789201 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

たそがれのカツドウヤ 12

大塚は、なじみがないではない。大学の近くから都電荒川線がでていて、その途中、山手線と交叉する駅のひとつが大塚だった。

鉄道好きで、この電車もよくのった。

あさ9時20分ごろ、大塚駅に着く。角海老ボクシングジムのあるビルの脇をくぐりぬけて、しばらく歩いていたら後ろから声がした。

「あら、あなた新人だったわよね」

唯一の女性、ゴンダワラさんだった。きょうのいでたちも、これから女子大にいきます、といわんばかりの若作りのカッコウであった。

しかし、顔の感じは、どうみても50代近い。

「一週間、よろしくお願いします。」

殊勝なことを口にした。

青山の本社では、ゴンダワラに可愛がってもらってこい、と誰彼となくきかされた。別に、だからといってきにいられようとしたわけではないのだが。


倉庫につくと、メンバーはすでにそろっていて、パイプ椅子や、まるっこい椅子をだして、座り、コーヒーを飲んでいた。

所長のオオタは、ゴンダワラがドアをあけてはいってくると、たたんであった椅子をばたんとひらき置いた。

ロッカーに上着をかけ、作業着がわりのエプロンをすると、ゴンダワラはそのオオタが用意した椅子にドンとすわった。

シマザキは。マフネど競馬の話をしている。段ボールの上にスポーツ新聞がある。きのうあったレースの話題らしかったが、ついていけない、


9時半、そのとき、本社端末と直結しているプリンターが印字をはじめた。

「さ、やろう」

オオタが声をあげた。100メートルほどはなれた都電荒川線の軌道方面から、ガタンガタンと電車が通りすぎる音が聞こえた。

どんな1日になるのだろうか?


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.