052897 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まいどのうず

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

日々の雑記

2008.01.24
XML
カテゴリ:日々の雑記
このところ、見本市めぐりが続いています。

今日は、東京ビッグサイトで行われている「国際宝飾展」へ。

 ⇒国際宝飾展 IJT

会場は見渡す限りのジュエリーショップ!

ダイヤモンド、プラチナ、パール、、、ととにかくものすごい量なのです。

「真珠もこんなに溢れてると、ありがたみがないな~」とキラキラしたコーナーを横目に通り過ぎ、目的のデザイナーズジュエリーへ。


スペイン、ドイツ、カナダなどなど、個性的なアクセサリーが続きます。
・・・かなり真剣にくまなく会場を回りましたよ、今日は。


 収穫は、っと、まだ商談中なので詳しくはここで書けません。


近々、ショップで新しいコレクションがお披露目できるように、
これから詳細について、相談することにしますね。

ぜひぜひご期待ください!

 ⇒ただいまご紹介中のコレクションはこちらから
  









最終更新日  2008.01.25 01:43:23
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.09
カテゴリ:日々の雑記


“さわや~か~な 日曜♪” と歌いだしてしまいそうな、いいお天気。

青梅街道沿いのイチョウの木が、ようやく黄色くなってきました。

透けるような朝日を浴びて輝くようなレモンイエロー。

今日は、いい日になりそうです



□キリムのバッグ クリスマスプレゼントにどうぞ♪

変形テトラ型リュック




にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ









最終更新日  2008.01.09 00:14:49
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.12
カテゴリ:日々の雑記
おぉ、久しぶりに更新します!
トルコではおよそ一ヶ月のラマダン(=断食月)が明けました。

もちろん、私たちガラタバザールのスタッフは、
東京で断食をやっているわけではありませんが(念のため)
毎日のイスタンブールとの連絡で、
な~んとなくソワソワした雰囲気が伝わってきていたので、
私たちも連絡する時間帯を気をつけたりしていたんですね。

なので、断食明けは私たちにとっても
 あ~ 終わった~ とほっと一息の感じ♪

今トルコは、断食明けの砂糖祭・シュケルバイラムのお休み中です。


今年は暑い日が続いたので、断食月はけっこうキツかったみたい~

ラマダンは、イスラム暦に基づいているので、毎年2週間ずつぐらい
時期が早くなるんですね。
去年は9月末~10月末、今年は9月13日から10月12日。

日の出から日の入りまで、食べ物はおろか、水も飲んではならない苦行なんです。
これからの数年は、昼の時間が長い夏の時期へと向かうわけで、
・・・ということはより一層ツライ断食がくるということ。

仕事のおつきあいがあるイスタンブールの人たちは、
どちらかというと真面目なイスラム教徒が多いので断食はしっかりやります。

ラマダンが明けて、これでようやく仕事にも復帰してくれる♪ ~*
来週からまたいっぱいリクエストを入れますっ








最終更新日  2007.10.16 03:08:17
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.04
カテゴリ:日々の雑記

Wonderful Wall Exibition

今日は、サンマイクロシステムズでセミナーがあったため、用賀へ出かけました。

帰りに同じビルに入っている「ファロー&ボール」のショールームを見学。
ちょうど、壁紙を特別展示しているところでした。↓




私は、絨緞屋なので、何を見るにもついつい床に目が行ってしまうのですが、思えば壁って床よりも面積が広いわけで、部屋の雰囲気を決定付けるのにとても重要ですよね。

壁の色を、イエローやペールブルーにするだけで、ググッと洋書の写真にあるようねイメージに近づくことができるのに、自分のスペースを作るとなると、ついつい無難なホワイト系になってしまいがちです。


そう、それでもイスタンブールの撮影スペースは、思い切って濃い目のイエローに塗ったことを思い出しました。
(↓こんな感じ)



 あぁ、でも、いつかはこちらで見せてもらったような、
 ハンドプリントのクラシックな壁紙の部屋にしてみたいなぁ。

壁紙も素敵だし、もちろんペインティングもカッコいい~
Fallow&Ballでは、白だけでも違うニュアンスで10種類以上もあるそうです。


壁がバッチリ決まったら、もちろん床にはキリムを!
しっかりとした色の存在感のあるピースがいいですね。
 ⇒オールドキリム・コレクションピース


にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
↑皆様のおかげで、いきなり3位になりました









最終更新日  2007.06.05 11:15:23
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.29
カテゴリ:日々の雑記
初めて「松岡美術館」に行ってきました。

土曜日の午後にもかかわらず、人が少なく、静かで落ち着いた雰囲気。
目的のペルシャ陶器がある第4展示室は、ほとんど貸切状態です!
都内にもこんな素敵なプチ美術館があったんですね。
明るい館内や整備されたお庭などなど、ゆったりした時間を過ごすのにぴったりです。


さてさて、ペルシャ陶器です。
大きく分けると、まだ鮮やかな釉薬がなかったころのペルシャ三彩、
初期のラスター陶器、トルコ釉の時代、古典染付け紋、といったグループです。



ラスター陶器は、17世紀ごろにその技法が途絶えてしまった
幻のイスラム陶器で、金属を配合した絵付けによって、
表面がなんともいえない光沢を持つ美しい陶器。

作られたころはもっと輝いていたのでしょう… 
でもそれが長い時間とともに少しずつ落ち着いた色合いになっていて、
それがまた鈍く光ってすごく魅力的!

松岡美術館のコレクションは、数は多くありませんが、
どれも状態がよくて、形もきれいなものばかりでした。

これだけの所蔵品を収集された松岡清次郎氏とはどんな方なのだろう?と
そちらの方が気になってしまいました。




こちらは、トルコブルーの釉薬の水差しや壷。
遠くから見ると、一見テラコッタなのかと思うほど一面に
表面が銀化していて、トルコブルーはその下に隠れてしまっているのです。

銀化したところが、あまりに美しいので、なんとか撮影してみようと
試みたのですが、小さなデジカメではこれで精一杯…




今回のペルシャ陶器展は、特に図録などはありませんでした。
(もっと写真を撮ればよかった)

陶器はすべて松岡美術館の所蔵品とのことですが、普段はすべて展示室に出ているわけではないということなので、今回の展示中にもう一度見に行きたいと思います。

目黒・白金台方面へお出かけの方は、ぜひ立ち寄ってみてください↓


ペルシャ陶器展
  4月28日(土)-9月2日(日)
  会場:松岡美術館 展示室4
  *館蔵品より、イスラーム時代に制作された彩り豊かなペルシア陶器を紹介。






最終更新日  2007.05.29 15:33:30
コメント(1) | コメントを書く
2007.05.27
カテゴリ:日々の雑記


アンティーク家具の老舗“ロイズ・アンティークス”が
リニューアルするというお知らせをいただいたので、
最後の見納めと思って、たずねてみました。

 ⇒ ロイズ・アンティークス碑文谷

10数年前に家具店に就職したころ、自分の会社で扱っている
モダンデザインの家具はあんまり好きになれなくて、
自分が好きなスタイルを見つけようと、雑誌や洋書を集めたり、
都内のいろいろなお店を見て周っていたころに見つけたお店でした。
(そのころはまだ、インターネットなんてなかったですから)

今のキリムのお店を始める前に、ヨーロッパのアンティークを扱いたかった
ということは、バイオグラフィのページにも少し書いていますが、
実際にアンティークの家具や小物は大好きで、
ロイズ碑文谷店でも、テーブル、スツール、脚立などなどを購入しました。

ときどき、キリムの撮影に出てくる家具がそうで、
現在は、ガラタバザールの店内のディスプレイになっています。


しばらく脚が遠のいていましたが、今日またお店へ行ってみると、
当時一生懸命自分のスタイルを探していたころを思い出して
懐かしくなりました。

・・・と同時に、そのころ見えなかったものも見えてきます。
それは、お店に並んでいるアンティークの家具が、
どれほど手間をかけてメンテナンスされているかということ。


商品は違いますが、私も今は古いキリムを扱っていますから、
いろいろな苦労と努力があることを想像してしまうのです。
ただ古くて汚いボロ布と、きれいに修理されてよみがえった
「商品」は、違うんですよね。


そんなことを思いながら、店内を一周して帰ってきました。
(何も買わなくてごめんなさい~)


リニューアル後の再オープンは、少し先になるようですが、
とてもとても、期待しています。








最終更新日  2007.05.27 22:47:41
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.26
カテゴリ:日々の雑記


なぜか、インドネシア大使館からご招待を受けまして、
今日はインドネシアの大使官邸へ行ってきました。
↑エントランスの写真。シンプルだけど贅沢な間取りのお部屋です。

インドネシア大使館が日本にできて50周年を記念して、
インドネシアの文化・工芸品を幅広く紹介するという目的で、
30ほどの業者の商品の展示がありました。

それにしても、インドネシアのことってほとんど何も知らない・・・
私の中ではとても遠い国という印象です。

それでも、バティックとかイカットといった布ものは有名ですし、
アクセサリーやバッグなども何か新しく発見できるものが
あればな~と思ったのです。


布関係のところは、残念ながらあまり珍しいものはなかったのですが、
初めて見たものがひとつだけありました!



↑ これ、繭玉(まゆ)です!!

茶色くて、皮がむけたようになっているんですね。
最初、和紙で作った飾りのようにも見えました。

この茶色い繭からとった糸を、染めずにそのまま使うと、
こんな渋い色の織りができるんだそうです。



ところ変わればといいますが、世界中にはいろんな素材があるものです。


------------------

中庭では、竹を使ったインドネシアの楽器の演奏。
コロコロコロという、乾いた音がやさしい感じで気に入りました♪







最終更新日  2007.05.27 01:22:40
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.21
カテゴリ:日々の雑記


キリムの撮影をしていた午前中~ 
ふと窓の外を見ると西新宿上空に飛行船が2機。

肉眼で見ると、はっきりくっきり、すごく大きく見えるのですが、
デジカメの望遠だとUFO写真みたいになっちゃいました。

う~ん、白いほうの飛行船は、しばらくじっと動かない!
あれだけ大きな物体が、上空で停止できるっていうのはすごい!!
しかもあんなに高度が低くて、風の影響を受けないのかっ!!!


そういえば、飛行船って、どうやったら乗ることができるんでしょう??

 飛行船に乗れる情報&飛行船に乗った体験のある方

ぜひ教えてください電話






最終更新日  2007.05.22 09:14:15
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.04
カテゴリ:日々の雑記
ゴールデンウィーク真っ只中の5月4日、お友達のおうちで、
キリムを敷いたお部屋の撮影をさせてもらうことになりました。

場所は、ちょっと離れた南房総。
なかなかのドライブ日和・・・ と静かな都内を出発したのはよかったのですが、

渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 
渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 
渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 渋滞 

そう、ここ何年も、連休中に出かけたことがなかったので、
すっかり忘れてました!

事前に調べた高速道路マップでは、到着まで約1時間半。
まぁ、多少込んでいても、2時間ちょっとで着くだろうと思ったのが
甘かった。

行きに6時間、帰りに5時間。
あぁ、普通の平日でもよかった話なのに、なぜゴールデンウィークに
出かけようなんて思ったんだろう。反省。

さすがに11時間のドライブは、きつかったです~

でも、がんばって行った甲斐ががありました。
最近新築された素敵なお部屋で、キリムを敷いて撮影させていただきました。



ご協力ありがとうございました!

そのほかの写真も、随時ご紹介しますね。








最終更新日  2007.05.07 22:57:48
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.07
カテゴリ:日々の雑記
ペルシア絨毯の世界

楽しみにしていた「ペルシア絨毯の世界」を見に行ってきました。

アンティーク絨毯がこれほど集まることはもうないだろうと
言われているだけのことはありました。

書物や文献をたどっても古い時代の絨毯となるとカラー写真など
見つからないというのに、それが目の前で実物を見られるのです!
広島まで出かけていった甲斐がありました。

中でも、今回の展示の目玉ともなっている「サングスコ絨毯」は
デザイン、色、大きさ、状態の良さとすべてにおいて圧巻!
写真はこちら
絨毯についての認識を改めなくてはと思うほどの
衝撃的に美しい絨毯と出会うことができました。


それにしても、歴史や文化を研究するというのは
本当に面白いものです。

種子島にポルトガル船が漂着して以来、イエズス会士が布教活動の為に
武将たちに献上した品のひとつに高級な絨毯があったとか、
京都・祇園祭の山鉾には16世紀初頭に既にペルシャやトルコの
絨毯が飾られていたとか、、、

史実に興味があるのはもちろんですが、
それよりも、500年前の事実が近年になってわかってきた
というところに、ゾクゾクしてしまうのです!

世界中の文献や物的資料をつなぎ合わせるという気の遠くなるような
研究の結果、20年前には誰もわからなかったことが、
はっきりと見えてくるというわけですね。


だいぶ絨毯の話からそれてしまいました。
興味の沸いたときが勉強するときだ!と思うので、
今年はしばらく「ペルシャ絨毯」関連の本を、
読みあさってみようかと思っています。

ちょうど6月には、イランへの仕入れも予定していますし♪


ペルシア絨毯の世界、ご興味のある方はぜひお出かけになってください!
広島県立美術館

ペルシア絨毯の世界









最終更新日  2006.05.14 22:14:24
コメント(0) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

プロフィール


まいどのうず

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

あっという間に コッチネッラさん

玉島おかみさん会 … madam808さん
 私の半径5メート… pure935さん
こまちひろば お買い物パラダイスこまちさん
とろとろサーモンの… とろニャンさん
【パジャマ屋】店長… くまのんさん
佐野洋菓子研究部・… ひげむーさん
ゆう’s Cafe ゆう0701さん
ゆらり:ネット通販… ニコチョビッツさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.