250501 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Fuzzyな見たり読んだり

2012年01月14日
XML
カテゴリ:映画・読書


  


  津波のシーンがあり
  ちょうど震災のころに上映されていたとかで
  すぐに国内の上映は中止になったらしい作品である。

  死者の声を聞けてしまうサンフランシスコの青年と
  臨死体験をしたパリの女性と
  双子の兄を亡くしたロンドンの少年と。

  人から理解されないまま苦しむ彼らが、
  偶然ロンドンで出会うまでがていねいに描かれる。

  
  個人的には、立花隆の「臨死体験」などをとても興味深く読んだくちだ。
  意味のある偶然 というのも、あると思っている。
  ‥‥その偶然を仕組んだのが霊的な存在だ 
    とは必ずしも思っていないけれど。

  
  兄を慕う少年が、いろいろな霊能者を訪ね歩き
  けれど、本物がいないということを知っていく絶望感は
  なんとも気の毒である。喪の仕事などと簡単に言えるものではない。
  彼を見守る大人たちの頼りなさ。(自戒しなければ、とも思う)

  
  死後の世界について語ろうとすると、やはり「イロモノ」みたいに
  見られてしまうというのはあるのだろう。今でも。

  そして本物の霊能者には、見たくない苦しみまで見えてしまうことがある。
  それもまた、理解しがたく、金儲けに利用されたりするのだろう。

  なんとなく精神を「内省」に持っていかれたかもしれない。
  知らなかったらシャマラン監督のものかと思ったかもしれないが
  クリント・イーストウッドの作品なのだった。



  






最終更新日  2012年01月15日 21時28分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画・読書] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


ファニーfuzzy

カレンダー

お気に入りブログ

切り替えていくしか… New! らぶりーたわ子さん

宮沢賢治ノート2 「… KUMA0504さん

コメント新着

ゆうり@ Re: 野田秀樹・「エッグ」 もう5月も末です!お元気ですか?今日は…
ファニーfuzzy@ Re[1]: 野田秀樹・「エッグ」(09/28) ゆうりさん  微妙なテンションでしたので…
ファニーfuzzy@ Re[1]: 野田秀樹・「エッグ」(09/28) ゆうりさん  卒業 おめでとう!!  卒…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.