123638 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

内向的HSP、子なし専業主婦ブログ

PR

プロフィール


fuwacoromaru

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

【本】HSP

(10)

【本】マイナス思考の時/自己肯定感

(9)

【本】心理学、哲学、仏教、幸福

(8)

【本】自分のペースで生きる

(14)

【本】絶望、ペシミズム(厭世主義)、反出生主義

(5)

【本】お悩み相談、体験談、大変な出来事

(5)

【本】女性の生きづらさ

(4)

【本】社会の生きづらさ、社会の現状

(5)

【本】人付き合い、友達

(4)

【本】孤独

(1)

【本】癒し

(14)

【本】犬

(3)

【本】猫

(2)

【本】犬と猫

(1)

【本】くま

(3)

【本】海外についてのエッセイ(日本人著者)

(5)

【本】日常のエッセイ、日記

(10)

【本】現代小説(他のカテゴリに含まれない内容のもの)

(3)

【本】昔の名作小説

(2)

【本】批評、考察

(3)

【本】読書の効果、身につく力、読書セラピー、ブックガイド、読書術

(12)

【本】カフェ、喫茶店

(2)

【本】書店

(6)

【本】図書館

(6)

【本】本や読書にまつわる小説

(5)

【本】作家、本づくりの仕事

(4)

【本】読書用品

(1)

読書への考え、読書関連のこと

(17)

【本】芸術、美術、博物館

(12)

【本】写真集、作品集、制作の裏側

(7)

【本】ビジネス(テーマパーク、カフェ)

(3)

【本】ディズニー

(3)

【本】広告コピー

(1)

【本】詩

(2)

【本】ショートショート

(4)

【本】アンガーマネジメント、怒り、感情

(1)

【本】コレクター、コレクション、収集

(2)

【本】適応障害、不登校

(1)

【本】アウトプット

(1)

【本】ムーミン

(12)

【本】恐竜

(3)

【本】水族館

(1)

【本】サメ

(1)

【本】ホラー

(1)

【本】SF、災害、感染症、コロナ禍

(8)

【本】ドラマ、アニメのノベライズ

(2)

【本】名探偵コナン関連

(4)

【本】夜の街

(3)

【本】雨

(2)

【本】片付け

(1)

生きづらさ①HSP

(22)

生きづらさ②女性であること(本以外)

(1)

生きづらさ③生理、PMS

(3)

生きづらさ④咳喘息

(1)

生きづらさのかけら

(14)

子なし(産まない選択)(本を含む)

(5)

子なし専業主婦(本を含む)

(6)

引きこもり(本を含む)

(5)

ハロウィン(本を含む)

(5)

メイドカフェ、アイドル、声優、推し(本を含む)

(13)

検定、資格

(6)

郵便趣味(切手)

(2)

短歌(本を含む)

(3)

俳句(本を含む)

(2)

アロマテラピー

(3)

パズル

(2)

睡眠

(4)

ダイエット

(1)

おすすめ商品、便利グッズ

(14)

ネガティブな時におすすめな曲

(1)

その他考えたこと(今はnoteに書いています。URLはブログのプロフィール欄に)

(4)

その他情報・お知らせ

(4)

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

2022.05.24
XML
現代における倍速視聴・10秒飛ばしという習慣について、その理由と背景を考察した本。

内容が濃くて読み応えがあり、満足の一冊でした。

 

『映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ──コンテンツ消費の現在形』 稲田豊史 光文社新書 光文社 2022


映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレーーコンテンツ消費の現在形 (光文社新書) [ 稲田豊史 ]​ 

 

この著者の本を読むのは、『セーラームーン世代の社会論』に続いて2冊目。

 

今回読んだ本は、ビジネスサイト「現代ビジネス」に掲載された記事をもとに、書き下ろしを加えているそうです。

 

 

倍速視聴について、年齢が若いほど倍速視聴経験率が高く、その基底にあるのは

 

1. 映像作品の供給過多

2. 現代人の多忙に端を発するコスパタイパ志向

3. セリフですべてを説明する映像作品が増えた

 

3点とのこと。

 

それぞれの背景も書かれているのですが、特に2つ目の項目の背景視聴者側の内的要因について書かれた第3章が興味深く、その背景を読むと「今の若い人は大変だな……」と悲しい気持ちになりました。

ものすごく生きづらそうです。

 

3章の終わりで、著者はこのように書いています。

彼らはとにかく余裕がない。時間的にも、金銭的にも。そして何より精神的に。

彼らは不気味な宇宙人ではなかった。単に、筆者と生まれた時代が違っただけだ。」(p.178

 

著者は1974年生まれ。

著者よりも年下の私は30代ですが、それでも、いわゆるZ世代とは生まれた時代が大きく違うと思っています。

おそらく10年以上前の私の大学時代と比べても、今の大学生を取り巻く環境は大きく異なるでしょう。

 

キャリア教育は私も受けていたはずですが、特にSNSの普及による変化は大きいはずで、今まで一度もLINEを使ったことがない私にはわからない生きづらさがZ世代にはあるんだろうな、と想像します。

 

 

また、第5章で書かれているように、短時間で大量の情報をさばかざるをえない状況にさらされることで、今後も単位時間あたりの情報処理能力は上がり続けるのでしょう。

自分が時代の流れについていけるか、心配になりました……。


映画を早送りで観る人たち〜ファスト映画・ネタバレーーコンテンツ消費の現在形〜【電子書籍】[ 稲田豊史 ]











最終更新日  2022.05.24 16:24:38
[【本】社会の生きづらさ、社会の現状] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.