843573 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カーリング漬け

カーリング漬け

PR

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

雑記

February 19, 2010
XML
カテゴリ:雑記
国母選手の服装問題がどうして、あれほどに騒がれるのか、どうにも腑に落ちない。いや、品格や行儀の問題だ、と切り捨てるのは簡単だ。しかし、オリンピックはスポーツの祭典であり、商業主義になってから久しい。それぞれのプロ選手が売り込みのために様々に個性を出すのは世界的に当に容認されていたし、一昔前の日本だって、ここまで殺伐とメディアスクラムが起きることはなかっただろう。

選手の旅の服装において品格、格式、行儀ということでお怒りの方達は、国の最高機関である国会において日本の国民代表である議員達の品格からほど遠い、クールビズを容認した痛い過去があるのをお忘れだろうか?
クールビズ

当時、国会の品格問題におよび、さすがに賛否両論があったが、大メディア達は肯定的だった。今でも記事が見れるので興味があれば検証されたらいい。

国民の代表が集まる国会で、なんとだらしのない服装で、なんたることか!と私は感じたがマジョリティーは「堅苦しいこと抜き、能率的に」と容認した。しかし、およそ西洋文化圏に習い、議会運営を行なうのであれば、格式を重んじ、国民の代表という緊張感があるのであれば、礼服を着ないなんてことはありえない、と私は思ったが、大多数は寛容だったようだ。

選挙で大敗した岡田代表に田原総一郎が「岡田さん、暗い顔してスーツなんか着てるから負けたんだよ」そんなような事を言って、ちゃかしたのを思い出す。  

それが、今度は一人の若者の旅装に文句を付けて叩きまくるメディアと大衆はどうしたことだろう?

事ほどさように服装に関する意見なんてその時代、個々人の感じ方、背景によって異なるのは当たり前なのだ。それを例えオリンピック代表とはいえ、力ない一人の若者をよってたかって叩く日本のメディアと一部の人々の狂気。なぜだろう?

思うに日本のメディアというのは力の強い方に簡単に加担する。クールビズしかり、服装問題しかり。その時の流れで勝ち馬に乗る記事を書くのだろう。自分の考えをしっかり持たなければ、『赤信号みんなで渡れば怖くない」と揶揄される日本人気質により、簡単にのせられてしまうのだろうな。

記者会見の態度も反感を買ったようだが、自分の服装に文句を付けられてむかっ腹が立ったのは理解も出来る。この会見が反感を呼びこんだのは容易に理解できるが、そもそも、その大衆の怒りの感情も状況次第で大きく変わる、あやふやなものであることを指摘しておく。

 例えば野茂英雄やイチローが記者のしょうもない質問にぶっきらぼうに答えても、大抵の人は記者が悪い、と思うだろう。それは野茂やイチローが既に大衆の間に偉大だと広く知られているからである。例えば、小泉さんが、国会で「公約破りなんてたいしたことはない」といっても大抵の人は大問題とは考えなかった。そんなもんである。発言者が力があるものならば、マスコミや多くの人々は簡単に容認してしまうのである。

ところが、国母という一般に凄い人だという認識がない場合や一般市民はちょっとしたことで、これでもかとやられるのである。これが今の日本のメディアとそれにのせられてしまう人々の恐ろしく怖い所だと思う。強いところに自分があれば、弱きものを徹底的にやり込め、溜飲を下げる。

弱きものは屈辱にまみれ、謝るしか術がない。

見せられた国母の謝罪シーンはそう言う極めて凄惨なものだったと私は思う。

しかし、それにしても何故国母だったのだろう?選手の出発写真を見てもネクタイをしていない人だらけである。ホントに腰パンがヒンシュクをかったのだろうか?
スノボ

出発前の期待に胸を膨らませる面々。今では痛々しく見える。
そこで、「Olympique橋本団長は高校修学旅行の引率の先生か」というもっともコメントのあるブログを読むと、一定の傾向が読み取れる。ようは日本代表としてなっていない、品格がない、戦う姿勢がなっていない、などなど、まるで戦争へ向かう兵士に向けたような期待ぶりである。そこで、先日国会で下村議員がこの問題を扱い、文部大臣が教科書的な返答をした。なぜ、貴重な質問時間をこのちっぽけな問題に費やしたのであろうか?といぶかしく思った。

おもうに、こういう風潮になってほしいと願う集団がいるのだろうなぁ、と想像した。そして、私は小野田少尉を思い出す。若い人は小野田少尉をご存じないだろうなぁ。大変な御苦労された軍人さんなのだが、サングラスをかけて話す野坂昭如に対して、「あの方、どうして色の濃いサングラスかけて目を見せないようにしてものを言うのでしょうね」と話したことは私もなぜか、覚えている。おそらく、両親に教えられたのだろう。そのせいか、私もいまだに、目の見えないサングラスをかけた人達は人種を問わず、苦手である。

過激な批判と中傷を浴びせ、議員まで動かした方々の琴線に触れたのはサングラスではなかったのだろうか?

それにしても、コメント欄や産經新聞の一連の記事を見るにつけ、思い込みと決めつけが強く、人を思う想像力が欠けているものが多いことに驚きを禁じ得ない。

例えば、この人。やくみつる氏
やくみつる
「本来、制服を着崩すことがよくないのに、学校では恒常化しており先生がとがめることもない。この風潮に待ったを掛けるためにも、国母選手は本国に召還すべきだ。競技に出場させるのは温情を多分に感じる。注意された時点で素直に謝っていればいいのに、舌打ちをし『反省してまーす』と発言するなどの対応がまずい。体育はよくても、知育徳育が甚だしく達していない。幼少からプロライセンスを取り、調子こいた人生を送ってきたのだろう。突出した才能を開花させるには、周りが言い含めないといけない」

あの、格好でここまで決めつけて言えてしまう、思い込みの強さと人を思う気持ちのかけらも見えない発言には驚くしかない。そして、品格を厳しく言うのならば帽子とひげ面でテレビにでるのも礼儀を失するものである、とあえていっておく。それが芸風で許されるのなら、国母に文句をつけれる理由はないだろう。

ついでに、先ほどのブログ「Olympique橋本団長は高校修学旅行の引率の先生か」はH大の法学部教授と身分を明かしてブログを書いているにもかかわらず、選手のみならず、ブログ主を個人的に誹謗中傷し、果ては攻撃を煽る書き込みまでしてしまう方々、については本当に想像力のなさに哀れを覚える。法律家の先生ってことは法律関係者、警察等につながりがあると想像がつかなかったのだろうか?もう、ブログ主が寛容なのを祈るしかない。

さて、服装問題は若者文化と保守層との間で、昔から常にいさかいが起こってきたもので、本来、国母選手の件はとるにたらないことなのだが、国民の代表で国益をになう政治家の服装は常に注意が必要だろう。

さて、あなた的にこれはどう思うだろうか?
小泉首相の中東、イスラエル訪問時の光景。
小泉キッパ

これは国際政治に詳しい方なら、大変なメッセージを送ってしまったことにきづくはずだ。バランスをとられたのだろうか。モスクでの礼拝もされていた。
モスク小泉

はたして、イスラエルと中東の方達は両方を見たらどう思うだろうか?日本人の感覚ではわからないかもしれない。この二つの行動を小泉流パフォーマンスの一環で行なわれただけだと軽く読んでくれただろうか?

そして、スウェーデンの現財務大臣。大変に学者肌で実務に優れた有能な大臣で、常にスーツだが、左にピアスにちょんまげ。彼なりの何かの主張だろうが、スウェーデンの友人達は「スタイルではない。国に有能ならそれでいい」と気にしない。
アンダシュボリ

さて、もう一つ。一昨年、スウェーデンの首相夫妻が中国訪問時の写真。飛行機から降り立った二人と歓迎儀礼で迎える中国。国母選手の服装問題などぶっ飛ぶ、凄い服装。
スウェー中国
まるで寝起きののような服装で降りてきた大統領夫妻。これを田舎から来た礼儀知らずと思う人は誰もいまい。スウェーデンの首相は普段は公式の場で、絶対にこのような格好はしない。

そして、万里の長城へ行った時の写真。今度は夫妻そろって礼服である。観光に礼服?歴史に敬意を払ったのだろうか?
スウェ大統領

この服装問題はスウェーデン国内では当然、大論争になったが、当人の真意はわからない。スウェーデンは平和、人権、自由ということに大変敬意を払う国である。

二人が日本に訪問する際に寝間着で降りてこないのを切に祈る。

このような服装にまつわる史実と比べれば、国母問題に目くじらを立てすぎる方達は何ともナイーブに思えるのである。

最後にこの写真。
カナダの応援

外国の国母選手のファンなのだろうな。覚え立ての日本語で必至に応援。何とも暖かくありがたい。なぜ、日本人は異質な同胞にかくも冷たいのだろう?

枝をためて花を散らす、どころか、大輪のつぼみが得体の知れない暴力に踏みつぶされたようで、ただ、ただ悲しい。

明るい日本でいてほしいなぁ。






Last updated  February 20, 2010 02:23:49 AM
コメント(3) | コメントを書く


February 16, 2010
カテゴリ:雑記
国母問題、アホらしいからもうやめようと思ったんだけど、魂の入った素晴らしい記事にであったので紹介します。

擁護派も反対派も是非ご覧を

私はこのブログを読んだ後、彼に自由な翼で大空を舞って欲しい、そして、いっしょに大きな夢の世界に連れて行って欲しいと、切に思いました。

みんな、もっと自由になりましょ!スマイル

頑張れ!国母選手!


追加:カナダからの応援団 木霊の宿る町
==============
五輪三日目のきのう。
日本選手はメダルに手が届きません。
スノボ選手のバッシングがおきて思ったのは他の選手たちが萎縮しなければ良いのだがということでした。あんなことで騒がれるのであれば自分だっていつなんどき、どういう言いがかりをつけられるか分らないという防衛意識が芽生えるに決まっているからです。............
===============






Last updated  February 16, 2010 07:34:13 AM
コメント(8) | コメントを書く
February 15, 2010
カテゴリ:雑記
ありがとう、上村愛子さん、里谷多英さん。

愛子がんばった。オリンピックは一発勝負で難しい。けれど、昨年、日本人初の年間総合優勝のイエロービブをとった偉業が色あせる物でもない。私は永遠に忘れないだろう。

あの、荻原健司でもオリンピックで個人の金は取れていないのだから。運は気まぐれだな。

今年は点がのびず、苦しいことだったろう。


「すっげー多英」から12年。この競技で5回もOSに出るなんて凄い。お疲れさまでした。

モーグルは膝、腰にかかる負担が大きく、30歳を超えると、相当キツい。もう豪快な多英の滑りは見納めかもなぁ。

この競技やジャンプは3Dテレビで見てみたいなぁ。






Last updated  February 15, 2010 08:50:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 13, 2010
カテゴリ:雑記
また、気分わり~物見せられちゃったよ。

若者の服装にいちいち文句つけんなよな!
不快な人はそれでいいじゃないか。不快な人は国母のプレイを見ず、無視してればいいだけだろ!

なにも自分の望みに選手を従わせる必要はないだろう。

メディアもメディアだし、役員も役員だ。

多様性を認めない社会は息苦しい。こんなことやってると、いづれ若者世代から大反発食らうぞ。

選手達はは非常に少ない強化費ゆえ、持ち出しでがんばっているのが実情だ。なのに、OSになると、さも、日本国民の代表、兵隊さんがんばれ!みたいな風に過大に期待するのは間違っている。

何でもかんでも理想の選手像みたいな物にはめ込みたいなら十分な強化費を出してから言えって。メディアもそうだし、国母けしからんって人達もそうだ。選手をだしにして楽しみたいんなら強化費を寄付してから言えって。

それから、日本選手かくあるべし、って言う基準があるなら、選考基準に服装チェックと倫理規定もいれたらよろしいwww。

彼らは競技以外に個性のアピールが直接、生計にかかってくる。それを咎めるのはおかしいのではないか?想像がつかないほどの努力をし、そのうえで、自己アピールをして何が悪い?

だいたい、国際線から出てくる時に公式ユニフォーム着せてくることないだろう?疲れきっている時にさぁ。それもダッサイ中坊の制服みたいなユニフォーム。国母の着流しスタイルは突っ張り中学生みたいで、私的にはあらら、って感じだけど、バッシングし、神妙に頭を下げさせるほどのことでもあるまい。

競技以外の場所で犯罪になるような、らんちき騒ぎをしたとか、世界中が見ている表彰台で世界共通のマナーを失して、帽子をとらないとか、妙な目立つ行動をしたとか、そんなことでもなければ、大きく取り上げる必要なんかなかろう。

こんな物で大騒ぎする日本てどうかしてる。

これで、国母が実力を出し切れなかったら、それこそ可哀想だし、私達だって悲しい。


OSは選手の祭典なのだ。彼らの努力、勇気、個性を楽しませてもらえれば、それでいいじゃないか。


追記:ここは国母応援記事なのだが、バッシングトラバが舞い込んで来た。削除も考えたのたが、その記事の評価は読者の感性で楽しんでもらえばいいや、と思って削除はやめました。いろんな人が来ますね~(吐)。まぁ、あんまりひどかったら、エロ記事以外で初の削除も考えますね。






Last updated  February 16, 2010 09:24:04 AM
コメント(16) | コメントを書く
January 11, 2010
カテゴリ:雑記
あ~,やっと帰ってきました。北海道の自宅を朝5時半に出てから成田、フランクフルト経由でストックホルムへ。千歳便からして、乗り継ぎに55分しか無いというのに、しょっぱなから30分の遅れ。ヨーロッパは寒波と大雪の影響でルフトハンザ便は軒並みダイヤが乱れ、幸い、成田発が1時間半遅れ。しかし、フランクフルトからストックホルム便も大幅に遅れたため、今回はdoor to doorで24時間もかかったのである。

あぁ~疲れた、ほんとに。それでも不思議なものでストックホルムに着いてほっとした。

北海道滞在中にお世話になった皆様、ありがとうございました。

今回の短期滞在中に思った事は,なんといっても老人の多さとデフレ感だろうか。

身近な例を挙げれば、市内を公共機関で乗り歩いたのだが、なんと老人の多い事か!ストックホルムに目が慣れてしまった私には毎年おどろくばかりである。逆に言えば子連れの少なさがヨーロッパ諸国に比べて際立っている印象を受ける。

そして、年末年始のテレビ。私が小中学生だった頃にトップを張っていた方達が、まだ同様にトップを張らざる得ない悲惨な現実を目の当たりにした。紅白を初めとした歌番組やお笑いに還暦以上の歌手や芸人達が今も主役なのは本当に驚く。若手歌手、芸人が育っていないのか、このようなTV番組と実力ある若手と合わないのか?


黄昏れ日本だなー。このままアリスや和田アキ子、美川憲一、武田鉄矢、北島三郎らが死ぬまで現役で、彼らの世代と共に日本も死んでしまうのだろうか?

紅白とつい比べてしまうのがヨーロッパ歌合戦、Eurovision。各国の予選を勝ち抜いた歌手が本戦で競う。ジャッジは少数の各国の審査員票と視聴者票で結果が決まる。両者の違いは紅白がNHKという専門機関が”今年の出し物”を提供してくる事に対して、ユーロビジョンは視聴者参加型で視聴者が予選から本戦まで結果を決める,という視聴者が作り上げる歌合戦、ということだろう。

当然、予選から人々の関心を引きつけ、みずからが選んだ代表が本戦でどこまでやってくれるか、強い関心を呼ぶのである。そして、この歌合戦では当然、実力が無ければ出場できない。紅白のように歌合戦でありながら歌もろくに歌えないようなタレントは出て来ないのである。

紅白もレガシー日本に合わせたレガシーなやり方はもうやめて、日本国民が新しいものを作り上げるかのような真の参加型歌合戦にでもしたらもう少し視聴率も取れるだろうし、若手歌手も育つのじゃなかろうか?例えば夏頃から各都道府県で予選を始めて、そこから新人も大御所歌手も区別無く参加してもらい、勝ち抜いたものが,年末の紅白を競う,なんて方が私は見て見たい。

デフレ感はものの安さで感じた。異様に安いものが増えている。生活支援セールなんて言って主要なパン製品を50円で売ってたら、自分の生活支援はどうなっているのだろう,と不思議に思った。”ユニクロ栄えて国滅ぶ”なんて表現した学者もいるが、このままじゃ,”ユニクロ滅びて国滅ぶ”なんて有様になるのじゃなかろうか?デフレには大胆に同一労働、同一賃金制度を初めとした介入が必要なんじゃなかろうか?スウェーデンよりも裕福な日本で、どうしてここまで物の値段を下げる必要があるのだろうか?根底に日本の成功体験を支えた”安くて質の良いサービス”という考えが日本を自滅させているように感じる。質の良いサービスには相応の賃金を与えるべきだし、質の良い物には相応の値段を付けるべきなのだ。発展途上であった日本を支えた「安くて質の良いサービス」という経営者に都合の良い標語はもはや捨て去るべきで、それ相応の値段を保障する社会と無駄な金を使わないかしこい消費者,という日本に脱却すべきじゃなかろうか?

北海道歩いてみたけど、北海道に断然優位な風が吹いているけど、全然利用するつもりが無いように感じた。大胆に、行政が肝の部分に介入してやれば、大逆転できる可能性があるのに惜しいなぁ,と感じた。フランスや北欧をもっと参考にすれば良いのに。食料自給率の高い所が強い政治力を維持できるのだ。それをどう育てて、利用するかは政治の問題。
 それから寒さはエネルギーなのだ。冷熱エネルギーの利用が製造業未発達の地、北海道の切り札でしょう。例えば暖房や温泉の廃熱や太陽エネルギーと冷熱エネルギーのコラボ発電機を各家庭に備えたらどうなるか。想像するだけで楽しいでしょう?ハイブリット型(プリウス型)発電がうまくできたら冬は電気を売ることができる。スターリングエンジンやヒートエンジン使えると思うなぁ。
 観光は良い風が吹き続けているのにキャッチできていないなぁ。ヒントは個人旅行客をどう増やすか。中国人、韓国人は英語も読める。英語しか読めない人が北海道を一人旅できる環境に,現在あるかどうか?それが、まったくだめー。ここをどうするか、なのだが行政も経済人もわかってなさそうだなぁ?

チャンス到来中なのになんとも歯がゆい北海道。

おっと,北海道を憂う前に自分のことだな。なんとかこっちで生きてけるようにしなきゃね。今年も北欧、ヨーロッパ情報を、主に旅行記と日常を中心に綴るつもりです。

今年もよろしくお願いします。







Last updated  January 11, 2010 11:09:49 PM
コメント(10) | コメントを書く
November 12, 2009
カテゴリ:雑記
この大切な時機に、世の中が立ち位置を見失ったかのごとき混乱の時機に、様々に重要なお導きをされ、感激した。

「心配なのは歴史が忘れられること」天皇陛下即位20年

お言葉のような国づくりに向かうに違いない。






Last updated  November 12, 2009 10:11:49 AM
コメント(2) | コメントを書く
June 30, 2009
カテゴリ:雑記
マイケルの司法解剖の結果が紙面を賑わしている。本日のMetroとAftonbladetによるとイギリスの大衆紙The Sunが司法解剖の結果を公表したとある。

それによるとマイケルはほとんど何も食べておらず、胃内は鎮痛剤の錠剤のみが残存。少なくとも朝からなにも食べてはいなかった。一日3回の鎮痛剤の注射痕が臀部、大腿、上腕に残っていた。恐ろしくやせており、身長178cmに対し、50kgしかなかった。ほとんど頭髪はなく、かつらを使用していた。顔面は無数の形成術の痕跡があり、鼻骨は無かった。体にも13箇所の形成術痕と皮膚癌の手術痕があった。そのほか、過去の事故による背中の傷跡があった。

その他、心肺蘇生による傷跡も詳述されている。

様々な手術痕、薬物痕もさることながら、異常なやせが強調されており、スウェーデン語でskinn och benと訳されている。まさに骨と皮である。こちらにもこんな表現があるんですね。本来、70kg位は無くてはならないのだが。

この飢餓状態で大量の薬物でごまかしながら、過酷な練習を連日すればどうなるか。

まさに練習自体がスリラーな状態だったのじゃなかろうか。






Last updated  June 30, 2009 08:02:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 26, 2009
カテゴリ:雑記
スウェーデン時間12時30分。テレビをつけたらびっくり。

マイケルジャクソン死亡!! 自宅で意識不明で心肺停止!!救急隊員が駆けつけた時にはすでに呼吸停止でロサンゼルスのUCLA病院に運ばれた!?

だって、まだ50歳だよ。それに、つい先日ロンドンで人生最後の公演やるって、派手に記者会見してたじゃない。

CNN, BBCで現在、病院前より生中継中。CNNでは早くも追悼モードで過去のビデオを流している。

色が黒かった、精悍なマイケルの方がかっこ良かったな。幼児の頃から芸能界にひたって、精神構造もハチャメチャで、彼は幸せだったのかな?まぁ、大スターや天才は凡人とは違うという定説からすると、彼の破天荒ぶりはまさに大スターだったってことなのかな。

マイケル、ご苦労様。やすらかに。

大きな一時代が終わった気がする。三沢といい、マイケルといい、若い頃のヒーロー達が他界すると自分もずいぶん年を取ってしまったと感じる。残された時間は少ないのだな。大事にしなくては。






Last updated  June 26, 2009 08:00:04 AM
コメント(2) | コメントを書く
June 15, 2009
カテゴリ:雑記
さぁ、いってみよう!!

と、トイレ(大)に駆け込む我が家の坊主。大笑い

ドリフがブームの我が家。

「いってみよう!」を知らない人はこちら。ドリフ最終回。






Last updated  June 16, 2009 04:51:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 13, 2009
カテゴリ:雑記
まさか!! と目を疑った。三沢光晴死亡!?
バックドロップで頸椎はずれたんだろうか?

三沢と言えばヘビー級のタイガーマスクとして、颯爽と凱旋帰国した若き日が想い出される人も多いだろう。

だが、今、私には若手時代の越中、三沢のライバル心むき出しの名勝負の数々。そして、スタンハンセン引き抜き、全日初登場で大暴れした時にとばっちりラリアットを食って失神させられた若手時代が脳裏に浮かんできた。

2枚目ながら、どこか、くそまじめで、陰気さがただよう、お世辞にもショーマンシップに長けているとは言えないレスラーだったなぁ。

鶴田、天竜の激闘で盛り上がった全日の次世代として頭角を現しつつあった最中の鶴田他界。まだ、ちょっと荷が重いなぁと思われたが、全日を引っぱらざる得ない立場になったのは不幸の始まりだった。全日からどういう理由かわからないが、独立したあとは社長業と二足のわらじは性に合わなかったのではなかろうか。急速に輝きを失ってしまった。

それにしても全日、馬場プロレスを引き継ぐもの達があいついで亡くなっていく。プロレス自体も厳しい岐路に立たされているが、このまま、ジャンル自体が無くなってしまうのだろうか。

またも、往年の名選手が亡くなってしまった。あまりにさびしく、残念な限りである。ご冥福をお祈りします。







Last updated  June 14, 2009 01:42:57 AM
コメント(2) | コメントを書く

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.