788392 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

「でもさ、どういしてこういうことになっちゃったのかしら。」

「デジャブってのか。SFとかで、よくある。でも、ふたりそろって、ていうのも、どうなんだろ。」

松林は、冷蔵庫から缶ビールを二缶とりだし、なにもいわずに柴に渡した。柴も、それをごく自然にあけ、口につけた。

「松林、」
「松林じゃなくて、美佳でいいわよ。」
「美佳、おれさ、夢かどうかわからいんだけど、美佳と、」
「いわないでいい。本当よ。私もしっかり身体というか、記憶が覚えている。」

「そうか。あれは本当だったんだ。」

しばし、柴は、飲み干した缶ビールをテーブルに置き、両手をゆかにつき、ぼーっと天井をながめていた。


「どうしたの?」


「うん、なんだか、いま、なんともいえぬ安堵感のようなもの感じてる。不思議なくらい、ほっとするっていうか。」

「それは、わたしも同じよ。」

美佳は、缶ビールをテーブルに置くと、立ち上がってキッチンに行き、小さい灰皿を持ってきて缶ビールの脇に置いた。

そして、会社に持っていっているバックから、セーラムライトを一本とりだし、火をつけた。

「美佳は、たばこ吸うのか?」
「うん、いつもじゃないけどね。」

深く吸うと、ふーっとはいた。


「おれさ、さっきは知らないって言ったけど、噂はきいてる。」

「やっぱり。」

「専務とのウワサ。」

「これ、柴さんにはわかってほしいんだけど、男と女の関係じゃないからね。専務は義理の兄なの。私の姉のお兄さん。仕事のことで相談にいったら、おれのところへこないかって。」

たしかに、後ろめたいところがないからこそ、会社の近くで二人でいても、なんにもないわけだ。柴は思った。

「ごめん。」

「柴さんが謝ることはないわよ。うわさなんて、そういうもんよ。」

美佳のたばこの灰が3センチほどになっているのが、気になる。柴は、灰皿を渡した。

「ありがとう。そういえば、きょう、日付けかわったから、宝くじの当選のわかる日ね。」

柴はすっかり忘れていた。

「なんか、本当に今日は寝たくないな。」

「私も。」

「このまま、おきていて、きょう宝くじの発表を見にいくか?」

「でもさ、お局様がなあ、」

「なにかあるのか?」

「最近ね、私が帰ったあとメールをすべてみられてるような節があるのよ。とにかく、あら探しの天才のようなところあるから、気をつけないと。」

「そういえば、美佳はメッセンジャーって、いれてるか?」

「なに、そのメッセンジャーって?」

「いや、いいんだ。」

「柴さん、シャワーでもあびる?」
「そうするかな。いいのか?」
「いいわよ、それまでにここ、片付けとくから。」

時計は、1時半を過ぎていた。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.