3347220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ほしあかりのノクターン -ピアノとわんことおうちの話-

PR

Profile


ふゆのほし

Calendar

Archives

Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020
Dec , 2019
Nov , 2019
Oct , 2019

Category

Free Space

Favorite Blog

全天候型散歩 葉山ゆきおさん

もうすぐ14歳のひめ… ポンママ♪さん

急遽、フリマ出店~ 広海163さん

「第2回ジョイントコ… ムシクンさん

Avenue de 沙羅 沙羅74811さん
LIEBESTRA… ゆか(ゆかちん)さん
Jun 19, 2009
XML
いつも発売を楽しみしている雑誌「レトリーバー」、毎回レトならではの特集記事がドドーンと組まれていて、ワクワクしながらページをめくる我が家の面々。

思えば雑誌レトリーバーを初めて手にとったのは、2005年12月号。あかりが生まれる1年も前のことになる。それからかかさず買っては、いつかレト暮らしが出来ることを夢みていたっけ。

実はその2005年12月号も、レトハウス特集。

当時、この特集をせっせと読みながら、自分たちのおうち構想を膨らませていたことをふと思い出してしまった。


今回の雑誌「レトリーバー」2009年7月号のレトハウス特集も、読者さんのアイディア満載なレトハウスが沢山掲載されているのだが、いやぁ、大きくとりあげられているレトハウスたちはいずれもスゴ過ぎて「ほ~~」「すご~~い」「へぇ~~」の言葉しか出てこないくらい。プールがあったり牧場があったり巨大スロープがあったりびっくりするくらい広い玄関があったり。

やっぱりレトを満足させるだけのおうちをつくるって、並大抵なことじゃないのね。


せまくたって一緒にいられればイイノって思ってね(09.06.19)



ただ、うちもあかりと暮らしてから現在のおうちを建てたとしたら、もうちょっと違っていたものになっていたのだろうな、と改めて思う。

あかりと暮らし始めてから数ヶ月後に検証したおうちのワン仕様の成功・失敗どころ、あれから更に月日を重ねて、当時とはまた違った意見が我が家内で出てきている。

・例えば、あかりのために良かれと思ってリビングの床材に採用した素焼き風タイル、フローリングほどではないにしても、結構滑ったり(パピー時代は滑りにくいと思っていたのに、成犬になってパワフルな遊びをするようになってきたせいもあり?)。あと、シミになりやすいのも気になるところだ。お手入れしやすそうで実はしづらい。

・腰壁も、ハウスメーカ標準の高さ(床から80cm)ではゴルには不足。現在じゃただの壁のアクセント程度にしかなっていない。とはいえ、この腰壁の高さをレト対応とすると、かなり高い位置になりそう?・・・って、これは壁に手をかけないように教えりゃいいだけの話だが。

・更には階段のカーペット仕様、とっても気に入っているものの、これは市販の後付けカーペットでも十分OKであることを実感させられた(値段対効果という意味でも)。

・屋上のタイル仕様、これは夏の日中はどうにも熱くて出られないのが現状。いっそ、人工芝カーペットでも敷くか?

こんな調子で、あげだしたらきりがないくらい。

でもまぁ一度で納得がいく「おうちづくり」というのは、本当に難しいものだ。
実際、あかりと暮らしていなければこれでも十分過ぎるおうちなのだけど、あかり視点で考えてみると、まだまだ満足度50パーセントにも満たない。


そうそう、「おうちにきちんとしたプールがあるっていいねー」って話をしたら、「メンテナンス費用を考えると、川遊びに出掛けるのとどっちが得かなぁ」とトーチャンがぽつりとつぶやいた。

家の近くに遊べる川があれば、断然川のほうがお得だろうが、うちの場合は車で1時間ほど走らないとダメダメじゃん・・・。まぁプールはプールの、川には川の、それぞれの楽しみ方があるけれどね。





今日も読んでくれてありがとうございマス。
結局いつも互いの息づかいを感じられる距離にいられればいいんだよね。特にゴルは。
どうぞ応援ヨロシクお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 ゴールデンレトリバー







Last updated  Jun 20, 2009 08:21:12 PM
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.