969637 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

タイパンツとリメイクとわたしのロックンロール

PR

Category

Archives

Calendar

Profile


百瀬はるえ

2020年05月03日
XML
カテゴリ:メディア情報
ここ2週間かかりっきりだった
「まつもと中町マスク」の販売が5/1より始まりました



まとまった数がないと販売スタートがきれないから、色と種類を揃えるため、とにかく毎日マスクを製作してました
「グルタク」のスタートに合わせて販売スタートが決まり、記者会見の場にも同席させていただきました


中日新聞さんでは、わたしの名前も出していただいて感激…
がんばったご褒美でした


窓を開けて距離を取り「密」を避けた空間でマスクのゴム入れ作業


このプロジェクトは数名で運営されています

○企画、生地、デザイン決め、梱包のチョイスなど「売るため(高見え)」ブレーン

○フリーの服飾関係者による製作チーム、クオリティを統一した「プロの技術を駆使したレベルの高い商品を製作」

○商品を梱包、作業場所の提供など「ボランティア」

○販売を担当する「実店舗」

生地や糸を用意していただき、製作した商品は梱包してもらえて、販売してもらえます
それぞれのプロが自分の役割だけ、責任を持ってこなす

作業の場が家から近いので、完成品のお届けついでに梱包作業もお手伝い、打ち合わせや商品の変更点など確認します
コロナで鬱々のいい息抜きにもなるし、
なんと言っても「1枚のマスクが商品になる過程」や「仕事を産み出す過程」を知ることができて、NO ONEの運営にもすごく参考になっています

マスクをただ袋に入れるだけではなく、サイズピッタリに作った裏紙を入れマスクの成り立ちや商品説明を記載
フォントやスタンプもこのマスクのための特注品
パッキングもマスクの裏の柄が出るようにふんわりと美しく折って、ズレのないように一つ一つ検品しながらのラッピング作業
お店でもレイアウトにこだわって、大切に販売されているのです

自分の仕事がたくさんの人の手を経て、求められる商品として社会に出てゆく

「特技を生かして、たくさん作って必要な方に届けたい」と記者会見で言った言葉を実践しています


新たな仕事、新たな雇用を産み出す目的の
ONE MATSUMOTO PROJECT






Last updated  2020年05月03日 20時11分08秒
コメント(0) | コメントを書く
[メディア情報] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.