789249 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

たそがれのカツドウヤ 7

仮払金は、入社そうそうに、給料をもらったような感じだった。正直言って。卒業あとのアルバイトの稼ぎののこりで、一ヵ月をもたせなければならなかった身の上には、助かった。

終了定時になったが、みんなかえる気配はない。
どうしようかと思っていると、ナシコダが

「池袋方面なんだって?いっしょに帰ろう。」

あの血しぶき映画の企画書をかいていた男だった。でも、なんで、自分の家を知っているんだろう?不思議だ。

ちなみに、現役で大学にはいり4年で卒業したナシコダは、2つ年下だった。

ホラー映画が好きなナシコダは、大学は、都心にあるミッション系の難関大学で、その風貌といい。その趣味といいミスマッチには、誰もがおどろく。

しょざいなげに、ビデオのカタログをみていると、ホリウリやら、ウエが、「おさきに失礼します」と言い残して帰っていった。

内心、ひとりで帰りたい気持ちにもなったが、ナシコダの人間的興味もあり、待った。

「じゃあ、いこうか。」

ビルの一階に降りる。隣のビルは病院で、三浦百恵が出産した病院だ。

それはともかく、ナシコダは、

「なんか、英語できるんだって?」

これもどこから仕入れた情報なんだ?

「ちょっとさ、たのまれて欲しいことあるんだよな。これ。」


目の前におかれたのは、例のホラー映画の解説書。もちろん、すべて英語。


「どうすんですか?」

「来週までにこれ訳してきて。来週の企画会議にだす資料なんだ。たのまれてくれないか?」


ハダカよりはいいか、と思い、快諾した。


でも、血しぶきも、裸もノーマルではない
こと。それが普通の環境にいるとわからなくなってしまう。


そのときがまさにそうであった。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.