783158 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外資系経理マンのページ

PR

カレンダー

お気に入りブログ

熱しやすく冷めやす… New! みらい0614さん

身近に民主主義はあ… New! 佐原さん

スコットランドの島… 白山菊理姫さん

D4DJ 1st LIVE 山田真哉さん

青山透子さんの最新… heliotrope8543さん

アートビジネス ち… kaiser1さん

プロフィール


呉雅力

ニューストピックス

コメント新着

 プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
 5dolphin@ 米にやられた感じも? 「最近、銀行系サラ金のCMが減り、銀行直…
 5dolphin@ 産経と読売はいらない! JALと同じで、将来、破綻すると思いま…
 heliotrope8543@ Re:産経新聞 削除された記事(02/07) 三流軽薄新聞とはよく言ったものです。
 heliotrope8543@ Re:産経新聞 削除された記事(02/07) 三流軽薄新聞とはよく言ったものです。
 佐原@ 民主主義の危機 こんにちは。 検察の暴走は、危険です…
 武則天@ Re:日経ビジネスアソシエ1月4日号(01/04) 今年もよろしくお願いします~♪ iPhoneの…

日記/記事の投稿

フリーページ

(小説)おれは中小外資サラリーマン


小説(2)


小説(3)


小説(4)


小説(5)


小説(6)


小説(7)


小説(8)


小説(9)


小説(10)


小説(11)


小説(12)


小説(13)


小説(14)


小説(15)


小説(16)


小説(17)


小説(18)


小説(19)


小説(20)


小説(21)


小説(22)


通勤風景シリーズ


サラリーマンA氏


A子


おやじA


就活女子大生A


金策起業家A


不倫旅行A氏


再就職初日B氏


有給休暇B男


リハウス


徹夜勉強


夢のそのさき


1 発端


2 女


3 現実


4 追跡


5  松林美佳


6 同僚


同じ夢


二人


あの女


いったい!


きのうと今日


あの女 またしても


夢うつつ


ある噂


ふたたび上井草へ


わたしの噂


「友達」からの電話



正夢


ユーラシア大陸横断 9000キロ


北京出発


東北地方をいく


長春、ハルピン


国境前夜


国境の駅


シベリア鉄道へ


イルクーツク到着


イルクーツク


バイカル湖


イルクーツク出発


モスクワ到着


二都物語


たそがれのカツドウヤ 1


たそがれのカツドウヤ 2


たそがれのカツドウヤ  3


たそがれのカツドウヤ   4


たそがれのカツドウヤ 5


たそがれのカツドウヤ 6


たそがれのカツドウヤ 7


たそがれのカツドウヤ 8


たそがれのカツドウヤ 9


たそがれのカツドウヤ 10


たそがれのカツドウヤ  11


たそがれのカツドウヤ 12


たそがれのカツドウヤ 13


カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

国際政治

2009.12.11
XML
カテゴリ:国際政治
オバマさんは、平和のために必要な戦争もあると演説したらしいけど、それだったら、日本国憲法第九条こそ、受賞してしかるべきだね。だって、国際紛争を武力で解決しないと言ってるんだから、これはオバマ大統領以上に受賞価値がある。

自衛隊だって、米軍と違って、第二次大戦後、1人も殺していない。


ただ、法律が受賞なんていうことは、ちょっと無理だろうけどね。






最終更新日  2009.12.11 08:46:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.03
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治
北朝鮮問題では、ブッシュ時代より環境は悪化しているし、GM破たんも、賛否両論。最高裁判事に中南米系の女性を指名するも、これも『差別発言』で議会承認が得られるか不透明..

どこか、就任時のオバマのパワーが落ちてきているような気がしないでもない。


やっぱ、経済破たんしたアメリカを率いるのは、大変だよ。






最終更新日  2009.06.03 08:19:58
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.13
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治
きょうのNHKニュースは、この件の応援団のような内容。問題点のジャーナリステイック的な指摘は希薄。

この海上警備というけど、30年前にあったシーレーン防衛と同じじゃんか。あのときは国中が凄い議論にわいたのに、今回はあっさりと出て行く。

9時のニュースなんて、呉の警備の様子を冒頭でやっていたが、牙も刀も抜かれたいまの国民に、政治に抗議する力なし。それを承知のうえで、さらに警備でコクミンは監視される。

なんかさ、好きなように政治が動いているような気がする。



恐いなあ。






最終更新日  2009.03.13 21:18:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.01
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治
北京オリンピック前の、ちょうど1年前ほど フリーチベットと叫びが世論にこだましていたが、その人たちは、ガザの現状に声をあげているんだろうか?

中国がやった弾圧はダメで、イスラエルがやった民間人殺害は許されるのか?

これに類するけれど、捕鯨にしたって、自分たちが燃料で使っていたころは捕鯨をしていたくせに、そうでなくなったら、捕鯨国を責める。自分勝手も甚だしい。

結局、なにが正しくて、なにが悪いかは絶対的尺度はないということなんだろうな。ところが、報道はそういうところをごっちゃまぜでしてしまう。それで、世論は迷ってしまう。ということは、国際政治に関しては、報道に踊らされずに、じっくりと腰をすえてみてくことが大事ということなんだろうな。

















最終更新日  2009.02.01 23:06:21
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.10
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治
消化剤の誤作動というが、情報開示が万全とはいえないロシアのことだ、どこか「はい、そうですか」とはいいがたいところはあるね。

それに、世の中、温暖化CO2で原子力発電が注目されているとき、原子力エネルギーに疑義がはいることに、困惑する層もあるだろうし、その人たちにとっては深く原因をつっこまないでほしいってところだろうな。


でも、ホント、真実はどうなんだろう。それが知りたいよ。






最終更新日  2008.11.10 12:13:30
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.21
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治

見えないアメリカ


アメリカは、共和党=保守、民主党=リベラル とはいいがたい。それがよくわかった。

それからいくと、オバマが本当に選ばれれば、アメリカは変わりつつある証になるだろうし、オバマが負ければ、やっぱり、って感じかな。






最終更新日  2008.06.22 00:19:53
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.07
カテゴリ:国際政治

戦争の経済学


これは戦争を題材に、経済学を勉強できる。けっこう、おもしろい。

読んだら、ここで報告しますね。






最終更新日  2008.01.08 00:13:24
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.15
カテゴリ:国際政治
いま、鞄のなかにあって、同時読破を目指している本。






なんか重い本だけど、興味ある。






憲法の基本をおさえたい






田岡節健在なり。


支離滅裂のようでもあり、一貫性があるようでもあり。

でも、ちと重いかな。







最終更新日  2007.03.15 00:21:24
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.30
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治
<フセイン元大統領>死刑を執行 イラク国営放送
(毎日新聞 - 12月30日 12:30)
 【カイロ高橋宗男】イラク国営放送によると、イスラム教シーア派住民虐殺事件の控訴審で死刑判決が確定していたイラクのフセイン元大統領(69)に対する絞首刑による死刑が30日執行された。03年3月開戦のイラク戦争での政権崩壊まで24年間にわたり同国を独裁支配した元大統領は「人道に対する罪」などを犯した「犯罪者」として生涯を閉じた。米軍占領下に設置された法廷の公正さを疑問視する意見は根強く、旧フセイン政権を支えたイスラム教スンニ派の反発は必至。マリキ首相(シーア派)率いるイラク政府は「独裁者の死」を国民和解につなげたい意向だが、かえって宗派対立に拍車がかかる恐れがある。



なんか、新たな混乱の始まりのを予感させるようなニュースだな。実力もない、アメリカの後ろ盾がないとなにもできないイラク政府が、それにたちむかえるかと言われれば、難しいだろうし。

はっきり言おう、イラクの混乱は、アメリカの侵略が原因だ。人道に反する犯罪なら、アメリカ大統領は歴代みんな死刑だ。原爆なんて最大の犯罪だろう。

今回の死刑執行で、すべてが静まるというのは早計。

新たな混乱と混沌のはじまりと言うべきだろう。


それにしても、ずっとアメリカ支持の日本政府は、暢気なもんだな。






最終更新日  2006.12.30 14:08:37
コメント(5) | コメントを書く
2006.08.27
テーマ:ニュース(76472)
カテゴリ:国際政治
テロとの戦いをいいながら、反カストロキューバテロリストには支援を惜しまない。そのカストロが病に倒れ、ここぞとばかり、カリブ海にささった小骨をとろうと必死なのはわかるが、矛盾しちゃいませんか?

じゃあ、いいテロと悪いテロがあるということ?その判断は誰がする?

結局、ホワイトハウスが『テロ』といえば、テロだし、『テロじゃない』といえばテロじゃないってこと。自国の国益が基軸になっているのだ。

そして、それに世界が振り回されている。

ブッシュの首に鈴をつけるやつはいないのか?







最終更新日  2006.08.27 20:22:46
コメント(0) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.