000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

特定の誰かに向けて

2020.07.09
XML
私が 良くも悪くも、時に金銭的損得を完全に無視して動くことを
そろそろ学んだらどうだ?

納得できないことはやらん。
礼がなってない人間とは仕事をしたくない。

海外ではどうだか知らんが、日本では通じんよ。それは。






Last updated  2020.07.09 22:13:36
コメント(0) | コメントを書く


2016.10.25
今日の記事のタイトルは映画「アンドリュー NDR114」という映画において、主役であるロボットのアンドリューが、人間であることを求めて世界議会に訴え、それに対して「アンドリューはロボットである。」という判決が出たときのアンドリューのセリフです。こう言ったときのアンドリューの気持ちはたかが人間に推し量れるようなものではありませんが、それでも胸に刺さります。

さて、明日は三重看護学校の社会人入試です。
うちから三重看護を受ける社会人に、最後の授業として、この映画の鑑賞を行いました。
「机にかじりつくだけが学習じゃない」
いつも私が言っているセリフです。
それをわかってもらうという意図もあっての映画鑑賞の授業でした。

私はこの映画を見るのは6回目くらいですが、見るたびに考えさせられることが違います。

今回はうちの生徒には「生きるとは?死ぬとは?人間であるとは?尊厳死とは?」そういうことを考えるきっかけとして見てもらいましたが、できれば折に触れて何度も見直してほしいと思います。

明日の受験で合格すれば、私がこの子にする授業は今日で最後になります。
だから、私も言いましょう。

Sさん、「お役に立てれば幸いです。」






Last updated  2016.10.25 21:22:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.24
これでこの子を泣かせるのも3回目。
とりあえず、号泣しながらも自分の意思を伝えることができたので、ここのところずっと続いていた処置からは放免となった。

近頃の子どもたちは、本当に自分の意思を伝えてこない。
うつむいて黙ってしまう。
それが通るのは学校や親だけ。
それに早く気づかないとダメだ。

昔々とある元生徒が言った。
「先生の言うことは、正論なのかもしれない。実際、しばらくすると正論だったと気づくこともある。けれどもそれがわかっていても頭のなかでは「無理無理無理無理」って思ってしまう。」

それは思考停止だ。

いつも言っているように、私に何か言われても、それに正面から反論できるくらいでなければ、社会でその意見は通らない。世の中で自分の意思を貫くことなどできやしない。

私は親や学校と違って甘くない。
生徒たちにもそう言っている。
しかしそれは敢えてそうしているのであって、基本的には生徒が本気でそうしたいなら、それを叶えてやりたいという想いが私の根底にはある。

塾OBである山上先輩が言うように、その点において、私は「生徒に甘い」のだ。
その「甘い」私を説得できないなら、納得させることができないなら、それは感情論であり、あなた達自身の中でも根拠のある正論では本来ありえない。
いやむしろ感情論であっても、それこそそれを私の感情に訴えることさえできないのなら、本気度がたかが知れている。そんなものは単なる思いつきに過ぎない。

私に否定されて、反論もできずに逃げるような本気なら、きっと思った通りにはならないだろう。





ただ、最初は確たる意思すらもない単なる思いつきでも、端緒に就いたことで、本当の進路が見えてくることもあるだろう。自らの意思も強固に定まっていくかもしれない。

だからこそ、ここでこうやって煽っておく。

過去、私と正対せず、逃げるように私と縁を切った者たちへ

君たちの意見は、君たちの意思は本物になったかね?
本当に自らが思い描く未来につながりそうかね?






Last updated  2016.05.24 17:12:05
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.04
学生のノリというものがある。

特にLINEに代表されるモバイルから生まれる軽いコミュニケーションを筆頭に、今の若い人たちのノリは、私にとってあまり好ましいものではない。
参考 →携帯電話の利便性の裏表(いまだから言えるがU先輩の実話である。U先輩はこれでこっぴどく私に叱られた)


だからといって、別にそれ自体が悪いというわけじゃない。それでみなさん楽しんでらっしゃるようだから、それが受け入れられる人どうしにとっては良い文化なのだろう。
私もオンラインのチャットでは軽いノリの内容のない話しかしないしね。


ただ、そういうノリを私たち大人側におしつけるのはやめて欲しい。


アクシデントが起こった。名張まで迎えに来て欲しい。そういうのは仕方ない。

だが、授業終わりくらいに着くと聞いていて、その心づもりで考えていたのに、当日になって予定変更しておいて途中連絡もなく、授業中に迎えに来て欲しいというのはやめて欲しかった。
あなたは、先生がダメなら、誰か暇している人に頼めばいいと軽いノリで頼んでいるんだろう。
だが、もし塾に来る途中、塾から帰る途中何かあったら、断った自分に責任を感じる人はいるだろう。少なくとも私はそこに責任を感じてしまう。
たとえ、伊藤先輩の事故のような本来責任が生じようもないアクシデントであっても、いろいろと考えてしまう。

このケースは、ましてや親しい人ですらない。「親しい仲にも礼儀あり」と言うが、裏を返せば「親しくない人に対しては礼儀をわきまえること」が相手を尊重することであり、自分の身を守ることにもつながる。

社会人が休みをとるとなれば、たいてい調整が必要で、何日も前から有給届けを出し、休む日の仕事の引き継ぎをしなければならない。それ以外にも誰かと会うなら手土産の用意(この方にも手土産をいただいている)など、いろいろと準備が必要だ。

そういうことを考慮に入れている気配なく、先輩方の連絡が遅いと言うから怒った。

山上先輩など、朝6時には家を出て、日付が変わる頃に帰宅していると聞いている。
そして我々世代はメールだろうとLINEだろうと時間と相手の都合を考えて送る。
そういうことを少しは考慮に入れていたのだろうか。

連絡係の労をとってくれたことは有難かったが、だから「学生のノリ」で考えるなと言った。

「そんなことを言われるならいかんとこ」となるのもわからないでもない。同じ学生であった彼がそれに同調したのもわからないでもない。だが、諭すべきで立場の先輩であるはずの彼が、考えた上でか、何も考えなかったのかはわからないが、同調したのには正直、失望した。そして、気分で行く行かないを決めるようないい加減な(もしくは今どきの)付き合いがしたいのなら他を当たって欲しい。本当に「仲間」になりたいのなら、私たちの「ノリ」もわかってほしい。


もう一度言う。「学生のノリ」が悪いのではない。
自分の周りで通用している常識が、他でも通用するわけではないということを知ってほしいだけだ

「知っている」というのだろう。確かに「知っている」だろう。だが、あなたは自分が中心にものごとが動いている時にはそれを忘れがちで、そのことは中学生の時から指摘している。そして合宿やことあるごとに、あなたにはリーダーとして動くとはどういうことか拙いながらも私は教えてきたつもりだ。

「ノリ」はどこにでもある。
双葉とれいめい塾でも「ノリ」は違う。
だが、わたしは中山先生を、れいめい塾を尊重するからこそ、れいめい塾にいる時には出来る限り「自分のカラー」は出さないようにしている。
「双葉のノリ」でいくなら、とっくにあちこちに爆弾が落ちている。


なにがなんでも相手に合わせれば良いわけでもないが、どこにいっても自分色というのでは困る。
また、相手や、その場に合わせるにしても「考えて」合わせるのと、不満たらたらで「我慢して」合わせるのでは意味が違う。学ぶことも違う。

そもそも、どこでも誰とでもいつも同じ「ノリ」で行動したいなら、留学しようが何をしようがたいして学ぶこともないだろう。

「日本のノリ」「日本の常識」は外国では通用しない。

自分が受け入れがたい考えについて、本当に考えたくないのなら自室を一歩もでるべきではない。

気の合う仲間同士、ずっとつるんでいるだけでは成長はしない。


追記:この稿は一般化するべきかな。






Last updated  2015.06.04 22:20:47
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.07
れいめい塾の中山先生のご厚意に甘えてやらせていただいた生物基礎の春期講習も今日で最後の授業となった。

中山先生にも今後の段取りは話しておいたが、もう一度ここにこれからの指示を掲載しておく。

遅くとも7月(3人で相談して決めなさいと言いましたが、期限を区切ります。もちろんこれより早く終るのは大歓迎です。)までに配布したテキストをひと通り終わらせる(終わらせる=解くではない)こと。

その後は、黒本をきちんと時間を区切って、週1回のペースで解くこと。
(できれば、講師がいなくても授業として3人同時にやること。自学の問題点はマイペースが悪い方に転がって、やらない状態が続くことなので、一緒にやる仲間を意識したほうが良い)

黒本などを解き終わったら、きちんと点数(できれば偏差値も)出すこと。
(できるようになったを体感ではなく、客観視するためです)

黒本を解いてよくわからなかったことを配布したテキストに必ずフィードバックすること。
配布テキストはオリジナル参考書になるほどに書き込んで構いません。
配布テキストでわからないことは、田部の参考書等を参考にあいまいなままにしないように。
スカイプをつないで質問していただいてもかまいません。
必ず次回までにわからないところをつぶしてください。

最初のうちは細かい語句を忘れてしまうことはあまり気にせずに、物質や反応の起序など全体像を掴むこと(本質を捉えると双葉では表現します)を重視してください。

早ければ夏休みあけくらいには、偏差値上に学力が反映されてくると思います。



さて、最後の授業が終わった後、大安寺れいめい塾(岡山県)の大西先生の古文のスカイプ授業があるということで、こっそり生徒たちに紛れてみました。
気づかれたら挨拶して部屋を出ようと思っていたのに、なかなか指摘されず、結局最後まで一緒に授業を受けるはめに(笑)

大西先生の授業は、おこがましくも、詐欺師的国語教師つまり私と比較すれば圧巻たるものでした。
あえて生徒の立場から意見をいうなら、スカイプという事情もありホワイトボードが使いづらいのは重々承知ですが、2、3箇所ホワイトボードで明示的に説明して欲しいところはあったように思います。

中山先生はお疲れの様子でしたので、失礼とは思いましたが、挨拶もなく帰塾しました。

なかなか充実した春休みでしたよ。






Last updated  2015.04.08 00:17:36
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.16
12、13日と休んだ生徒、休むという連絡をしてきた時に「次来る時までに何曜日に来るのか決めておけ」と言ってあった。こちらとしては最大限の譲歩だった。

しかし、土曜日に来ていつものように挨拶をして何も言わず勉強を始める。

しかたなくこちらから何曜日くることにしたのか尋ねると
18日で卒業したいと思いますという。

うちの関係者はご存知のように、うちは高校受験が終わっても3月31日まで授業がある。
3月18日でやめるのは卒業にはならない。途中退塾だ。
月の途中で退塾してもうちは月謝は変わらない。

それをあらためて告げた上で、一応高校生になったらどうするつもりか聞いてみた。
そうすると「わからなくなったら塾に聞きにきます。」と言う。

それはおかしい。
塾の方針は「31日まで授業をします。そこで高校数学、高校英語の基本をやります。」だ。
それを無視して、自分の都合だけをこちらに押し付けるのは筋が通らないと教えた。
また、どうして目の前に残り2週間少し学習できるチャンスがあるのにやらないのか尋ねたが
これには答えない。

答えない以上、こちらが推測するしかない。
あなたの言動は、大学に行きたいと言いながら、塾の方針など知らない、残り2週間全力で遊びたいと言っているか、私に教わることをチャンスだと考えないというように聞こえるが、そういうことかと尋ねたが、これにも答えない。

そして日曜日をはさんで今日、あらためて尋ねた。「どうする?」と。

18日でやめるそうだ。

帰る間際、「数学の参考書はどんなのがいいですか。」と尋ねてきた。

だから、どうして相手の意向、指導を完全に無視しておいて、自分の手に入れたいものだけをその相手から得られると思うんだ?


この子もそうだが、最近の子どもたちは自分の言いたいことしか言わない。

まさしく「人にはああしろ、こうしろ言うくせに、自分の気持は全然言わない。」だ。

そして「自分にとって都合の悪い意見を言う人とは縁を切る。」


まあ愚痴れば愚痴るほど、私の指導力のなさが露呈するだけなのだが・・・。








Last updated  2015.03.17 00:35:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.14
松阪高校および津高校の校訓は「自主自律」である。
「自主自立」ではない。そこのところを踏まえて「自律」と「自立」について考えてみる。

まず、辞書における両者の意味はこうなっている。

「自律」
1. 他からの支配や助力を受けず,自分の行動を自分の立てた規律に従って正しく規制すること。
2.〘哲〙 〔ドイツ Autonomie〕 カント倫理学の中心概念。自己の欲望や他者の命令に依存せず,自らの意志で客観的な道徳法則を立ててこれに従うこと。

<対義語>他律

「自立」
1. 他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。ひとりだち。独立。 「親もとを離れて-する」
2. 自ら帝王の位に立つこと。

<対義語>依存

学生にとって自立、特に金銭的自立は難しい。目指すのは自律である。

 では、学習において「自律できていない」とはどういう状態か。
 まず、自分の進路を含め、自らのするべきことや、目的がわかっていない。または決められない。こういう状態があるだろう。自分を律するためには、当然、自分の行動を規制する「信念」「目標」「計画」そういったものが必要となる。何が自分にとって一番大切なのか。自分が大切とするもの、それを成し遂げるために、守るために何をするべきなのか。それがわかっていないのならば、自分を律することはできない。一貫性のある行動がとれるわけもない。
 次に、自ら決めたことを自分で守れない状態も自律できていない状態であろう。「3日坊主」「竜頭蛇尾」、いろんな言い方があるが、要は目的、計画はご立派だが、それを持続できていない状態である。
 息抜きをするなとは言わない。365日24時間、なすべきことだけに集中しろとも言わない。中学生には中学生の時にしか、高校生には高校生の時にしか、大学生には大学生の時にしかできないこともあるだろう。それも貴重な経験だ。そこから得るものもまた大きい。
 しかし、本当に自分が「やりたいこと」「すべきこと」「大事なこと」がはっきりとあるのならば、どんな経験であれ、経験したもの全てが、そこに収斂していくはずだ。

「ちょっと気になってただけだよ。何が大事かってこと、お前の中でブレてねぇかって・・・。(ドラマ「ウロボロス」より)」

大人にとって、しようと思えば自立はたやすい。しかし、しようと思わなければ自立できない。だからこそ目指すのは自律である。

 大人になれば、目的に見合った財力があれば自立はたやすい。お金があれば、自分のやりたいことはたいていできてしまう。だが、そこに規範となるものが見えないならば、いわゆる成金のように世の中から白い目でみられるような下品で卑しい行為とも見られる。
 また、マクロな視点から見れば、人が完全に自立して生きていくことは難しい。仕事は言うに及ばず、衣食住全てを他人の手を借りずに自ら賄うことは不可能だ。それぞれが社会の中で役割を持ち、それを果たすことで共存している。だから、ここでいう自立とは、対義語である依存から考えて「他人に依存している状態、自分のするべきことが他人の力に左右される」といった状態ではないと考えてほしい。「共存自立」とでも言うべきか。
 どこまでが依存で、どこからが依存でないかは難しい。年齢によっても違う。例えばどこかに移動したい時、乳児であれば泣いて親にたよるしかない。高校生ともなれば、自分で行き方を調べ、移動手段を選択し、自分ひとりでそこに辿り着くことができて当たり前である。行き当たりばったりで、事前のアポもなく、夜中に突然迎えを頼むのは甘えでしかない。成熟度に見合った自立というものがあると私は考える。一般に、自立できていない大人を指して「いい年して~」と言われるのもそこである。
 それならば、「自分はどういうレベルにいたいのか、どういう大人でありたいのか」という行動規範なしに、自立は成り立たない。つまり「行動規範をたて、それに基づいて行動する=自律」が自立には必要なのだ。

さて、ずっと放っておいた「自主」である。
「自主」の辞書的な意味は、他人からの干渉、保護を受けず独立して事を行うことである。


残念ながら、「自律」も「自立」もできないのならば、その度合に応じて、親を始めとする保護者から保護されるのは当たり前で、干渉されるのも致し方ない。だからこそ世の中的には、子どものすることには保護者の同意が必要とされているのだ。

以上、自主はともかく、自立も自律も禁煙もできていない私がお送りしました。

*推敲をほとんどしていないので、後で訂正するかもしれません。






Last updated  2015.02.14 16:48:23
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.31


今年も余す所あとわずか。

言い残したことがあるような気がするので少し書く。

いつだったか、以前どこかで「4年間ありがとう」と言った。
その時、たしか「年数まちがってますよ」と言われた。
年数はこれであってる。あれから時間が経っているから今だと5年になるのかな。
その意味を考えて欲しいと同時に、あらためて言う。

君には本当に感謝している。

私は言われるとおり人をほめるのが下手だ。その自覚もある。山上からも「めんどくさい考え方をするやっちゃのう」と常々言われている。それは素直に申し訳ないと思う。だからせめてありがとうと言わせて欲しい。


これを書かないと今年は終われない気がした。






Last updated  2014.12.31 17:00:01
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.05
資格をとるのに必要な勉強時間というのを発見したのでちょっと貼っておく。


日商簿記3級.        50時間
シスアド初級..       80時間
社会福祉士         150時間
日商簿記2級.        250時間
大学生の年間勉強時間*    268時間
宅建             350時間
年間通勤時間(首都圏)*..   382時間
気象予報士         450時間
行政書士           600時間
TOEICスコア860      700時間
 (留学にはこれくらい必要)
日商簿記1級.        800時間
社会保険労務士....     1000時間
浪人生の年間勉強時間*  1173時間
中小企業診断士..       1300時間
1級建築士.          1500時間
日本人の年間労働時間*  1843時間
米国公認会計士....     2000時間
海外MBA           3000時間
司法書士..          4000時間
税理士...          5000時間
公認会計士..         5000時間
弁理士           5000時間
法科大学院合格+.    
新司法試験合格       8000時間

* は平均値: 学校の勉強を除く。残業を含む。

参考 青少年の生活と意識に関する基本調査(内閣府,2004),
    毎月勤労統計調査(厚労省,2008)

あまり信用できるソースではありませんが
日本の普通の大学生がいかに勉強していないかわかります(笑)
小学生より勉強していません。

各種資格を偏差値で表したものも見つけました。

80:旧司法試験
79:新司法試験 公認会計士
78:国家公務員1種 弁理士 
75:司法書士 裁判所事務官1種
74:旧帝医学部 アクチュアリー
73:システムアナリスト TOEIC990  
72:税理士5科目 米国公認会計士
70:センター7科目90% 不動産鑑定士
68:英検1級 医師国家試験
67:旧帝理系学部 1級建築士 東京都庁1類
66:センター7科目80% 地方公務員上級 教員採用試験
65:社会労務士 証券アナリスト 通訳案内士 
64:国家2種 歯科医師 土地家屋調査士
62:気象予報士 行政書士 マン管 国税専門官
60:早稲田慶応文系 市役所上級 宅建 
59:海事代理士 AFP 通関士 
55:センター7科目65% 測量士 2級建築士
53:マーチ文系 看護士 薬剤師 
50:日東駒専 簿記2級 TOEIC470
48:センター7科目50% 初級シスアド
47:簿記3級 英検3級 漢検2級
45:エックス線作業主任者
43:ヘルパー2級 高卒認定試験
42:美容師国家試験
40:普通自動車免許
35:一太郎検定
30:英検5級


資格をとるわけでもなく、なんとなく就職できるところに就職されるつもりの
大学生ならともかく、日本の大学生のみなさんもう少し頑張ってください。






Last updated  2014.11.05 23:26:31
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.08
夏休みに入ったころにいろんなことの調子が悪くなったわけだが

パソコンの調子も悪くなって、バックアップを取ったり

OSの再インストールをしたりしていた。



データのバックアップをとっている最中に懐かしい作文がでてきた。

たしか、小学生レベルのこれだけ短いお話でも読書感想文くらい書けるんだよ?ていう

授業だったはず。


読み直してみたら、思いのほか

今の状況にふさわしいと思うので、貼り付けてみる。


でんでんむしのかなしみを読んで。

でんでんむしはゆっくりと進む。私たちが日々の暮らしの中で、一日一日の変化に気付かないように、でんでんむしも、ゆっくりであるが故に周りの風景が少しずつ変化していることに気付かないだろう。そして、ある日たいへんなことに気付くのだ。どうしてこんなところにいるのだろう。こんなはずじゃなかったと。
 私たちは、一度、自分の居場所や、気持ちの変化への疑問に気付いてしまうと、それを見過ごすことはなかなかできない。そこに立ち止まり、どうしても悩んだり、悲しくなったりしてしまう。このでんでんむしも、きっとそうなってしまったのだ。悲しみを背負ってしまって、自分では、その悲しみをどうすることもできなくなってしまったのだろう。このままでは背中の殻に詰まった悲しみに飲み込まれてしまう。文字通り、殻に閉じこもってしまう。そう考えたのだろう。
 そこで、でんでんむしはおともだちを訪ね歩いて、この悲しみをどうしたら良いのか聞いて回るのだ。すると、どのおともだちも皆、かなしみを背負って生きていると言う。では、このでんでんむしがおともだちに相談したことは無駄だったのだろうか。いや、相談する相手がいるということは、ひとりぼっちで悩むより、ずいぶん心強いものだ。相談することで解決することもあれば、聞いてもらうだけで気持ちが楽になるということもある。そして、悩んでいるのは自分だけじゃないということにも気付ける。 このでんでんむしも、悲しいのは自分だけじゃないんだと気付いたことで救われたようだ。嘆くのを止め、「かなしみをこらえていかなきゃならない。」と決意している。
 たくさんのともだちがいる。それは、このでんでんむしが豊かな人生を送ってきた証拠だと思う。ともに悲しみ、笑ってくれるともだちがいる。それだけで、たとえどれだけの悲しみを背負っていようとも、私たちは力強く、もういちど前に進んで行くことができるのだ。






Last updated  2014.08.08 06:09:09
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.