000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全1件 (1件中 1-1件目)

1

塾代表

2015.04.25
XML
カテゴリ:塾代表
塾代表の福島です。

現在


塾長ではありません。当塾は「ナカシマ塾」の系譜を汲むものであり、塾長は「中島福子先生」です。私はあくまでも現在の塾を代表する立場として存在します。

■プロフィール
(地元で開塾しているので、格好良く取り繕っても無駄。ということで、ありのままに書いております。)

〓小学生時代〓

いじめられっ子であった。

故・長島恭子先生との交換日記を卒業まで続ける。
現在の作文指導の原点となっている。

小学5年生までに図書室の本を辞書以外ほぼ読み終える。
中学時代一切勉強する必要がなくなる。

某H先生より「あいつは勉強のできる気違いだ。」とのお言葉を戴く。


〓中学生時代〓

心機一転、「ヤンキー側」に転身する。たいしたことはしていないが勉強もしていない。

中学

おかげさまで、友人から「お前、高校どこいくん?」との問いかけに「まつこう」と答えれば「松阪工業か?」と言われ、「違う違う なんこうや」と言えば「ああ、飯南高校か」と言われる始末。

川田公也先生(現・三雲中学校長)から「お前は東大か刑務所のどっちかに行くやろうな。」とのお言葉を戴く。
しかし、現在「東大か刑務所」ではなく「食っていけるかいけないか」のハザマで揺れ動いている。

たまたま遊びに行ったナカシマ塾で、中島先生から「大学生になったらバイトに来てくれ。」と言われる。この言葉で人生が大きく方向転換する。

〓高校生時代〓

バスケットボールと麻雀にはまる。勉強はしていない。

高校

高3の1月2日までバスケ部の後輩指導にあたる。
その結果、当然浪人生となる。

〓大学生時代〓

小学校からの夢「医学部」に疑問が生じ、近いからという理由で「鈴鹿医療大学」に進路を決定する。その際、国立大学の2次試験をすっぽかすが、センター試験選抜とやらで受けてもいない大学に合格する。結果、国立に行かせたい父と大げんかになる。

ナカシマ塾でのバイトを始める。

冬期講習に明け暮れていたら、冬休みに行われていた実験に気づかず、留年するハメになる。


〓その後〓

ナカシマ塾に就職する。

一度大きいところを見てみたいと「星伸スクール」に転職する。
教室長を打診されるところまで行くが、ナカシマ塾に戻る。

ナカシマ塾・高校部代表になる。

中島先生ご逝去に伴い、遺言に従ってナカシマ塾を受け継ぐ。

現在に至る。







Last updated  2015.04.25 21:55:30
コメント(0) | コメントを書く


このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.