788630 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

あの女 またしても

「なーに、やってんの。」

またしても息をのむ。夢の中で、いろいろ言っていくあの女ではないか。

「どうしてあんたがここに?」
「そんなことよりも、あなたね、いろいろと考え込まないことよ。」

その女は、バックから見たことのない外国産だろうか、たばこを取り出した。そして、ポンポンと銀紙の箇所を指でたたいて、そのうちの一本をとりだすと、100円ライターで火をつけ、口にする。

軽くひとくち吸い込み、ふーっとはきだした。

「ちょっとねえ、会社内は禁煙なんだけど。」

女は柴の言葉を無視するかのように続けた。柴はなんと自己中心的な女だ、と思った。

そういう女は、柴は得意ではなかった。

「あの女は、しっかりとつかまえておかなと駄目よ。あなたのためなんだからね。」
「あの女って、松林のこと?そんなことわかってますよ。いわれなくたって。」
「そうよ。ああいうことにもなったんだし。」

女のはきだす紫煙が、いつもは無臭なオフィス内にほのかに漂いはじめた。柴の鼻にも伝わってきたが、ただ、普通のたばことは違うような感じがした。

「灰が落ちるじゃないですか。カーペットに跡がのこるとヤバいですよ。でも、ああいうことって、なんですか。」

柴自身、あの経緯が夢か現実かわからなくなっていた。

女は、バックから小銭入れ大の吸い殻入れをとりだし、3センチほどになっていたたばこの先の灰を、人さし指でポンポンと落とした。そして、また口につけて、こんどは深く吸い込むと、ふーっとはきだした。

「自分が一番、よく知ってるでしょ。」

女は、事務所のなかを歩き、部長のデスクに座り足を組んだ。スレンダーな足で、まるで、柴を挑発するかのような組み方だ。

「ここが、意地の悪い部長さんの席ね。」

何をいわれても、柴は驚かなかった。言うに任せるかたちであった。

「さ、てと、くれぐれも宝くじと地球最後の日は忘れないでね。じゃあ、行くわね。」

柴は金縛りにあったような感じに見舞われた。声をだして呼び止めようとしたが、またしても声がでない。足も動かない。

その金縛りがとけたのは、女がいなくなってしばらくたってからだった。

しかし、あの女は何者なんだ。道路に面した窓から下をしばらく見やったが、女の姿をみることはできなかった。

そのとき、柴の携帯が鳴った。







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.