957575 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ふつうの生活 ふつうのパラダイス

2008.07.24
XML
カテゴリ:映画★アニメ
ジブリアニメだというのに、ついうっかり、寝てしまった。映画の前のランチで、ブルーハワイなんか飲んだせいだ。その上、クーラーがきいて、いいシートで、快適だったんだもの。

 ポニョ

ストーリーは、含みがタップリなようでもあり、単純なようでもあり、感想は、人それぞれいろいろありそうだ。しかし、中盤で寝てしまったので、私には、よく分からない。途中を見ていない段階では、是非は書けない。けれど、みそびれた部分を観るためにもう一度劇場にいって、最初から見直す気にもなれない。

さすがに、やめるはずだった宮崎駿が、がんばってもう一度腕をふるった作品の、その描写のひとつひとつ、さまざまな海の画面はとてもうつくしく、すばらしい。

けれど、主人公の宗介が、金魚のポニョを助けだすために、ガラス瓶を割るために、大きな石をガツンと、ポニョのはいったびんに当てて、ビンをわるシーンで、ギョッとしてしまった。映画に対しての気持ちががひいてしまった。相手は、生きた金魚なのに。うっかりまちがえば、つぶしちっゃたり、ころしちっゃたり、けがをさせちっゃたり、するでしょうに。いくら、宮崎アニメでも、ちっょと、デリカシーなさすぎでは。

彼の作品はとくに、「未来少年コナン」なんかでも、そうだけど、人間がここまでできるわけないだろーと、思うようなとんでもない行動ができちっゃたりする。たとえば、ものすごく高いビルから飛び降りても、大丈夫だったり、飛んでる飛行機の羽の上を走ったり、足の指だけで、つかまったりする。それが、コナンの場合は面白さをだしていて、まあ、コナンだから、と、許容できたし、それこそがコナンの面白さだっのだけれど、でも、今回は金魚なんだよ。

いくら、そのあと、人間になったり、魔法を使えたりするスーパー金魚でも、それでも、この最初の段階で、金魚をぎゅーってひっぱったり、ビンごと、石でぶち割ったり。これを見た子供たちが、本物の金魚をぎゅーっとひっぱったら、絶対金魚はちぎれて死んじゃうのだ。

人はもっと海のことを知って、海となかよくしようというメッセージのわりに、この描写はどうなのだろう。もっと他の解決作はなかったのだろうか。

それとも、金魚のはいったガラス瓶を割る宗助の乱暴な行動は、その先で語られるメッセージへのアンチテーゼなのだろうか。
そうとは、思えない。

陸の人である宗介と、海の人であるポニョが、手をつないで、歩く。陸と海が仲良くなる。
人は、もっと、海を愛して、大切にした方がいい。

宮崎アニメは、全作品を通して、環境問題を語り続けてきている。今回も、前半で、海の中のゴミを集めるシーンが描写される。
海が怒って、陸にせめてくるシーンも、描かれる。陸の人間は、海に対して、デリカシーや、配慮が無さすぎではないですか。

陸に人がいてそこで生きているように、海にも、たくさんの命があって、そこで、生きているたくさんの命があるのに、人間は、そんなことに、無配慮すぎではないのですか。

そして、世界は海におおわれる。宗助の家も町も世界のすべてが、海におおわれる。

「千と千尋」が十歳の女の子のために作られたように、この作品は五歳くらいの子供たちのために作られた映画なのだと思う。絵本のような景色の描かれ方も。そして、五歳の子供にとって、自分の家と自分の住む町と、自分の行ったことのある場所が世界の全て。

その世界の全ては、海に飲み込まれていく。

そんな風に、五歳の子供のためにつくられている一方で、子供たちを映画館に連れて行って、子供と一緒に見る親たち、大人たちのための映画でもあるようだ。

自分が子供の頃、遊んだおもちゃの船に、自分が乗ってしまっている世界。子供のころお母さんがつくってくれたチキンラーメン。漫画の中でみた、どんぶりで作るラーメン。いつもいつもおいしそうにたべられていたチキンラーメン。このあと、ひさしぶりにチキンラーメン買って来てしまいました。

映画を子供と一緒にみている大人たちが、子供と一緒に子供にもどる時間。

私は無口でおとなしくて、ぼーっとした子供だったけれど、もし今もう一度子供になった私とであったら、友達になってくれる?と、以前娘に聞いたことがありました。いいよ、友達になってあげる。そして、一緒にあそんであげるよ。と、娘は答えてくれました。

子供に戻った親と、子供たちが一緒に遊んでいるような、そんな気持ちになるような映画だったかもなあ、と思いました。

子供たちへ向けたメッセージと、大人たちへ向けたメッセージとが、それぞれにあるんだと思います。
ポニョは、海から陸へ上がって陸の人となるけれど、それは別に特別なことでもなんでもなくて、人類はもともと海で生まれて海で育って、そして、陸に上がって、陸の生き物になったのですから。

ちなみに、私は、夫と二人で見に行ったので、すでに大きくなってしまっている我が家の子供たちは、もう、一緒にきてくれません。

アーそれにしても。地球をもっと大切にしないと、地球温暖化で、水位が上がって、我が家も水没しちゃうなあ。でも、できるものなら、水没した我が家で暮らすのも楽しそうだ。もういちど海の人にもどるのもいいかも。



           


     崖の上のポニョ@映画生活   にほんブログ村 映画ブログへ









最終更新日  2008.07.25 17:36:07
コメント(6) | コメントを書く
[映画★アニメ] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

楽天プロフィール


civakaさん

子育てほぼ卒業★東京ヂモッティ

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ゲーム 

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

東松山散策・箭弓稲… New! アキオロミゾーさん

箱根 【Salon de th… 新月 アスタルテさん

エンデ『鏡の中の鏡… yhannaさん

. 猫ギターさん
日本語の研究 ぴすけっとさん
KAYO in ENGLAND chamokayoさん
みかんのきもち ももんが1225さん
はいさい! さえななさん
I'll be there for y… ☆リエコ☆さん
えりーぜのため息 マルコポーロルージュさん

コメント新着

通りすがり@ Re:『マリー・アントワネット』(09/10) 「その反応は理不尽だ」 「この光景を残…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』 civaka様 拙作絵本『犬になった王子(チベ…
civaka@ Re:絵本『犬になった王子(チベットの民話)』(08/07) 後藤 仁さん こんにちは。 検索して、ど…
後藤 仁@ 絵本『犬になった王子(チベットの民話)』  今年の秋に岩波書店から出版される拙作…
パーチクリン@ Re:『松田聖子と中森明菜』その4 自己主張しはじめるアイドルたち(05/26) 私もこの本読みました。中山圭子って誰だ…
civaka@ Re[1]:お引っ越し♪(08/14) アキオロミゾーさん こんにちは。 我が家…

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

占い

バックナンバー

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09

サイド自由欄

設定されていません。

購入履歴

ニューストピックス

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.