3341058 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ほしあかりのノクターン -ピアノとわんことおうちの話-

PR

Profile


ふゆのほし

Calendar

Archives

Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020
Dec , 2019
Nov , 2019
Oct , 2019

Category

Free Space

Favorite Blog

昨夜は火球が New! 葉山ゆきおさん

もうすぐ14歳のひめ… ポンママ♪さん

急遽、フリマ出店~ 広海163さん

「第2回ジョイントコ… ムシクンさん

Avenue de 沙羅 沙羅74811さん
LIEBESTRA… ゆか(ゆかちん)さん
Sep 8, 2005
XML
最近、掲示板でひそかに盛り上がっているのが「クラーマー=ビューロー60練習曲」。私自身、ピアノを再開し、ツェルニー30番だ40番だと復習を続けていたのだが、練習メニューに本格的に取り入れたのが、縁あってクラーマー=ビューロー60練習曲だった。

クラーマー=ビューロー:60練習曲 〔全音〕
クラーマー=ビューロー:60練習曲〔全音版〕


しかし、周囲で練習曲に取り組んでいる人たちの声を聞けば、やはり練習曲集の定番、ツェルニーが圧倒的に多い。しかも、「ツェルニーはつまらないけれど、とりあえず練習しよう」といって実に後ろ向きな声まで。これはちょっと悲しい。

おっと、私は決してツェルニーに否定的ではない。ベートーヴェンなどの古典派の曲をバリバリ弾くならば、やはりツェルニーの練習曲は予備練習としてもかなり役立つのだ。技巧訓練に特化しているのも特徴のひとつだろう。そのせいか、音楽性に欠ける点は否めない。だから、ついつい機械的な練習に陥ってしまいがちだ。

そんな時に出逢ったのがクラーマー=ビューローだった。
実は私にこの練習曲を勧めてくれたのは、日頃、日記にコメントをくださる、みっとんさん。それまでクラーマーの存在こそ記憶にはあったものの、私は昔の練習方法をそのまま突き進み、ツェルニー30番→40番→50番の復習の道を歩くつもりでいた。しかし、当時練習していた他の曲との兼ね合い(当時、ロマン派や近代曲を好んで選択)もあり、クラーマーを勧めてくれたのであった。

ピアノ再開してまだ2ヶ月ほどの私には少々キツイかと思われたが、いざ弾いてみると楽しい。単なる練習曲が楽しいってこれ、どういうこと?

というわけで、何故、今現在、私がクラーマー=ビューローを続けていられるかを考えてみた。

・1曲が短い。やたらリピートが無い
・技巧面、音楽表現面、共にバランス良く学べる
・つまり旋律や進行に音楽性を感じる
・ツェルニー練習曲には非常に少ない「短調」曲がやたら多い
・バッハ的手法が各所にみられ、心そそられる
・ショパンの予備練習になりそうな音型がある
・時々、指の弱点をついたような箇所に遭遇すると、挑戦されている気分になる



とまぁ、私は結構惚れ込んで練習しているのだが、なぜか一般的な知名度はいまひとつ。どうしてだろう??
(勿論、音楽専門の道に進まれている方々はご存じだろうが)

難易度的にはツェルニー40,50番程度であるが、ツェルニー30番を終えてクラーマーに進んだという人も確かいたような記憶がある。あぁ、クラーマーも可愛がってあげて欲しい、そんなふうに思う私は、既に単なるクラーマー・フリーク?


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

おっと、前置きが長すぎた。読んでいる人は既に飽きているだろう。失礼した。孤独の戦士のごとく、日々クラーマーと格闘する私であるが、ここ数ヶ月、掲示板で練習曲仲間が出来た。これはとても嬉しいことだ。

更に話は発展し、いつのまにか「クラーマー友の会」を発足。これを機会にクラーマーをもう一度やってみよう、クラーマーってどんな練習曲だろう、ちょっとでも気に留めてくれる人が増えてくれると、更に嬉しい。

そんな会を作って何すんねん、なんて言わないで。
誰かが頑張ってると自分も頑張れるような気がする、そんな感覚だ。
それに、挫折しがちな練習曲も楽しくなりそうな予感が・・・・・する?

ただいま会員募集中。

特典は・・・・借金取立のような応援コメントがしつこく届くかも?(要らないって)


ただいまの会員は以下の通り
名誉会長:みっとんさん
会長:ふゆのほし
副会長:ピアノ大好きゆうちゃん
会員01:たこりん0906さん
会員02:かおるさん
会員03:ゆうたんさん
会員04:浜Qさん
会員05:Pianistたけみちゃん


誰?そこで「悪ノリし過ぎだよ」と言っているのは??




----------------------------------------------------
【本日のピアノ練習メモ】
本日のメイン練習
●ブラームス51練習曲 #07~#10,#15
#07:3度を4-1,5-1指で弾く運動。
#08:アルペジオ練習。
#09:各指を広げる運動
#10:5指押さえながら他指の均一運動。
#15:3指押さえながら他指の均一運動。

●クラーマー=ビューロー60練習曲 #18
#18:右分散音型練習。そろそろまとめへ・・・といきたいところだが、中間部における再現性無い音ミスがぽちぽちと発生するため、もう少し弾きこむこと。勿論、表現面も充実させて。

●バッハシンフォニア #01~#10
#01~09:ノーミスで弾ければ1回ずつ。ミスした場合は再復習。
#10:弾きこみ段階。そろそろまとめへ。

●ショパン 24の前奏曲 Op.28 #01
#01:テンポはまだゆっくり目ながら、本日からペダルも付加して弾いてみる。最高潮のff周辺、もう少し厚みのある音が欲しいところだが、まだまだ細々としている。

●ラフマニノフ 前奏曲 Op.23-5
通し練習、及び最も苦手部分である17~24小節、和音進行を丁寧にさらう。当面は進歩停止状態のままになりそう。

----------------------------------------------------
本日のおさらい
●クラーマー=ビューロー60練習曲 #08,#16(指強化メニュー)

----------------------------------------------------
本日の息抜きタイム(メイン練習の合間に息抜きを)
●ヒナステラ アルゼンチン舞曲から #01,#02
01年老いた牛飼いの踊り:11,12小節のリズムが崩れ気味なので、本日の練習後、テーブルを叩いてリズム練習をしてみる。明日には効果アリか?全体的には粋な娘の踊りよりも早く仕上がりそう。
02粋な娘の踊り:中間部後半の和音進行、まだ、あともうひといき。







Last updated  Sep 9, 2005 12:58:49 PM
コメント(39) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.