000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

果物や野菜で骨が強くなる

 果物や野菜を沢山食べると背骨や太ももの骨を丈夫に保てることがイギリスの研究グループの調べで分かった。
 骨の強さの指標となる骨塩量を調べると、骨の成長期にある16~18歳の男女、そして骨が段々衰えていく60歳以上の女性で、果物や野菜の摂取量が多いほど骨塩量が多いという関連がみられた。
 これは「ビタミンCや果物に多い抗酸化物質が骨の形成に関わっているため」という。
 果物の摂取量で3群に分けると、一番多く摂っていた群で1日のビタミンC摂取量は平均156mg。日本人の30代女性の平均摂取量は97mg。あと59mg追加するには、キウイフルーツなら1個、パパイアなら2分の1個食べればよい。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.