006921 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

内向的HSP、子なし専業主婦ブログ

PR

プロフィール


fuwacoromaru

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

2019.09.06
XML
カテゴリ:生きづらさ①HSP

----------------------------------------------------------------

HSPって何?という方へ】

【HSP】私がつらくて生きづらい理由と、読んだ本7冊

----------------------------------------------------------------


HSP
には、疲れやすい​という特徴があります。​

​以前紹介した本『敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』​

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本 [ 長沼睦雄 ]

には、

HSPはいつも「疲れやすい」状態にあります。その理由は、ストレスに対する耐性が強くないにもかかわらず、刺激を受け続け、気持ちを張りつめながら暮らしているから。

と書かれています。

 

私の経験を少し書きますね。

 

大学卒業後、6年間の会社員時代(一人暮らし)は、クタクタになって会社から帰宅後、コンビニで買ったおにぎりを1個食べてお風呂に入って寝る、それだけで精一杯、という生活でした。

同期や先輩は、会社から帰宅後に自炊をしていると聞き、どこにそんな気力と体力があるのか本当に驚きました。

 

そんな状態で、仕事以外のことを楽しむ余裕が無かったため、「仕事のために生きているようなもの」と親に話したことがあるのですが、それはない、そんなはずはないと笑われるだけ。

みんな頑張っているんだから、と言われるだけ。

仕事でクタクタになってしまうことを、誰にも分かってもらえませんでした。

 

また、外出時に歩いた歩数をスマホのアプリで確認できるのですが、たとえ歩数は少なくても人混みに行った時は、非常に疲れます

そんな中で、カフェや電車内でようやく席に座って休めた時には、私は疲れ切って「無」の表情になってしまうので、夫に心配されます……。

 

今は、自分がHSPだということが分かり、HSPではない人とは違うんだな、と理解できたことで、気持ちが楽になりました。

たとえ疲れやすくても、それを理由に自分を責める必要は無いのです。

 

 

HSP​が抱える、さまざまな悩みへの対処法が分かりやすい本2冊​


敏感すぎる自分の処方箋 [ 保坂 隆 ]


敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本 [ 長沼睦雄 ]






最終更新日  2019.09.06 11:00:07

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.