)
これでまた僕の監視をする新たな理由付けが出来たわけです。


それなら一体いつになったらテロは起きるのでしょうか。
これでテロリストが世界に呼びかけたのは何度目でしょうか。

日本ではテロリストなんか1人も逮捕されていない。
逮捕されていないのならテロリストはいつでもテロを起こせるはずですよ。
なのにテロはいつまでたっても起きない。
ということは本当は日本にテロリストなんか1人もいないということですよ。

なのにマスコミはあのような情報が入るたびに「日本も危ない」と繰り返す。
そして公安警察の事件のでっち上げと自衛隊の脅迫行為という犯罪行為がまた正当化されてしまう。
そして永遠に僕への犯罪行為を続けるための理由が出来てしまう。


僕は以前からこの世界中のテロリストに関する警察などの動きはおかしいなと感じていました。
テロリストを逮捕してテロを未然に防いだ警察の大手柄という報道が海外ではよくあります。
しかしそれらの中には先日の中国でもそうでしたが、犯人の名前が公表されなかったり、裁判が開かれなかったりしているそうじゃないですか。
そんなことがあるわけが無い。
テロリストだという証拠があるからこそ未然に逮捕できているはずなのに、犯人の名前を公表しないとか、裁判にかけないなんて明らかに逮捕がでっち上げだからでしょ。

なぜこのようのことをするのか。
日本も含めて世界中でテロを未然に防ぐためと言って、明らかな人権侵害の取締りを行われています。
世界中の警察は人権侵害の取締りによって国民が守られているんだと言いたいがためにテロリストをでっち上げているんですよ。
人権侵害を正当化するために自らテロリストをでっち上げているんですよ。

それが僕が受けてきているような人権侵害というわけですよ。
僕が受けている警察や自衛隊による人権侵害と同じようなことが、あるいはそれ以上の人権侵害が世界中で行われていて、それを正当化するためにテロリストが世界中ででっち上げられているんですよ。
そして一つの国のでっち上げで、世界中で同じようなことをやっている警察や軍隊がまた助かるという具合ですよ。

アルカイダの実態のほとんどがこういうことで出来上がっているんですよ。






Last updated  2008年07月29日 15時38分15秒
コメント(1) | コメントを書く
2008年07月07日

05年の10月頃だったと思いますが、僕が行き先を決めないでドライブに行って、たまたま鴻巣市を通過した時がありました。その翌日のニュースで鴻巣市の川で魚が大量死していた。という報道をしていました。その川での大量死は以前からあったということも伝えていました。しかしニュースではこの大量死については初めて報道したという感じでした。これが初めての報道だとしたら、なぜ僕が鴻巣市を通過した時になって報道したのか。



去年の暮れから僕は伊佐沼や梅ノ木貯水池に出かけた際に写真撮影をするようになりました。



そして今年の3月12日には僕が住むのと同じ埼玉県にある秩父市の浦山ダムで、テロ訓練が行われました。訓練の内容はテロリストが飲料水用のダムに毒物をまいたという設定です。
ダムに関するテロ訓練について検索しても、埼玉の浦山ダム以外では見当たりません。ダムでのテロ訓練はもしかして日本初かもしれません。
もしそうだとするとよりによって僕が住むのと同じ埼玉県での初訓練。



そしてさらにその翌月だったと思いますが、「桶川北本水道企業団」というところの広報誌には、やたらと水質チェックに関する記事が載っていました。その中で、小さく「水道企業団は警備業務を委託します」と載っていました。ということは今までは警備に関することは自前でやっていたけど、これからは専門の業者に頼む、ということです。



梅ノ木貯水池へ行くときはいつも三国コカコーラのある交差点を通過して行きます。4月22日には埼玉県がその三国コカコーラと防犯協定を結びました。



さらに5月24日の記事で書きましたが、その日に梅ノ木貯水池へ行きましたが、その時に、僕が貯水池に着いたら、いつも僕がいる場所に一人の初老か老人といっていいくらいの男性がしゃがんでいてしばらくの間そこにいました。その時は近所の人が散歩にでも来てるのかなぐらいにしか思ってませんでした。
しかし先日5日に吉見町にあり、梅ノ木貯水池の近くにある大沼というこれも貯水池ですが、久しぶりに行ったら、そこにも僕がここへ来るときいつもいる位置のすぐ近くに初老ぐらいの男性が1人いて、不自然にそこにしばらく立っていました。
大沼 近くの男

そしてこの2人が立ち去る時間が丁度同じくらいでした。




これらの全てをまとめるとこういうことです。

警察は、

「僕はアルカイダとつながりがあるかもしれない。
その人間が行った場所で魚が大量死。これは僕がなんらかの毒物を川にまいて、魚で実験をしたのかもしれない。
そしてその僕が去年の暮れになって貯水池の写真撮影を始めるようになった。貯水池は飲料用ではなく、農業用ではあるけど、ここに毒をまけば農作物に吸収されやがて人間の口に入る。
そしてサミットも近づいてきている。もしかしたら撮影をしだしたのは毒をまく前の準備かもしれない。
これは水場に毒をまかれた時のための訓練をしなくては、と同じ埼玉にある浦山ダムでパフォーマンス的な訓練をした。そして地元の水道企業団にもテロで水道水に毒を混入される危険性が出てきたので警備をするようにと言って、企業団は警備業務を委託して警戒を強めた。
さらには貯水池での監視を強化するために埼玉県、というより埼玉県警は貯水池の一番近くにある企業、三国コカコーラと防犯協定を結んだ。
またどこの人だかはわかりませんが、僕の直ぐ近くで僕の行動を見張っているように頼んだ。」


という感じで僕がテロリストのような芝居をしてのではないでしょうか。



鴻巣での魚の件ですが、これも以前にも何回も書いていますが、警察は僕の行く場所をどような方法なのかは知りませんが確実に逐一把握しています。僕がやったのなら逮捕されていなければなりません。僕が犯人というのはあり得ません。
警察はそれがわかっていて当時のニュースで放送させたのです。
そして僕にわざと疑いをかけたと考えられます。

それとこれも以前書きましたが、貯水池へ行くのはいつも狭い部屋にいるので、たまに気晴らしで開けた場所に行きたくなるので、以前これらの貯水池でヘラブナやブラックバスの釣りをしていて、その場所を知っているので、そこへ行っているだけです。

それと写真撮影をするのは、本来は自分が監視されている証拠を残すためにデジカメを持ち歩いていますが、せっかく風景のいいところに来ているのだから記録をしておこうと写真撮影もしているだけです。写真はこのブログや他のブログにも載せています。もちろん警察もそんなことは知っています。

また久しぶりに行った大沼に、監視の人間が先に来ていることなどあり得るのかとおもうかもしれませんが、ここへは何回か来ているし、梅ノ木貯水池の近くなので、以前から警戒していたということは十分に考えられます。


要するに全てが僕をテロリストのように見せるための警察のこじつけとパフォーマンスです。






Last updated  2008年07月07日 18時29分38秒
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Profile


furisk

Comments

marcus@ DPNALtkyCfrOpiBGar iFTiCu http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
gordon@ gkyrxyOYBY TCeCIO http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
furisk@ Re:公安のブログ対策(07/19) お前のコメントは全部俺を無職呼ばわりし…
furisk@ Re:僕が訴えを起こさない理由(02/28) ちょっと待てよ よくよくお前のコメント読…
furisk@ Re:僕が訴えを起こさない理由(02/28) だからニートじゃねーってwww 妄想馬鹿…

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.