000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

英語

2016.11.29
XML
カテゴリ:英語
中間テスト、期末テストの英語の勉強というと、テスト範囲の英単語を覚えて、教科書や学校のワークにでてきた英文を覚えて…。
そういう人が多い。

別にコレを決して全否定するわけではない。
それでテストを乗り切ることが必要な人もいる。

ただし、大学を目指そうかと、高等教育を目指そうかという場合には、話は別になる。

前述のように本文や、学校のワークに出てきた英文をまる覚えしている子の点数は、良くてもだいたい70点前後になる。80点、90点を越えられない原因の多くが、覚えられなかった、あるいは間違えて覚えてしまった、そしてワークに出ていた英文に似ているけれど、先生が少しひねった問題とかになる。教科書やワークとの違いに気づかず、覚えたものをそのまま書いてきて、点数が引かれている。
塾でテスト対策をしていても同じように間違えるので、まる覚えしていることはすぐわかる。
逆に言うと70点どまりでいいのなら、そういう方法で点数を上げてしまうのがもっとも"効率"は良い。中学校によっては、そもそも「70点分はこのプリントから出すよ。」と努力点を設定していくれる先生もいる。そしてこの位の点数だと、内申点は3~4に収束する。

しかし、90点以上をたたく生徒のほとんどは、こういう勉強方法ではない。
彼らがまずするのは英文法の徹底理解だ。もちろん、テスト範囲以前の英文法を習得済みであることが前提条件だ。
彼らは英語のテスト対策というと、今回のテスト範囲における重要文法事項の確認から入る。というより、彼らはテスト前には既に文法の理解は終わっている事が多い。そうすると単語さえ覚えてしまえば、テスト範囲の英文は、即座に読み、書くことができる。
この子達は、塾でテスト対策をしていると、教科書本文と関係のない単語や答案を書いてくるので、こちらもすぐわかる。「確かに、受験ではそれも正解だけれど、このテストの教科書における正解はこっちだから、こっちで書いてね。」こういう指示になる。
高校受験、および大学進学を見据えるならば、こちらの学習方法のほうが"効率"が良い。
英語は一度わかってしまえば、英単語や、慣用句を覚えるだけのゲームになる。

ちなみにまぐれやラッキーを想定せずに、100点を取りたい場合、90点以上を取る学習方法をした上で、教科書本文を丸暗記できるくらいのスペックが必要で、かなり無駄の多い勉強方法になるので、私は「100点はとらなくて良い。」と指導する。

100点や学年1位を目指す余力があるのならば、学年を越えた学習をしたほうが、先につながると考えるからだ。そうした上で、実力でテストの出題レベルや、学年レベルを大幅に上回ることで、満点や学年1位をとれることが理想だ。






Last updated  2016.11.29 21:23:58
コメント(2) | コメントを書く


2016.08.10
カテゴリ:英語
私は基本的に英単語プリントを始めとする暗記プリントは打たない。

一語一訳で丸暗記されるのが嫌だということと、プリント形式ではどうしても配列で覚えてくる子が出てくるのを避けたい。
これを避けようと思うとれいめい塾頭のように、身を削って何パターンものプリントを作らなければならなくなる。
本当に中山先生のプリント作りにかける熱量には頭が下がる。
私にはそこまでの保有カロリーがない。私は基本的にいい加減なのだ。
そこで、時間はかかるが、英単語は英文の中で自然に、ただし意識的に覚えていくことを推奨している。
こちらのほうが大学受験レベル止まりを想定しない場合、最終到達点は高い。

そもそも私自体が単語のイメージは知っていても訳をよく知らないという理由もある。
「英単語の辞書的意味はあんまり知らないよ」とは事あるごとに生徒には言っている。
「逆に私がぱっと訳を言える英単語は必須中の必須英単語だから、絶対に覚えないとダメだよ」とも。

昨年れいめい塾で社会人の看護学校受験生を教えたが、横で解説を聞いていた高校生に「先生、本当に英単語覚えてないんですね。それでどうして訳せるんですか。」と笑われた。
けれども、当塾でも教鞭をとってもらっていた通訳を本業にしている人も、「あれ、これ日本語でいうと何になるの?」としょっちゅう言っていたから、それでいいのだと思っている。

残念ながら、こういった本質的な学習方法が通用しなくなりそうな改訂が行われる予定で、ますます私の指導方法は受験勉強向きではなくなっていく。本気で廃業してやろうかと思ったりもする。

それはさておき、今年も看護学校を受ける社会人を教えているのだが、受験予定校の一つである松阪看護では発音・アクセントがでる。私の独学のいい加減かつ、間違っていても気にしない発音(正確に言うと、発音以外でも、自分が正しいと思って覚えていることは、そのことで不都合が起こったり、間違いであることが判明するまでは正しいというスタンスで全てにあたることを旨としている。だいたいが痛い目や恥ずかしい目にあってから直すはめになる)では申し訳ないので、久しぶりにp-studyの稼働とあいなった。

p-studyシステムは、使い方次第では非常に良い学習ソフトとなる。
英単語を全て発音してくれるし、市販問題集に付属しているCDの音声を読みこませることもできる。
問題をランダムで出題させることもできるし、忘却曲線に合わせた復習機能も付いている。
ただ、最初から問題集もついているが、こちらはあまり使いものにならないので、ソフトに入れる問題集は全て自作している。これがプリントを作るのより面倒くさいのが難点だ。

ということで、本日やったアクセント問題32問を2時間ほどかけてソフトに打ち込んだ。
明日から稼働させる。

英単語学習ソフト「p-studyシステム」に興味のある方はコチラからどうぞ。






Last updated  2016.08.10 01:34:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.09
カテゴリ:英語






Last updated  2016.05.09 22:24:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.07
カテゴリ:英語
以前作った英単語練習帳がソフトの更新で
レイアウトが崩れるので新しく作りなおした。

英単語練習帳

今、新中1の英語でやっていることは
フォニック発音で英単語の読み方を推測することと
英作文とアルファベットの練習だけ。

あとはこれに少しずつルールを追加していく。






Last updated  2016.03.07 20:44:44
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.09
カテゴリ:英語
   
VOA
使われている文法、単語が簡単で、音声も相等遅いので英語初級者の学習に役立ちます。
高校受験のリスニングより遅いかもしれません。

Breaking news English
レベル別に分かれていて練習問題もあるので、聞いているだけがイヤな人に。

Hiroshima University's English Podcast
怪談なども扱われている広島大学外国語教育研究センターの英語学習番組。

高校生くらいまでならこの3つで十分だと思います。
ここに挙げたサイトはどこも音声をダウンロードできますので、音声をmp3プレイヤーやiphoneに取り込んで、スクリプト(話されている言葉を文章化したもの)をプリントアウトして、できるだけ繰り返して下さい。


本当に今は恵まれていますよね。
私たちの時代は、時間通りにテレビやラジオの前に座って、テキストを購入してNHK英語講座を聞くしかありませんでした。私はやっていませんが。

私はひたすら歌詞カードみながらPOLICEだのTOTOだのキャロル・キングだのを聞いていました。
でも、一番最初に取り組んだのは、KUWATA BANDのアルバム「NIPPON NO ROCK BAND」でした。
何を言っているのかわからなすぎて、腹が立ってやる気になりました。

このブログでも何度も言っていますが、英語を聞き取れる耳さえ育てば、実際に勇気を出してネイティブの方としゃべるか、前にも紹介した「lang-8」で英文を作る能力を磨けば英会話はできるようになります。

私的には、ただしゃべれるだけになるだけの会話よりも、きちんとした英作文ができるようにして論理的に喋れるようになったほうがいいと思います。

経験則ですが、英会話が出来るだけの人の英語は、やはり私が言うのもなんですが幼稚ですし、かれらに英作文させると、私が言うのも何ですがおかしな英語を書いています。

日本語でも作文、小論文が下手な人の会話に論理性がなかったりするのと同じことです。







Last updated  2016.02.09 22:42:43
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.04
カテゴリ:英語
今日は徹底的に英作文でおす。

途中入塾の生徒を教えていく中で一番厄介なのが英作文なのだ。
今見ている途中入塾の生徒もなんとなく見覚えのある形に並べているだけで、全くわかっていない。
うちの塾は文法中心に英語を教えているわけだが、なぜだか学校や他塾では文法は中心にすえられていないらしい。教えてはいるのだろうが徹底していないというべきか。
それでは、高校受験はともかく、高校に入ってから英語能力を自分で高めていくための基本情報がなさすぎる。
日本語ネイティブの日本人でも、自分の書いた小論文が正しく書けているかどうか自分では判断できないのと同じだと考えてもらえばわかりやすいだろうか。

英会話?
そんなの知らない。

そんなの喋る相手ができたら、勝手にできるようになる。

文法、英作文こそ教えられなければ向上しないものなのだ。

英語だろうが、日本語だろうが、作文が下手な人間は論理立てて物事を説明することなど出来ない。






Last updated  2016.02.04 22:54:38
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.26
カテゴリ:英語
equipment,general,sake,transcendent,ambiguous,ingredient,scope,allay,trivial,instinct,responsibility,consequence,

これは国立病院機構・九州グループ 27年度入試英語の中で、私が今教えている生徒がわからなかった英単語だ。


Your trying to deal with him alone, for my sake, is insane.

He's the one responsible for my mom and dad's divorce.

The telescope you gave me for my birthday will be featured as an important item.

While this saying appears rather profound and deep at first, isn't it shockingly trivial?

そして、これは今日私が暇なのでたまたま見ていたある動画(21分55秒)の中で出てきた会話の一部だ。

確率として4/13の出現率だ。

この動画のシリーズは現在41話に達しているので、最初からチェックしていけば彼女が知らなかった英単語のカバー率はもっと高くなると思われる。

なぜこうなるのか。

それはよほど高度な会話や文章でない限り、使われる言葉は限られているからだ。
日常会話で使われる語彙数で大体5000語~10000語だ。
一般人の知悉語彙数はおもっているほど多くない。→以前書いた語彙力の記事(自分の知悉語彙数も測れます)
5000語と言っても、実際に頻繁に使われる言葉はさらに絞られる。
だからこそ市販されているほんの2000語程度の英単語問題集でも、「センター試験カバー率90%以上」というようなウリ文句が成立するわけだ。

ひいては、会話では語彙数が増えないということも言える。
身近に自分をはるかに上回る語彙数をもつ人がいて、その人が自分の成長に合わせて会話を高度にしていってくれるというような有難い状況、または自分の成長に応じて周囲の友人関係が理想的に変わっていってくれるといった状況は、よほど高い意識をもって自らそうなるように行動しないかぎりそうそう望めるものではないからだ。
むしろ「類は友を呼ぶ」この言葉通り、高校に進もうが、大学に進もうが、自分と話が合う人としか話さない人は多い。それでは話す内容も使われる言葉も高度化しようがない。

世の中には、「マジ」「やばい」「うざい」だけで会話が成立しているケースもある。
これはこれで、わざとやっているのであれば、相手の使う言葉をオウム返しに使うことで、相手の心をつかむ高等テクニックだったりするのだが、同じことでも無意識で行っている単なる同調、なれあい、仲間意識だとすれば哀れである。



さて、本題に入る。

単語を覚えていくのに一番の王道は、本を読むことだ。
受験勉強として、現代文、古文、英文、なんでもよい、言語を勉強していると、どうしてもお互いに関連のない(長文という名前の)短い文をいくつも読むことになる。これはこれでいろんな分野の語彙を増やすという目的では多少なりとも意味はあるのだが、そういう受験的ないやらしいことを考えないのであれば、語彙を増やすには本を1冊読破したほうがよい。

1冊の本は、ひとつのテーマをずっと追いかける。
必然的に必要とされる言葉は何度でも繰り返し登場する。
それらを覚えていかないかぎり読み続けること自体が難しい。
だから読書が嫌いになるという副作用もないわけではないが、だからこそテーマという関連性、文脈という関連性、文例という関連性をもっていくつもの単語がインプットされる。
英単語を単語帳で棒暗記しているのとはわけが違う。
その単語の周辺知識を伴った、自分の中にイメージを持った言葉として、生きた知識としてインプットされる。
これが読書によって言葉数を増やしていく最大のメリットだ。


なおかつ、読書は否応なしに記憶力を鍛える。

私は高校生時代の友人に「グイン・サーガ」というその後100冊をゆうに超えてしまう小説を勧められて読み始めた。登場人物は何人なのだろう。ざっとでも数え上げられないほどに出てくるのだが、困ったことに初めの方の巻に出てきた登場人物が後半でひょっこりとまた登場する。忘れている場合じゃないのだ。忘れてしまうと、最初から読みなおしてその人物が出てくるシーンを探さなければならない。

これは極端な例だが、多かれ少なかれ読書というものは内容を忘れるということを読者に許さない。
それはストレスではあるが、ストレスがかかっていなければもともと人は物を覚えないのだからそれは仕方ないことなのだ。
少なくとも受験が近づいて、否応なしに今日中に200語覚えなさいだとか今月中にこの単語帳を一冊覚えなさいと強要されるストレスに比すれば、読書によるストレスは本来低いはずなのだ。

さて、現代文、古文であれば、1冊読書をすることはそれほど難しくもない。
だが、英語となると、自分の興味に合い、なおかつ自分の今の言語レベルにあった本を探すのは多分難しい。

そこで英語の場合、オススメしたいのが海外ドラマなのだ。(Illegalかどうかグレーゾーンなものであれば、他にもっとオススメしたいものもあるのだが・・・。ヒント:「のだめカンタービレ」において、のだめちゃんがフランス語を習得した方法)
1話毎は30分ほどでさほど苦痛になるような長時間ではなく、それでいて海外ドラマは人気が高ければシーズンいくつというように、話数が多い。
英単語の学習にはもってこいなのだ。
字幕を英語にして、音声を日本語にして繰り返して見れば、某スピードラーニングなんて必要ない。最終的に字幕、音声ともに英語で内容がわかるところまでいけばかなりヒアリングの能力はあがっているはずだ。

ちなみに私は今は「The walking dead」を見ている。
ガンファイトに関連するようなヴァイオレンスな英単語ばかり覚えるはめになっているが、それはそれで良い。どのみち日本語の語彙にしても、その人が生まれてから興味をもって、あるいは否応なしに周囲の影響で、見てきた、聞いてきた、読んできた物に影響される。

最後に、大事なことなのだが、ここで述べたことは学習法として王道ということであって、受験が押し迫って来た時にする勉強の方法としてはおすすめできない。
だからこそ、受験を意識せずに済む時期に読書をしたり映画を観たりすることは大切だと思う。
もっと言えば、受験を意識せずに日々是学習であることが望ましい。






Last updated  2015.11.27 02:46:08
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.21
カテゴリ:英語
また暇に任せて、ある動画を見ていたのだ。
「だろうな。」このセリフに「I figured.」と訳が当たっていた。

figureは、TOEICでも、受験でもよく問われる多義語である。

意味をざっと挙げただけでも

・数字で表す 計算する
・図で表す
・考える 判断する 推測する
・統計・データ

などある。

うむ…。恣意的に偏ってしまった。

2つ前の記事でふれた数学に必要な態度は、この英単語においては同義であり、この単語に凝縮されている。

どうやら、figureの語源は「あいまいなものに形を与える」というところから来ているようだ。


ところで、「out」という副詞がある。

これは「徹底的に」「最後まで」という意味を持つのだが

figure out

つまり「徹底的に最後まで図示したり計算したりデータをとったり推測したり考えたりする」と

figure outするわけだが

figure outに、「答えを出す」「解き明かす」という意味以外に「理解する」「把握する」という意味もあるのが、また興味深い。







Last updated  2015.11.22 01:29:20
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.01
カテゴリ:英語
れいめい塾には帰国子女の生徒さんがいる。
先日、その子たちが日本語の文法問題で戸惑っているように見えたので、なんとなく思いつきで「英語のほうが得意なら、英語で考えてみたら?」と言ってみた。
「私達が日本語を駆使して、日本式英文法という形で英語を理解しようとしているのと同じように、英語を駆使して日本語文法を理解できないかな。」と。

自塾に戻って考えてみたら、思いつきは思いつき。
私の英語運用能力が低いこともあって、かなり難しい。

例えば「れる・られる」の「尊敬」「受け身」「自発」「可能」

「先生にほめられた。」 
 I was praised by my teacher. 

英語で受動態になるので「受け身」

「昨夜は月食が見られた。」 
 We can see eclipse last night.

「can」が出てくるので「可能」

「昨日、おじさんが来られた。」 
 My uncle came home yesterday.

受動態にできず、「can」もでてこないので「尊敬」
(英語には「体系としての」または「文法としての」敬語は存在しない。)
参考リンク:「その英語、タメ口だけど大丈夫?」



このあたりまではなんとかなるか。(いやいかんともしがたい)反語



だが、英語では表現しにくい日本語の「れる・られる」も存在する。

例えば「自発」の「れる・られる」

「弟のことが案じられる。」   I can care deeply for my brother.
                I wonder what will become of my brother.

あたりかな。「can」が出てくる可能性が高い気がする。2つ目の書き方だと、ネイテイブの人にとっては「尊敬」かそうでないかは雰囲気でわかるだろうが、見た目の文法としては「尊敬」との区別が付かない。


他にも

「昨年、妻に先立たれた。」     

硬い表現なら  I was preceded in death by my wife last year. 

で受動態にできるのかな。合ってる気がしない・・・。

普通は  My wife died last year. で済ますような。


「自転車を盗まれた。」

受動態でも表現できる。 My bike was stolen.

けれども

いわゆる受難動詞でも書ける。 I had my bike stolen.


どんどん分類パターンが複雑化していく。



さらに、英語に存在しない「助詞」については、ちょっと考えてみただけで嫌になった。

日本語教師という職業の方はどう教えているのだろう。


まぁ、いつも言っているように、会話ができるということと言語運用能力、言語理解力は違うということで、条件反射的に決まりきった言い方しかしない人、思考しながら会話しない人にとっては、日本語で考えようが英語で考えようが、文法問題は難しいということなのかな。

それでも「わからない」で済ませたり、「考えようともしない」よりは、後々に繋がる。
この思索もなかなかよい経験になった。また折りに触れ考えてみようとは思う。

とりあえず、帰国子女の生徒さんの「思考のきっかけ」として拙い英語だが記事にしておく。
もし、もっとうまい説明を思いついたら教えて下さいね。
あと、この記事に書いた英語、間違えてたらこっそり教えて下さい(笑)

そして、不幸にもこの記事を読んでしまった日本語教師経験者の方がいらしゃいましたらコメント欄ででも、ご教授ください。






Last updated  2015.11.01 13:50:00
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.29
カテゴリ:英語
リスニングには可変スピードプレーヤーが必須である。

普通の音楽プレーヤーにもスピードコントロールがついているものはあるが、スピードを変えられるだけのプレーヤーではピッチ(音程)が変わってしまい。かえって聞き取りにくくなったり、変な声に聞こえたり、一青窈の「もらい泣き」をスピード80%で再生すると平井堅が歌っているように聞こえたり(→参考動画「トリビアの泉(一青窈が平井堅になる)」するので、音程を変えずにスピードだけを変えられる可変スピードプレーヤーが必要なのである。

私の塾では、リスニング用の可変スピードプレーヤーとして、ずっと
bestpracticeを使っていた。

今日、れいめい塾の中山先生がリスニングのスピードのお話をアップしていたので、久しぶりにもっとオススメできるものはないか探してみた。

聞々ハヤえもんという可変スピードプレーヤーを見つけた。

どちらもピッチ(音程)を変えずにスピードを変えたり、AB間リピート機能がある点、スピードを変えたファイルを保存できるところが優れている。

しかし、聞々ハヤえもんはiphone用、android用のアプリも出ているので、塾サイドで管理しなくても生徒が自分でリスニングを学習できる点が素晴らしい。
また、LRC歌詞ファイルを作れば、字幕がつけられるので、字幕付きのリスニングファイルも作れる。
ただし、動画や音楽ファイルに字幕をつけるのは非常に地道で面倒な作業である。と経験者は忠告しておく。

この記事を書きながら、早速「聞々ハヤえもん」をダウンロードして使ってみたのだが、cdaファイルを読みこませようとすると(CDを再生しようとすると)応答なしになる。
バグなのか、CDが古すぎるせいなのか。
mp3ファイルは何の問題もなく読み込むので、CDからmp3ファイルを作れば良いだけだから、私は気にしないのだが・・・。

追記:聞こうとしたCDが古い、かつマニアックだから、というよりは「DREAM & MACHINE」by TOMOE SHINOHARAなんかを聞こうとしたから間違いだったのかと、もう少しポピュラーかつ新しいCDでも試してみましたが、聞々ハヤえもんでは開きませんでした。
詳しい人いたらコメント求む。






Last updated  2015.09.29 14:25:37
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.