2016年11月01日

自然治癒力を高める、大自然の恵み「生姜」のエネルギー研究報告

カテゴリ:カテゴリ未分類
 2017年2月の節分で、仐寿を迎えます川形壽隆です。天命・天寿120歳を健康で明るく、若返る意識で、これからの40年を愉快に暮らして参ります。
添付写真の通り今年の7月より、毎日1ケ100g、ざく切生姜の甘酢漬けをモーニングコーヒ(朝食代わり)と15時のコーヒタイムの2度にわけて、甘酢漬け生姜に蜂蜜を添えてコーヒのつまとして食べてます。

 生姜のエネルギーパワーの大きさ感じて、波動測定研究を試みました。
主なものは、A細胞賦活作用、B消臭・分解作用、C抗酸化作用、D活水化作用、E熟成作用に+4(倍)のエネルギーは次の通りです(波動測定一覧表)。

A 細胞賦活作用 +4
生姜のエネルギーは、細胞レベルの呼吸・消化・代謝・同化・異化・排出の生命の渦のシステムつまりエネルギー代謝、の酸素呼吸(好気呼吸)の場としてのミトコンドリアの活性化、分裂、増殖他の働き等で細胞賦活作用に働き自然治癒力をたかめます。UIB波動測定リストP-5の通り。
生命力、身体再生、臓器再生、万能細胞、脳組織再生、脳血管組織再生、大脳組織再生、小脳組織再生、視床組織再生、中枢神経組織再生、延髄組織再生、神経組織再生、軟骨、骨組織再生、筋肉組織再生、心臓組織再生、血液細胞再生、体液、染色体、遺伝子、魂、中心太陽、地球、地球の中心、ゼロ磁場、意識、神、霊、免疫、ソマチットサイクル、プラズマのコードが、多次元経絡意識波動プログラムの項目「細胞と体液」のコードに波動共鳴測定されました。これらを「生姜のエネルギー波動測定一覧表として表示しております。それらは、細胞賦活作用+4のエネルギー波動共鳴するものとして下記の通り測定されました。
正常細胞、細胞質、(細胞質基質、原形質膜(細胞膜+2)、介在細胞、NK細胞、胚性幹細胞 (ES細胞)、幹細胞、間葉系幹細胞、成人性幹細胞 (成体幹細胞)、核、核膜、核孔、細網内皮系、細網内皮系の機能を高める、膜間スペース(膜間腔)、ミトコンドリア、ミトコンドリアの内膜の電子伝達系、ミトコンドリア内のpHバランス、ミトコンドリアの膨化(膨張化)、ミトコンドリア内(マトリックス)とミトコンドリア外(細胞質ゾル)との間のイオン濃度勾配、ミトコンドリア内(マトリックス)とミトコンドリア外(細胞質ゾル)との間のプロトン濃度勾配、ミトコンドリアのATP合成、ミトコンドリアDNA (mtDNA)、ミトコンドリアDNA中の蛋白遺伝子、ミトコンドリアのアポトーシス管理機能、ミトコンドリアのカルシウム貯蔵機能、ミトコンドリアの酸化的リン酸化機能、ミトコンドリアのエネルギー生産機能、ミトコンドリア遺伝子 Mt5178A 、ミトコンドリア遺伝子 Mt5178C 、ミトコンドリア遺伝子 Mt5178CをMt5178Aへ変える、ミトコンドリアDNA中のリボソームRNA 、ミトコンドリアDNA中のトランスファーRNA 、母親のミトコンドリアDNA、ミトコンドリアの内膜の電子伝達系、生体内の電子伝達系、(ミトコンドリアの過労-1、ミトコンドリアの疲労-1、老化におけるミトコンドリア遺伝子変異蓄積-1、ミトコンドリア病-1、ミトコンドリアに感染するウィルス0、ミトコンドリアからの活性酸素の漏出-1、ミトコンドリア筋症-1、ミトコンドリア脳筋症-2)プラーナ、プラーナエネルギー、酵素βガラクトシダーゼ、酵素βガラクトシダーゼを発現、関節軟骨、血管再生、神経細胞再生、抹消神経組織再生、皮膚再生、肌細胞、肌細胞活性エネルギー、美肌細胞、美肌細胞活性エネルギー、美肌細胞の再誕生、腺細胞、歯組織再生、歯肉組織再生、肺組織再生、 膀胱組織再生、泌尿器組織再生、骨盤組織再生、脊髄組織再生、食道組織再生、乳腺・乳房組織再生、甲状腺・副甲状腺組織再生、子宮組織再生、卵巣組織再生、胃組織再生、十二指腸組織再生、リンパ組織再生、膵臓組織再生、脾臓組織再生、肝臓組織再生、胆嚢組織再生、大腸組織再生、小腸組織再生、腎臓組織再生、腹部組織再生、下肢組織再生、上肢組織再生、感覚器耳組織再生、感覚器鼓膜再生、頭髪新毛生組織再生、造血幹細胞、VGLUT2、プロトン、ゴルジ体、シスゴルジネットワーク、トランスゴルジネットワーク、ゴルジ層板(Golgi stack)、ゴルジ体の成層部分の中間嚢、ゴルジ体の成層部分のトランス嚢、ゴルジ体の成層部分のシス嚢、ゴルジ体のタンパク質へ脂質を付加する機能、ゴルジ体のムコ多糖類の合成、ゴルジ小胞、小胞体、小胞体の代謝、小胞輸送、小胞性グルタミン酸トランスポ一ターVGLUT3、VGLUT2、ゴルジ体シス面、ゴルジ体トランス面、トランス・ゴルジ網、シス・ゴルジ網、小胞体からゴルジ体を通じる通常の輸送経路、一次ライソソーム、エンドソーム、アクロソーム、リボソーム、ポリリボソーム、リボソームRNA(rRNA)、リソソーム又はライソソーム (lysosome)、膜タンパク質、穴蛋白(a pore protein)、C反応性蛋白(CRP)、高感度C一反応性蛋白、リポ蛋白α、DN細胞はCD8+シングルポジティブ(SP)細胞、内在性T細胞(Treg)、制御性T細胞の発生、自己反応性T細胞、ランゲルハンス細胞、プラズマ細胞、プルキンエ細胞(小脳)、コスモ細胞、宇宙細胞、Tr1細胞、抑制性T細胞、アガペー、カッパ鎖、タイプⅠ(Tr1)、HER-2(ヒト上皮成長因子受容体2)、脂質二重膜、食作用(ファゴサイトーシス(phagocytes)、リピドーシス、飲作用(ピノサイトーシス(pinocytosis)、液性免疫、細胞性免疫、酸化還元電位(EO55、58)、ラムダファージ(λファージ)、T4フアージ、α1アンチトリプシン、Treg分化のマスター遺伝子、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド、トランスフェリン、アンチトロンビンⅢ、リンフォカイン、セルロプラスミン、細胞外マトリクス、クラスリン、シトクロムP450、アセチルCoA、O抗原、K抗原、Vi抗原、結合タンパク質(BiP;Binding Protein)、α受容体、β受容体、ライソソーム内部の水素イオン指数、α1マイクログロブリン、β2マイクログロブリン、抗ストレプトリジンO(ASO)、マクロピノサイトーシス、神経細胞のゴルジ体のカテコールアミンの分泌、カルシウムイオン、インターロイキンー23(IL-23)、光DNA、アセチルCoA、ATP(アデノシン三リン酸)、シトクロム、プロトン、遺伝子『P2×4』、γc遺伝子、遺伝子Klf4、遺伝子Oct3/、遺伝子Sox2、遺伝子c-Myc、Foxp3遺伝子、エンドサイトーシス(Endocytosis)、C3ブロアクチベータ、ルベラIgM、ルベラIgG、HBs Ab*、HBc IgM、HBs Ag、C3ブロアクチベータ等。 特筆すべきは、遺伝子組換え食品摂取による臓器別(肝臓・胆嚢・膵臓・腸・腎臓・脾臓)発生するマイナス(-2)オーラエネルギーを代謝する働き、プラス+2のエネルギーパワーを保持しています。生姜のエネルギー波動測定一覧表の通りです、ご参照ください。又表中測定覧に表示の、-1A、-2A、のミトコンドリア病をはじめ疾患病名等により生じた損傷組織は、代謝エネルギーの働きで排出消去される事を、波動共鳴として測定されました。
{12月13日[第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)]にて  下記の通り発表
   一般口演4多彩な統合医療、登録番号(演題ID):008-演題番号:04-02
   演題名:「遺伝子組換え食品が、生命エネルギーにマイナス共鳴して、疾患を発症さ 
 せる波動測定研究http://www.f-hado.com/energy/img/ronbun_20151213-01.pdf}

B 消臭・分解作用 +4
生姜シンゲロン(シネオール)、ソマチットサイクル、プラズマ、

C 抗酸化作用 +4
生姜シンゲロール、ソマチットサイクル、プラズマ、
遊離シアル酸蓄積症、血清蛋白質、(ACE酵素+2)、

D 活水化作用 +4
生姜ショウガオール、老化、ノコダゾール(微小管の重合を阻害)、     
ソマチットサイクル、プラズマ、
E 熟成作用 +4
生姜シンゲロール・ショウガオール、ソマチットサイクル、プラズマ、
オートファジー (Autophagy)(不良、損傷ミトコンドリアは、選択的に認識されオートファジーにより分解される自食作用をマイトファジー(+1E)と云われる。トランスサイトーシス(血液脳関門では、脳への脂質の輸送と、トランスサイトーシスによる分子の輸送が行われているが、この2つの過程がどちらもMfsd2aという1つのタンパク質によって調節されていることが明らかになった)。マンノース、CGN、CGN、ペリオスチンが発現し、ペリオスチン(Periostin)、骨膜や歯根膜に特異的に発現する骨のタンパク質、ペリオスチンが負荷への応答として誘導されている、フイタニン酸、脂肪酸アシルCoA、TCR変異細胞、腺細胞<
TCR・VFの上昇、TCR刺激、プレフェルジンA、NADPアーゼ、KDEL配列、KDEL受容体、CD4抗原、CD4+CD25+制御性T細胞、CD4+CD25+Treg、CD8抗原、CD25分子を発現、CD4+CD8+T細胞(ダブルポジティブ(DP)細胞)、CD8+CD122+Treg、Qa-1a拘束性CD8+Treg、ナイーブCD4陽性T細胞から分化させる、複合液晶、複合結晶、マンノース6リン酸、セロイドリポフスチノーシス、リゾチーム、デオキシ糖、糖新生、糖鎖、乳糖(ラクトース)、グリコシデース、グリコーゲン、ブドウ糖、ガラクトース(GAL)、ーα-ガラクトシダーゼA、コンドロイチン硫酸 (chondroitin sulfate)、シアル酸(SA)、マンノース6リン酸レセプター、Nーアセチルグルコサミン、Nーアセチルノイラミン酸、Nーアセチルグルコサミントランスフェラーゼ、フォスファテース、非晶質、単結晶、変調結晶、液晶、混晶、過酸化水素、結晶粒界、多結晶、Foxp3+CD25+Treg、Foxp3+Treg、Foxp3誘導、Foxp3発現、Foxp3発現の安定性、立体配座(Conformation)、オキサロ酢酸、葉酸、電子質量、イソクエン酸、炭酸水素ナトリウム(重曹)、クレブス回路(クエン酸回路)、酸化的クエン酸回路、還元的クエン酸回路、基礎代謝、H+-ATPase、AccuTnl(トロポニンⅠ)、宇宙電子、π電子、電子、電子伝達系、抗原抗体反応、スクシニンCoA、リンゴ酸、リンゴ酸ーαーケトグルタル酸輸送体、αフォドリン(タンパク質)、RbAp(タンパク質)、Galトランスフェラーゼ、免疫グロブリンG、免疫グロブリンA、免疫グロブリンM、免疫グロブリンE、経ロ免疫寛容、小胞のバルク輸送、小胞体のカルシウム貯蔵管理、粗面小胞体の蛋白質合成、小胞体の蛋白質の輸送、滑面小胞体の脂質合成、小胞体保留シグナル(ER retention signal)、小胞体からゴルジ体を通じる通常の輸送経路<
トキソIgG、トキソIgMⅡ、ラムダ鎖、原子エネルギー、エ一テル質量、宇宙原子核エネルギー、宇宙原子、活性化NK細胞受容体、GM2ガングリオシドーシス、シアリドーシス、ーLysーAspーGluーcooー、アセチルーCoA、ピルビン酸カルボキシラーゼ、呼吸鎖複合体、生体膜、細胞質ゾル、分泌タンパク質、アポトーシス、T4ファージ、バクテリオファージ、分泌小胞、滑面小胞体、粗面小胞体、小胞体タンパク質、小胞体の蛋白質のプロセシング、リパーゼ、アポリポ蛋白A1、アポリポ蛋白B、C一反応性蛋白、高感度C一反応性蛋白、リポ蛋白α、非ヒストン核タンパク、ハプトグロブリン、補体(ほたい、compIement)、補体C3、補体C4、細胞膜、カテコールアミン、NADH脱水素酵素、加水分解酵素、H+ポンプ、プロトンポンプ、酸性ホスファターゼ、依存性アポトーシス活性、プロタンディム、NSAIDs、ピノソーム、ゴルジ偏平嚢、ホスホエノールピルビン酸、オートファゴソーム、プライマリーライソソーム、コンプレックス、ポルフィリン、分泌顆粒、補酵素、ACE酵素、酵素反応、ジアリルトランスフェラーゼ、インターロイキンー12(IL-12)、毛母細胞再生、レプチン、VDAC(vdtage-dependent anion channel)、体性運動神経系、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド、ヌクレアーゼ、アポトーシス活性、VGLUT3免疫陽性ニューロン、α2マクログロブリン、ユビキチン&#8722;プロテアソーム系、ロイシン転移RNA、ファゴソーム、二次ライソソーム、リボソーム、リボソームRNA(rRNA)、トランスゴルジネットワーク、脱共役作用(uncoupling effec)、mitochondrial protonophoric uncouplers、NMDA(N一メチルーD一アスパラギン酸)、D一アスパラギン酸、以上(2016.10.30現在)


担当者からのメッセージ
細胞賦活作用波動他の詳細は別紙のとおりです(細胞とミトコンドリア、体液データ)。
消臭・分解作用、抗酸化作用、渇水化作用波動で体液と血液等を+4に活性化します。
生姜のエネルギー共鳴波動測定「細胞、体液」項目別一覧表、下記のアドレス
http://www.f-hado.com/energy/img/hado-ginger1609-01.pdf






TWITTER

最終更新日  2016年11月01日 14時59分44秒
コメント(0) | コメントを書く