2006.09.11

学園祭もおわったし

(4)
カテゴリ:高校生の話
いろいろブログを読んでいたら、この土日で結構日本国中文化祭だった高校は多かったみたい。うちの長男の学校もこの土日でした。学校側は、やっぱり、夏休み気分の抜けていない九月そうそうにやっちゃって、早く受験体制にしたいみたい。最近は運動会とか、学園祭とか、受験に邪魔って雰囲気かんじるなあ。とにかく、さっさと済ませたい。そんな感じ。本当は日々の学校生活の中で少しづつ気持ちを持ち上げて行っての行事、毎日の平坦な生活だけじゃあきてくるから、っていう部分もあっての学校行事なはずなのに、とにかくとりあえず済ませちゃいたいって方向に変化してる感じがします。

今回は高校二年だし、これで最後だし、見に行こうかなどうしようかなと悩んだんだけど、結局めんどくさくなってきてやめてしまった。子供の学校となると、うっかりぼーっとしてられないし、そんなにラフな格好でもいけないし。気、使うものね。いい加減高校生だし。それと、こないだの麻布十番まつりで、出店とか素人料理を並んで買ってそこらにしゃがんで食べることに飽きちゃいまして。いまさら、高校生の親が生徒の作るものに並んでまってってのもいやなので、そういうのは、受験生の親子とか、中学生の親御さんあたりまでに譲って、ということでやめました。

でもほんとーは、子供のクラブでの様子とか、そーっとのぞきたかったんですけどね。だけど、私の面がわれてるから、見つかるとやだし。それ以外にも以前とかわってる部分があるみたいなので見たかったんだけどね。

とうとう高校二年生の学園祭もおわっちゃって、部活もこれで引退だし、これから受験一色になるのかなと思うとちょっと感慨深いというのとは、ちがうけど、不思議です。ずーっと先のことのように思っていたのに、六年間の中高生活もここまできちゃったんだなあ。ずーっとこのまま、高校いっててほしいなあとか、思っちゃいます。

この先はもう大学生になって、社会人になって、どんどん親から離れていくのかな。

もちろん、私の兄なんかは、いまだに実家に暮らしてて、ずーっと親と一緒にいるんだけど。もちろん、嫁さんと子供と一緒にだけど。

これから、一緒に暮らしていったとしても、やっぱり何かが変わっていくんだよね。

うーん。

もっともー、大学生になれりゃいいですけど。だいいち、子供は部活終わっても、今までとかわらずのへーッと暮らしていきそう。 受験勉強ってなにするかわかってないと思うよ。多分。中学受験みたいに塾行っていわれたことだけ勉強してればいいとか、勘違いしてそうだよ。

どうしたもんかなあ。



            時をかける少女改版


           にほんブログ村 子育てブログへ








TWITTER

最終更新日  2006.09.11 09:55:33
コメント(4) | コメントを書く
[高校生の話] カテゴリの最新記事