1016531 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ふつうの生活 ふつうのパラダイス

現在、本の記事のみ更新中。

このブログは「ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪」に引っ越しました。

ですが、コメントは受け付けております。

過去のものでも、お返事いたします。

引っ越しはしましたが、このまま残しておく予定です。

過去のものでも、ぜひお読みいただければ幸いです。

新旧どちらも、今後ともよろしくお願いします。



October 25, 2017
XML
カテゴリ:読書ノート
娘が好きで読んでいる宮本輝の本を一冊借りて、読んでみた。
かつて、不倫が原因で別れた夫婦の往復書簡で、語られる、夫婦の間の物語。
美しい蔵王の山々の紅葉を背景に始まる物語は、最後もまた、美しい紅葉の中で終わる。
ヒロイン勝沼亜紀は、二度結婚するけれど、二度とも夫の浮気で離婚することになる。
かわいそうでもあるけれど、読んでいるとこれは、無理ないのかもしれないと思う。
二人の夫はどちらも、たぶん妻に不満があったわけではなく、
同居する妻の父親の存在感の大きさにうんざりしていて、
妻の実家での同居は、家での安らぎのなさであり、
本人たちはそれを自覚ていたかいないかわからないにしても、
ほかに心の落ち着ける場所を無意識に求めてしまったのだと思う。
もし、亜紀が、実家を出て、夫と新しい家庭をきづいていれば、
あるいは、浮気も、離婚もなかったのではないかと思う。
なにしろ、二人の夫はどちらも、彼女にぞっこんほれ込んで結婚したのだから。
亜紀は、なぜ、実家を出なかったのだろう。
二度目の結婚では一度実家をでて、夫の家で暮らしている。
けれど、急な姑の死と、亜紀の父親の強引な説得で、結局また、
夫婦で彼女の実家に父親とともに暮らすようになってしまう。
相当存在感があり、何でも無理やり自分意見を通してしまうような
この父親との同居は、夫たちにとってよほど居心地悪かっただろうと思う。
小説の中にはそのことほとんど書いていないのだけれど。
亜紀はなぜ、実家を出なかったのだろう。
母親がすでに他界していて、父親だけを残すことが忍びなかったのか。
それとも、裕福な暮らしを捨てて、夫と二人の地味な生活がいやだったのか。
亜紀は働いたことすらないようだし。
一人目の夫有馬と別れた後も働こうとはしていない。
家を出て、自立しようともしていない。
お手伝いさんのいる親の家で、暮らすことは彼女にとって当たり前のことなのだろうか。
もし、母親が生きていたら、
実家を出ていたかもしれないし、
有馬との離婚をとめてくれたかもしれない。
二人目の夫との結婚後も実家に戻らないよう助言してくれたかもしれない。
彼女が業とよんでいる障害のある子供も、
あまりにも苦労のない彼女の人生に神が与えた試練だとも思える。
だって、二人の夫と別れてもなお、彼女は暮らしに困ることがない。
作者はこの父親が彼女の人生をいかに支配しているかを承知の上で
この物語をこんな設定にしたのだろうか。
別れた二人が死について語る舞台設定を作り上げるために。
美しい秋の先に、厳しい冬が待っている。
二人もまた、これから先の冬のような厳しい人生を
生きていかなければならない。
それにしても、亜紀の文章は、今どきの女の人はこんな文章書かない
という違和感でバリバリでした。
男が作る理想の架空の女性だなぁ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

錦繍改版 (新潮文庫) [ 宮本輝 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/10/25時点)








Last updated  October 25, 2017 07:27:26 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Calendar

Rakuten Profile


civakaさん

子育てほぼ卒業★東京ヂモッティ

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ゲーム 

Recent Posts

Category

Favorite Blog

お台場散策・デック… New! アキオロミゾーさん

運命を変える魔法の… yhannaさん

●買いたい本備忘録:… Azusa2号さん

大人のポテトチップス 新月 アスタルテさん

. 猫ギターさん
日本語の研究 ぴすけっとさん
KAYO in ENGLAND chamokayoさん
みかんのきもち ももんが1225さん
はいさい! さえななさん
I'll be there for y… ☆リエコ☆さん

Comments

通りすがり@ Re:『マリー・アントワネット』(09/10) 「その反応は理不尽だ」 「この光景を残…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』 civaka様 拙作絵本『犬になった王子(チベ…
civaka@ Re:絵本『犬になった王子(チベットの民話)』(08/07) 後藤 仁さん こんにちは。 検索して、ど…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』  今年の秋に岩波書店から出版される拙作…
パーチクリン@ Re:『松田聖子と中森明菜』その4 自己主張しはじめるアイドルたち(05/26) 私もこの本読みました。中山圭子って誰だ…
civaka@ Re[1]:お引っ越し♪(08/14) アキオロミゾーさん こんにちは。 我が家…

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

fortune

Archives

November , 2017
October , 2017
September , 2017
August , 2017
July , 2017
June , 2017
May , 2017
April , 2017
March , 2017
February , 2017

Free Space

設定されていません。

Shopping List

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.