000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

時事問題(高校入試用)

2020.05.25
XML
こういう平常ではないときにこそ
いろんなことがわかるから、周りの大人、施設、行政、そういうものを
ちゃんと観察しときなさいと子どもたちに言っておいた。

個人的には、地方自治体ごとの対応策の違いに興味をひかれていた。

例えば

松阪市の「テイクアウト支援商品券」と四日市市の「さきめし券プロジェクト」

松阪市の場合、75000世帯×2000円=1億5千万の効果
このうち半分を市が負担する。
ただ、これは使われなければ紙屑となるし、個人的感想を言えば使うのが面倒くさいから
使わないと思う。周りからも同じような声もちらほら聞こえてくる。
なぜなら、​先日、記事にしたサイト​が見つかるまで、商工会議所が発表する店舗一覧を見ても、どれが何のお店なのかすらわからなくて、正直呆れていたということもあるし、テイクアウトしなくても現状イートインできる状態に戻りつつあるということもある。
できれば、事後にどの程度使われたのか、どれくらいの経済効果があったのか公表してほしいと思っている。
また、外食自粛ということはわかるが、テイクアウトできるお店だけを支援するものなので
テイクアウトできない形態のお店、テイクアウトに移行する費用すら捻出できないお店は
どうすればいいのかという問題点もあるように思う。
ちなみに松阪市公式ツイッターではこの企画について、一度つぶやかれたきりである。


かたや、四日市市の場合、クラウドファンディングという形をとったので、資金調達は全国からだ。
まだクラウドファンディングは終了していないが、すでに2億1千万をこえるお金が集まっている。
クラウドファンディングの選択肢には、先めし券の付いていない純粋な寄付もあるが、それだけでも700万近い。
主催者の公表では、ここから一店舗当たり75万円と、割り増し分40%の30万円が支援金として
配布されるそうだ。テイクアウトに限定もしていないので、情報さえつかんでいれば、原則誰でも参加できた形だ。
ツイッターに関しては、こちらは専用のツイッターアカウントを作り、公式ツイッターとしては珍しく、一般の方がリツイートなどして拡散すれば、きちんとリプライを返している。
こにゅうどうくんもアイキャッチとして、しっかり活躍していた。

若干の個人的感情は入ったが、どちらが良いとか何が言いたいということではない。
ただ、観測していた結果、こうだったということである。

そして、子供たちに伝えたのは、商工会とか市役所っていうのはね、君たちや君たちの友達が
20年後、30年後に主役として居るところなんだよ?っていうこと。
つまり、君たちがしっかりしないとねっていうこと。







Last updated  2020.05.25 02:07:22
コメント(0) | コメントを書く


2008.01.11
海上自衛隊のインド洋での給油・給水活動を
再開するために政府が今国会での成立を
目指していた補給支援特別措置法案が、
参院本会議で野党各党の反対多数で
否決された。
これを受け衆院本会議では
憲法59条に基づく再議決が行われ、
与党による3分の2以上の賛成で同法が可決
成立した。
参院の否決を受けた再議決は57年ぶり
2度目のできごと。

その他の時事問題はココ






Last updated  2008.01.11 20:05:52
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.01
民営化により、持株会社「日本郵政株式会社」の下、
グループ会社となる「郵便事業株式会社」
「郵便局株式会社」「株式会社ゆうちょ銀行」
「株式会社かんぽ生命保険」がサービスを開始。

関連:前島密など

過去の時事問題はココ






Last updated  2007.10.01 23:27:19
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.30
以前りんごアンテナさんのところで見つけたタイムライン

しばらく面白がって見てただけでしたが

何か活用できないかなということで

自分でもタイムライン作ってみました。


このブログでも時事問題を忘れないように

時事問題というカテゴリーを作って

書くようにしていましたが、

ニュースを見る時間が無かったり

見ても、記事を書く時間が無かったりで

かなり書き漏らしています。


そこで、他力本願な「時事問題タイムライン」を

立ち上げてみました。


ご協力いただける方いらっしゃいましたら

よろしくお願いします。

ご協力いただける方、時事問題に興味がある方は

コチラへどうぞ







Last updated  2007.09.30 17:21:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.16
埼玉県熊谷市・岐阜県多治見市で

74年ぶりに日本の最高気温の記録が塗り替えられた。

観測史上で40度越えは12回だが、うち6回が

この3日間の記録だという。


気象庁によると、高温の原因は南米ペルー沖で
海面水温が下がり異常気象をもたらすとされる
「ラニーニャ現象」により勢力を
増した太平洋高気圧に覆われた上、
山越えの乾いた熱風が吹き下ろす
「フェーン現象」などが加わったためとみられる。






Last updated  2007.08.16 18:03:27
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.20
奈良先端科学技術大学院大の島本功教授らが

70年前から存在が指摘されていたフロリゲン

(開花ホルモン)を特定。




将来的には好きな時期に、花を咲かせることも可能に

なるかもしれない。


悪ふざけで公園の桜の花を、時期はずれに咲かせ

花見を妨害する愉快犯が出てくると予想。


大学受験では、オーキシン、ジベレリンあたり狙われるかも






Last updated  2007.04.20 20:10:25
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.14
国民投票:憲法改正の際に行なわれる。

過半数の賛成で、憲法は改正される。






Last updated  2007.04.14 16:19:38
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.26
スペイン・バルセロナで23日、

ローマ条約調印50周年を祝われた。

25日で50年を迎えるローマ条約は、

欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体の

設立を決めた条約で、欧州連合(EU)の基礎を築いた。

この半世紀で加盟国は6カ国から27カ国に拡大した。






Last updated  2007.03.26 19:12:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.28
時事問題についてのプリントをまとめ終わったところです。

内容的には以下の感じ。


●アメリカ軍グアムに基地移転
 日米安全保障条約、沖縄復帰、基地建設のきっかけとなった戦争など
 
●ゼロ金利政策
 中央銀行の役割、金融政策など

●ライブドア
 株式会社の仕組み、証券取引法など

●ワールドカップ
 開催国、優勝国関連

●北朝鮮問題
 核関連、領土や経済水域関連

●郵政民営化
 預金と貯金の違い、企業の種類など

●教育基本法改正
 学制、教育勅語、GHQ、タウンミーティングなど

BSEによって牛肉の最大輸入国が変わったことなども
入れておいた。


何か忘れているだろうか・・・。

「これ出るんじゃない?」というご意見ありましたら

コメントにお願いいたします。






Last updated  2007.01.29 01:10:23
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.16
2007年には団塊の世代(第一次ベビーブームの世代)が

定年を迎え始める。

そのため、各企業の雇用促進がみこまれている。

また、技術の継承が断絶してしまう恐れがあり、

各企業は後継の教育や、技術の文書化を急いでいる。

<以下、伊勢新聞より引用>

三重労働局は、平成十八年度新規高卒者の就職内定率が
91・5%(同年十一月末現在)で、前年同期を2・4ポイント
上回ったと発表した。全国順位は愛知県に次いで二位。
前年同期で比べると平成九年度以来、九年ぶりに90%台となった。
同労働局は「景気の良さや二〇〇七年問題などが影響し、
企業の採用意欲が高まっている」とみている。

 平成十八年十一月現在の就職内定者数は四千十四人で、
前年同期三千七百十三人に比べ8・1%増。就職内定率は
前年同期の89・1%から2・4ポイント増。
全国の77・3%と比較しても14・2ポイント上回る。
男女別にみると、男子は二千三百七十五人、
前年同期比1・8ポイント増の93・8%で、女子は千六百三十九人、
同比3・4ポイント増の88・4%。

 求職者数は四千三百八十六人で同比5・3%増。
これに対し、求人数も七千三百六十六人で同比19・3%増と
大幅に増えた。求人倍率は一・六八倍と前年同期の一・四八倍を
〇・二〇ポイント上回った。

 地域別の就職内定率は、松阪が最も高く96・2%、
次いで桑名の95・7%、鈴鹿の94・8%。逆に、熊野は
最低で76・2%、尾鷲は84・1%と続き、南北で差が出た。

<引用終わり>

松阪・・・・。当分平和(塾的にはぬるい)な状態が

続くようです。






Last updated  2007.01.16 23:04:35
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.