791723 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

ふたたび上井草へ

「へえ、あの女がね」

柴は、そういうのが精いっぱいであった。というよりも、それ以外のリアクションを頭のなかでとっさに用意できなかった。

専務の山崎。プロパーで引き抜かれて出世街道をトントン拍子ですすんできた。次期社長候補の一人だ。その山崎の女?

「おい、柴君、書類はできているだろうね。」

ぼーっとしていたが、境の言葉で我に返った。境は自分の席でメールを見ながら、声をかけた。

「だいじょうぶです。」

そういうと、柴は部長のフォルダーをクリックし、昨夜、確認したファイルをそのなかから呼びだし、プリントアウトして、部長席に持っていった。

境は、ひととおり、みると、

「じゃあ、これを10部用意しといてくれ。12時半にでかけるからな。」

柴はとりたてて、キャリア指向というわけではない。かといって、今の状況に満足しているわけでもない。

そつなく仕事をこなし、いろいろ将来を考えたいと思っていた。

そこへ、あの夢の女、宝くじ、そして松林。

いまは、朝の川島の話もあって、逆に松林を強く意識するようになってしまった。

その日の夕方だった。会議の報告書を、柴は残業で取り組んでいると、松林が経営企画の部屋に入ってきた。

「どうした?」
「ううん、なんでもないんだけど。ちょっと心細くてね。」
「また、夢でもみたか?」
「そんなじゃないわよ。あなたが、わたしの部屋にきた日のこと、ふと思い出したりしたわけよ。」

柴は、あとA4半分ほどで終わるところであったが、手をとめて松林をみた。

「あとさ、15分くらいで終わるからさ、下で待っててくれないか?」
「わかったわ。」

その日、とくに何があったわけでもないのに、社員の帰りが早く、7時半というのに、会社はすでに柴だけになっていた。

松林が経理の部屋のドアを締め、エレベーターホールに歩いていく音が、柴の耳に聞こえてきた。

「どうしたんだろうか?」

愛人の話そのものよりも、松林の寂しそうな表情が気になった。

結局、10分ほどで仕事を片付け、報告書を部長にメールで送り、パソコンを閉じた。

電気を消し、部屋のセキュリテイー装置を稼働させ、下におりた。

ビルの一階におりてみると、松林の姿がみえなかった。

「どこにいったんだろうか?」

あの寂しそうな表情が気になってしかたがない。ビルの前の量販店は、閉店が9時だから、まだまだ、客足は途絶えていない。

しばらく待ってみた。しかし、30分待っても、松林はかえってこない。

ちょっと、もやもやした心持ちになったが、これ以上待っても、どうなるものでもなさそうなので、会社のビルを離れた。

量販店の店頭は、携帯電話の最新機種がならび、各電話会社のウインドブレーカーを羽織った販売員が、売り込みをしている。

衝動的に、一台の携帯電話が目にとまった。いま使っている携帯電話と同じ電話会社のもので、最新型だ。そして値段も少し高めだったが、すっと買ってしまった。

店員はいろいろ説明をしようとするが、柴自身は、自分でさわって覚えるたちなので、とにかく、機種変を迅速にやってくれと依頼した。

そして30分ほど所要時間がかかるというので、近くの書店に行って時間をつぶそうとしたそのときだった。

『松林だ』

そばに、山崎がいる。会社の上司と部下以上の雰囲気を感じた。あわせて、会社の近くで大胆な女だ、とも思った。

その表情は、つ550分ほどまえにみせた暗い表情が別人のように感じられた。

逆に見られてまずいのは、その二人のはずなのに、反対に、柴が携帯電話会社の大きな看板の影にかくれて二人をみやった。

やっぱ、そういうことか。


柴は、携帯を受け取って、その量販店をでた。

そのときだった。

まだ、セットアップもしていない携帯のメール着信の着メロが鳴りだした。

あわてて、その量販店の紙袋に入った携帯をとりだした。濃いめの赤い折り畳み式の携帯をあけて、メールをみる。

「宝くじと地球消滅忘れてないわね?」

忘れているわけではなかった。しかし、このときは、そのメールの不可思議さよりも、松林のことが気になってしかたがなかった。

松林の家にいってみよう。

気がつくと、柴の足は西武新宿にむかっていた。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.