000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

モニターをマルチに

モニターを追加増設すると作業がしやすくなります! 皆さんは、ブログを書いたり編集したりする時、ディスプレー画面が狭いと思ったことはないですか?   マルチディスプレイ 普段わたし達がパソコンを使うとき、一緒に使うモニターや液晶ディスプレイの数は1台です。 その台数が2台以上になった時、WindowsXPやWindows2000が複数台のモニターを管理する機能があります。 その機能を 「マルチディスプレイ」 と呼びます。  複数台のモニターを同時に使うメリットは、「増設モニターにどのような画面表示をさせるか」によって、色々考えられます。
そこで、お勧めするのが、私自身使っていて、とても便利なディスプレイ2台というやり方です。 下の写真のように「増設したモニターがメインモニターの横や縦につながった。」 使い方です。 デスクトップ領域 (モニターの表示範囲) を作業机に置き換えて説明すると・・、
1台の机の上に収まりきれないほど、資料がたくさんある。 ↓ 面積が足りないので、資料が重なりあう。 ↓ ノートに記入するときに作業スペースが必要なので、閲覧していた資料を片付ける。 ↓ 効率が悪いので、もうひとつの作業机を持ってきてくっつける。 ↓ 作業面積が広くなったので、資料を開きながら書き物ができる。
このように、作業スペース(表示領域)を広げる使い方を 「マルチデスクトップ(拡張デスクトップ)」 と呼びます。 マルチディスプレイ2 この他にも、増設したモニターにメインのモニターと同じ画面を表示させる使い方もあります。 つまり、「全く同じ画面表示をさせる」 使い方です。 このような表示方法を 「クローンデスクトップ」 と呼びます。 プレゼンテーションなど、相手に自分の見ている画面を説明するのに効果的です。   明日は、簡単にマルチディスプレイ化する方法をご紹介します。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.