1283340 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふつうの生活 ふつうのパラダイス

ブログの更新を再開しました。
本の記事と、インスタグラムの写真による記事をUPしています。

このブログのほかに、エキサイトでも、「ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪」
別内容の記事を更新しています。

どっちも読んでね。

購入履歴

2019.02.22
XML
カテゴリ:読書ノート
映画『来る』とは、後半がやや違う。
映画では、ぼぎわんというバケモノは、国家を挙げて倒すほどのバケモノになっているけれど、
原作ではあくまで、K市に存在するバケモノなのである。
けれど、社会的事情、経済的事情、家庭の事情、個人の事情、経済的困窮により育てられなくなった子供の遺棄、親の虐待、子殺し、いろんな理由で捨てられた子供、殺された子供の恨みや怨念がバケモノとなって、人を襲う。
それは、日本のどこにでもあったことで、それを第一章の主人公秀樹の祖父母の故郷である地方の小都市K市にスポットを当てて描き出す原作と、全国レベルのバケモノとして描き出す映画との違いである。

それがどちらであっても、今現在の社会の子育ての問題や、少子化、人口減少と、現代の社会問題にテーマを絞り、それが、過去にも繋がっていく展開が、ホラーでは終わらない深い物語として、みごとだなと思う。
現在、ニュースで取り上げられる虐待による殺人が、必ずしも現代に起きたものだけでなく、過去から連綿と続く問題であること、それがこれからの少子化、人口減少を問題とする現代にあっては、ただ万全と個人の問題として、取り上げられて終わってしまってはいけない問題なのだと、再認識させてくれる。

核家庭だけではこなしきれない子育て、家庭だけでは負担しきれない肥大化された現代の教育費、社会の維持のために、社会が負担し、問題視し、助けて、救い上げていかなければならない子育てと、教育を、社会がもっと真剣に向き合わなければいけない問題なのだと、物語が語る。
人口減少でやばいのに、虐待なんてしてる場合じゃないだろうと思うのです。

バケモノは怖いけれど、そのバケモノを生み出しているのは結局は、人だ。
第一章では、主人公秀樹が意識した瞬間に、ぼぎわんが出現する。
第二章では、夫秀樹を呪う妻香奈の恨みの心が、ぼぎわんを呼び寄せる。
第三章では、子供を作れない、子供を持てない者の心の痛みが、子供をもつ他者を呪う心がぼぎわんを呼び出す。
そして、夫に子供を殺された母の呪いがぼぎわんを、生み出す。
呪いと恨みが化け物を生み出し、成長させる。

そんなぼぎわんに連れ去られ、飲み込まれたはずの知沙が、ぼぎわんに吸収されなかったのはなぜか。

ぼぎわんに飲み込まれるのは、愛されず、邪魔にされ、捨てられる子供。
けれど、知沙は、秀樹にも、香奈にも、真琴にも、愛されている子供。
それは、ぼぎわんの中では異質のもの。

呪いがぼぎわんを生んで、愛がぼぎわんを否定する。
苦しいけれど、子供を愛する心は、いつの時代にだってあったはず。
これからの世界にだってもちろんあるはず。










最終更新日  2019.02.24 08:10:34
コメント(0) | コメントを書く

PR

購入履歴

プロフィール


civaka

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

本が好き!運営担当@ 書評でつながる読書コミュニティサイト・本が好き!のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…
通りすがり@ Re:『マリー・アントワネット』(09/10) 「その反応は理不尽だ」 「この光景を残…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』 civaka様 拙作絵本『犬になった王子(チベ…
civaka@ Re:絵本『犬になった王子(チベットの民話)』(08/07) 後藤 仁さん こんにちは。 検索して、ど…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』  今年の秋に岩波書店から出版される拙作…
パーチクリン@ Re:『松田聖子と中森明菜』その4 自己主張しはじめるアイドルたち(05/26) 私もこの本読みました。中山圭子って誰だ…

サイド自由欄

設定されていません。

ランキング市場

バックナンバー

2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

京都散策3・東映太… New! アキオロミゾーさん

【警告!ウイルスに… すずひ hd-09さん

さらに続編、中山星… yhannaさん

10連休の旅行 マルコポーロルージュさん

カルディ チョコミ… 新月 アスタルテさん

. 猫ギターさん
日本語の研究 ぴすけっとさん
KAYO in ENGLAND chamokayoさん
みかんのきもち ももんが1225さん
はいさい! さえななさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.