000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

Google+

Aug 17, 2011
XML
テーマ:私のPC生活(7027)
カテゴリ:Google+
FacebookGoogle+の動向に注目しているんですが、いまのところどっちもどっちという感じ。あくまでも自分の体感ですが、ビジネス目的じゃない一般の人たちがFacebookに登録し始めている感じはします。その人たちはまだGoogle+の存在を知らなかったりGoogle+に登録している友人がいないだろうから、選択肢としてGoogle+ではなくFacebookを選んだというよりは友人や知り合いがいるから、という理由なんだろうな。

ぐぅ

とはいえ、私自身、Facebookはあんまり活発に使ってないので全体像がよくわかっていません。ニュースなどで、Facebookで盛り上がってなにかのイベントとかボランティア活動とかどこかの国のデモとかが起こった、なんて聞いても、「それ、どこのFacebook?」って感じなのです。盛り上がってても伝わってこないのがFacebook。ある程度、自分で情報を取りに行かないといけないんですよね。

Facebookでの「友達」も増えてますが、活発に使っているのはごくごく一部。みんな使い方に戸惑っているのか、ROMってるだけなのか、ログイン自体をしていないのか、よくわかりません。「いいね!」の付き方を見ていると見てるだけの人っていうのもあんまりなさそう。あ、これ、ビジネス目的じゃない「友達」の話。

Google+のほうも順調に登録者が増えてる気がします。こちらは、友達になるときに承認がいらない(Twitterのフォローと同じ)ので、気楽です。気が合えば、お互いのサークルに追加すればいいだけ(これで相互フォローになります)。Twitterよりはゆっくり話せて、和気藹々とした、まったりとした雰囲気です。

FacebookではFBページでオフィシャル情報、個人ページで私的情報、と分けています。個人ページは友人との交流に使いたいので、見知らぬ人と友達になりたくないし、情報を一般公開したくないというのが理由。しかし、そうなると、FBページを見ていない友人にはそちらの情報が伝わらないし、逆に私的な情報でもFBページに載せてもいいなということもあって、両方に投稿してしまうと両方見られてる人には二重投稿になってしまうという問題が発生。なんだかとってもややこしいのです。

Google+では、投稿ごとに「一般公開」や「限定公開」を選べるところがいいです。自分がサークルに追加していない人には「一般公開」の投稿しか見られません。なので、ミニブログ的に使っています。FacebookでいうところのFBページと個人ページが一体化している感じ。自分が見せたい人には個人的な投稿も見せられるので、友人には両方の投稿を見てもらえます。

Google+はまだトライアル段階だし、これから機能が追加されたり仕様が変更されたりする可能性もあります。使いやすさで言ったら、Facebookより使いやすいと思うのですが、Facebookのほうがいいという方もいるし、今後どうなるかわかりません。引き続き注目していきたいと思います。

↓FacebookとGoogle+の使い方、nanapiがわかりやすいです。
Facebookスタートガイド!最初の5ステップ
Google+の使い方徹底ガイド

↓こちらもおすすめ
Facebook公認ナビゲーション
Google+を2週間使って分かったこと、感じたこと15(Shin x blog)

※Google+、始めてみたい方はご招待します。メッセージなどでお知らせください。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Aug 17, 2011 05:59:19 PM


Aug 10, 2011
テーマ:私のPC生活(7027)
カテゴリ:Google+
Google+をどうやって使おうかなぁと考えていたんですが、(まさに)簡易ブログとして使えるのではないかと思って、空の写真とかお料理の写真を載せてみています。ブログとTwitterのあいだのような感じ。ミニブログ。プチブログ。携帯ブログに近いのかな。

稲穂

あんまり意識してなかったけど、「一般公開」にした投稿はGoogle+に登録してなくてもみられる模様。たぶん(→noriko v)。

一般公開したくない場合は、公開範囲を「あなたのサークル」や「友だちの友だちサークル」にしておけば、Google+に登録していない人には見られません。公開範囲はサークルごとに指定できるので、さらに公開範囲を絞ることもできます。サークルに登録するメンバーは自分で決められる上に(誰がサークルに登録しているかは通知されますが)どのサークルに登録されているかは相手には分からないので気楽です。

Twitterだと流れが速すぎてしまうし、Facebookだと友達向けになってしまってなんか違う感じだし(友達に空の写真見せてもねぇ…)、Google+は流れのゆったりしたTwitterという感じ。もちろん、それぞれで使い方が違うので、Twitterでもフォローしている人が少ない場合はゆったりしているのでしょうけども、私のタイムラインはものすごい速さで流れているので最近は開いたときにそこにあった粒(ツイート)しか読んでいません。粒との出会いは一期一会なのです。

Google+もサークルに入れている人(フォローしている人)が多いと流れが速くなりますが、それとは別に、普段は友達だけのサークルっていうのを中心にチェックしています。すると、けっこうゆったり読めるのですよね。友人たちのブログを巡回して全部チェックするのは大変なんですが、Google+にアップデートを載せてくれたり、短い近況を載せてくれたら全部まとめてチェックできるから便利なのになぁ、なんて思っています。

そういう意味ではmixiに近いのですよね。mixiだと友人の日記の新着が表示されたりmixiボイスに近況が書かれたりするので。ただし、友達関係をお互いに承認しあうようなうっとうしさがないところがmixiとは違います。

※専用URLで招待ができるようになりました。メールアドレスをお知らせいただかなくてもOKです。Google+招待ご希望の方はメッセージなどなんらかの方法でお知らせいただければご招待いたします。

↓Google+ってなに!? って方のための参考記事。
Google+ (グーグル プラス) プロジェクト
「Google+」日本語版をチラ見する 特徴的な「サークル」、話題共有が容易な「Sparks」(ITmedia ニュース)
Google+はフェースブックより「まともな」SNS(@シリコンバレーJournal )
Google+の使い方を徹底ガイド(nanapi)

猛暑復活で、あっつい。たまにはいいけど、連日となるとうんざりしてしまいます。この暑さ、いつまで続くんでしょう。お散歩コースの田んぼの稲穂が出てきました。暑いけど、秋が近付いています。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Aug 10, 2011 05:19:36 PM
Jul 22, 2011
テーマ:私のPC生活(7027)
カテゴリ:Google+
Google+TwitterFacebookの使い分けについて、悩んでる方が多いみたいですが、私自身はわりと自由にテキトーに使い分けてます。

おさんぽ

もともとそんなにヘビーなコミュニケーション目的で使っているわけでもなく、自分の言いたいこと書きっぱなしでコメントがあれば返信するというスタイルなのでどこに書いてもそんなに変わらないっていうのはありますけども、なんとなく、これはTwitterには書かないほうがいいかなとかFacebook向きかなとか、全部に載せちゃえとか、気分次第でお気軽にやっています。

Google+はGoogleのブラウザ、Chromeと相性がいいということでChromeを使い始めました。軽くていいです。で、Google+用の機能拡張でStart G+というものがあるんですが、これがかなりのスグレモノ。なんと、Google+のストリーム(タイムライン/ニュースフィードみたいなもの)に、Twitter、Facebookの投稿が全部流れて来きます。つまり、全部のタイムライン/ニュースフィード/ストリーム(名前は違えど同じもの…)が合体!

ここだけ見てればいいじゃん! って状態です。私の場合はTwitterのフォロー数が多いのでTwitterの投稿表示はオフにしてしまってますが、ぜーんぶまとめてチェックしたいって人には便利すぎる機能だと思います。Facebookの投稿にコメント、いいね!を付けられるし、Twitterの投稿に返信、リツイートもできます。Twitter、Facebook、Google+に同時投稿(投稿先の選択も可)もできます。

Google+を使わない、投稿しないっていう人でもTwitterやFacebookをチェックするクライアントアプリとして使えるんじゃない? とも思うわけです。しかもGoogle+は今後、他のGoogleのサービスと密接に連携しそうだからGoogleアカウントをフル活用している人にはいいかも。

mixiボイスアメーバなうなんかも表示できたら最強ですな。

(参考記事)
Chrome拡張「Start G+」を使ってGoogle+とTwitterとFacebookを同期する方法(nanapi)
Google+にtwitterとFacebookのタイムラインを取り込み更に同時投稿もできる最強のChrome拡張機能「Start G+」(Over the Vertex of Technology)
Google+を強化するためのChrome拡張機能.3「Start G+」(impresario)

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Jul 23, 2011 09:38:59 PM
Jul 20, 2011
カテゴリ:Google+
Google+のiPhoneアプリがやっと公開されました。NearByで自分のいる場所の近くにいる人の投稿が見られたり、Hudleっていう、グループチャット機能が使えたり。我が家からNearByで見ると、箱根旅行中の外国人の方の投稿が多くてなんだか楽しいです。

トレーニング

台風で断続的に雨降り。湿気がきついです。チワワの小太郎はお散歩に行けないのでおうちでトレーニング。…おやつをダシに、強制的にやらされております…。とやっ。

Google+、お試し利用のフィーバーが一段落して、小康状態という感じ。このあたりで新たな展開が欲しいところです。使い勝手はいいものの、お友達が増えないと面白くないのですけど、今は自分の友達を探したりフォローする(サークルに入れる)相手を見つけるのがちょっと難しい感じ。自分にとって興味深い投稿をしている相手をもっと簡単に見つけられるといいのにな。Twitterのタグみたいなのがあるといいのに。

感触としては、女性のほうが好意的な感じです。Facebook派な方々はさっさと離脱してる模様。ということは、Facebookとはユーザーがあまりかぶらないのかもしれません。それぞれに棲み分けるんじゃないかという気もします。Facebookとは違うんですよね。どっちかというとmixiボイスやTwitterに近い気軽さ。

それでいて、見せる相手を選べるので、プライベートなことも書けてしまう。Facebookも相手を選べるけど、Google+のサークルのように少人数のグループでは選べないし、気軽なことはわざわざ新たにグループを作って書くほどのことでもないし。そのあたりがGoogle+の特色なんだと思います。

Twitterは誰に見られてもいいような当たり障りのないこと、Facebookはもうちょっと踏み込んで、こんなニュースについてどう思う? この商品の使い勝手ってどうなの? 的なことを聞いてみたり、Google+はそれプラス、親しい友人たち向けにプライベートなニュースも書けてしまう。やっぱり、女子向きではないかと思います。世の女子たちがこれに気付いてどどどっとGoogle+を使い始めたらブームは来るのではないかと。まだわかりませんけどもね。

↓Google+の使い方いろいろ。随時追加されています。
Google+(プラス)のレシピ集

↓いろんな感想や使い方があって面白いです。
Google+ってどうよ(成功・失敗・雑感・予感) まとめ
Google+の楽しい・便利な使い方まとめ

(関連記事)
Google+は高機能なTwitter (へにょへにょ日記)

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Jul 20, 2011 04:01:58 PM
Jul 16, 2011
テーマ:私のPC生活(7027)
カテゴリ:Google+
Googleが始めた新しいSNSサービスということで、話題になっているGoogle+のβ版を使い始めました。正式版ではないということで、まだ招待制ですが、すでにけっこうな人たちが登録しています。しかも、思ったよりも高評価。

もにゃもにゃ

もうちょっと様子を見てからと思ったんですが、忘れないうちに思いついたところをとりあえず書いておきます。

↓まずは参考記事。
Google決算、2桁台の増収増益 Google+の加入者数は1000万人突破(ITmedia エンタープライズ)
「Google+」日本語版をチラ見する 特徴的な「サークル」、話題共有が容易な「Sparks」(ITmedia ニュース)
「Google+」法人アカウントテスト、申請が殺到--グーグルは取り組みを加速へ(CNET Japan)

Facebookは、ブームだブームだって周りが騒いでいても、実感としては全然ブームな感じがしなかったんですが(いまだにそうは思えない…)、Google+は公開されてから2週間くらいの短期間なのにどどど~~っと人が流れて行ってる感じがします。TwitterとかFacebookとかから。

公開前はFacebookの対抗馬という雰囲気が強かったですが、やってみるとFacebookとは別物。高機能になったTwitterという感じです。だから、Facebookに挫折した人や実名登録の壁で登録を躊躇していた人でTwitterにもなんか馴染めなかった、っていう人にはいいのではないかと思います。

Facebookのニュースフィードを模倣してちょっと失敗しちゃったようなmixiボイスですが、Google+の使い勝手はmixi並みにわかりやすいので、mixiユーザーも招待できます。Facebookは使い方がかなりわかりにくかったので、招待する気になれなかったのです。

mixiのコミュニティは最近は全然使っていないし、今見ているのは友人のボイスと日記くらい。あとはメッセージのやりとり。友人たちがGoogle+に移動したらmixiいらないです。たぶん。mixiはmixiの道があったと思うんですけども、ことごとく失敗してる感じですねぇ。

Google+は一応、実名主義らしいけれど、今の時点では別名登録可能です(そのうち審査が厳しくなるかも)。しかし、本名登録欄のほかに、別名(ニックネーム)の登録欄や違う読み方や旧姓を登録する欄もあるので、将来的には(というか正式版では)表に出る部分に表示されるのはニックネームで、プロフィール欄にのみ実名が表示される、という仕様になるかもしれないと淡い期待をしています。

で、Google+のなにがいいかって、「友達」って単語が使われてますが、「友達」になるのに相互承認がいらないのです。ここがTwitter的。投稿を読みたいユーザーを自分の作った「サークル」(グループや、Twitterでいう「リスト」みたいなもの)に追加するのですが、その時点で「友達」になります。が、一方的。

最初、よくわからなくて勝手に追加していいのかなと、ドギマギしていたんですが、「サークルに追加」っていうのは要するにTwitterで言う「フォロー」なのですね。なので、個人ページ(○○さん)のヨコに出てくる「○○さんのサークル」っていうのは「○○さんがフォローしている人」っていうことで、「○○さんをサークルに入れている人」っていうのは「○○さんをフォローしている人」(フォロワー)っていうことのようです。

Twitterなどで有名なユーザーだとすでに「サークルに入れている人」(フォロワーさん)が千人単位だったり。

どのサークルに追加したかは相手にはわからないようになっているみたいなので、自分で勝手にグループ分けできます。複数のサークルに追加することも可能。そしてもちろん、サークルごとにストリーム(Twitterでいうタイムライン、Facebookでいうニュースフィード)を表示できます。サークルの表示がひとつか全部か、じゃなくて任意の複数のサークルを選べるともっといいんだけど。

自分の投稿をどのサークルのメンバーに見せるかも投稿ごとに選べます。親しい友達だけに見せるとか、全体に見せるとか。逆にこのサークルにだけ非公開、っていうのが(まだ)できないみたいで、それができたら家族には見せない、ということもできるようになっていいかも。。。(この発想が日本人的な気もする)

そしてひとつひとつの投稿に「+1」(Facebookでいう「いいね!」)ボタンがついていて、コメントもつけられて「共有」(シェア)ができるところはFacebook的。mixiボイスにも似ています。リンクをつけたり写真を載せたりできるところもFacebook的。

つまり、いいとこどりなのです。それも、複雑にならずに、シンプルに必要なものだけいいとこどり。

全体的には、リスト分けできる高機能なTwitterという感じです。しかしGoogleさんですので、ほかのいろんなサービスとの連携も今後はあるでしょう。いまでも登録メールのやりとりの記録などからお友達候補をリストアップしてくれたりと(余計な?)連携サービスがあるらしいので、今後のリスクがわからないリスクはあるかもしれません(心配な場合は新たにGoogleアカウント取得して登録しておくのが無難かも)。招待状はGmailアドレス以外にも送れますが、登録にはGoogleのアカウントが必要になります。

招待状欲しい方はメッセージでどうぞ~。

↓使い方や機能紹介はこのあたりがわかりやすいのではないかと思います。
Google+(プラス)のレシピ集(nanapi)
Google渾身の新SNS「Google+」の主要機能を一挙紹介!(ライフハッカー)

↓名前の登録は悩みます…。
Google+で後から氏名を変えるのは大変ですよ(しゅうまいの256倍ブログ)

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Jul 16, 2011 05:54:08 AM
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.