000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

社会

2016.02.07
XML
カテゴリ:社会
途中入塾の中3に対して、今日の午前は社会の記述問題で押してみた。
やはり、理解の浅さが目立つ。
しかし、それ以上に記述自体の曖昧さが目立つ。

もちろん生徒の力に合わせてだが、私は全ての教科で記述の曖昧さを許さない。

例えば、「大坂が天下の台所と呼ばれた理由を書け。」こういう問題に対して、生徒は「大坂には蔵屋敷があって、米を貯蔵していたから。」と答えたりする。
自己採点させれば正解とするだろうし、実際の受験でもおそらく正解とされる。

しかし、この記述では厳密には正解とはならない。

私は言う。

「あなたのお家のキッチンにもお米の貯蔵はしてあるよね。誰かそれを買いに来たことがある?」
「松阪から嬉野に向かう道の右側に大きなライスセンターがあるよね。そこに米屋さんが群がっているのを見たことある?」

そう貯蔵しているだけで売らなければ、商人は集まってこない。

むしろ米騒動の時のように貯めるだけ貯めて売らない状態なら、商人が集まるのではなく、町民による打ち壊しなどの暴動が起こるべきだ。

正解は「大坂には大名の蔵屋敷が建てられ、全国から物資が集められて売買されていたから。」となる。
常に国語の授業をしているようなものだ。

そこまで厳密に書かないとだめなの?と言われるだろう。
確かに高校受験に受かるだけならそこまでの厳密さは必要ないかもしれない。
だが、先を見据えると、大学受験、小論文、就職のエントリーシート、文章を書かなければならない状況は増えてくる。だからこそ、全ての採点を生徒に任せず私自身がすることで、日本語の運用能力を上げていきたい。

私の塾で、生徒本人による採点をできる限りさせないのはそれが理由だ。






Last updated  2016.02.07 23:04:27
コメント(0) | コメントを書く


2015.12.04
カテゴリ:社会
リンク→日本史ゴロ合わせ年表アプリ(無料)

ナカシマ塾時代から使っている歴史年表をPCアプリ、スマホアプリ、アンドロイドアプリとして全面改訂した。
今まで、紙面の都合上、お蔵入りになっていた年号もアプリなら気にせず載せられる。結果として268個の年号となった。高校受験だけでなく日本史の基礎確認、大目盛りとして活用できるくらいにはなっているはずで、後述の雄大も大学受験でも役に立ったと言っていた。

思えば、この年表との付き合いも長い。
瞳(ぐっちょん)と綾子の要望に応える形でできあがったのが15年以上も前だ。
「先生、このゴロ合わせわけがわからん。」と見せられた市販のゴロ合わせ本がひどくて「じゃあ、俺も考えるから、お前らも考えろ。」とああでもないこうでもないと頭をひねって完成させた。
それから、生徒の注文を受ける形で何度か改訂を受けてきた。おかげで私の中ではこのゴロはあまり定着していない。というか新しいものと古いものが混じってしまっている。

4年ほど前に、当時大阪大学生だった雄大と、中3だった菫がこの年表を1週間でどれだけ覚えられるか勝負したのも今となっては懐かしい。結果は雄大がノーミスで菫が2ミス。それでも「よく頑張った。」と雄大先輩になにかおごってもらっていたという記憶がある。


注意:
私はスマートフォン等を持っていないので、スマートフォンでもこの記事のリンク先で良いのかわかりません。誰かスマートフォンお持ちの方、リンク先これでよいのか報告お願いします。










Last updated  2015.12.04 22:53:57
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.