000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

PR

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

雑記

Nov 11, 2011
XML
カテゴリ:雑記
2011年11月11日、今日は1並びの日。ポッキー、プリッツの日。そしてワンワンワンの犬の日。…かと思ったら、犬の日は11月1日でしたね。

ほげ~

11月11日っていろんな記念日になってるみたい。箸の日、煙突の日。これはわかりやすい。同じく見た目から、もやしの日、きりたんぽの日でもあるらしいです。なるほど。

「いい日いい日」の語呂合せから介護の日。「十一」がプラスマイナスで電池の日。「1111」をコンセントの差し込み口の形状に見立てて配線器具の日。「1111」が麺の細長いイメージにつながることから麺の日。一つの殻に二粒入ってるから11のぞろ目でピーナッツの日。11人対11人で行うからサッカーの日。11と11の見た目から靴下の日、ペアーズディ。同じく見た目が下駄のあしあとに見えるので下駄の日。

あと折り紙の日とか西陣の日とかジュエリーデーとかチーズの日とかいろいろ。「1111」の見た目から連想される記念日が多いようです。(→11月11日 今日は何の日

私的な記念日って、あんまりこだわらないので家族の誕生日くらいしか覚えてません。そういえば、両親の結婚記念日が10月10日で、11月11日(今日だ)は祖父の命日(母が10代の頃に亡くなってます)で、12月12日は祖母の命日(チワワの小太郎が小さい頃に亡くなってます)です。ぞろ目、ぞろ目、ぞろ目。小太郎の誕生日が9月8日なんですが、これが9日だったらぞろ目続きだったのに~。

とりあえず、ぞろ目だと覚えやすいので、自分で決められる記念日はぞろ目にしておこうと思います。結婚相手も誕生日が覚えやすい人がいいなぁ。(←なにか間違ってる)

【送料無料】Steiff(シュタイフ)アイボリー

【送料無料】Steiff(シュタイフ)アイボリー
価格:1,420円(税込、送料別)

【送料無料】Steiff(シュタイフ)グリーン

【送料無料】Steiff(シュタイフ)グリーン
価格:1,420円(税込、送料別)

↑本屋さんでシュタイフのテディベアの本が出てたので買ってしまいました。テディベア好きとしては、付録のバッグはいらないのだけど…と言ったら、友人に驚かれました。そうか、普通は付録目当てに買うのか。本の内容は同じで、バッグの色がアイボリーと、グリーンの2種類あるみたいです(表紙の色も違う)。バッグもかわいいんだけど、やっぱりテディベアが付録についていて欲しかった。

↑品川駅構内にあるおいしいパン屋さん、ラ・テール、有名なお店だったようです。バッグ付きの本が出てました。これもちょっと欲しい。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Nov 11, 2011 06:05:11 PM


Dec 27, 2010
カテゴリ:雑記
一日かけて年賀状づくり。昔はプリントゴッコでぺったんぺったん作るのが楽しかったけど、今はパソコンとプリンターでシャーッシャーッとできてしまいます。宛名印刷もシャッシャッシャッ。…なんとも風情のないことで。

つばき

宛名は数年前までこだわって全部手書きしてたんですが、あるとき割り切って印刷にしたらめちゃくちゃ楽になりました。手書きだと書き損じも多くて(うっかりものなので)、ハガキも無駄になっちゃってたんですが、それもなくなりました。ただし、住所録を整理する段階で喪中の方を除外したり、引っ越しした友人の住所を新しいものに書き換えておかないとその分まで印刷されて無駄が出てしまうのでした。どっちもどっちか。

私が手書きにこだわっていた頃はまだ手書き派も多かったのですが、今はかなりの割合で印刷になってます。出す枚数が少ない方は手書きの方も多いのかもしれませんが、枚数が多い方はほとんど印刷。うちの父も以前は手書き派でしたが、あるときから印刷に切り替えたみたいです。数百枚あるから手書きは大変。でも昔はそれが普通で、ワープロによる宛名印刷が普及しだした頃は、味わいがない、心がこもっていない、と批判されたものです。

今は宛名印刷自体には批判的なことは聞きませんが、やはり郵便で届く年賀状ですから、手書きの一文があったほうがいいのではないかなと個人的には思います。「今年もよろしく」の一文を印刷しないで、手書きにするとかね。

そういえば、一時期、電子メールが普及しだした頃に電子メールでの年賀状やカードが送られてくるようになったけれど、あれはあまり広まらなかったですね。電子メールだといつでも送れるからわざわざ年始に送らなくても…って気になるし、届くと書かれたメッセージに対して返信しなきゃいけないかなとも思うし、そうなると数多く届くと面倒だし…。

年賀状は年に一度で、送りっぱなしでいいので気が楽です(いいのか、それで!?)。

メールがあるから年賀状は出さなくてもいいっていう人もいますが、年賀状のやりとりは、住所の確認という意味で存在価値あり。今は個人情報保護で、たとえ親しい間柄でも会社やら病院やらで住所を教えてくれたりしません。住所がわからないと、なにかあったときに自宅に確認しに行くとか、できないです。友人なのにいざというときに自宅を知らないっていうのも寂しいものです。

だからと言って、定期的に「住所は変わりない?」と聞くのもなんだし。引っ越ししても必ず教えてくれるとも限らないし。

年賀状だったら住所が変わってしまって届かない場合は返送されてきます。それで所在不明になっちゃった友人もいますが、わからないということがわかっているので、それはそれで…。引っ越ししたばかりの友人だったら、年賀状が転送されるので新住所で返事が返ってきたりします。なんか、そういうリアルなお付き合いって大事かなって思うのでした。この年になって余計に。

…横着ものだから、年賀状でもなければ連絡取り合わないってだけかもしれないけども。。。もっと社交性のある人は年賀状なんかなくてもしょっちゅう連絡取り合うのかもしれないです。うーむ、来年は、もっと人に会いたいものだわ。

2011年もチワワの小太郎の絵柄の年賀状。小太郎がうちに来てから、干支、関係なく毎年チワワ年です。今年は小太郎以外の写真にしようかと思ったんですが、あんまりこれといって年賀状っぽい絵柄も思いつかなかったので、また小太郎の写真から選んじゃいました。犬バカでいいんだもん。年明けにブログで公開すると思います。


テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ Pet Links






最終更新日  Dec 27, 2010 09:50:07 PM
Nov 23, 2010
カテゴリ:雑記
チワワの小太郎、冬の定位置はホットカーペット。そしてそこに人間がいれば、おまたの間にピットイン。人間もあったかいですけどもねぇ。当たり前の顔してなんの躊躇もなくそこに入られると、どっちが主人だかわからないですよ。ちょっとは遠慮しながら入ってきませんか、小太郎さん。ただのベッド代わりだと思ってるでしょ。

ピットイン

小太郎のお洋服、最近のものはほとんど手作り服。買ったものもありますが、手作りした服はぴったりサイズでガシガシ洗濯できるのでヘビロテなのです。(ヘビロテ=ヘビー・ローテーションの略ですよ)

で、当然、洗濯しすぎてボロっちくなっちゃった服もあって、「よく着たなぁ」と感慨深いと同時に、捨てるか取っておくか悩むのでした。せっかく作った服だから捨てるのもったいないと思っちゃう。でももうボロだから着せるのも躊躇。

ちょこちょこと新しい服を作っているので、古いのはだんだん着なくなってしまって、小太郎服の収納場所に溜まってしまっています。んー。これも断捨離で捨てるかなぁ。と、いま思っているところ。生地は余っているのもあるから、まったく同じものを作ることもできるんだけど、せっかく作るならちょっと違うのにしたい気もするし、そうなると、最初に作ったものも取っておきたくなっちゃうんですよね。この煩悩がいかんのだな。必要ないもので場所ばっかり取るものはすっぱり捨てねば。

我が家は一般的な、そんなに信心深くない仏教徒です。お盆やお彼岸にお墓参りに行くくらい。だから、熱心に仏教の教えを勉強したりお経を覚えたりはしないんですけども、宗教関係の本を読んで共感を覚えるのはキリスト教より仏教です。キリスト教の聖書は、お話として面白い。仏教は生き方の指針として共感するところが多い感じです。あくまで、個人的に。

だから、断捨離もなんとなくわかる気がするのです。キリスト教でも出家したら私物を持たないとか、そういうの聞いたことありますが、どの宗教でも同じような思想はあるのかもしれません。

挨拶しましょう、って小さい頃に教えられて、その意味もよくわからずに成長して、大人になってから、「ああ、挨拶って大事だな」って思うことってあると思うんですけど、そういう風に、なにもかも理解してから実践するというよりは、先人たちの教えをまずは素直に受け入れて実践してみると、あとから「ああ、そういうことか」と分かることって結構あるんじゃないかなぁ。

仕事でもそうだけど、宗教も、先人たちが「詳しく説明しないけどとにかくこうやるとうまくいくから」っていう方法をぎゅっと凝縮したものなんじゃないかっていう気がします。それはどの宗教にも共通することで、気候風土や民族気質や、文化にあったようにアレンジされてそれぞれ違った宗教になったんじゃないかと。

だからね、迷ってる人は自分で迷い迷って道を見つけるのもいいけれど、古今東西の宗教のどれか共感するものに頼ってみてもいいんじゃないかとも思うのです。それで生きやすくなるのならば。逆に宗教にしばられて生きにくくなる可能性もあるので、それは注意しなきゃいけないけれど。

前にも書いたけれど、病気になってから何度か宗教に誘われたり、誘われかけたりしました。でもねー。なんかその方々、あんまり生き方が上手くない感じでした。だから宗教に救いを求めてるのかもしれないですけども、宗教にしがみついちゃってるような感じもして、いろいろ難しいもんだな、と思ったのでした。

般若心経の謎を解く

般若心経の謎を解く

価格:620円(税込、送料別)

般若心経の謎を解く

般若心経の謎を解く

価格:1,680円(税込、送料別)

↑仏教の本ではこれがわかりやすくて面白かったです。…文庫が品切れになってる…。

ブッダ(全12巻セット)

ブッダ(全12巻セット)

価格:6,108円(税込、送料別)

↑手塚治虫のマンガもオススメ。キリストと違って、最後に動物や植物に囲まれて亡くなるというところが好き。


テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ Pet Links






最終更新日  Nov 23, 2010 06:17:46 PM
Sep 20, 2009
カテゴリ:雑記
シルバーウィーク突入! 次に大型連休になるのは6年後だそうですが、この時期の連休って意外にいいのではないかと思っているのは私だけではないはず。シルバーウィークというネーミングもいいです。春の連休と秋の連休、2回あると行楽も分散して良さそう~。

ホットチワワ

我が家は特に予定なしですが、とりあえず今日はお墓参りに行ってきました。最近、お墓参りが密かなブームだそうです。…と言っても、ご先祖の、ではなく有名人のお墓参り。歴史オタクがクローズアップされてるから、こういうブームもわかる気がします。子どもの頃はお墓参りって、意味わかんない~、めんどくさい~、って思ってたけど、今は、自分のルーツを省みる機会にもなるし、けっこう重要な行事だよなぁって思います。

有名人のお墓参りをして、自分の先祖に思いをはせて、自分ちのお墓参りをする人も増えるかもしれません。

ルーツといえば、うちの母は地元小田原の出身。祖母(母の母)の実家は漁師さんでした。なので、母のきょうだいはバリバリの小田原弁。父は名古屋出身なのですが、多少イントネーションが残っているくらいでほとんどわかりません。そのせいかどうかわかりませんが、きょうだいの中でも母の小田原弁はそれほど目立ちません。

…ですが、別の地方の人からするとやっぱりちょっと違うみたい。

小田原弁って、標準語に近いので、地元の人たちに方言という自覚がないというのが特徴かも。。。母も私も自分は標準語をしゃべってるつもりなのですが、、、どうも小田原弁の特徴があるみたいで、、、、たまに怖がられます。

なんか小田原弁って、喧嘩してるみたいに聞こえるみたいで…。母は父と沖縄に行ったときに、普通に会話してるつもりなのに、ホテルの人に喧嘩してる(父を怒ってる)のかと思われて「大丈夫ですか?」と心配されてしまったそうです。

茅ヶ崎(サザンオールスターズの出身地。小田原よりもちょっと東京寄り)出身の友人は、旦那さんの親戚同士の会話が容赦ないので、怖いと言ってました。よく聞くと、話してる内容は別に怖いわけじゃなくて、会話のしかたが怖いみたいです。ずけずけっと言ってくるので、ドキドキするらしくて。

私と別の友人が話してたときも、その友人に半分冗談で「喧嘩してるの?」って言われたことがあります。いや…普通に話してただけですケド。。。

どんな感じかっていうと、基本的にはテレビでSMAP中居くんがよく使ってる言葉です。「行ったべ?」「知ってんじゃん」とか。そういう感じ。

うちの親戚の中でも小田原弁が強いおじさん風に例を挙げると、こんな感じ。

「これ、うめぇから喰ってみ?」
(これ、おいしいから食べてみて)

「試しにやってみたんだけんどよぉ、うまくいかねぇんだよ」
(試しにやってみたんだけど、うまくいかないんだよ)

「こうなってんべ?」
(こうなってるでしょう?)

「そいでよぉ、えれぇはえぇから着いてけねぇんだよ」
(それで、すごく速くて着いていけないんだよ)

「えれんな種類があって、迷っちまうべ」
(いろいろな種類があるから、迷ってしまう)

「んなもん、うっちゃっちまえよぉ」
(そんなもの、捨ててしまいなよ)

私なんかの世代だとここまで方言っぽくならないんだけど、よく考えると、文の途中を省略したり、語尾を短くしたりしてて、これってもしかして方言かも…って思い当たりました。

「歩いてんでしょ」
(歩いているんでしょう)

「入ってんだからいいじゃん」
(入ってるんだからいいでしょう)

「買っといたら?」
(買っておいたら?)

「やっとくからいいよ」
(やっておくからいいよ)

などなど、途中の「いる」を省略して「ん」にしてたり、語尾の「でしょう」を省略して「でしょ」とか「じゃん」とかにしてたり。

馴染みのない人が聞くと、すごくぶっきらぼうに聞こえるかもしれません。問題なのは、小田原の人というのは、自分がなまっていることに気付いていないので、指摘されてもきょとんとしてしまうことです。地方に行った人が、「小田原の方言は全国でも一番なまっている」と言われた、という話を聞いたことがあります。そのときは「そんなぁ」って思ったけれど、今となっては、「そうかも…」とも…。

全国のみなさん、小田原弁は乱暴だけど、小田原人は決して怒っているわけではありませんので、ご安心を~。

ちなみに、湯河原などを含む小田原周辺出身の有名人は、タレント・俳優の阿藤快さん、柳沢慎吾さん、船越栄一郎さん、水戸黄門で格さん役の合田雅史さん、コント赤信号の小宮孝泰さん、政治家では先日引退した元衆議院議長の河野洋平さん(総裁選に立候補している河野太郎さんの父。太郎さんは選挙区違い)、ガンダムの監督の富野由悠季さん、小説家の夢枕獏さん、俳人の黛まどかさん、落語家の柳家三三さんなどがいます。あ、内山理名ちゃんもだ。あんまり公にしてないみたいですが。先日、世界陸上女子マラソンで銀メダルとった尾崎好美さんはちょっと山寄りの山北町出身。

芸能人の方々はあんまりなまってないと思いますが…、テレビで見たらしゃべり方を注意して聞いてみてください。…あばよ!



うわっ。中学のいっこ先輩のいまのまいさん、まだ芸能人やってたんだ…。「完熟娘。」のリーダだそうです。…覚えてないと思うけど……お元気ですか?

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ Pet Links






最終更新日  Sep 21, 2009 05:03:22 AM
Apr 5, 2009
カテゴリ:雑記
春だけど、まだそんな時期じゃないはず。一輪だけシロツメクサが咲いてました。ちょっと気が早い~。せっかちさん。でもかわいいです。我が家で育てているワイルドストロベリーもかわいい実がちょこちょこと付いています。チワワの小太郎のデザートになっています。

渓流の梅林

さて。どうでもいいことですが、新聞の投書欄なんか見ていてたまに「負け犬という言葉がきらいです」とか、負け犬が気楽だ~っていう投書に対して「あなたは負け犬なんかじゃありませんよ」とかって励ましてるのかなんなのかわからない投書があったりします。

私は「負け犬の遠吠え」という本をかなり肯定的に共感を持って読んだのですけど、世の中にはこの本に対して嫌悪感を持つ方も多いようで。

自分のことを「負け犬と言わないで」(負け犬と言われたくない)というのはまだ分かるんだけど、「私って負け犬なの~」という人(私みたいな人?)に対して「自分のことを負け犬だなんて言っちゃダメ」って叱咤激励(?)する意見に、どうも反発を覚えてしまいます。

なんでだろ~って思っていたんですけど、なんとなく、その理由が分かりました。

負け犬っていうのは、30歳過ぎても結婚してなくて子どももいない人のことを自嘲気味に表現した言葉だと思うんですけど、私は自分のことを胸張って負け犬だって言えちゃいます。だって、事実だし。

負け犬って言葉が嫌いな方は、勝ち負けじゃないよって言いたいんだと思うんだけど、私としては負けてるほうが劣っているって感覚はなくて、立ち位置の違いくらいにしか思ってないのでムキになって否定されるとなんだか、自分自身を否定されてるようで嫌な気分になっちゃうんですよね。きっと。相手はそうは思ってないと思うんだけど。「負け犬なんて言っちゃだめ」とかって言われるのってなんとなく上から目線でムカッと来てしまう。人間ができてないので。もっとおおらかに受け流してしまえばいいんですけどね。

上から目線でそういうことを言う人って、敗者を認めないというか、勝者がすべてというか、すごく頑固に一面的に物事を見てる人のような気がしてしまう(あくまでも私の主観)。負け犬という立ち位置って、楽だったりするんですよね。無理にがんばらなくていいというか、いい具合に力を抜けるというか。だから、否定しないでもらいたいなぁと思ってしまいます。否定されると「いいからもっとがんばれ」って強制されてる気分になっちゃってすごいプレッシャー。

負け犬という言い方の是非は別として、私と同年代で独身の友人たちを見ていると、とっても不器用で、ある意味、正直で素直。手練手管を使って男性をモノにしようとか、結婚相手を見つけるためにちょっと猫かぶってみようとか、そういう小器用なマネができないの。そして肝心なところで慎ましやかに感情を表現するからわかりにくい(どうでもいいところではおおざっぱなのに)。女から見るとそこがかわいいんですけどね。男性はそういうところに気付かないのか、わかりやす~い女性に惹かれちゃうのかなぁ。

だから、負け犬って、とってもかわいい存在なのですよ。負け犬な人は、「どうせ負け犬だし」って言うことで救われてるし、そう言いつつも、勝ち犬にはできないこと(趣味とか仕事とか)を満喫しているのです。

いつまでも負け犬だと思うなよ…って心も忘れずに、お気楽にゆるゆると生きていきましょう。

 負け犬の遠吠え
↑だいぶ前の本だけど、共感するところ多し。この本を読んで、ああ、この生き方を私が自分で選んだのね、だからこれでいいのだわ。と思えました。だってこの本に書いてあるような勝ち犬の素質は、私にはないもん。

…っていう文章をちょっと前に書いて、下書きのまんま寝かしっぱなしでした。消すのもなんなので、とりあえず載せときます。まさに「負け犬の遠吠え」だ。負け犬というのは遠吠えするのだ。


3種の天然石!恋の予感♪『愛と癒しの石』”恋愛を成就させ幸せな結婚へと導いてくれる”「レビ...
↑恋愛運アップのローズクォーツ。ま、負け犬には縁結びのお守りも天然石も太刀打ちできないんですけどね~♪ 本人にやる気がなけりゃぁ。

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ ブログランキングranQ Pet Links






最終更新日  Apr 5, 2009 07:37:31 AM
Jan 5, 2009
カテゴリ:雑記
何をやるにしてもスローペースなので、世の中の動きについていけず、現実逃避したくなるときがあります…。お正月で世の中もスローペースになっていて今がチャンスと追いつこうと思ったのですが、結局遊びすぎ…、追いつくどころか置いていかれてます。待って~世の中。

寒い日のお散歩

ああ。あれもこれもやらなきゃいけないのに。こんな病人なのに、年賀状に「精力的ですね」と書いてくれる人もいて、、、、なんかちょっと意外でした。端から見ると精力的なのかなぁ。へろへろですよ…。

毎年、年賀状の枚数を減らそうと思うのですが、一定数からは減りませぬ。うーむ。

年賀状のCMで嵐の桜井くんが「年賀状20枚ください」っていうのがありましたけど、世の中の若者は年賀状、20枚くらいが平均なんでしょうか。CM見ながら「少なっ」ってびっくりしたんですけど…。

写真用の年賀状も10枚が1パック。100枚注文しても10枚パックが10パック。開けるの面倒です。

人付き合いが上手い方だと思わないのだけど、半引きこもり生活の割には知り合いは多いみたいです。嬉しいことです。

会計士の山田真哉さんの「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本に書いてあったと思うんですが、ビジネスでいきなり多くの人脈を作るのは大変だけど、100人の人脈を持つ人数人と知り合いになれば一気に100人以上の人脈ができるって。なるほどねぇって思いながら読んでいたんですけども、そういう意味では、私も、友人の友人とか、その人のいる業界とか、本人から先の人脈を想像して楽しんでいます。

それで、全然関係ない人たち同士を結びつけられたら、なんかちょっと嬉しい。知り合う機会のなかった人たちが知り合って、新しいことができたり、世界が広がったりしたらいいなぁって思います。自分が表に出るのは苦手なんだけど、知り合いが活躍する手助けをするのは好きです。

この人とこの人が組んだら面白いものができそう…っていうのも結構あって、その組み合わせを想像…というか妄想して楽しんでいます。

最近、面白いと思ったのが、私、音楽全然わからないのに、なぜか音楽やってる人たちと知り合います。で、音楽やってる人たちはCDジャケットだとかホームページだとか、アートと無縁ではなくて、“かっこいいもの”を作っているのです。

音楽だとかカメラだとか鉄道だとかアニメだとか特撮だとか…、ぜーんぶ繋がってるんですよね~。あ、犬もね。世の中はいろんな人がいて成り立っているのだなぁと、いろんな人を出会っておはなししているとしみじみ感じて、なんだか楽しいです。ネットから得る情報っていうのもいいのだけど、直接、生で聞く話っていうのはほんとに貴重で自分の中に蓄積される度合いが全然違います。

やっぱりさ、人と人は直接会って話さないとダメだよねって思います。ネットはそれを補完するのに必要だけど、ネットだけじゃダメなのです。人と会って話してコミュニケーション取るっていうのは、心をふくよかに豊かにしてくれるものです。

ま、そんなことも、今、それなりに元気になったから言えるのですけど。薬の副作用が強かったときは思考力も集中力も衰えて対面で話すのがとても無理でした。話してるうちにぼーっとしてきて、直前に何を話していたのか分からなくなってしまうので、あまり人と会いませんでした。

その当時は人と話してるとすごく疲れてしまうので、ごく僅かな親しい友人としか会いませんでした。それだけ、コミュニケーション取るというのはエネルギーを使うことなんでしょう。元気な人も、無意識にエネルギー使ってるはず。それだけ多くの情報をやりとりしてるってことです。

ちなみに、私、電話は苦手です。お店に予約の電話するのも苦手です。どうも、会話するときに音声情報よりも視覚情報のほうを多く摂取してコミュニケーションしているらしく、音声情報だけだと相手の状態がわからず不安なのです。電話よりはメールのほうが遥かに気楽です。メールは画面の文字を“見て”コミュニケーション取るけれど、電話だとどこ見ていいかわかんないので…。なんかおどおどしてしまうのでした。これって私だけ?


さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
↑生活の役に立つエピソードいっぱい。1000円の商品が半額! と100万円の商品が99万円! はどっちがお得か…。とか、そんなようなことが書いてありました、たしか。


人は見た目が9割
↑この本自体はそれほどお勧めではないのだけど、タイトルの意味は、人がコミュニケーション取るときに言葉以外の要素が9割ってことらしいです。その9割の内容を知りたい方は読んでみるのもよいかも。

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ ブログランキングranQ Pet Links






最終更新日  Jan 5, 2009 05:06:04 PM
Nov 14, 2008
カテゴリ:雑記
バイオリズムが低調です。なーんか噛み合わない。いろんなことが。払わなきゃいけないお金を忘れてるとか、お金払ったのにモノが届かないとか、しかもそれに気付くのが遅いとか、連絡がうまくいかないとか、ヒトに頼んだのに結局自分がやってるとか、怒っているヒトの怒りをうまく理解できないとか、そこって怒るところじゃなくて喜ぶところなんではって思ったりとか。

うとうと

ああそうか。。。。ヒトの怒りを受け止めるのってエネルギー使う…。怒りの方向は私じゃないんだけど。運命に逆らわず、水の流れのようにゆるゆると生きる生き方だってあるんだから、ヒトの生き方にどうこう言ってもしょうがないじゃない。そのヒトの運命がそこで180度変わって厳しい道を歩まなければならなくなったとしたって、それはその人が選んだことだし、それがその人にとって悪いことだと決めつけるのはまだ早いんじゃない? 過去が変えられないんだったら、そこからどう生きるかっていうのが大事で、犯してしまった過ち(私は過ちだとは思わないけど)を責めてもしかたないじゃない。突き放すんじゃなくて、暖かく見守ってあげて欲しいよ。

なんかね。そういうネガティブな考え方しかできないヒトにちょっと失望。そこは怒るところじゃないと思うんだけどなぁ。。。

…って言ったら、怒りの矛先が私へ。なんで怒らないの!? ってことで。だって~、みんなで追い詰めてもしょうがないじゃん。本人とは連絡取れないし、よくわかんないんですけどね。よくわかんないことで怒られるってのはなんか理不尽。そんでバイオリズム低調ですよ。

とりあえず、お姉さんは応援してるぞ。がんばれ、若者っ!

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ ブログランキングranQ Pet Links






最終更新日  Nov 14, 2008 06:43:25 AM
Sep 17, 2008
カテゴリ:雑記
登山をする夢を見たんですが、夢なので、はちゃめちゃです。そして、例によって全部は覚えていません。でも、なんだか今の自分を暗示しているような夢で、その部分は、起きてからも覚えていました。基本的に夢はすぐ忘れちゃうのですけど。

ねむねむ

だいたい、登山の夢なんていままで見たことがないです(忘れてるだけかもしれないけど)。ハイキングはするけど登山はしたことありません。なんか知らないけれど、ベースキャンプだか洞窟だかに何人か人がいて、自分のスペースがあるんです。そこに自分の荷物をたくさん置いてあって、なぜか私はパソコン一式(それもデスクトップ)と普段使っている身の回りのものたちをぎっしり詰め込んでます。それで、なーんかよくわからないけれど、私はそこから逃げなきゃいけなくなって、自分の荷物をまとめるんです。デスクトップパソコンなんて持って逃げられないのに、持って行こうとしてる私。おいおい…。それ持って山登れないだろう…。

夢はもっと長かったはずなんですが、そのくらいしか覚えてません。とにかく、そこにある荷物をまとめて、急いで出発しなきゃいけないのです。パソコンのほかにもいろいろあった気がしますが、なにがあったのか覚えてません。持って行かなきゃって思ったのが、なんでパソコンだったんだろう。パソコンないと生きていけないと思ってるんですかね、深層心理で。

パソコンっていうのもそうなんですけど、自分に持ちきれない大きな荷物を持って行こうとしているっていうのが、すごく象徴的。山登るときにひとりで持てる荷物って限られてるのに、必死で、持ちきれない大きな物を抱えて行こうとしてるの。すごく無理して。それで自滅するって、客観的に見ればわかるのに。捨てちゃえばいいのに、そんなもの。

現実世界でも、捨てちゃえば楽になるものって、物理的にも精神的にもいっぱいあります。そういうものをすべて捨てちゃって、果たして自分は身ひとつで何ができるのかって考えます。無一文になって、ひとりきりになっても、私はちゃんと生きていけるんだろうか。

本だとかパソコンだとか、モノを手に入れてそれで安心しちゃってないだろうか。本を読んで、その中身を自分の体に染みこませて、本そのものがなくなってもいいように、自分の知識として蓄えなきゃ。ネットを介していろんな人と知り合って、そういう人たちとの繋がりを大切にしなきゃ。ひとりになったときに、そういうものが私を助けてくれるような気がします。

自分で持てる荷物は限られていて、しかもたぶん、私が持てる荷物って他の人よりも少ないのです。体力ないし。だから、周りの人にたくさん持ってもらっている状況。人はひとりでは生きられないのだから、持てない分は他の人に持ってもらってもいいのです。その分、私は、私のできることをその人にしてあげればいい。

ただ、自分で持ちきれないものをたくさん抱え込んで、周りの人に支えてもらってよろよろしながら歩くよりは、すっきり身軽になってちゃんと前を見て背筋をピンと伸ばして歩いて行く方が格好がいいよね、って思います。かっこよく生きたいなぁ。そのためには捨てなきゃいけないもの、いっぱいなのです。

チワワの小太郎はすごくシンプル。食べて、寝て、お散歩行って、遊んで、また食べて、寝て…。生きるっていうのは、本当はとってもシンプルなことなんだなって、ワンコ見てると思います。

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ ブログランキングranQ Pet Links






最終更新日  Sep 17, 2008 05:18:00 PM
Jul 25, 2008
カテゴリ:雑記
夏はだめだな。やる気はあるのに体がついていかず、全然進まない…。エアコンつけないとやってられないのだけど、部屋を出たとたんの、むぁ~んとした空気に秒殺。温度差も怠さの原因。はぁ……。

ナナちゃんち

暑さにはめっぽう強いチワワの小太郎ですが、さすがに怠そうです。…あ、違った。ごろごろしてるのはいつものことか。見る側の気持ちの持ちようかも。暑いときに暑いところで寝るチワワ。お散歩では元気に走ってます。

ところで、八王子の通り魔殺人。私が通っていた大学が八王子市内だったので、たぶんあの本屋さんに行ったことあります。そして、小田原の本屋さんですが、大学時代からバイトしていました。なんだか、人ごとじゃない気がします。

夜の閉店間際に本の整理、普通にしてたし。状況が鮮明に思い浮かぶだけに、想像して怖くなりました。亡くなられた方のご冥福と、負傷された方の回復をお祈りしています。

通り魔のニュースを見て最近思うのですけど、ああいう事件を起こす人って、自分の中で消化不良のイライラやむかつきを解消するために、なにか“達成感”のようなものを得たいのかも。

なにかをやりとげたい、って思ったときに、人を殺すっていうのは、普通の人ではできないくらいすごいことで、しかも100円ショップのナイフで簡単にできてしまう…。成し遂げたらきっとすごい達成感を味わえるのでは…と思ってしまうのかなぁなんて。成し遂げる行為の方向性が大幅に間違っているんですけどね。

そう考えたときに、学校で教わる体育とか、音楽とか、美術とか図工とか、主要科目ではないところで得るものって大きいのかもしれないと思うのです。私はスポーツは苦手ですけど、チームや個人で練習して試合で全力を出し切ったときの達成感とか、美術で言えば、下手でもなんでもひとつの作品を完成させる達成感とか、実はそういう体験ってものすごく大事なのではないかと。それは、成績には表れない部分です。

受験に関係ない科目として切り捨てられてしまうことも多いのですが、人生を乗りきっていくのに必要なものがつまっている科目なんじゃないかなぁ。

私もイライラすることも、嫌なこともあるけれど、絵を描いたりなにか作ったりすることで解消されることが多いです。思い通りにいかなくて不完全燃焼な気持ちが、なにか作ることで小さな達成感を得られて鎮まります。人それぞれですが、スポーツや音楽などで解消する人も多いと思います。バッティングセンター行ったり、ゴルフの打ちっ放し行ったり、カラオケボックスで思いっきり歌ったり、登山したり、海で泳いだり、釣りしたり…。ああ、要するに趣味がないのか。

むしゃくしゃするから人を刺したくなった…っていう人は完全に解消の仕方の方向が間違ってる。でも、それを正しい方向へ持って行く術を知らないのかもしれない、とちょっと思ったのでした。バッティングセンターとか連れてってくれる人はいなかったんでしょうかね。なんか嫌な世の中だな。

そういえば、先日読んだ「不機嫌な職場」という本には、こういう嫌な社会を解消するようなヒントがいろいろ詰まっていて面白かったです。

いまではあまり行われなくなってしまった職員旅行とか会社のイベントなんかも、実は人間関係を円滑にするのに重要で、それが会社の利益向上にも繋がる…っていうようなことも書かれていました。確かに、職員旅行とかって一時期は無駄と思えたけれど、今の時代には再び必要なものになってきているのかもしれません。

正社員が派遣社員を差別して仲間に入れてあげないとか、なんじゃそりゃってことが実際に普通にあるんですね。働くからには、給料とか労働時間とか別に「やりがい」のようなもの、「自分が会社に必要とされている」というモチベーションのようなものが必要です。そういうものがあれば、薄給でも重労働でもこの会社のためにがんばろう! って気持ちになるんじゃないかな。

私が本屋で働いていたとき、時給はかなり低かったけれど、仕事が楽しくてやめられませんでした。八王子の書店で刺されてなくなった女子大生も、本が好きで書店で働いていたそうです。たぶん、時給は他のバイトに比べてそれほど高くなかったと思います。立ち仕事だし、重い本を扱うことも多いので意外に重労働です。そういう子が、仕事にやりがいを持てなくて、むしゃくしゃしたというような理由で無差別に人を刺すような事件の被害者になってしまったことは皮肉なものです。

この犯人が、どのくらいの罪になるのかわからないけれど、万が一、罪を償って社会に戻ることがあるのなら、亡くなった方の分まで一生懸命働くことが、供養になるのではないかと思います。

この事件が社会の責任だとは言わないけれど、こういう事件を生み出すような要素が今の社会にあることは事実。もうちょっと、余裕のある社会がいいです。お父さんが、真っ暗にならないうちに家に帰って来て、家族みんなでご飯食べて、子どもと一緒にお風呂に入るっていうのが普通になるといいなぁ。理想は「サザエさん」。

不機嫌な職場
↑楽しく働ける活気ある職場にするヒントがいっぱい。

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ ブログランキングranQ Pet Links






最終更新日  Jul 25, 2008 08:13:07 AM
May 30, 2008
カテゴリ:雑記
じめじめしてます。ダルダルしてます。父が、部屋を模様替えしていて、積み上がった荷物を見てげんなり。私の荷物、多すぎ。これをまた片付けなきゃいけないのか…。出すのは父でも片付けるのは私。はぁ…。

甘え上手

結婚した友達とはなかなか会わないので、どうしても独身の女友達とばかり会うことが多いです。で、気付けば私の周りは結婚願望のある独身女の多いこと。三十路だしね。二十代の頃はまだ余裕があった気がするのですが、だんだん焦りが見えてきましたよ…。

なんかね。その友達同士は面識がなかったりするんだけど、結婚してない友達って、なんとなく共通点があるような、ないような。私も含めて。

こだわりがある。融通が利かない。ひとりで生きて行けそう…。

要するに甘え下手なんだよねぇ。。。

女は愛嬌って言うけど、三十過ぎても愛嬌、必要だよねぇ。。。

ちょっと固いビンのふたとか、力づくで自分で開けそうだもん、みんな。

ちょっと上目遣いで「開かない~」とか言ってる姿は想像できない…。


それって、結婚してないから強くなるのか、強いから結婚できないのか…。みんながみんな、昔から強かった訳じゃない気もする。そういう素質はあったけど。

しかし、ナゾなのは、結婚したい女がこんなにたくさんいて、きっとどこかに結婚したい男もたくさんいるはずなのに、なぜ出会わないのでしょうねぇ。出会ってても気付かないのか。

出会い下手でもあるのだな。

三十過ぎて独身で、会社で開かないビンを前に「開かない~」とか言ってる女は気持ち悪いかもしれないけど、目当ての男の前では「開けて~」と言ってみるのもいいかもしれない。目指せツンデレ。

甘え上手な女を観察すべし。そして、とりあえず外見も磨くべし。見本は沢尻エリカ? …ちょっと違う気もしますけど。

そうそう。ワガママ言って男を振り回すっていうタイプでもないのよね。独身女連。年下の男を思いっきり振り回してみてもいいよねぇ。…そんな器用なことできない人たちばかりだな。(どちらかと言うと振り回されている…)

とりあえず、結婚した人にはできないであろう独身生活を満喫するってのが一番いいと思ったりもするのでした。隣の芝生は青い! 結婚してから、あのときもっと遊んでおけば…って思わないように思いっきり好きなことしましょう。

チワワの小太郎は甘え上手なので、日々勉強させてもらっています。まず、父の顔を見たらかわいく首をかしげてみます。しっぽも振ってみます。目はきらきらしています。

そして父がソファに座ったら、目の前にお座りしてじっと父の顔を見つめます。

…するとなんとおやつがもらえます! たったこれだけ。師匠と呼ばせてくださいっ。

テキスト庵 人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ ブログランキングranQ Pet Links






最終更新日  May 30, 2008 06:13:46 AM

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.