782948 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

たそがれのカツドウヤ 1

もらった辞令は、子会社のビデオ販売会社だった。

 入社早々、出向である。

 せっかく映画会社に入ったのなのになあ。などと思いながら、本社からさほど離れていない、ビルの前についた。

 間口5メーターほどのビルで、ときどき人が吸い込まれていく。一階は、外資系のコンピュータ会社のショールームになっていた。ショーウインドーは電気がついているが、奥まったところは、だれもいる気配がない。外国人の女性が、ニコッと笑いながら、パソコンを操作している写真。その女性がライトで照らしだされたレイアウトになっていた。

 青山一丁目。乃木坂、六本木とつらなるこの一帯は、学生時代、縁のない一帯だった。

 せいぜい、大学野球で神宮球場にいくため、外苑前を利用するくらいだった。

 青山一丁目という未知の駅をおり、吐き出され、地上に出たとき、太陽がすごくまぶしく感じたのをきのうのように覚えている。

 なにはともあれ、今日が社会人としてのスタートになることはまちがいないのだ。

「おっ、新人君だな。さっ、あがった、あがった。」


 コスギ専務だった。本社の役員もやっていて最終の役員面接で、小太りの体形にセルの眼鏡が印象に残っていた。

 このコスギ専務が面接で自分を買ってくれたことをあとで聞いた。

 自分では、駄目だな、と思っていた。それはそうだ。最終面接に電車のせいとはいえ、遅刻をしてしまったのだ。実際問題、遅刻で印象を悪くして、大手出版社の最終面接を落ちた前科があった。

 そこをコスギ専務が、採用の断をくだしたわけだ。

 エレベーターに乗り込んだのは、あとコスギと建設会社のマークのはいった事務服を着た女性の3人だった。

 こういうときは、なぜか寡黙になる。コスギも何を話したらいいか、わからないというより、最初からそういう努力を放棄しているようにも思えた。3人とも、1階。2階と上部のシグナルが動いていくのを3人とも見上げてみている。なにがあるわけでもないのだが。

 その女性が8階でおり、そして9階。

「ここでまってなさい。」


 コスギが指差した先には、ついてすぐ玄関をはいった右側に会議室という、よく文具屋で売っている既成のプラスチックのプレートがはりつけられたドアがあった。あけると、2人の男がいた。


 ひとりは、ひょうひょうとした長身の男、オギクボ。もう一人は、斜めから人を見る癖のあるイシナベ。


 どうやら、このふたりが同期ということになるらしい。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.