264594 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おかみの日記

PR

プロフィール


くまよふ

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

全10件 (10件中 1-10件目)

1

お遍路

2008.06.02
XML
カテゴリ:お遍路
 人間には好奇心がある。

見てみたい!!という極めて単純な心だ。

どうして見たいのかは解らない。

でも、出来ることなら見てみたい・・・・・・・。


20080521_09.jpg


卓球選手の四元奈生美さんが、お遍路で今歩いている。

四元さんについては「ハデなファッションの卓球選手」としか知らない。

でもすごいと思う。

あれだけハデな格好だったら、負けたらボロクソに言われそうな気がする。

それをあえてするというのは、自分で自分にプレッシャーをかけている訳で、

よっぽど自信がないと出来ないと思う。

なので特別ファンという訳ではないのだが、出来ればお見かけしてみたい。

情報によると「今日」、大月町の小才角から、幡多郷のある弘見まで

歩くそうである。

20080521_10.jpg


四元さんはてくてくブログを開設しているが、5月の19日で更新は止まったままだ。

私は時々チェックしていたのだが、そんな訳で彼女が今どこを歩いているのか

全く解らなかった。

それが、長男が情報をゲットしてきた。

彼の同級生のお母さんで、ものすごい情報通の人がいる。

どこから入手したのかしらないが、5月30日に大月のホテルに

泊まっているというのだ。

おお、それはすごい。

では、明日大月を歩くのだろうか?

偶然にも私にはそのホテルで働いている知り合いがいた。


20080521_11.jpg


さっそく知り合いに電話してみた。(物好き?)

しかし残念ながら、知り合いはちょうどその日、休みのシフトで

四元情報は何も知らないということだった。

ザーンネーン。


と、思っていたら、昨日の夜、その知り合いから電話がかかってきた。

「明日、大月を歩くんだって!!」

そっかー!!会えるかなー。


20080521_12.jpg


四元さん、今日はどんなファッションなのかなー。

(彼女は毎日服を変えているそうだ)

長男は卓球部なので、大月中で卓球とかサプライズでしてくれないのかなー。

サインとかどうしよう。



・・・・・・・・結末は、神のみぞ知る。




222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート






























最終更新日  2008.06.02 09:42:02
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.29
カテゴリ:お遍路
 幡多郷の隣にあるお遍路さんの休憩所「ヘンロ小屋2号」。

久々にそこの備え付けノートを覗いてみた。

すると5月3日に見覚えのある名前が!!

おー、Rさん。(ものすごく珍しい名前)

Rさんは、もう5,6年前に泊まってくれた若い女性のお遍路さんで

ものすごくよく覚えている。

大体、若い女性のお遍路さんは「はじけている人」が多い。

その中でもRさんのはじけっぷりは見事で、

本当に印象的な人だった。

彼女は細い体なのに15Kg(だったかな)のテントの入った重い荷物を

持っていた。

明るくて、よくしゃべる人だった。

ディズニーランドで秘書のような仕事をしていたとか、

苗字が変わっているので、会社の人にハーフだと冗談を言ったら

信じられてしまい、今更ウソと言えなくて困ったとか、

イギリスへ留学の際、大事な書類を失くしてしまい

ほぼ留学は絶望と思いつつ、お母さんと一緒にヘラヘラしながら

買い物をしてお父さんに怒られて、でも直前になって書類が出てきたとか、

あるところで宿泊のお接待を受けたら、朝出るときに

そこのおっさんにチューを求められたとか・・・・・・・etc


うーん、今思い出しても、我ながらよく覚えているなー。


彼女はうちに泊まった後、柏島でしばらくボランティアをしていった。



5月3日というと、うちが忙しさピークだった時だ。

予約も一杯で、もしかしたら電話を受けても気づかず

お断りしてしてしまったのかもしれない。


会えなくて残念だった。

でも元気でまたお遍路さんに来てくれて嬉しい。


5月3日に歩いているということは、

きっと、新しい仕事についてバリバリ仕事をしているのだろう。

そして結婚は・・・・・・・まだ、してないんだろうな。


またいつか会えるといいね。






222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート






















































最終更新日  2008.05.29 09:41:35
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.23
カテゴリ:お遍路
用事があって、朝、車で店の所を通りかかったら、

ちょうどお泊りのお遍路さんが出て行くところだった。

もう時間は、9時に近い頃だ。

普通お遍路さんは、朝が早い。

こんな時間に出て行くとは・・・・・・。

疲れているのだろうか?

それともケガか病気か、どこか具合が悪いのだろうか?

普段は自粛して、めったにお遍路さんには声をかけない私だが、

その日は状況から「声をかけてよし」と判断したので

車のお接待の声を掛けた。


するとお遍路さんは、まだ若い男の子であったが、

気持ちよく受けてくれた。

どうしてこんな遅い時間に出かけるのか?と聞いたところ

「何となく忘れ物をしたような気がしたので、

一旦出たけれど戻ってきたのだ。」という。

「何を忘れたの?」と聞くと

「いや結局、忘れ物はなかってんです。」


・・・・・・・・てことは・・・・・・・


これって私達(勝手に達にしている)の運命?!

彼とは出会うべくして出会ったってことよね。



私は目が悪いので解らなかったが、よく見るとハーフと見まごうようなハンサムである。

しかも身長180cm。

身長コンプレックス(自分がデカイので)の私としては、それだけで胸キュンである。



ああ、このまま愛の逃避行・・・・・・



・・・・・・・・・でも・・・・・・・・

・・・・・・・・でも・・・・・・・・


残念ながら彼は私の息子くらいの年齢であった。

チャンチャン。

しかし、彼は近頃の若者にしてはチャラチャラしたところがなく

とってもいい子であった。

「出会うべくして出会ったのだ」と主張する妄想オバハン(私)にも、

ちゃんと話を合わせてくれて、宿毛までの短いドライブはとても楽しかった。



ところが、そんなこんなでルンルンしている私に、

またしても夫が水を差すような余計な一言を!!

「お前、店のトイレ使ったか?」

「使わないけど。」

「誰かが使って、ウン○をした形跡がある。」

えー、ウン○!!


ということは、忘れ物ではなく、あのお遍路さんはウン○のため戻ったのか。

恥ずかしくて言えなかったのね。

運命・・・・ではなかったのか。

ちょっとガッカリ。

でも、いいの。

私と彼とはコレで「臭い仲」。

きっと「私達」にはこれからいいことがあるでしょう。

何たって「ウン」がついてるもん!!

お後がよろしいようで。




222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート










最終更新日  2008.05.23 08:52:18
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.14
カテゴリ:お遍路
先日そちら方面に行く用事があったので、ふと思いついて39番札所延光寺に寄ってみた。

駐車場に車を停めて歩いていくと、門の近くで中年男性のお遍路さんが二人話をしていた。
お参りをして(その間約10分くらい)戻ってくると、さっきのお遍路さんは一人になっていた。

するとその人が「どちらからですか?」と声をかけてきた。

その日の私の出で立ちは、紺のハンチングにカンゴールのベスト、
ピンクのチェックのボタンダウンシャツ、ブラッパーズのスリムジ-ンズ、
リーガルのタッセルシューズ、
それに荷物も持たず車のキーを片手にブラブラ・・・と、
(どうみてもジモピーでしょ)という格好であった。

(ジモピーに見えないのかなあ?)と、いささか不思議に思いながらも
「地元の者です。」と返事をした。
 
するとそのお遍路さんは、
自分は○○からやってきて、逆打ちである。今回は区切りで回っていてここで終わり、
これから中村まで帰るのである、ということを一気にしゃべった。

それを聞きながら
(そうか、今日は暑いし、区切りも終わったのなら車のお接待も受けてくれるだろうから
本当なら車に載せてあげたい、でも宿毛に帰る私とは反対方向だなー。)と思いつつ
「今年は逆打ちが多いですね。」と言った。

言いながら、(でもあれかなー。最寄の駅までのお接待という手もあるなあ。
えーっとここの最寄駅だと、どこになるのだっけ?)と考えていたのだが、
突然そのお遍路さんは
「そうですね。じゃ、失敬。」と歩きだしてしまった。

会話の流れから言うと、まだしばらく話は続くはずなのに、
それが本当にブチッと会話をブチ切ったように話が終わってしまった。

咄嗟に、これは?!と思った。

アレか?変則的ヒッチハイクか?

いや私は別にそれがいけないとは言わない。
区切りも終わった、しかも今日は非常に暑い、快適な車で戻りたい・・・・
そう思うのは人情だと思う。

が、ねえ、話しかけてきたのはそっちなのよ。

せめて(僕はただ何となく話しかけたくて声を掛けたのですよ。)という態度を
最後まで貫いて欲しい。

せめてそれくらいは「変則的ヒッチ」のエチケットではないかと思うのだが。

そうでないと私のような小心者は
(私は今お遍路さんに対して、あれは変則ヒッチハイクという判断を下してしまったが、
もしかしてそれは私の邪推であって、本当にただ話しかけてきただけなのかもしれない。)

(いや、でも私の直感だとあの態度は確かにヒッチだ。)

(いやいや、そんなさもしいことを考えるお前の心根が間違っているのだ。
そもそもお遍路さんに対してそんなことを考えてバチでも当たったらどうする)

などとあれこれ煩悶してしまうではないか。
ああ、今夜も眠れない。(zzzz・・・・・)





222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート








最終更新日  2008.05.14 17:41:42
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.17
カテゴリ:お遍路
 つい1週間くらいまで、昼間は半そでTシャツ1枚で過ごせたのに

あっという間に寒くなった。

昨日の昼間の服装はというと、

長袖Tシャツ、タートルのフリース、同じくフリースのジャケット。

昨日は寒かったー。

ついに省エネの我が家でもコタツを出した。

秋がなく、夏からいきなり冬になった感じ。

こう寒いと、野宿で回っているお遍路さんも大変だろう。

そういえば、先日、お遍路のKさんがやってきた。

この人は、主に野宿で回っているのだが、時々うちに泊まってくれるお得意さんだ。

新聞紙を沢山持っていたので聞くと、

「寝袋を持っていないので、寒いときは体に巻く」そうだ。

大丈夫なのかなあ・・・・・・・これから寒いよ。

そんなKさんの夢はロバと一緒にお遍路をすることだそうだ。

Kさんによれば、ロバはおとなしいし、フンの始末も簡単だし

一緒に回る動物としては最高のものらしい。

それにロバと一緒に寝たら、暖かいしね。」だそうだ。

想像すると、なんだか童話の1シーンみたい。

これからどんどん寒くなるからね。

Kさん、早くロバと一緒にお遍路できるといいですね。





222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート







最終更新日  2007.11.17 08:55:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.15
カテゴリ:お遍路
 うちに泊まったお遍路さんが、「赤泊の浜に至るへんろ道の入り口が解らなかった。」

というので、草刈に行ってきた。

ほかにも手前のところで、立て札がグラグラしているところがあったので、

こちらも合わせて直すことにした。

現地到着。

この右手の入り口のところの立て札を直す予定。

20071015_10.jpg

20071015_09.jpg



まずは草刈。

20071015_11.jpg

看板を立て直そうとするが、下が岩盤なので、石を砕いて回りを固め固定する。

20071015_12.jpg

せっせ、せっせ。

完了。(画像取り忘れ)

次のポイントに。

20071015_13.jpg

上矢印確かにこれじゃ解らん。

立て札も、木の枝に吊るされている札も、何も見えない。

草が茂っているので、運転手の夫は見過ごし、行き過ぎる。

って、うちらが見過ごしてどーする!!

手順はさっきと同じ。

草を刈る。

20071015_14.jpg

看板を立て直す。

こちらは下が土なので、コンコンと打ち込んで終了。

20071015_15.jpg

さっぱりしました。

帰りに大浦の集落にちょっと寄る。

知り合いのおばあちゃん宅に寄ると、膝が痛くて、今回は5回も水を抜いたという。

漁協にも立ち寄る。

地元もへんろ道保存協会の会長さんと、少し話しをする。

整備もしたいが、年寄りばかりなので、なかなか思うように出来ないとのこと。

さっきのおばあちゃんのことを思い出し、そうだろうなーと納得。

おまけの画像。

浜の近くのおへんろさんの休憩所。

今日は海も空も真っ青だった。

20071015_16.jpg



222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート










最終更新日  2007.10.15 14:50:13
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.12
カテゴリ:お遍路
 久しぶりにお月山神社への「へんろ道」を歩いてみた。

20071012_09.jpg

草が生えているかと思ったが、全く問題なし。

十文字峠を過ぎて、川沿いの道に、いろんなキノコを発見!!

20071012_10.jpg

上矢印これ多分毒!!

20071012_12.jpg

上矢印これも多分毒!!

20071012_11.jpg

上矢印これは多分おいしい!!(と思う)

川沿いの道に、地元の人が作ったと思われる柵が新しく設置されていた。

20071012_13.jpg

川はおとといの雨で増水していた。

20071012_14.jpg

お月山神社に到着。

帰りは車道を通る。

ハマナデシコが綺麗に咲いている。

20071012_17.jpg

キャッホー!!と喜ぶ犬。

20071012_15.jpg



ススキの野原の向こうに海が見える。

20071012_16.jpg

今まで1回も行ったことのない海だが、今日は初めて海まで降りてみた。

20071012_20.jpg

秘密の通路のような道を降りていく。

それにしても大月は、
どうして山の中にこんなに石垣が多いのだろうか?

千葉県民には信じられないくらい、一歩山に入ると石垣だらけ である。

浜に降りる。

20071012_19.jpg

ここが「桃色浄土」の舞台だと思うと、ちょっと怖い。

あの岩が小説に出てきた、猪岩なのか?などと思う。


崖は険しい。

20071012_18.jpg


休憩所で一休み。

20071012_21.jpg

片道30分の往復1時間。

落ち葉の道はフカフカして、膝にとっても優しかった。



天気の良いせいか、ものすごく気分のよい散歩であった。



222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート









最終更新日  2007.10.12 23:57:15
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.23
カテゴリ:お遍路
W大の院で、へんろ道を研究している方が2名、調査にいらした。

いろいろ聞かれたのだが、こちらの勉強になることも多々あった。

その中で一番参考になったのは、「正規」のへんろ道ではないへんろ道の話だ。

大月には、お月山神社の方向とは全く関係ないところに、へんろ道があるらしい、
という話を前から聞いていた。

どうして、そんな変な方向にあるのか、ずっと不思議に思っていた。

また、この前、探しにいった林道「焼山三角線」。

あそこの道端にあったのは、どうもへんろの墓のような気がする。

そして、あの道もまた「へんろ道」のような気がする。

根拠は・・・・・・勘だ。

でも私の勘は結構当たる!!

が、そこも、札所と札所の位置を考えると、全く効率のよくない
(というか、すごく遠回りの)ルートなのだ。

どうしてなのか?

その疑問が解けた。

昔、ハンセン氏病や、なんらかの理由で村を追われた人がへんろになった。

そういう人達は正規の道ではない、へんろ道を歩いたそうだ。

ハンセン氏病の人は「かったい」と呼ばれたそうだ。

今でも、そのような道は「かったい道」として残っているという。

ものすごく悲惨な話だ。

今では、あまり知られていないが、きっとそのようなことは沢山あったのだろう。

時間があったら、一度調べてみたいなと思った。





222.GIF左矢印人気ブログに参加しました。ポチッとよろしくハート






最終更新日  2007.09.24 02:12:49
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.14
カテゴリ:お遍路
 大月町道の駅にて、昨日から「月山神社の天井絵」の写真展が始まりました。

P9140049.jpg

1階お土産売り場奥です。

P9140031.jpg

P9140028.jpg

謎の絵師、絵金の絵もあります。(写真撮るの忘れました)

友竹斎の名前で、出ているはずです。

探してみてください。

ついでに、こんなものも発見。

プチモだそうです。
(プチモって何?)

20070914_09.jpg

コスモスのTシャツ。

20070914_10.jpg

これ、てっきり町で作っているのかと思ったら、
個人で作っているそうです。

今まで、何となく、そういうものは「おおやけ」でなければいけないかと
思っていたのですが、考えてみれば個人でも問題ないのですね。

ウロコがポロポロと落ちた朝でした。






最終更新日  2007.09.14 13:02:30
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.12
カテゴリ:お遍路
 はたごの横に、お遍路さんの休憩所、「ヘンロ小屋」がある。

そこのベンチの足が腐ってしまった。

正確にいうと、腐ったというより、アリにやられたのだ。

アリが木をかじって、中に巣を作ってしまった。

それにしても、(モハメドじゃなくても)アリは強い!!(古い)

殺虫剤を撒いても、死んでいるのは、クワガタやカブトばかり。

なんと、アリだけでなく、他の虫も住んでいた!!

しかしねー、アリはともかく、クワガタやカブトなどの
身分の高い(?)虫まで、何でこんなところに住み着くかね?

山が回りに腐るほどあるっていうのに。

ご利益目当て!?

とにかく、再度の殺虫剤攻撃もむなしく、腐り続けるベンチの足。

20070908_16.jpg

20070908_18.jpg

仕方なく、ブロックで作り直すことにした。

20070910_10.jpg

それにしても固い!!

この木は、知人の山から切り出してきた「樫の木」なのだが、その固いこと、重いこと。

昔の人は、よくこんなもので巨大建造物を作ったものだ。

足を取り外したら、またクワガタが1匹出てきた。

20070910_09.jpg

ノコギリでギコギコと「コの字型」に、ベンチの本体に切り込みを入れる。

そこに、スポッとブロックを嵌めて出来上がり。

20070910_12.jpg

これで一安心。

腐ったベンチで、お遍路さんがケガでもしたらと、ヒヤヒヤしていたのだ。

ところで、この修理をしている最中、左足の付け根に
ビリビリっと電気が走ったような痛みが何回かした。

「神経」のせい?と思ったのだが、
その後、1日経ったら横一列に4ケ所くらい腫れていた。

多分、ムカデにやられたのではないか?

足を這い上がる気配はなかったので、ジーンズの内側を這い上がったのだろう。

ヤツもベンチの足の中に住んでいたらしい。

最後のレジスタンス。

話は逸れるが、昨日ネットで「一日1ドルの生活」というサイトを見た。

インドのボンベイの国立公園の中に、貧しい人達がスラムを形成していて、
それを立ち退かせようとする政府との対立を描いた話だ。

彼らは無理やり立ち退かせようと言う政府に対して、
人間の鎖で抵抗したそうだ。

インドの場合は、確かに政府が悪い。

この人達は行くところがないのだから。

しかし、ムカデよ、お前はいくらでも行くところはあるだろう。

立ち退きを強行されたからといって、刺すのはヒドクないか?











最終更新日  2007.09.12 10:06:26
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.