789067 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

ある噂

朝、目をさましたとき、瞬間的に頭のなかが空白になる。そして、ああ、きょうはあれをやらないと、とか、きのうのことを思い出したりする。

思い出すのが、いいことならいいのだが、いやな事なら、朝からため息のひとつもでてくる。

柴もおきて、昨夜のことを思い出したが、それが自分にとって、よかったのか、悪かったのか、どうにも分からなかった。

それでも、いつものようにパソコンをたちあげ、ふとんにまた、潜り込む。

携帯電話をとって日にちを確認する。

きのうから、一日過ぎている。当然といえば、そんな当然のことが、妙な安心感を柴に与えていた。ある意味で、いつもの日常に身をおくことが、どんなに平穏か。

柴は、メールをチェックする。さしたるメールはなし。銀行口座をチェックする。カード決済の日であり、おちたことをみて、ほっとする。

落ちている。

3万4320円。会社の歓送迎会の幹事をやった際、カードをつかった分の引き落としだ。

残高を見る。94万5235円。

あのスクラッチの当選金だ。思い返して、カバンを手にとる。しっかりと、宝くじがおさまっている。

給料前の柴にしてみると、珍しい金額だ。


そして、松林のことを思い出す。

また、うとうととしだす。おっと、やばい。


起き上がると、冷蔵庫からパックの牛乳を取り出し、グラスに注ぐと、口をタオルで拭い、部屋をとびだしていった。頭は寝癖がついたままだ。

それに、着替えずに寝たから、スーツもしわだらけになっている。

駅に向かう途中、コンビニのガラスに映った自分の姿をみながら、手で撫でつけるようになおした。

いつもは、あまり身なりに気をまわす柴ではないのだが、それもこれも松林の存在が大きい。

「おう、くたびれた格好してるな」

新宿駅の改札をでて、地上にでたところで、小田急からおりてきた同僚の川島に声をかけられた。

「おはよう。」

川島は、境部長が引っ張ってきた。前は、証券会社系のシンクタンクにいたと聞いた。

年齢は柴と同じだが、柴としては、さほどの能力の違いはないと思うのだが、部長の境は、川島をひいきにしている節がある。

「きょうの会議資料大丈夫なのか?」
「もちろん、あんなもん軽いもんさ。」

そのとき、一人の女性が二人を足早に追抜いていった。

松林だった。

「あれ、経理にはいった新しいやつじゃないか?」

「そうか?」

柴はとぼけた受けごたえをした。

「あの女、専務の女らしいな。」


柴は言葉を失った。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.