026291 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

内向的HSP、子なし専業主婦ブログ

PR

プロフィール


fuwacoromaru

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

2020.02.16
XML
醜さゆえの孤独」と紹介文に書かれていた本。


フランケンシュタイン (新潮文庫) [ メアリー・シェリー ]

記事タイトルにも書いたのですが、フランケンシュタインという名前は、怪物を生み出した科学者の名前だということをご存知でしたか?

私は、てっきり怪物の名前だとばかり思っていました……。

 

科学者の名前が、ヴィクター・フランケンシュタイン

「ヴィクター」が名前で「フランケンシュタイン」は名字ですよね。

人間の名字がタイトルだったのですね。

 

 

挿し絵が無く、文字がびっしりと詰まったこの本。

「訳者あとがき」まで含めると456ページもあり、一日では読み終わらず、何日にも分けて読みました。

 

 

内容は、主要人物が誰も幸せにならない、哀しい物語でした。

単なる幽霊話、ホラー小説だと思って読むと、拍子抜けすると思います。

それだけ、一言では言い表せない、様々な要素を含んだ複雑なお話です。

 

 

「訳者あとがき」で

本書は実は多重構造を持ち、“若き冒険家の手紙”、“フランケンシュタイン博士の回想”、“怪物の身の上話”、という三つの語りから成り立っている。

と書かれているように、少し変わった構成をしています。

 

 

物語全体として、前置きというか説明というか、細かい描写がとても多いです。

そのため普段から結論を先に求めがちな私は、もどかしい思いをしながら読み進めました。

 

特に先ほど引用した「“若き冒険家の手紙”」の部分を読んでいると、物語の核心部に早く迫りたい、とそわそわしました。

 

普段、小説を読まないからなのか、一見余計なように思える描写を回りくどく感じてしまう私は、未熟者ですね。

おそらく、こういう部分こそ味わって読むのが小説の醍醐味なのでしょう。

 

 

著者の語彙力が豊富で、読んでいて圧倒されました。

文章量も語彙数も、頭に活字をたくさん流し込みたい時に向いています。

それにしても著者は、これを20歳で書いたなんて驚きです。

 

 

加えてこの本は日本語に翻訳されたものですが、昔の作品だからというか、原文が日本語ではないからというか、難しい言い回しでも読みやすく翻訳するというお仕事も、すごいなぁと思いました。

 

 

物語の中では様々な地名が出てくるのですが、頭がぽんこつな私には、地理がさっぱり分かりません。

地理の知識があれば、物語をもっと深く味わうことができたのではと思うと、自分の知識の無さが残念です。

子どもの時に学校で習うような各科目の基礎が、こういう時に大事になってくるのでしょうね。



フランケンシュタイン (新潮文庫) [ メアリー・シェリー ]


フランケンシュタイン(新潮文庫)【電子書籍】[ メアリー・シェリー ]










最終更新日  2020.02.16 08:00:17



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.