538103 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 ニダイメ的シテン

PR

Profile


二代目@ひこわ

Calendar

Category

Free Space

yellow_ribbon

the_sound_of_freedom.gif

opsec-poster.jpg

Freepage List

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Comments

kazu@ 新年明けましておめでとうございます。 先日は大変美味しいラーメンをご紹介して…
二代目@ひこわ@ Re:ホモの黒い三連星(12/22) >kazuさん え~!?明日、ビッグに…
二代目@ひこわ@ Re:むむむ!?(12/23) >kazuさん トリイの小さな翼に、た…
2007.10.06
XML
CLUB IWAKUNI BALLROOMで行われた『BEER FESTIVAL』へ参加することができました。
価格は25$で世界中のビールが飲み放題で料理も食べ放題!
友人であるのDanielのメールには"Be ready to drink HA HAHAHAH!!!"とあり、
かなりヤル気のようで少々不安もありますが、MPがMPの世話になることも無いでしょう。

Beer Festival
Beer Seminarを前に多くのビール好きが集まっています。
向こうではシェフが炎を上げながら色々なメニューを調理しており、
それを小皿に頂きましたが美味い!

Beer Festival
会場には氷でできたオブジェも用意されていました。
後にテラスでバラバラになっていましたが・・・

Beer Festival
背中の文字にヤル気を感じます。
アメリカ人は着るもので意思表示をよくします。
ちなみに基地司令官であるオハローラン大佐はお酒のグラスがプリントされた
オシャレなアロハシャツを着ておられました。

Beer Festival
アメリカ人が集まると、だいたいブタさんが何頭か犠牲になります。
友人のDanielはこのPig Headを二つもらってました。
帰ってスープにするんだとか・・・(本当は困っていただろ?)

Beer Festival
テラスに出てみると外はまだ明るく、まったりとした時間が流れます。
手前に座る二人組みの左側のGuyは数時間後に右側のGuyに怒られながら
フロアを掃除していました。

Beer Festival
何をするにもフェンスの向こう側では特別です。
目と目が合えは微笑んで「Hi!」と何とも感じの良いアメリカン。

Beer Festival
友人のDanielがお気に入りのビールを持って。
味は濃いくて私には拷問のようでした。

慣れないビールをたくさん飲んだ後、階下の酒場で飲んだCherry Cokeの美味かったこと!
酒場では常連のRockyさんが一人、カウンターでバーテンのYossyさんと。
このところ賑わう酒場に当たらない私ですが、やはりこの空間が一番好きです。

夜も更け、場所は2Fの酒場に移り国際討論会の始まり。
RWY20END、スポーツ公園からの撮影についてどのような見解なのか尋ねると・・・
公式の回答ではないのでここでは伏せますが、気にし過ぎですよ。

帰りはMPのパトカーで送ってもらいました。
目の前を通りかかったパトカーを「Stop!」と一声で停止させ、
乗っていたNew Guyに「Get Out!!」と降ろし、私を乗せてくれました。
「Sorry guys...」と言う私に「No Problem」とDanielは言いますが、気は悪いです。
ゲートを通過する時も一旦停止することなく通過し、すげ~!!

今回もたくさんの経験ができたフェンスの向こう側でした。
Thanks Daniel,Eddie and Chris.
Meet in Hiroshima next time.






Last updated  2007.10.07 14:21:48
[MCAS Iwakuni(岩国基地)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.