000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

留学関連

2016.12.30
XML
カテゴリ:留学関連
いまさらshowroomというものに興味を持って暇な時に観たりし始めた。
たいていは、正直つまらないのだが、2つ、3つ楽しめそうな部屋を見つけた。

そのうちのひとつが、mikanさんという人のroom

外国人のサムネだったので、覗いてみたら日本語お上手でびっくり。
外国の女性は年上に見えるので、ひょっとしたらと思って尋ねてみたら高2だということで、さらにびっくり。
ひらがな、カタカナだけじゃなく、漢字も日本人でもあまり使わないような熟語のような、よほど難しいもの以外は全て読めるし、外国人にありがちな助詞の間違いもほとんどなし。発音もかなりきれいです。
読めない熟語も、ひらがなで表記し直すとほとんど理解できる。
ちなみに英語も途中で何度かしゃべられたのですが、英語の発音もきれいでした。

ハロプロが好きで、日本の漫画、ハロプロの歌などで独学したということでした。

ちなみにフィンランドの言語事情はこんな感じ。

公用語はフィンランド語またはスゥエーデン語。小学校3年生から英語が始まり、5年生から「現在形」「過去形」「不規則活用」など、きちんと文法も教えられている。
上のリンクの記事の中でフィンランドの先生がおっしゃっている「文法はゲームに例えるとルールのようなもの。ルールも分からなければ遊べないでしょう」が、私がいつも子どもたちに言っていることと同じで笑った。

また、フィンランドでは英語圏の映画は、映画配信会社の方針として、原則として吹替版を作らないというのも興味深い。これも「映画は日本語字幕で見ろ。余力があったら英語字幕でも見ろ」と言っている私の主張の裏付けになりそうだ。

ついでに、mikanさんの日本語、会話よりも歌のほうが発音がきれいなのも、「英語の歌2,3曲覚えてうたえるようになればそこそこ発音もきれいになるわ」という私の持論の裏付けとなる。

フィンランドでは小学校から英語を学び始め、日本でいう中学生では第二外国語を学び、高校では第三外国語を学ぶ。高校を卒業すると公用語のフィンランド語を含めて、4ヶ国語を知っていることになる。

mikanさんはそれに加えて日本語。
すごいなと思うと同時に、やはり英語をしゃべれるようになるために、英語圏に留学とかほんとうに必要なのという想いが強くなる。

ややもすると、語学を学びに行っているのか、外国人の恋人を作りに行っているのかわからないとも揶揄される女の子の留学。そのまま国際結婚というケースも少なくない。残念ながら、私の限られた知見の中でも本当にそうだから本当に始末に負えない。






Last updated  2016.12.30 23:17:40
コメント(0) | コメントを書く


2016.04.24
カテゴリ:留学関連
れいめい塾のブログで帰国子女が英文法に悪戦苦闘しているという記事があがっていたのもあり、れいめい塾に行ってきた。

というのも、英会話を習っていれば5文型を覚えなくても、いいんじゃないですかという自塾の生徒からの意見に対して少し厳しく話をしたからだ。

ネイティブに近い帰国子女は、SVOCとSVOOに対してどういう語感をもっているのか聞いてみようという魂胆だ。しかし、お目当ての彼は帰ったのかいなかった。


さて、日本人が英会話に対して持っている誤解について話してみよう。

まず、日本で6年間英語をきちんと学んだものであれば、単純な会話程度なら話す方に問題はない。
もちろん発音はまずいだろうが意思疎通できないということはない。
どうしても通じない発音があれば、最悪筆談すればよい。
ちなみに英単語がわからなくてしゃべれないのはただの努力不足だ。

必要なのは、話しかける勇気と恥ずかしがらないことだ。
そして、意外に重要なのが、話しだすきっかけの声がけに当たる言葉、話の合間に挟む言葉を覚えることだ。

これは学校英語ではほとんど教わらない。
長文の中に出てはくるのだが、内容把握、設問には無関係のものとなることが多いため、後回しにされ、国立二次の英作文対策でもやらないかぎり、まず身につかない。

声をかけるための言葉、間に挟む言葉を知らないと、それを考えてまごまごしている間に相手がいなくなって、会話の機会をうしなってしまう。そういう意味で重要だ。


日本人が英会話で難しいのはどちらかというと聴く力のほうだ。
しかし、これも私達の時代とは違って、学校でCDも聞かされるし、ALTもいる。
受験でのヒアリングの重要性が高まったのもあって、ヒアリングの力事態が底上げされているので、センターのヒアリングが聞き取れるほどの力があれば、ゆっくり話してもらえれば、さほど困らない。


ということで、私の持論。
1年やそこら留学する程度の英会話なんて日本にいても意識さえ高ければどうにでもなる。
ということになる。

もうひとつ、日本人が英会話に対してもっている誤解がある。

ネイティブだから正しい英語を話してるとは限らないということだ。
言葉を選ばずに言うならば、日本にある英会話教室の先生は、私達、塾講師と同じレベルで胡散臭い。

塾同様、英会話教室を開くのに資格はいらないからだ。
日本語講師のような英語指導をするための資格はあるにはあるのだが、現状、それがなかったところで英会話を教えてはいけないということにはなっていない。
つまり、当たりもあるが、とんでもないハズレもいないわけではない。

考えてほしい。
あなたは日本語がしゃべれるからといって、外国で日本語を教える自信はありますか。
自分の日本語が正しい自信はありますか。
「~は」と「~が」の違いを質問されて答えられますか。
英文法をよく知らずに教えている英会話教室もかなりあると推定される。

また、オーストラリアに行けばオーストラリア訛り、の英語が身につく。スコットランド人に教われば有名なスコットランド訛りが身につく。

どの訛りにしても日本人訛りよりよほどましだと、それを理解して習っているのなら良いが、あまり気にしてらっしゃらない方が多い気がする。

最後に、文法ってなんのためにあるのかという話だが、自分の言葉の使い方が正しいのかどうかという判断をするためにあると言って良い。
つまり、文法を知らずに英会話だけを習えば、多くの日本人が使う怪しい日本語と同じものを覚えることになる。それはしゃべれるというだけであって、仕事に使える英語にはならない。
多くの中高生がそうであるように、しゃべれはしても作文させれば、何を言いたいのかまったくわからない。作文の内容がわからないから口で説明させようとしても、難しい内容は口でも説明できない。なんと言っていいのかわからない。それと同じだと考えてもらえれば良い。

もちろん正しい英語を使う必要のない仕事をするぶんには何も差し支えない。

相手に何か込み入った内容を説明したりする必要がなく、相手に誤解をされても、気分を害されてもさして困らないそういうレベルの英語、そういうレベルの仕事でよいのなら何の差し支えもない。

「かわいい」だけで会話をする人たちが意思疎通できているようにみえて、実は意思疎通する気なんてさらさらなく、ただコミュニケーションをとっているだけのように、コミュニケーションにもピンからキリまで質がある。
ただ、しゃべって仲良くするだけなら、難しい単語も面倒くさい文法も一切覚える必要はない。むしろ、意見の交換、議論なんて難しいコミュニケーションは、喧嘩のもとでしかない。






Last updated  2016.04.24 20:28:31
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.14
カテゴリ:留学関連
以前、確固たる目的もさしたる目的もなく(私判断)留学したいという生徒に


アメリカで就職したいというけれど、アメリカ行かないとだめなの?

英会話できないと駄目なの?


日本で、高給もらっているCEOとかいるけれど、日本語できないよ?

世界で活躍してる日本人の中にも、英語できなかった人はいるよ?

逆に世界で活躍するようになったら、それなりに英会話くらいできるようになるし、そもそも通訳つくしね。

うちのOB(エンジニア)も、ちょいちょいアメリカ出張してるけれど、英語なんて高校以来まともに勉強してないけれど困ってないよ?


本当に能力があって、必要とされる人物なら、英語できないくらいで雇ってもらえないなんてことはなくなるんだけど…。

留学して英会話ができるようになっても、それだけじゃだめだよ?

英語が国際言語だからと言ってしゃべれるだけであなたの言う企業に就職はできないよ?

それだと、日本で日本語しゃべれたら就職できるっていう話になっちゃうんだけど?


てな「理想論」あるいは「極論」を話したことがある。

逆に言うと、その生徒が騙った夢(入りたいアメリカの企業)はそれくらいの規模だったわけだが…。


今日、おもしろいエピソードを見つけた。

「英語しか使わない職場に英語がほとんどできないエンジニアが入ってきた話」

一言でまとめると『オレの技術はサイコーだ。英語はよー分からんが、それがなんだ?』という話だ。


日本人が、英会話以外の何かを学ぶなら、母語で学べる日本語環境の方が圧倒的にストレスなく、良い環境で学べると私は思う。(「英語(英会話ではない)」も、下手な海外の語学学校よりも日本で学んだほうが高いレベルで結実するケースもある気がする。)

国外にしかない知識、技術を学ぶとか、日本で研究者になってから、日本の研究環境から飛び出すという話ならよくわかるし、いたし方ないんだけど…。

追記:参考リンクアメリカ格差社会(超学歴社会)







Last updated  2015.12.14 22:48:32
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.