267725 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おかみの日記

PR

プロフィール


くまよふ

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

全4件 (4件中 1-4件目)

1

釣り

2007.11.09
XML
カテゴリ:釣り
 「釣り工房正よし」さんの地磯情報を元に、西の磯1の地蔵バエに行ってきた。

場所は、白浜の海に向かって右手のちょっと回り込んだあたり。

しかし浜からは行けない。

jizoubae2.JPG

道順は以下の通り。

弘見から竜ケ迫に向かって進む。

途中の分岐を右に。

20071107_30.jpg

20071107_28.jpg

20071107_29.jpg

ここから約1.5Kmほど進むと、道の右手が切通しになって空き地がある。

そこに車を停める。

20071107_26.jpg

その向かい、道の左手が入り口。

20071107_27.jpg

大月に住んで十数年、ここに行くのは初めてである。

入るとすぐに分かれ道。

ここを右。登っていく。

20071107_25.jpg

林を抜け(注 写真は帰りに撮ったので逆向きです)

20071107_24.jpg

登り、下ると

20071107_23.jpg

海が見えてくる。

20071107_22.jpg

浜へ一旦降りるのだが、結構急勾配。

20071107_21.jpg

そこからいよいよ岩を越えていく。

行きは潮が引いていたので、浜を歩いていけたが、帰りは満ちていたので岩越え。

20071107_16.jpg

20071107_20.jpg

荷物を持っていると、ちょっと大変。

そしてさらに、ここを越えていく。

20071107_19.jpg

左にあるロープをつかんで登る。涙ぽろり(ちょっと怖い)

そこを越えると、いい雰囲気の釣り場が!!

20071107_12.jpg

今日のしかけはこんな風。

いつものに、ただウキがついただけ。
(釣り師の皆さん、笑い死なないでください)

20071107_17.jpg

いざ、勝負!!

20071107_13.jpg

足元はこんな。

20071107_14.jpg

無理すれば、もうひとつ向こうの岩に渡れるのだが

私たちはへっぽこなので無理はしない。(というか出来ない)

コッパグレかなにか小さな魚が見える。

時々エサトリらしきものが感じられるが、本格的なアタリはなし。

ダレる夫。

20071107_15.jpg

しかし、いい浜である。

シュノーケリングにピッタリだ。

白浜の向こうにサンゴがある!!と聞いたことがあるので、

恐らくサンゴが見られるだろう。

20071107_11.jpg

夏には絶対泳いでみたい。

と、いうことで、今日は何の獲物もなく撤収。

正よしさんの評価では危険度2であったが、思ったよりは大変だった。

地磯釣りに慣れている人には、どうってことのない所だろうが

初心者は気をつけないと危険だ。

車を降りて、歩いて15分。

ロッククライミングもして、本当にいい運動だった。フーッ!!




222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート






最終更新日  2007.11.09 11:47:01
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.07
カテゴリ:釣り
 大月に今年の春から出来た、釣具屋さんの紹介です。

つり工房 正よし

20070907_09.jpg

 住所 幡多郡大月町弘見2130-4

電話 (0880)73-1235  FAX (0880)73-1576

国道321号線、大月町役場手前です。

オーナーはタバコ農家もやっている谷 正美さん。

実はコスモス祭りの仕掛け人でもあります。

20070907_04.jpg

子供の頃から釣りが大好き。

大月の海を知り尽くしています。

「大月は魚種も豊富で、一年を通じて沢山の魚が釣れる場所。
釣りを通じて大月の良さを体験してもらいたい。」
とのこと。

釣りの相談に親切に乗ってくれます。

(今年の夏、はたごのお客さん、仕掛けまで作ってもらったそうです。
結果はもちろん大漁。)

ありがとうございます。大笑い

20070907_01.jpg

店内には、谷さん手作りの「浮き」。

20070907_03.jpg

谷さんちの、おじいさん手作りの「わらじ」等など。

waraji.JPG

大月の大物。

20070907_02.jpg

お手ごろ価格な釣り竿シュノケーリングセット
川エビ突きには欠かせない「チュン突き」も売ってます。

また、隣には弟さんのやっている「焼き鳥屋」さんもあります。

20070907_10.jpg

20070907_11.jpg

釣り道具と焼き鳥を持って、いざ海へ!!









最終更新日  2007.09.08 02:59:31
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.19
カテゴリ:釣り
 昨日釣りに行った。
例の泊浦の新堤防だ。

10人くらい釣り人がいて、女性も2人ほどいた。
(女性というかオバチャンは別べつに来たのだが、二人とも中村から来たそうだ)

風が強いので湾の内側に向かって投げる。

しかし当たりはサッパリない。

帰る人もチラホラ。
朝からきても全然釣れていないという。

どこからか三毛猫がやってきてスリスリと体を摺り寄せてくる。
みるからに栄養状態のよくない猫だ。

不憫なので、釣りえさのイカゲソをやる。
(今日のえさはゲソ)

「ええのは猫ばあーやねー。(いい思いをしてるのは猫だけだね)」
そう言いながらおじちゃんは引き上げていった。

あまりに当たりがないので、私達も向かいの旧堤防に場所を変えた。

すると・・・・・ゴンゴン当たりがある。

堤防のちかく2m位のところで確かに何かが食っている。

何回目かでググッとかかった。

よーし、今日はリールも直してもらったしバッチリだ!!
と巻き始めたら・・・・・・・・・
また前回のように巻き上がらない。

そうこうしているまに、魚は岩の下に潜り込んでしまった。
多分ガシラ(カサゴ)だろう。

ねえー、リール直してくれたんじゃないの?
夫にブーたれてみる。

あれは、緩んでくるから時々自分で締めてやらなきゃダメなの。

エーッ、聞いてないよそんなの!!

絶対それは私に釣らせまいとする夫の陰謀だ!!

現にその時も、彼にはあたりすらなかったのだから。







最終更新日  2007.07.19 13:04:30
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.23
カテゴリ:釣り
 近所の堤防に釣りに行った。

前回ミミズをエサにしたらボウズであった。(アタリはあったけど)

今回のエサはお昼用に捌いたムロアジのアラ。

堤防に着くと、いつもは何人もいるのに、たった一人しかいない。
嫌な予感・・・・・・・。

と、思ったが、なんと5分かそこらで私に大きなアタリ。
ところが、リールがボロッちいので、ギリギリと巻いても
魚が逃げるのと、せっかく巻いた糸がシャーっと伸びていってしまう。
つまり巻いても、巻いても、ちっとも釣り上がらない。

それでも必死に巻いて何とか上げることに成功した。

オ、タイじゃん。
養殖の生け簀から逃げたやつか、と一瞬思ったが、
よく見ると違う。

堤防で釣っていたおじさんがやってきて「これはキンメだ。」という。
キンメがこんな浅いところにいるはずがないからおかしいなあと思ったら
夫が言うには、こっちの呼び方で違う魚らしい。

どうもキントキダイらしい。
それにしても堤防のすごく浅いところにいる魚ではないと思う。
小魚の群れが回遊していたから、それを追ってきたのだろう。

体長27cm!!!
立派なものである。

その後夫がホゴ(カサゴ)の26cm、25cm、21cmと次々に釣り上げる。

私の方はすごいアタリがその後2回あったのだが、リールのせいで2回とも釣り逃がしてしまった。

夫の使っているいい方のサオだったら、リールもしっかりしているから
絶対釣り上げられたのに。
夫の陰謀である。

まあ、とにかく大漁だったので1時間30分で撤収。
帰り道にタヌキも見て大満足。

この様子はいずれHPに詳しく載せようと思う。














最終更新日  2007.06.23 09:24:56
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.