000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

わさびは20倍良い

わさびに多い抗酸化成分イソシオシアネートは、老化を予防し、生活習慣病の発生を防いでくれる。
(6月9日おもいッきりテレビでもやっていました。)

イソチオシアネートは、肝臓の解毒酵素の働きを良くして、有害物質を無毒化するのに役立つ。野菜類で同様の解毒力が一番高いワサビの有効成分としても注目されている。発汗を促すことも知られています。


イソチアシオネートは、わさびには、ブロッコリーの20倍以上が含まれているそうです。

また、イソチアシオネートは、野菜ではアブラナ科の野菜にか含まれていなくて、が良いそうです。

■イソチオシアネートってのは、アブラナ科にしか含まれない?
アブラナ科は野菜の辛味成分「イソチオシアネート」を含んでいる。これは唯一アブラナ科の野菜にだけに含まれている。 大根の辛み、わさびの辛み。 辛い野菜ほど多く含まれていて、最近はイソチオシアネートが、ガン細胞の発生を抑制する働きを持っていることも分かってきた。

辛味成分「イソチオシアネート」は肉食でドロドロになった血をサラサラにしてくれるし、脳溢血や脳血栓の原因になる血栓を予防する働きもあるそうだ。

コレステロールや血圧が気になる貴方や、生活習慣病が気になる貴女は、アブラナ科の野菜を意識して多く摂った方が良いのです。

そして、アブラナ科野菜を食べる時には、よーく噛むこと。 
イソチオシアネートは野菜の細胞を砕くと吸収しやすくなるから。 だから野菜ジュースも効果的だ。



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.