1494756 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふつうの生活 ふつうのパラダイス

2006.10.19
XML
カテゴリ:日本映画
生涯忘れられないほどの相手に出会えるのなら、

たとえ、それが悲恋であったとしても、

人生の大切な宝石を手に入れたようなもの。

それは一生心の中で輝き続けるに違いない。



はっきり言って、私はめちゃうらやましいです。

江戸時代なので、好きな相手と結ばれないのは、仕方ないというか、そもそも好きな相手と結ばれるほうがめずらしいという時代なので、そのこと自体はまあ、普通かな、と、そう、思うわけですが。

それでも、できればやっぱり好きな人と結ばれたいよね。しかも、この物語の二人は家格もほぼ同じくらいの幼馴染なので、あんな事件さえなければ、結ばれていたかもしれないわけですし。

あこぎで強欲な家老と我が子だけがかわいい権力家の側室によっておこった跡継ぎ騒動にかかわり、切腹に追い込まれた文四郎の父。

武家としての仕事も失われ、ぎりぎりで、文四郎の家はおとりつぶしにならず、何とか暮らしていた文四郎に、ある日件の家老から呼び出しがかかり、復職となる。
しかし、そんな喜びもつかの間。

幼馴染のフクは殿の側室となっており、フクの生んだ子供をきっかけに再び跡取り騒動が起こり、文四郎もまた、巻き込まれていく。

家老にフクの生んだ子供を盗み出してくるように言われるが、文四郎は、一連の状況をフクとその側近に伝え、なんとか、フクの子供を助け出そうとする。

フクの屋敷に踏み込んだ家老側の侍たちとの激闘の後、フクたちを助け出すことができる。

その後、己の欲得のために人の命など気にしない家老にせまり、親子二代にわたる怒りを家老にぶつけるシーンが爽快。

彼もまた、父と同じ事件に巻き込まれたことで父の気持ちに触れることができただろうか。

文四郎自身のかかわった事件を通して、前半では描かれなかった文四郎の父の行動、父がつら抜こうとしたというものが見えてくるという二十重ねのような物語なのである。

ラスト、二人は最初で最後の告白をする。それぞれに自分が相手を恋い慕う気持ちの、その婉曲な表現がなんとも絶妙でみごとである。

木村佳乃の気品あふれる美しさとともに、二人がかわす言葉の一つ一つが美しい輝きとなって画面を流れていくようでした。


「あなたのお子が私の子で私の子があなたの子であるような、そんな道はなかったのでしょうか、と。」



ところで、物語の冒頭にこの二人が夫婦として登場しているというオツなシーンがありました。夫婦であったかも知れない二人が、夫婦になれなかったのは、たった一人のないしは二人の人間の、ただの欲望のせいでした。

けれど、ソコまで悪意がなくとも、普段の何気ない行動が、誰か知らない人のあるいは身近な人の人生をかえてしまうかもしれない。ハンドルの切り間違いや、一瞬の判断ミスや、このくらい大丈夫といった過信。酒という欲望との葛藤。人の運命を変えるのは実は神ではなく人なのではないのかと、なるほどと思った一瞬でした。


最後にですが、一番最後の文四郎のキメゼリフが、予告編に使われていて、レンタルやさんでも、デモがずいぶん流されていたので、私はすでに覚えてしまうくらい何度も見て、聞いちゃってるので、「感動がうすれるじゃないかー」と言いたいです。
最後の最後の感動のシーンを予告編に入れたり、デモで流したり、そんな、映画会社自ら、映画のネタばれをするようなことはやめてください。
せっかくのいいシーンがすでに何度も見てるとなると、興ざめするし、感動しが薄れるし、やめてくれといいたい。のです。

ほかにも、映画の中のクライマックスの一番いいシーンとかを予告編に入れたり、最近そういうの結構あるよね。なんで、映画会社自ら、ネタバレするかな。いったい、宣伝部は何を考えてるのか。売れればいいんですか。製作側はせっかくがんばっていい作品作ろうとしてるのに。


「忘れようとしても、忘れ果てようとしても、忘れられるものでは、ございません。」

市川染五郎さん、名演でした。

あ、あたしもネタバレしてルなあ。


公式ページです。



         蝉しぐれ プレミアム・エディション【GNBD-1137】=>20%OFF!蝉しぐれ プレミアム・エディション  藤沢周平の本



にほんブログ村 トラコミュ 日本映画、邦画へ
日本映画、邦画


にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想










最終更新日  2006.10.19 11:12:14
コメント(6) | コメントを書く
[日本映画] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『蝉しぐれ』(10/19)   ままちり さん
はぁ、それがね、原作を2ヶ月ほど前に読んだのですが、時代劇大好きなわたしなのに全然だめだったんです。
悲しいほどに。
なぜなんでしょうねぇ、感受性が枯渇していたためなのでしょうか。
原作ではふたりはついに生涯一度きりの契りを交わした感じで、それで別れるのですが、なんと申しますか、悪く申せば文四郎は妻に生涯二心を持ち続けたというわけで、それがなんだか腹立たしかったのですねぇ。
civikaさんのお好きな周五郎、わたしも大ファンですが、周五郎ならこれをどう書いただろうか・・・なんて思いました。
きっと「させなかった」だろうなと思うのです。
そこにあえて互いの抱える悲しみを凝縮させただろうな、と。
そのあたりが周五郎と藤沢周平のあり方の差かな・・・と。
どうも映画の方が哀歓たっぷりで、面白そうですねぇ。


(2006.10.19 16:27:56)

Re[1]:『蝉しぐれ』(10/19)   civaka さん
ままちりさん
>はぁ、それがね、原作を2ヶ月ほど前に読んだのですが、時代劇大好きなわたしなのに全然だめだったんです。
★わ、原作読んだんですね。いいですね。デモ、映画観る耽美に原作読んでられないので、悔しいですが。

>悲しいほどに。
>なぜなんでしょうねぇ、感受性が枯渇していたためなのでしょうか。
★原作はちょっと違うんでしょうねえ。

>原作ではふたりはついに生涯一度きりの契りを交わした感じで、それで別れるのですが、なんと申しますか、悪く申せば文四郎は妻に生涯二心を持ち続けたというわけで、それがなんだか腹立たしかったのですねぇ。
★えーーーー。一回だけ、あったんですか。映画だと、プラトニックなまま終わってるんですよ。だから、不快感なかったのかな。木村佳乃さんがすごいきれいなもので。
それと、昔は好きな人と結婚できないこと多かったし、仕方なくの結婚が多かったので、ある意味仕方ないかな。という気もします。
デモ、私が妻だったら、いやだな。

>civikaさんのお好きな周五郎、わたしも大ファンですが、周五郎ならこれをどう書いただろうか・・・なんて思いました。
★うわあ。そうですね。似たような話ないかな。まだ、周五郎は読破してないので。

>きっと「させなかった」だろうなと思うのです。
>そこにあえて互いの抱える悲しみを凝縮させただろうな、と。
>そのあたりが周五郎と藤沢周平のあり方の差かな・・・と。
>どうも映画の方が哀歓たっぷりで、面白そうですねぇ。
★映画は、告白だけで終わったので、そういうのはなかったと私は思ってました。想像させるようなシーンもなかったし。音楽とか、画像とか、美しいんですよ。映画のほうがいいものになってるのかもしれません。
(2006.10.19 16:39:17)

Re:『蝉しぐれ』(10/19)   chie7. さん
始めまして!
蝉しぐれ 大好きです。
知り合いで見てる人がいなくて寂しい思いをしていました。いいですよね。蝉しぐれ
私は2年前NHKの連続ドラマを見ました。
その後 原作を読みました。
さらに再放送まで見てしまいました。(笑)
私は映画より、ドラマの方が良かったです。
国内外で色んな賞を受賞しているそうです。
ドラマより原作の方がさらに良かったかな?
ちなみにドラマ版、文四郎は内野聖陽さんです。
(2006.10.19 21:43:57)

Re[1]:『蝉しぐれ』(10/19)   civaka さん
chie7.さん
始めまして!こんにちは。

>蝉しぐれ 大好きです。
>知り合いで見てる人がいなくて寂しい思いをしていました。いいですよね。蝉しぐれ
>私は2年前NHKの連続ドラマを見ました。
>その後 原作を読みました。
>さらに再放送まで見てしまいました。(笑)
>私は映画より、ドラマの方が良かったです。
>国内外で色んな賞を受賞しているそうです。
>ドラマより原作の方がさらに良かったかな?
>ちなみにドラマ版、文四郎は内野聖陽さんです。
★好みが結構分かれる作品なんですね。
原作も映画もドラマも観ているなんてすごいファンですね。多分、原作は映画より長くてエピソードが多いのでする。ドラマまであるなんて知りませんでした。
ドラマはもう見るの無理ですね。フクの役は誰だったんでしょう。気になります。私はとにかく木村佳乃さんがきれいだったので。藤沢周平さん。今回初めて知りました。コメントありがとうございました。
(2006.10.20 08:50:34)

Re:『蝉しぐれ』(10/19)   chie7. さん
ドラマのDVD出てるみたいですよ。
一応アドレス貼っときますね。
ちなみにドラマ版のふくは水野真紀さんです。

http://www.nhk.or.jp/drama/archives/semishigure/index.html (2006.10.21 10:27:13)

Re[1]:『蝉しぐれ』(10/19)   civaka さん
chie7.さん
>ドラマのDVD出てるみたいですよ。
>一応アドレス貼っときますね。
>ちなみにドラマ版のふくは水野真紀さんです。
★ありがとうございます。今度ビデオやさんで気をつけて見てみます。
俳優さん変わると雰囲気変わりますねー。 (2006.10.22 08:50:40)

PR

購入履歴

プロフィール


civaka

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

civaka@ Re[1]:『風光る』(11/21) あかぎさんへ コメントありがとうございま…
あかぎ@ Re:『風光る』(11/21) 風光る、よく調べられていて面白いですよ…
本が好き!運営担当@ 書評でつながる読書コミュニティサイト・本が好き!のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…
通りすがり@ Re:『マリー・アントワネット』(09/10) 「その反応は理不尽だ」 「この光景を残…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』 civaka様 拙作絵本『犬になった王子(チベ…
civaka@ Re:絵本『犬になった王子(チベットの民話)』(08/07) 後藤 仁さん こんにちは。 検索して、ど…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』  今年の秋に岩波書店から出版される拙作…

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

一寸散策2・東京タ… New! アキオロミゾーさん

とても理系な幻想文… New! yhannaさん

ウトウトの幸せ時間… New! ナカムラエコさん

【10万円!】高所… すずひ hd-09さん

おかえりだっこ さくらもち市長さん

近況 新月 アスタルテさん

KAYO in ENGLAND chamokayoさん
みかんのきもち ももんが1225さん
はいさい! さえななさん
I'll be there for y… ☆リエコ☆さん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.