455260 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

京都情景 graphis kyoto

洛中散歩title
------------ギャラリーモーニング-----------http://gallerymorningkyoto.com
June 19, 2018
XML


吉原英里展 YOSHIHARA Eri Exhibition
6.19-7.1 12:00-19:00(月曜日お休み。日曜日 12:00-17:00) 
「吉原英里の90年代」
https://gallerymorningkyoto.blogspot.com/2018/06/yoshihara-eri-90-619-71-2018.html
・・
吉原英里展によせて
最初に見たときから目が離せなくなった。いつのことだっただろう。おそらく1993年くらいだったと思われる。ということは、もう25年も彼女の作品を見つづけてきたことになる。何がそんなにぼくを魅きつけてきたのだろうか。そもそもぼくは展覧会がキライでめったに行かないのだが、不思議に彼女の作品とは縁があるように思っている。ギャラリーで彼女の姿を見つけるといつもホッとした気分になった。絵を描くための技術のことはあまりよくわからないが、かなり熟練の技だとわかる。 彼女は直接人を描くことがない。その気配だけを表現しようとする。室内の静物や椅子、ソファ、クッション、帽子やマフラーなど、それらは直前までそこにいた人の気配を残している。もちろん絵はそこにあるものだけを描くのではない。むしろ、不在のものを描くためにある。
ぼくの専門の宗教人類学でも、神はただ気配として存在しているのであって、それはわれわれの目にはっきりとは映らない。もともと存在と非在の合間にすべての物事はある。伊勢神宮の内宮本殿には正面に一枚の絹がかけられている。それが風にそよぐたびに中の庭や建物がほんのかすかに見える。そういう仕掛けがあってはじめて神との出会いを感得することができるのだろう。
おそらくそれは人間についてもある程度同じことが言えるのではないか。人はそこにいるから実在しているというわけではない。いないことによってさらに強くその人が印象づけられることだってある。その人が毎日そこで原稿を書いていた書斎とか、食事をしていたテーブルとか、散歩していた庭だとかにも、その人の姿を見ることはできる。
彼女の作品で好きなのは、繊細な銅版画(エッチング)をもとにして、ドローイングや実物の傘などがおかれたインスタレーションといった感じの作品群だ。なんとも言えない独特の雰囲気があって、みごとに繊細で美しい。彼女の80年代の作品に「M氏の部屋」と題された作品がある。このM氏とはいったい誰なのだろう。しかも、帽子も傘もソファも、夢のなかでのように引力から自由で宙づりになっている。90年代の作品には「FRIDAY」と名づけられた作品がある。こちらでは椅子や花束や帽子はさらに現実から乖離したものとなっている。これは彼女だけに可能な世界だと実感させられる。虚実ないまぜの傘は、いったい、いつ誰が取りに戻ってくるのだろうか。
植島啓司(京都造形芸術大学教授)
吉原英里経歴
1959 大阪生まれ
2007 日本版画の粋 現代版画展 福光美術館・富山
2009 浜口陽三生誕100年記念銅版画大賞展 入賞
2011 「まなざしの哲学-嵯峨芸術大学の40年」  京都市美術館別館
   第8回 高知国際版画トリエンナーレ  いの町紙の博物館・高知
   第1回宮本三郎記念デッサン大賞展  小松市立宮本三郎美術館・石川県
   「吉原英雄を囲む作家展」  和歌山県立近代美術館
2013 コレクション展 2013-春 「部屋の中で」  和歌山県立近代美術館
   新収蔵品紹介 「信濃橋画廊コレクション」を中心に  兵庫県立美術館
2014 第9回 高知国際版画トリエンナーレ  いの町紙の博物館・高知
2015 Re-collections!!文化庁買上優秀美術作品展  寺田倉庫ギャラリー・東京
2016 「版画の誘惑展」  砺波市美術館
   大田市国際美術交換展 Daejeon Jung-gu Cultual Center halls・韓国
   The 13th GONGJU INTERNATIONAL ART FESTIVAL LimLip art 
      museum・韓国
2017 個展 「Eri’s 80’s」  ギャラリーモーニング
   DAEJEON INTERNATIONAL ART SHOW 2017
   KOTRA Exhibition Center in Daejeon・韓国
パブリックコレクション
町田市立国際版画美術館・嵯峨芸術大学・神戸アートビレッジセンター・ウィル愛知(愛知県女性センター)・文化庁・京都市立芸術大学・宮崎県立美術館・和歌山県立近代美術館・兵庫県立美術館 ・砺波市美術館
・・
昨年「Eri’s 80」と題し、80年代のインスタレーション作品の再現と当時発表した版画作品を展示。30年余りを経ても斬新な展示空間となりました。つづく今回は90年代の作品(ミクストメディア/版画+絵画ほかの技法)と当時発表した版画作品を展示。今へとつながる変遷をふりかえる貴重な機会です。
ご高覧ください。
※初日午後5時からオープニニング・パーティを行います。是非、ご参加ください。
・・






Last updated  June 19, 2018 11:28:14 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


ギャラリーMorning

Favorite Blog

贅沢な常温 New! 歩楽styleさん

日本教 New! 柳居子さん

扇ノ山から湯村温泉… New! ふろう閑人さん

広瀬すずの犬の名前… 天地 はるなさん

あじさい たまよみ.さん

大峯より無事帰りま… あかるくヒカルさん

思い出の街 リトア… 友田いさおさん

Comments

Archives

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.